国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際情勢

平成29年(2017年)6月10日!東京阿佐ヶ谷の講演会(前半)プロボディーガード栗林寿行氏!

【詳細】
プロボディーガード栗林寿行氏によるPodcastプロ・ボディーガード!護!護!Go!公開収録

大川原 明の海外サバイバル術2

日時:平成29年(2017年)6月10日(土曜日)19時~
場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷地域区民センター
JR中央線阿佐ヶ谷駅近く

お題:激動の時代を迎える世界
海外の治安と危険回避方法
国際事情に関して

タイ・パタヤ・夜の歓楽街(ソイ7~8・売春地帯、ゴーゴーバー)

パタヤはバンコクから160キロ程離れた所にあるビーチリゾートです。

ここはかつてベトナム戦争時に米兵達の休息の地として発展し、米兵相手のバーやクラブが­多­く出来、当時の小さな漁村であったこの町は発展していきました。
開発は非常に素早く、ビーチ開発などのほか、ゴー・ゴー・バーや売春などのセックス産業が発達しました。

映画の舞台にもなっており、1977年の千葉真一主演映画『激殺! 邪道拳』でロケーション撮影されました。

昼間は海岸沿いで­海水浴は楽しみ、夜は歓楽街へ!ここまでの規模はタイで一番です。

夜はパタヤの街全­体が怪しい雰囲気に包まれる。ソイ7付近のビヤホイはピンクの街灯で怪しい雰囲気をかもし出しています。
日本には関東 神奈川の横浜の黄金町、川崎の堀之内、東京の町田駅JR駅側ホテル街に同じような赤灯­のちょんの間街があったが(今は警察による規制強化により撲滅)が、それに光がにています。

パタヤウォーキングストリートは、ゴーゴーバーがひしめき、ソイ6~8はバービヤが深夜まで多くの人々でにぎわいます。

フィンランド&エストニアの治安状況

番組視聴者の方から質問をいただきましたので回答させていただきます。

質問は下記です。
9月に、1人でフィンランド(ヘルシンキ、タンペレ)とエストニア(タリン)に行くのですが、治安状況を言及してほしいです。よろしくお願いします。

東南アジアの物価に関して解説!物価上昇が激しい東南アジア各国?

東南アジアの物価に関して視聴者の方から質問がありましたので
ご回答させていただきます。
失われた20年といわれる日本。日本はバブル崩壊後に0%、マイナス成長を経験し、よくても2%台、ほとんど経済成長をしていないですが、今まで日本から援助をうけてきたアジア各国は経済成長著しく、その結果、賃金上昇&物価上昇しています。

一昔前を知る人々にとって最近、アジア各国の物価上場を実感していると思います。

シンガポール・セントーサ島・シロソ砦(イギリス軍が最後まで抵抗した場所)

【先の大戦関連地】セントーサ島内にあるシロソ砦。
セントーサ島では数多くの日本人観光客を見かけましたが
さすがに先の大戦での日本軍の関連地がある
事をしっている人々は少ないと思います。

昭和16年の真珠湾攻撃とともに
東南アジア各地で日本軍が進軍をしました。
マレー攻略は日本軍が精鋭であったこととイギリス軍が
手薄であったこと、イギリスからの独立を希望する
多くの現地マレー人の協力があったことにより短期間でイギリス軍を駆逐することができました。

日本軍は山下大将(当時は中将)率いる第25軍が活躍(銀輪部隊)し、難攻不落といわれたシンガポールの要塞もわずか10日足らずで
攻略。

シロソ砦は
最後まイギリス軍が
立てこもり反撃していた砦です。

日本軍の艦隊が沖に集結していた姿が
脳裏に浮かびました。

神戸港到着の中国からのコンテナに強毒「ヒアリ」が!神戸市内で100匹発見!

環境省は18日、強い毒を持つ外来種のアリ、「ヒアリ」が神戸市のポートアイランドのコンテナヤードで見つかったと発表した。約100匹がアスファルトのはがれた亀裂部分にいたという。5月26日に兵庫県尼崎市で、中国からの貨物船で運ばれたコンテナ内部で見つかったヒアリとの関連を調べている。

 環境省によると、今回のヒアリは、中国からのコンテナが一時保管されていた場所の近くで見つかった。16日、環境省職員らが発見し、数匹を採取。18日にヒアリと確認した。殺虫剤をまいて緊急防除をしたという。

 ヒアリは赤茶色で体長2・5~6ミリ。人が刺されるとやけどのような激痛が走る。毒針で何度も刺すほど攻撃性が高く、かゆみや動悸(どうき)などが引き起こされ、アナフィラキシーショックによる死亡例もあるという。

 これを受けて神戸市は対策本部を設置、周辺での生息調査を強化し、住民らに注意を呼びかける。
【ヒアリに二度さされた経験者が語る】
南米原産のヒアリ(英語名Fire Ant)が神戸港で見つかり話題となっています。(中国からのコンテナということで故意にやられた可能性も否定は出来ませんが=FBFのなかで中国共産党が工作!故意にやった!とコメントを入れる方がいそうですがW)
このヒアリに二度刺された事がある自分です。
場所はどこかというとオーストラリアのブリスベンとゴールドコーストです。
2002年にオーストラリア留学中にブリスベンのホームステイ先の公園の芝生で横になり昼寝していたところ、突然、煙草の火を押し付けられたような強い痛みに襲われました。
「いて!!!」と思わず叫んでしまったのですが、みるとこのアリが。
アリに刺されて(かまれて)、こんなに痛い思いするのは初めてで何だこれはと思い、聞いていくとFire Antでした。和名でヒアリ(火蟻)。
しばらく腫れて痛みが続ぎました。
その数か月後、ゴールドコーストの海岸のビーチ沿いの道路のわりと近いところで日光浴していたら、同じくヒアリにやられた自分です。
その時は近くに草むらがあったのですが、そこに巣があったようです。
それ以降、公園の草むらで横になり、昼寝はしないようにしましたし、海岸でも道路から近い草むらが近くにあるところでは横にならないようにしました。
半端ない痛さですが、中には亡くなる方もいるようです。
拡散力があるアリですが日本の行政機関は優秀ですので、かつて広まり、撲滅に成功したNZのように拡散せずに撲滅する事を願います。
ちなみにオーストラリアでは2002年に刺されたのですが、オーストラリアで最初に確認されたのは2001年。すごい繁殖力だと思いました。

平成29年(2017年)6月10日・東京都杉並区阿佐ヶ谷・プロボディーガード栗林寿行氏によるPodcastプロ・ボディーガード公開収録にゲスト出演(共同開催)

【詳細】
プロボディーガード栗林寿行氏によるPodcastプロ・ボディーガード公開収録

日時:平成29年(2017年)6月10日(土曜日)19時~
場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷地域区民センター
JR中央線阿佐ヶ谷駅近く

お題:激動の時代を迎える世界
海外の治安と危険回避方法
国際事情に関して


講演会参加者は27名(会場が24名の小さい会場だったので定員超過でした)
講演会後に阿佐ヶ谷駅近くの居酒屋で懇親会を開催しました。
21時~開始しましたが深夜2時30分頃まで談笑しました。

講演会参加者の方々との交流(私のYouTubeチャンネル登録者中心)