国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

西欧(西ヨーロッパ)

【マフィアとゴミの都市】イタリア・南部最大都市・ナポリ!

ローマからイタリアの高速列車フレッチャロッサを使い、イタリア南部最大の都市であるナポリを訪問。

ナポリで感じた事は、ゴミが道端に非常に多い事です。あまり綺麗な町ではないですね。浮浪者も多いですし、東南アジアでよくみられる信号待ちしている車の窓拭きお金を得ている人々も多かったです。
日本でも都道府県により格差はありますが、(豊かな県とそうでない県等。)イタリアは南にいけば行くほど経済は遅れております。しかし、良い意味でいえばイタリアの田舎臭さが残っており、ある意味では楽しい都市です。

イタリア南部にある都市で、その周辺地域を含む人口約96万人の基礎自治体(コムーネ)。カンパニア州の州都であり、ナポリ県の県都でもある。ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市で、南イタリア最大の都市である。都市圏人口は約300万人。

ナポリは、ナポリ湾に面した港湾都市。
風光明媚な景観から「ナポリを見てから死ね」(日本のことわざでいうところの「日光を見ずに結構と言うな」)と言われ、温暖な気候から観光都市としても知られています。
旧市街地は「ナポリ歴史地区」として世界遺産に登録されております。

ナポリ周辺にも、ヴェスヴィオ火山やポンペイの遺跡、カプリ島などの観光地を有する。 イタリア第二の港町
製鉄、製油、化学、自動車、航空機、食品加工などの工業も盛ん出ございます。
1980年には地震により大きな被害を受けた100万都市です。旧市街は世界遺産に登録されております。
また、ナポリはマフィアの街としても知られ、傘下団体約130、構成員約6300人がいるカモッラの拠点として知られています。

【イタリアの高速列車】乗車!フレッチャロッサ!(ローマ→ナポリ)

西欧諸国には日本の新幹線にあたる高速列車が走っていますが、イタリアの代表的な高速列車はフレッチャロッサです。
イタリア国内を縦横無尽に走っており、イタリアを周遊する際に重宝します。

Frecciarossa(フレッチャロッサ)はイタリアのトレニタリアが運行する優等列車の名称。2008年12月にこのカテゴリーの列車が初めて設定され、2012年6月には、それまで高速鉄道サービスとして展開していたユーロスター・イタリアを、FrecciarossaとFrecciargento(フレッチャアルジェント)の2つのカテゴリーに完全に振り分けた。Frecciarossaは『赤い矢』、Frecciargentoは『銀の矢』という意味の造語で、より高速な列車をFrecciarossaに、それ以外をFrecciargentoとしています。

Frecciarossaは、ETR500およびETR400の高速鉄道車両を用い[、高速新線では最高速度300km/hで走行します。

列車の座席等級は4つのクラスに分かれており、上位よりエクゼクティブ、ビジネス、プレミアム、スタンダードである。エクゼクティブ・クラスの乗客には、飲み物及び食事、新聞や雑誌が無料で提供される。一等車に相当するビジネス、プレミアムの各クラスの乗客にはウエルカム・ドリンク(飲み物と菓子)と新聞(13時まで)が無料で提供される。また、すべての列車には食堂車が連結されています。

2014年冬ダイヤにおける各駅間の所要時間の例として、途中停車しないタイプである9614列車のローマ・テルミニ駅とミラノ中央駅間の所要時間は2時間55分です。

ポルトガル・ポルト・ポルトガル料理レストラン・ポートワインと共に堪能!

ポルトガルのポルトを訪問。現地2泊しました。ポルト­といえば、ポートワインが有名でございますが、市街地にある川の対岸に多­くのワイナリーがありました。

その近くのレストランでポートワインと共にポルトガル料理を堪能しました。前菜は、パンの上にトマトとチーズを載せてオーブンで焼いたもの、メインは、白身魚と竹の子等を小型フライパンにのせてオーブンで焼いたもの、デザート、コーヒーまで堪能。

ポルトガルのポルト。
ポートワインで有名な都市ですが、首都のリスボンより雰囲気が
よいかもしれません。
リスボンももちろん良い都市なんですが。

日本からポルトガルまでは直行便ないので、
欧州のいずかで経由する便になります。
もしくあアジア系の航空会社であれば、その航空会社の国のハブ空港での
経由になります。
ポルトお薦めです!

【欧州】スウェーデンの高速列車SJ2000(旧X2000)ストックホルム→ヨーテボリ!X2000

スウェーデンの高速列車X2000を利用(新名称はSJ2000)してスウェーデンの首都のストックホルムから第二の都市であるヨーテボリまで移動。

車体は灰色で重厚感がある感じがするが、デザインはシンプルである。
1等の場合、水、コーヒー、紅茶が飲み放題、シフォンケーキ、果物も食べ放題である。 お腹が空いたので北欧産のエビがパンの上にのっており、塩と胡椒、マヨネーズで味付けがしてあるものを頼んだが、美味であった。
最高時速こそ200キロ~210キロと世界の高速列車と比べると劣るものの安定感もあり、北欧唯一の高速列車だけり乗る価値のある高速列車である。

【海外の地下鉄】イタリア・ナポリの地下鉄!

ローマからイタリアの高速列車フレッチャロッサを使い、イタリア南部最大の都市であるナポリを訪問。

ナポリで感じた事は、ゴミが道端に非常に多い事です。あまり綺麗な町ではないですね。浮浪者も多いですし、東南アジアでよくみられる信号待ちしている車の窓拭きお金を得ている人々も多かったです。
日本でも都道府県により格差はありますが、(豊かな県とそうでない県等。)イタリアは南にいけば行くほど経済は遅れております。しかし、良い意味でいえばイタリアの田舎臭さが残っており、ある意味では楽しい都市です。

イタリア南部にある都市で、その周辺地域を含む人口約96万人の基礎自治体(コムーネ)。カンパニア州の州都であり、ナポリ県の県都でもある。ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市で、南イタリア最大の都市である。都市圏人口は約300万人。

ナポリは、ナポリ湾に面した港湾都市。
風光明媚な景観から「ナポリを見てから死ね」(日本のことわざでいうところの「日光を見ずに結構と言うな」)と言われ、温暖な気候から観光都市としても知られています。
旧市街地は「ナポリ歴史地区」として世界遺産に登録されております。

ナポリ周辺にも、ヴェスヴィオ火山やポンペイの遺跡、カプリ島などの観光地を有する。 イタリア第二の港町
製鉄、製油、化学、自動車、航空機、食品加工などの工業も盛ん出ございます。
1980年には地震により大きな被害を受けた100万都市です。旧市街は世界遺産に登録されております。
また、ナポリはマフィアの街としても知られ、傘下団体約130、構成員約6300人がいるカモッラの拠点として知られています。

【ヨーロッパの小国】サンマリノ共和国のタクシー(海外タクシー事情)

欧州の小国世界で5番目に小さい国&世界最古の共和国であるサンマリノ­共和国を訪問。
親日国としても知られるこの国です。ボローニャからリミニまで電車、そこから、バスで1時間程でサンマリノのバスターミナルに到着。
そこから宿までは距離があったのでタクシーを利用。
今まで海外数十か国にでタクシー利用してきましたが日本人があまり行かないサンマリノ共和国での搭乗ルポ。

【モロッコへの拠点都市】スペイン・小さな港町タリファ!ジブラルタル海峡が!

モロッコに行くためにスペインのアルへシラスを訪問。アルヘシラスからもモロッコのタンジェ行きの船が発着しているのですが、アルヘシラスからはタンジェの市街地からかなり離れた新港で市街地に隣接する旧港ではありません。
タンジェの旧港であれば隣の小さなタリファという町から船が出ているのでそこから船を利用する形になります。

アルへシラスにある旅行会社でタンジェまでの日帰り旅行や1泊や2泊の旅行申し込みが出来ます。

タリファは、アルへシラスからバスで20~30分程のところにある小さい港タ町の港からです。
人口18000人程の小さな港町です。イベリア半島最南端となるタリファ岬があるところです。
そして、モロッコのタンジェ市との間をフェリーが定期運行しており、美しい町です。

【ポルトの空港行きメトロ】ポルトガル・ポルト・メトロE線!

【ポルトの空港行きメトロ】ポルトガル・ポルト・メトロE線!Metro-LineE bound for airport,Porto in Portgul

ポルトガル第二の都市であるポルト。リスボンも良いですが、ポルトはさらに雰囲気が良くお薦め出来る都市です。
ポルト空港と市街地はタクシー以外の手段ではバスもありますが、便利なのはメトロです。
メトロはA~Eまでの路線があり、空港路線はEです。
空港⇔市街地の足として利用できます。

【欧州の格安航空会社】イージージェット利用(ポルトガル・ポルト⇒スイスジュネーブ)

ヨーロッパの格安航空会社(LCC)で最も有名なのはイージージェット。ヨーロッパ内の数多くの都市を結んでいます。

過去に3回利用した事がありますが
今回はポルトガルのポルトからスイスのジュネーブまで利用。

他の格安航空会社と同じようにA320の機体を利用しております。
3-3の配列。
最近、墜落した格安航空会社のドイツの格安航空会社であるジャーマンウィングス、エアアジアと同じ機材です。
シートピッチはもちろんなく、狭いですが、2時間程の搭乗時間だったので苦ではありませんでした。

フランス・パリ・エッフェル塔の最上階にある大正天皇の勲記(勲三等・旭日中綬章)

パリのエッフェル塔を2年ぶりに再訪しました。最上階(14ユーロ)280メートル付­近まで上り、そこからの絶景を楽しみました。

最上階には部屋があり­、この塔を設計したエッフェル氏の人形がありました。 その部屋を見ていたらなんと!!!!日本語発見!!!!!! これは大正天皇からこのエッフェル氏に皇紀2577年大正6年に勲章が贈られたもので­す。

この書状は今から100年近く前に贈られたものだが、他国からのものがないが、日本の­­書状がおかれ、しかもエッフェル塔の最上階に置かれているのには正直、驚きをかくせ­な­かった。先帝陛下も皇太子時代に半年ほど欧州を外遊した経験をお持ちである。戦後­も、­1971年に欧州を訪問されている。

今上陛下も皇太子時代を含めて訪れている。1960年の訪米以降、世界各国­­を親善訪問し、皇室外交の実を上げてこられた。
これにより、多くの国との良い関係が­築­けている。貿易面でも有利に動いている。