国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際情勢

海外渡航(旅行)時に予防接種(ワクチン)は必要なのか?黄熱病、肝炎、狂犬病、破傷風など!

海外渡航(旅行)時に予防接種(ワクチン)は必要なのか?黄熱病、肝炎、狂犬病、破傷風など!

ブルネイ王国をめぐる国際詐欺事件!被害者多数!被害額は50億以上?両国ブローカーが暗躍?

ブルネイ王国をめぐる巨額詐欺事件!
被害者は数住人、被害額は50億以上!?
PGバーリンと呼ばれるブルネイ王室の血を引くと自称するブルネイ人と大阪西区に本社があった会社の日本人ブローカーによる大規模な詐欺事件。

この件に関して、ツイッターで英語で発信したところ、現地警察から連絡が。しばらくやりとしていたが返信がなくなったとのこと。
この詐欺事件に関して在日ブルネイ大使館に相談するも真面に取り合ってもらえないとのこと。

【被害者の1人からいただいた被害の真相】
2008年の夏頃、私はPGバーリンが役員を務める株式会社サンライズテック高島貞幹と知り合いました。
その高島は、「私はブルネイという国で仕事をしており私と一緒にブルネイに行ってほしい。」と言い、知り合って3ヶ月後にブルネイ国に行きました。

ブルネイの空港に着くとPGバーリンが迎えに来ておりました。ブルネイ国は親日派であり、PGバーリンからは「私はブルネイ国のロイヤルの血筋を引継ぎ、日本から人と金を持ってくれば仕事はいくらでもある。」と私に力説を致しました。
PGバーリンは、①ブルネイシェル石油採掘センター、②住宅開発 土地、③家庭などから出たゴミの山などを案内してくれました。

住宅開発の土地はブルネイ人の多くは水上生活者が多いため陸地に住宅を建てて、そこに住まわそうとする国策事業であると説明を受けて日本より住宅開発会社を連れてきてほしい。またゴミの問題では一緒にゴミ焼却施設を作ろうと言いました。

また、PGバーリンは今回話題になっている国王所有の数千台の高級スポーツカーの販売、ジェフリー殿下名義の東京代官山の土地の売買、ブルネイ国癌センター建設の話を私に持ちかけてきました。
高級スポーツカー販売の件は、ロイヤル名義で所有をしており、PGバーリンは「私はロイヤルの血筋を引き、よく知っているので車の販売の権利を任せてもよい。」と言いました。ここでPGバーリンから金銭の要求があり、数千万円渡っております。

また、東京代官山の土地に関してもPGバーリンは、「国には内密でジェフリー殿下に売却のサインをイギリスに貰いに行かないといけないので弁護士を連れて行くから協力をしてほしい。」また高島からは「大手建設会社を紹介してほしい。」との事で株式会社東芝を通じて株式会社長谷工を紹介してもらい何度も東京の株式会社長谷工本社まで行き代官山の土地の話をし、株式会社長谷工からは、「代官山の土地にマンションを建てるのはステータスなので85億円で買い付けをしたい。」との事でした。
PGバーリンからは「イギリスへの渡航費用が直ぐにも必要のため用意をしてほしい。」と言われ、私は苦渋の決断で自社ビルを売却し、その中から3,000万円を用意いたしました。

結局、高島、PGバーリンからの連絡はなしの礫。酷い話です。
色々と2人のことを調べると同様の事を、日本のマフィアにも言って多額の金銭を集めておりました。(国際詐欺集団です。)
私の知っている限り日本で高島が数十人から金を騙し約100億円近くを集めその中からブルネイのPGバーリンに送金したり、高島自らブルネイ国に持参してたりしました。

また、高島が口車で金持ちを騙しブルネイ国に連れて行き、一流のエンパイアホテルに滞在させ架空の儲け話やPGバーリンでは繋がらない住宅開発の土地を見せいかにも建設が可能か話し、それぞれ役割の分担が決まっているかのようでした。
また、「ブルネイは充分な病院施設がなく病人は隣国のシンガポールの病院まで国費で行くので治療のためにブルネイ国内に癌センターを建設するので手伝ってほしい。」との事。
また、ブルネイ人は癌にかかり短命であるため医療器設備と病院を設けたらいくら位かかるのか聞かれたため200億円位は必要と言うと、「ブルネイ国は石油、天然ガスが出る。また、私はロイヤルのため口利きも可能であるから信用してくれ。」との事でした。

私は東芝メディカル時代に癌センター、大学病院等の建設に携わっており、医師の派遣、教育の実習には自信がありました。
しかしながらよく考えると、高島も悪人ですがロイヤルの血筋を引くPGバーリンはもっと悪人です。

それにそのような国際犯罪者を放置しているブルネイ政府、ブルネイ国はもっと悪いです。

私は約2年前から東京のブルネイ大使館には相談をし、助けを求めておりました。しかし大使館からは「対応ができない。」
の一点張り。ひどい話です。

タイ・スコタイ・世界遺産の遺跡!2007年11月!日本人女性殺害事件! 

タイ北部で観光中の日本人女性が殺害された事件は、未解決のまま、発生から10年がたち、現場を訪れた遺族が、一刻も早い事件解決を訴えた。
この事件は、2007年11月25日、タイ北部スコタイの仏教遺跡で、川下智子さん(当時27)が、何者かに刃物で首などを刺され、死亡しているのが見つかったもの。
智子さんの父親の川下康明さん(69)は27日、事件発生以降、毎年訪れている遺体発見現場に足を運び、花を手向け、事件解決を訴えた。
川下さんは、「早く事件が解決して、いったい何があったのか、真実を1日も早く解明していただいて」と話した。
智子さんが倒れていた現場は、当時は草が生い茂っていたが、今は刈られ、石が積み重ねられている。
智子さんの服からは、犯人のものとみられるDNAが検出されているが、これまでのところ、犯人検挙に結びつく有力な情報は出ていない。
事件が未解決のまま、10年がたち、警察に寄せられる情報が少なくなる中、遺族は、事件を風化させず、一刻も早い犯人検挙を求めている。

「第二の人生」微笑みの国タイへの移住で思わぬ事態!日本人の困窮者が続出!タイの裏事情&日本人社会

「第二の人生」微笑みの国タイへの移住で思わぬ事態!日本人の困窮者が続出!タイの裏事情&日本人社会

タイに仕事で駐在経験のある小生が語るタイの本当の事情&日本人社会

海外で被害に遭われた方々の体験談【第⑥弾】ポーランド・ワルシャワの空港で盗難?

海外で被害に遭われた方々の体験談を募集していましたが
多くの方々から体験談をいただきましたので発表させていただきます。
海外にいく人々が無事に渡航できるよう、被害に遭わないように情報共有させていただきます。

いただいたコメントは下記

今年6月に私は1人で海外での研修の為に初めてポーランドへ行きました。
海外は17年ぶりです。3週間余りの滞在で、
休暇の日にはマルボルク城からグダンスクまで一人旅もでき、
いい思い出ができたと喜んでおりましたが
帰国の日ショパン空港で見送りの人と別れ、
その後手荷物検査を受けた時に事件は起きました。

検査場は非常に混んでいて私は比較的列の短い所を狙い並びました。
私の後ろにはその言語から判断して
中国系の40代の夫婦らしき若干気品のない2人がおりましたが
特に気にせず順番待ちしていました。
そして順番がきてリュックの中の物を二つのトレイに
入れて次かと待っている時に前にいた女性の
40代くらい保安員がポーランド語で話しかけてきました。

私は挨拶程度のポーランド語しかできないので、
わからないと困った仕草をしていたら、
はぁとイヤそうに溜め息をついて次は英語で髪に何か塗ってるのか?
とか高い靴をはいてるんじゃないの?とか質問してきます。

いいえと対応してゲートに行くと靴を脱げ、
靴下を脱げと若い男性の保安員が指示をしてきます。
不快に思いながらも、まあテロが頻発しているからかな?と考え、
やれやれと思いながら
トレイの所に行き一つずつリュックに入れていると腕時計がないのです。
あれ?と思いながら再確認してもありません。もしや?と思い後ろの中国系の夫婦を見たのですが確証もなく保安員に言おうと思ったのですが先程の経緯もあり保安員も信用できないとの思いもあったので、少し考えたあげく飛行機に乗り遅れるのだけは避けたかった為泣き寝入りしました。

幸い時計は数千円で手に入れた安い時計だったので被害は最小限で済んだのですが、
今でも犯人は中国系か?保安員か?それともグルか?
と不快な思いを抱きながら時折考えています。
また、帰国できる安心感の為少しホッとして油断してしまった自分を反省しています。
その時の経験があった為9月に海外に行った時には後ろに並ぶ人の確認と並ぶ所を選んでいました。

アキーラさん、こういったケースの対処対策はどうお考えですか?ちなみに私の英語は片言の初級レベルです。アドバイス、ご指導頂ければ幸いです。

海外で被害に遭われた方々の体験談【第⑤弾】ベトナム・ホーチミンのタクシー!ボッタくり被害多数!?

海外で被害に遭われた方々の体験談を募集していましたが
多くの方々から体験談をいただきましたので発表させていただきます。
海外にいく人々が無事に渡航できるよう、被害に遭わないように情報共有させていただきます。

いただいたコメントは下記

去年の年末にベトナムのホーチミンに行った時の話ですが、空港のタクシー乗り場で優良タクシー会社(ビナサンタクシー)の社員証を持った人に話かけられホテルまで乗せて行ってくれるとの事だったんでその人のタクシーが止まってる所までついていったのですが、そこに止まってた車は明らかにタクシーには見えないフルスモークのSUVでした!この段階で怪しいとは思いましたがもう勢いでその車に乗りました。
その車に乗るや否やドライバーに先に金払えと言われ、提示された金額を払おうとした瞬間、その金じゃないと言われ私の財布に手を突っ込み勝手に数枚のお札を抜いてきました。
私は怒りの頂点に達し必死で抜かれたお金を回収し何とかその車から脱出しました!周りにはその輩の仲間も数名いましたがそこも怒りの勢いで突破し、向かいにある空港のタクシー乗り場まで戻りました。
そして正規の空港職員にあいつらは誰だと聞いた所、その職員は小声で彼らはマフィアだと言ってました!
私は空港の敷地内で堂々とこんな詐欺をしてる輩達がいる事にカルチャーショックを受けました。
そしてホテルに到着して財布のお金を数えてみると全部お金を取り返したつもりでしたがだいぶ抜かれてました!
その後テンション下がりながらもホーチミンの偽タクシーについてネットで調べてたら私と同じ被害を遭われた方のブログを発見しました!タイトルは確かマジシャン並みのスリ師だったと思います(笑)
やはり海外では知らない人に声をかけられて例えこっち側にとって都合のいい話でも乗っちゃいけないと痛感しました!
恐らく他にも私と同じ被害を遭われた方まだまだいると思います、そしてこの先一人でも多くの方がこういった詐欺を回避していただきたいとの想いで私のベトナムでの被害体験を報告させてもらいました!

海外で被害に遭われた方々の体験談【第③弾】タイ・プーケットのレンタルバイク業者からボッタくり?海外で物をレンタルするさいの注意点?

海外で被害に遭われた方々の体験談を募集していましたが
多くの方々から体験談をいただきましたので発表させていただきます。
海外にいく人々が無事に渡航できるよう、被害に遭わないように情報共有させていただきます。

いただいたコメントは下記

プーケットでの被害はあります。レンタルバイクを借りて返す際、納得のいかない追加料金を徴収されたことがあります。
安いホステルのフロントでレンタルバイクのチラシがあったので申し込みをし、その際250bでレンタルをしました。そして朝に返却予定だったのでその日の夜にガソリンを満タンにし、ホテル前に停めて寝ました。夜中に大雨が降り洪水状態になったらしく(本当かどうか不明)返却する際にマフラーに大量の水が入ったので1000バーツ支払えとバイク屋に言われました。バイク屋はホテルのフロントから証拠は確認済みだと言うばかり。私は納得できませんでした。というのもバイクが浸水したならば泥水のラインがバイクに残るはずなのに、外観が綺麗なままだったので。確かに早朝にバイクが動くかどうか確認しなかった私にも非があります。
せっかく楽しみに旅行しにきてるのに、こういうことがあると本当に悲しいです。