国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際バス

平成29年(2017年)6月10日!東京阿佐ヶ谷の講演会(後半)プロボディーガード栗林寿行氏!

【詳細】
プロボディーガード栗林寿行氏によるPodcastプロ・ボディーガード!護!護!Go!公開収録

大川原 明の海外サバイバル術2

日時:平成29年(2017年)6月10日(土曜日)19時~
場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷地域区民センター
JR中央線阿佐ヶ谷駅近く

お題:激動の時代を迎える世界
海外の治安と危険回避方法
国際事情に関して

【陸路越境】コソボ・プリズレン市→アルバニア・ドゥラス(デゥラス)行き国際バス!

セルビアから2008­年に独立したコソボに入国し、首都のプリシュティーナ、南西部中心都市であるプリズレ­ン、北西部中心都市のペヤの三都市を訪問。

コソボから欧州の秘境、欧州の北朝鮮と呼ばれていたアルバニアを訪問。
コソボのプリズレンにある旅行会社にて、バス予約をし、国際バスで陸路越境。

コソボのプリズレンからバスを使い5時間ほどで、アルバニア第2の都市でアルバニア最大の港湾都市&ビーチリゾートあるドゥラス(デュラス)へ。

アルバニアといえば1990年代にねずみ講蔓延(配当金をもとにアルバニア・マフィアが暗躍し、ボツニアヘルツェゴビナ紛争への武器購入、輸出等がおこなわれておりました。)し、その後1997年に経済破綻した国です。
国民の3分の1が全財産を失うという惨事にいたしました。
これによって政権が転覆し、無秩序状態となるという暴動が発生しました(アルバニア暴動)。

また、コソボ紛争時には同じアルバニア系のコソボを支援するために多くの人々がコソボへ赴きましたし、コソボから多くの難民が流入してきました。

ちなみに、コソボはアルバニア人主体の国です。
よって、アルバニアとコソボ両国間の仲はよく、越境する際の審査はゆるいものでした。
しかし、現在でも、コソボ紛争、アルバニア暴動時に使用された武器が国内で出回っており、時折、長期移動バスが、武装集団に襲われるという被害が出ております。

マケドニア、コソボ、モンテネグロ国境地帯には、ディナラ・アルプス山系の2000m級の山々が列を成しており、一番高い山はディバル地区にあるコラビ山で、2,753メートルに達します。

動画は、コソボとアルバニア国境地帯付近ですが、険しい山々が多いです。それとともに、コソボ紛争時に設置されたトーチカが今でも残っています。

実録【世界中で尊敬される日本】セルビア・ベオグラード・日本政府から寄付された新車バス93台!

セルビアのベオグラード市内で日の丸発見!日本から寄付されたバス。
1999年のNATOによる空爆、経済制裁により、セルビアは経済疲弊しました。
そこに救いの手を出したのが日本なのです。バスは93台程寄付、病院施設、橋や道路なども日本の援助で建設。

セルビアがその後、洪水に見舞われた時も、日本は援助いたしました。それだからか、バスの運転手、横にいたセルビア人青年、道を尋ねて、英語は通じずとも親切に対応してくれると思いました。対日感情は良い国です。

VIPバス利用!タイ北部メーホンソーン→バンコク!VIPバスとは?

平成27年(2015年)10月に2年4か月ぶりにタイを再訪。
5年ぶりに北タイを訪問。
タイ北部のメーホンソーンからバンコクまではVIPバスを利用して16時間で到着。
メーホンソーン出発が16時、バンコクの北バスターミナル到着は朝8時。
VIPバスは、扇風機ローカルバス→エアコン2等→エアコン1等→VIPという事で最­上級のものです。
16時間という長い距離ですが、費用はたった2000円でした。
朝食と夜食つきです。
VIPと一等バスの違いはシートピッチの広さにも違いがあり、ゆったりと、座席を後ろ­に倒すことが出来ます。
日本でも最近、このような寝台バスが増えていますが。

タイ国内では路線により東南もおこっておりますので、荷物管理には十分注意してくださ­い。

マケドニア・スコピエ→コソボ・プリシュティナ市行きバス利用!

旧ユーゴスラビア諸国再訪。マケドニアは2年ぶりの再­­訪でしたが、そこからバスで­3時間程の距離にあるコソボ(200­8­年独立)を訪問。マケドニアの首都のスコピ­エから国際バスを利用し陸路越境し、コ­ソボ­の首都のプリシュティーナへ。
こちらが利用したバス。コソボ国境で、コソボ側の入国審査官に怪しまれ、銃を持った3­­­人の警察官に囲まれ、いろいろと尋問されたが、明確に回答。日本人と答えると安心­し­た­のか、納得し、無事に入国できました。

欧州の小国・アンドラ公国行きバス(スペイン・バルセロナ北バスターミナルより)

前回の欧州周遊旅行で、訪問しようとしていたのですが、時間がなく訪問
出来なかった国、アンドラ公国。
日本人には馴染みがない国であります。
1993年に独立を果たした新しい国です。
アンドラまでどのように行けばいいかと考えている方は多いと思います。
主なルートは2つです。
一つはスペインのバルセロナの北バスターミナルからバスを利用して3時間ほどでいけます。
もう一つの方法としては、フランスのトゥールーズ等からバスで赴く方法です。
バルセロナからのほうが行きやすいと思います。
バルセロナで観光もできます。

 

スペイン・バルセロナ→アンドラ行きバスです。

10410907_777573335599214_4104309676300238657_n

バス車内

10659366_777573425599205_3658019322415993455_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
欧州 スペイン・バルセロナにて 9月3日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

コソボ・ペヤ→モンテネグロ・ポドゴリツァ行き国際バス利用

7時間のバスの移動で、コソボのペヤからモンテネグロの首都のポトゴリッサにやってきました。写真はポトゴリッサのバスターミナル。
今回の旅で9か国目、初めての訪問なので渡航歴は55か国となります。100か国突破まで、あと45か国です。
モンテネグロはセルビアから2006年独立した新しい国です。
コソボからくる際に1000m級の山をいくつも峠越えしました。山の景色も素晴らしかったです。
14931_768806669809214_3743011354616390769_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
コソボのペヤにて 8月15日撮影

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

コソボ・北西部中心都市・ペヤ訪問!

アルバニアの首都のティラナにより、そこからコソボに戻り、コソボ北西部の町・ペヤにいます。前にお見せしたペヤビールの本場です。ここまで来るのに時間がかかりました。
ペヤはセルビア正教会の総主教座がおかれた特別な場所であり、市内と近郊に2つの世界遺産の修道院があります。セルビア人がここにこだわるのはわけがあります。
ホテルは駅前のホテルをとりました。ホテル部屋(5階)からの景色です。駅前ロータリーです。近郊には山があり風光明媚な町でもあります。セルビアとアルバニア双方の国境から30キロほど、モンテネグロから20キロ程の距離にある国境地帯の街です。
10537392_768093896547158_1400983812256929585_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
コソボのペヤにて 8月14日撮影

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

コソボ・プリズレン→アルバニア・デュラス行き国際バス

今回の旅で8か国目となる23年程前まで鎖国政策をおこない、元共産社会主義国、欧州の秘境、欧州の北朝鮮と呼ばれているアルバニアに到着。
首都のティラナでなくビーチリゾートのデュラスにきました。
アルバアニアは、貧しい国なのでインフラが整っておらず、停電もよくおきます。
日本人にとってあまり知られていない国です。

10418430_767077926648755_7391785298880886727_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
コソボのプリズレンにて 8月11日撮影

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw