国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際紛争

【現地取材を終えて】ウクライナ艦船にロシアが砲撃、クリミア半島近く黒海海域で-緊張高まる

ウクライナとロシアが緊張状態に。ウクライナ現地取材者が語るウクライナの対露感情、危機を感じている国民。

【下記はBLOOMBERG記事】

ロシアが4年前に一方的に編入したウクライナ南部クリミア半島近くの黒海海域で25日、ウクライナ海軍の艦船がロシアから攻撃を受け数人が負傷、両国の間で緊張が高まっている。

ウクライナは、同国海軍の艦船の船団がクリミア半島近くのケルチ海峡に入ろうとした後、公海上でロシアの軍艦から砲撃を受けたと説明。ウクライナ海軍によると、6人が負傷し、3隻が拿捕(だほ)されたという。

ウクライナ議会は26日午後4時(日本時間午後11時)に緊急招集され、戒厳令を布告するかどうかを検討する。ヘイリー米国連大使はツイッターで、国連安全保障理事会は同日午前11時(日本時間27日午前1時)に緊急会合を開き、状況を話し合うことを明らかにした。

ロシアは同国領海を侵犯し、「危険な作戦」に従事したウクライナの艦船を止めるため、必要なあらゆる手段を講じたと主張した。同国は「安全保障上の理由」から、ケルチ海峡の航行を禁じていた。

ウクライナのポロシェンコ大統領はロシアによる「犯罪行為」への制裁の可能性を巡り欧州連合(EU)および北大西洋条約機構(NATO)に連絡。ただ、戒厳令布告は軍事動員ないし戦争を意味するものではないと強調した。

EUの報道官は声明で、「われわれはロシアがケルチ海峡の自由な航行を認めることを期待するとともに、状況の速やかな緊張緩和のため全ての当事者が最大限の自制をもって行動することを求める」とした。NATOは別個に、状況を注視していると発表した。
原題:Russia Fires on Ukraine’s Navy Near Crimea as Tensions Flare (2)(抜粋)

【1986年チェルノブイリ原発事故現場】旧ソ連!ウクライナ・チェルノブイリ原発!現地踏査!

1986年4月26日に起きた旧ソ連ウクライナ共和国キエフ州 プリピャチで起こったチェルノブイリ原発事故(4号炉)。世界で最悪の原発事故。

I joined the Chornobyl tour cost 145EURO. I remenber the Chornobyl accident in 1986. The tour started at 7:30am and came back to Kiev 20:30. The radioactivity remained in trace amounts,but there is no problem for entering the area,Sometimes the radioactivity measuring instrument measures strong radioactivity. I also visited the ruined town around the nuclear power plant Nuclear staff and their families lived.The situation at that time scratched my mind.

ソ連政府が発表した死者数は33名ですが、実際には数百人~数十万人と言われていますが、被爆と癌や白血病の因果関係を証明する証拠がないので明らかになっていません。(IAEAの公式見解では4000名)

ベラルーシとの境であったためにベラルーシにも甚大な被害が。ロシア側にも放射能被害が確認されました。

チェルノブイリを視察するには必ず現地ガイドを
つけねば訪問できませんが、ツアーで2万円前後でありますので、是非ともキエフに来た際はよっていただきたい場所です。

事故の経緯は人的ミス。
詳細は長くなるので割愛させていただきますが、
ソ連、共産社会主義の負のシステムがそこにあると思います。いわゆる企業内においてもホウレンソウ(報告、連絡、相談)が徹底している会社は問題が少ないですが、ホウレンソウがしにくいのが共産社会主義。
出世欲に目がくらみ、隠蔽体質が被害をさらに拡大させたのだと。

原発跡敷地内をガイドと共に車で移動、原発施設や冷却水用の池や廃墟となった原発施設職員が多く住んでいた町なども視察。放射能は未だに残ったままですが、視察できる程度。
しかし、場所により放射能が強く残っている場所もあり、ガイドの指示に従う必要があります。
放射能測定器を借り、随時、数値を測定しました。

日本はアメリカにより広島と長崎に原爆投下され、
甚大な被害が出ました。東日本大震災の際は津波による原発事故。
将来的に、原発に代わる発電システムが普及していきますが、1億2600万人を抱え、技術立国でもある日本にとっては現状では原発不可欠であるのは事実です。
しかし、将来的には原発ではなく代替エネルギーによる発電にしていかねばです。

心配なのは日本の近隣諸国が質の悪い原発を増産していること。風は東に吹いているので、もし、それら国々で事故が起こった場合、日本は確実に日本も被害に遭うことでしょう。

福島原発の被害に関して、7年経っても未だに、風評被害が続いており、福島の農作物、近海でとれる魚は危ない。福島の人々と話すとうつるなどという程度の低い人々がいることを懸念しております。それらが、福島の復興を妨げているのだと。

いずれにしろ、原発問題は日本だけではなく世界的な問題。
原子力を増産している国々は多く、こういった問題は世界的に考えていかねばならないと思います。

ロシアに対抗!NATO最大の軍事演習!仮想敵国はロシア?欧州全ての国を視察した人物が語る!

ロシアに対抗!NATO最大の軍事演習!仮想敵国はロシア?欧州全ての国を視察した人物が語る!

ソ連が解体して、冷戦終結してから早27年。ソ連構成国は独立を果たし、冷戦が終わったはずであるが、近年のロシアの経済成長、軍事拡張により、再び新冷戦の時代を迎えている。

2014年のロシアによるクリミア併合、ドネツク州などの問題で西側諸国が警戒感を強めているのが実情。

欧州は過去7回訪問、全ての国を訪問し、現地聞き取り調査もおこなってきましたが、やはり、多くの人々がロシアに対して警戒感を強めているのが実情。

東欧や旧ソ構成国も周り、聞き取り調査をおこなってきましたが、同じく、ロシアに対して良い感情をもっていません。

そして、今回、NATOによる大規模な軍事演習。
仮想敵国はロシア。
これに関して、それら国々を渡り歩いてきた小生が語る

ウクライナ・キエフ⇒モルドバ・キシナウ(キシニョウ)行き寝台列車!ドニエストル共和国経由!

ウクライナの首都のキエフを朝6時16分に出発し、13時間30分後のモルドバのキショニョウに19時50分頃到着。親ロシア派の噂の沿ドニエストル共和国に停車(1日3便あり、長いのは迂回してドニエストル共和国を通過しないのですが、確認不足でした。
ロシアのモスクワからモルドバのキシニョウまでの国際列車ですが、同じ車両には、ロシア人やドニエストル共和国の人々、ウクライナ人、モルドバ人、グルジア人と微妙な関係にある人々が同じ車両に。アジア人は自分一人でした。
沿ドニエストル共和国停車&通過は問題なかったのですが、肝心のモルドバの入国審査がなく、入国スタンプが押してもらえませんでした。

過去に、入国審査官の押し忘れで、空港で問題になったことがありますが、その時は充分な証明と説明が出来たので問題ありませんでした。
今回は、ドニエストル共和国を通過した列車の券は車掌さんから返してもらえましたので、それを出して出国時に説明します(むこうが英語が話せないと面倒くさいですが)。出国時に色々と問題になりそうだ。
事前に届け出るのも一つの手です。

旧ソ構成国ではロシア語が流通しており、人々の共通言語になっています。中南米では一部諸国をのぞいてスペイン語が母国語で、英語の通用度が低いのと同じです。
英語の次はスペイン語とおもっていますが、ロシア語も話せるとロシア周辺の多くの旧ソ構成国で会話が出来、便利です。ロシア語もよいな。タイ語も習得したいが。

旧ソ構成国!ジョージア(グルジア)渡航を終えての感想!ロシアとの関係は?アブハジアや南オセチア問題!親日国?

旧ソ構成国!ジョージア(グルジア)渡航を終えての感想!ロシアとの関係は?アブハジアや南オセチア問題!親日国?

【親日国?日本人だけ無料?】旧ソ構成国・アゼルバイジャン渡航しての感想!対外関係は?アルメニア、トルコとは?ナゴルノ・カラバフ問題?

【親日国?日本人だけ無料?】旧ソ構成国・アゼルバイジャン渡航しての感想!対外関係は?アルメニア、トルコとは?ナゴルノ・カラバフ問題?

【親日?】旧ソ構成国!アルメニア渡航を終えての感想!ナゴルノ・カラバフ?ロシア、トルコ、アゼルバイジャンなどの対外関係は?

【親日?】旧ソ構成国!アルメニア渡航を終えての感想!ナゴルノ・カラバフ?ロシア、トルコ、アゼルバイジャンなどの対外関係は?

アゼルバイジャン建国100周年軍事パレード!バクー市内!アゼルバイジャン&トルコ軍合同

アゼルバイジャン建国100周年軍事パレード!バクー市内!アゼルバイジャン&トルコ軍合
2018年9月16日

Military events where Azerbaijan is blessed on the 100th anniversary of the Republic declared on May 28, 1918 are held.
Turyky is the brother country for Azerbaijian and Turkish army join the military event and the Turkish president visited here yesterday.
アゼルバイジャンのバクー市内ではアゼルバイジャンが1918年5月28日に宣言された共和国の100周年が祝福される軍事行司が開催。東のイスラム国家初の民主共和国として認められているアゼルバイジャン共和国の独立は1918年5月28日の事で、これにはオスマントルコ帝国・カフカス・イスラム軍が尽力しました。

アゼルバイジャンにとり兄弟の国であるトルコ。トルコ軍とアゼルバイジャン軍の軍事演習が開催されました。
アゼルバイジャンは隣国アルメニアとの関係は最悪で、アルメニアに占領され、事実上独立上体にあるナゴルノ・カラバフの問題があります。

イスラム教国家の盟主的存在であるトルコ。
トルコのエルドアン大統領が15日にアゼルバイジャンを訪問し、エルドアン大統領はバクー解放の100周年記念式典で演説。
「ナゴルノ・カラバフ問題の解決は、アルメニアとの関係の修復にとって不可欠な条件である。このことはそう認識されておくべきである」と語りました。

「今からわずか25年前にホジャルで起こったこと(ホジャルの虐殺)、ナゴルノ・カラバフで虐殺された人々に報いない者、虐殺者を英雄視する者が我々に与えることができる歴史の教訓はまったくない」と述べたエルドアン大統領は、
「兄弟国アゼルバイジャンの領土の20パーセントを占領している者、100万人以上の我々の兄弟がその祖国に帰ることを妨害する者が、我々にその者らを受け入れるよう期待するのは無駄である」と語りました。

エルドアン大統領は、アゼルバイジャンの元大統領の故ハイダル・アリエフ氏の霊廟と、トルコ兵とアゼルバイジャン兵の殉国者記念墓地も訪問。