国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

東欧(東ヨーロッパ)

ブルガリア・ソフィア・近衛兵の交代式!

ブルガリア・ソフィアの大統領府の近衛兵の交代式。

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

【バルカン半島一綺麗な教会】ブルガリア・ソフィア・アレクサンドルネフスキー寺院

【バルカン半島一綺麗な教会】
先月、下旬に訪問したブルガリアの写真整理をしています。それとともに動画(映像)に関しては、YouTubeチャンネルにアップしています。合計で260程の動画撮影しましたが、160動画のアップと編集が完了しました。残りは4Kのビデオカメラで撮影した超高画質の動画100程です。
写真は、バルカン半島一と言われる教会(大聖堂)、アレクサンダル・ネフスキー寺院。4年ぶりに訪問しました。バルカン半島一と言われる
のは本当だと思います。バルカン半島の国(いや欧州はアイスランド以外全て訪問済み)は全ての国を訪問し、多くの教会、大聖堂をみてきましたが、バルカン半島の中で一番綺麗だと自分も思います。
教会は、角度により姿を変えますので、教会を一周し、様々な角度からの景色を楽しむとよいです。私的には、正面右斜めからのこのアングルが好きです。
夜に、このようにライトアップされて綺麗です。ソフィアを訪れるなら必ず訪れるべき場所です。

 

14322404_1168162906540253_9125388664783778999_n-1

 

【日本政府がブルガリアに50本の桜を贈呈した事に対する記念碑】世界を周ってきた大和男児アキーラが語る日本が素晴らしいと思える出来事!第5話!

【日本政府がブルガリアに50本の桜を贈呈した事に対する記念碑】

場所はソフィア市内にあります。(現地にて撮影)春になれば桜が咲きます。
親日的な国であるブルガリア!様々な理由があります。ブルガリアと日本の関係は、19世紀までさかのぼります。19世紀末より公式関係にありました。
第一次世界大戦では日本は連合国側にて参戦、ブルガリアは枢軸国側で敵対関係にありましたが、直接的な交戦はありませんでした。第二次世界大戦下では、日本とブルガリアは同じ枢軸国で味方同士でした。
しかし、1944年9月のブルガリアクーデター(英語版)により、ブルガリア王国政府が枢軸国から離脱したため、国交は断絶されました。戦後、旧ソの影響を受けて共産社会主義国家として歩んだのですが、1959年9月に15年ぶりに国交が回復されました。
共産社会主義体制当時からブルガリアは親日的であり、冷戦中も両国は敵対関係になることなく良好な関係を維持してきました。これは、周辺のハンガリー、チェコ、スロバキア、ルーマニア、ポーランド等の国々も同じです。
ソフィアで宿泊したマリネラホテルが1979年当初、日本政府のブルガリア政府観光庁への支援もあり、日本の御三家ホテルであるニューオータニホテルが建てたとお伝えしました。(設計は黒川紀章)ホテル内部には立派な日本庭園もあり、人々を魅了しています。
現在、在ブルガリア日本人は140人程、在日ブルガリア人は400名程です。年間にブルガリアを訪れる邦人の数は11000人程。そのうち9000千人は観光で訪れています。
ブルガリアでは日本の文化に関心が持つ人々が多いです。これは、欧州全土、特に東欧、バルト三国、南欧です。(実際に現地視察調査して分かった結果です。)
ブルガリアでは、琴欧州でも有名な相撲・欧州で人気を博している剣道・茶道・漫画とアニメ・俳句などをおこなう団体が数多くあいります。現地訪問した何人かのブルガリア人女性に話しかけられましたが、日本の文化やア二メに興味があるブルガリア人でした。

14263972_1167194263303784_7013147235235272461_n-1

【文章&写真】

〚略歴〛タイ⑬

国際ジャーナリスト
大川原 明(おおかわら あきら)
昭和五十四年(一九七九年)九月
静岡県生まれ
専修大学経営学部経営学科卒
大学卒業後、新卒で大手旅行会社入社、退職後、世界各地を調査渡航。
世界六〇か国訪問。今年中に百か国突破予定。
海外在住歴は留学、仕事で長期4か国計6年
世界一周後、日本一周(現在、四一都道府県訪問済み)国内外において、写真と動画双方にて撮影。証拠撮り。
※写真は全て、私自身が、現地調査によって撮影してきたものです。

 

上記記事に関しての質問や問い合わせ、取材、記事寄稿依頼、講演依頼等ありましたら

下記までご連絡ください。

大川原 明(オオカワラ アキラ)

E-mail:last-samurai-akira@hotmail.co.jp

携帯電話:090-6078-6677





 

ブルガリア・ソフィア・近衛兵の交代式!

ブルガリア・ソフィアの大統領府の近衛兵の交代式。

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

“日本ホテル”と呼ばれるソフィアの5つ星ホテル「マリネラホテル」

ブルガリアの首都のソフィア。ここには現地の人々から日本ホテルと呼ばれる5つ星の高級ホテル・マリネラホテルがあります。かつては、日本の御三家ホテルの一つであるニューオータニホテルで、日本の建築家である黒川紀章氏が設計しました。レストラン、バー、ジム、プール等設備も充実しており、満足のいく滞在が出来る事でしょう。今回は、ソフィアの高級ホテル「マリネラホテル」を皆さんにご紹介します。

 

記事は下記をクリックして確認ください。

↓↓↓↓↓

たびねす記事

東欧ブルガリアからの帰国後報告!ブルガリアはどんな国?

東欧ブルガリアからの帰国後報告!4年ぶり2回目のブルガリア。前回は、ソフィアだけでしたが、今回は内陸部の都市も訪問出来ました。ブルガリアはどんな国?

ブルガリア政府観光庁主催ファムトリップ招待参加!ブルガリア9日間渡航(8月23日~31日)

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアというと日本人の第一印象は、ヨーグルトでしょう。明治乳業が出しているブルガリアヨーグルトは、日本人に良く知られた製品です。そして、かつて活躍した琴欧州も知られています。実際に訪問してみて、バラの谷と呼ばれる地域がブルガリア中部にあるのですが、バラの生産地になっており、世界的にもバラから精製される油(ローズオイル)は世界的な評価はすごく高いです。日本ではあまり知られていない事です。

かつて、旧ソや他の東欧諸国のように共産党が一党独裁体制をしいていた時代に、隠されていた遺跡が多くあります。潜在的なものを含めて欧州の中では、イタリア、ギリシャの次に遺跡の数が多いのではないかといわれています。古代ギリシャ時代、それ以前の遺跡も多くあります。遺跡巡りもブルガリア観光の一つとなっています。料理に関しては、想像される通り、ヨーグルトやチーズなどの乳製品を使った料理が中心です。毎食、フルコースで出していただきましたが、ブルガリア料理を堪能出来ました。

ちなみにファムトリップですが、各国政府観光庁もしくは地方行政機関(市町村役場)等が企画して招待しているものです。ブルガリアは工業は盛んな国ではなく、農業や酪農が盛んな国です。民主化が進んだ今でも、決して豊かな国ではありません。そんな時に、外国人観光客に国に来てもらい旅行してお金をおとしてもらうインバウンド旅行に力を入れているのです。インバウンド旅行は非先進国にとり、貴重な外貨獲得源の一つです。ホテル、観光名所、お土産屋、飲食店、現地手配旅行会社等が利益を上げることができます。

14264109_1164591656897378_8276001284109416320_n

東欧ブルガリアからの帰国!○○が多い!

ブルガリア政府観光庁の招待にてブルガリアを4年ぶりに再訪しました。トルコ航空にてトルコのイスタンブール経由でブルガリアの首都のソフィア。
そこから前回行かなかった内陸部も訪問しました。

酪農王国!ブルガリア・ソフィアで訪れるべき場所5選

旅メディアたびねずに旅記事寄稿!今回のお題は、酪農王国!ブルガリア・ソフィアで訪れるべき場所5選

ブルガリアと聞いて日本人が連想するのはヨーグルトでしょう。また、琴欧州の出身国としても知られています。観光では日本人には馴染みが薄い国ですが、魅力ある観光名所が数多くあります。

ブルガリアの首都のソフィアは、ヴィトシャ山麓に位置する標高550メートルの高原都市。周囲を山々に囲まれ、風光明媚で水が美味しい事でも有名です。今回は、ソフィアで訪れるべき5つの場所を皆さんにご紹介いたします。

 

たびねす記事は下記をクリックしてください。

↓↓↓↓↓

たびねず記事