国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

海外治安情報

イタリア・ヴェネツィア(ベネチア)でレストランで日本人学生4名がボッタくり被害!

イタリア・ヴェネツィア(ベネチア)でレストランで日本人学生4名がボッタくり被害!ベネチア市長が粋な計らい!

 先月、イタリア・ベネチアのレストランで日本人学生4人が食事代として約1100ユーロ(約15万円)を請求される被害がありました。

これに対して
「厳正に対処する」と発言したベネチア市長。
店が罰金2万ユーロ(約270万円)の罰金を受けた上、地元ホテル協会が4人を高級ホテル2泊分をプレゼントしたとしました。

海外留学や駐在もしくは現地渡航調査(取材)で世界各地を渡り歩き、今までに数万軒、数十万回海外の飲食店を利用してきました。

海外の飲食店ではボッタくり被害
はよくある事なのか?
動画にて言及。

海外で被害に遭われた方々の体験談【第⑥弾】ポーランド・ワルシャワの空港で盗難?

海外で被害に遭われた方々の体験談を募集していましたが
多くの方々から体験談をいただきましたので発表させていただきます。
海外にいく人々が無事に渡航できるよう、被害に遭わないように情報共有させていただきます。

いただいたコメントは下記

今年6月に私は1人で海外での研修の為に初めてポーランドへ行きました。
海外は17年ぶりです。3週間余りの滞在で、
休暇の日にはマルボルク城からグダンスクまで一人旅もでき、
いい思い出ができたと喜んでおりましたが
帰国の日ショパン空港で見送りの人と別れ、
その後手荷物検査を受けた時に事件は起きました。

検査場は非常に混んでいて私は比較的列の短い所を狙い並びました。
私の後ろにはその言語から判断して
中国系の40代の夫婦らしき若干気品のない2人がおりましたが
特に気にせず順番待ちしていました。
そして順番がきてリュックの中の物を二つのトレイに
入れて次かと待っている時に前にいた女性の
40代くらい保安員がポーランド語で話しかけてきました。

私は挨拶程度のポーランド語しかできないので、
わからないと困った仕草をしていたら、
はぁとイヤそうに溜め息をついて次は英語で髪に何か塗ってるのか?
とか高い靴をはいてるんじゃないの?とか質問してきます。

いいえと対応してゲートに行くと靴を脱げ、
靴下を脱げと若い男性の保安員が指示をしてきます。
不快に思いながらも、まあテロが頻発しているからかな?と考え、
やれやれと思いながら
トレイの所に行き一つずつリュックに入れていると腕時計がないのです。
あれ?と思いながら再確認してもありません。もしや?と思い後ろの中国系の夫婦を見たのですが確証もなく保安員に言おうと思ったのですが先程の経緯もあり保安員も信用できないとの思いもあったので、少し考えたあげく飛行機に乗り遅れるのだけは避けたかった為泣き寝入りしました。

幸い時計は数千円で手に入れた安い時計だったので被害は最小限で済んだのですが、
今でも犯人は中国系か?保安員か?それともグルか?
と不快な思いを抱きながら時折考えています。
また、帰国できる安心感の為少しホッとして油断してしまった自分を反省しています。
その時の経験があった為9月に海外に行った時には後ろに並ぶ人の確認と並ぶ所を選んでいました。

アキーラさん、こういったケースの対処対策はどうお考えですか?ちなみに私の英語は片言の初級レベルです。アドバイス、ご指導頂ければ幸いです。

海外で被害に遭われた方々の体験談【第⑤弾】ベトナム・ホーチミンのタクシー!ボッタくり被害多数!?

海外で被害に遭われた方々の体験談を募集していましたが
多くの方々から体験談をいただきましたので発表させていただきます。
海外にいく人々が無事に渡航できるよう、被害に遭わないように情報共有させていただきます。

いただいたコメントは下記

去年の年末にベトナムのホーチミンに行った時の話ですが、空港のタクシー乗り場で優良タクシー会社(ビナサンタクシー)の社員証を持った人に話かけられホテルまで乗せて行ってくれるとの事だったんでその人のタクシーが止まってる所までついていったのですが、そこに止まってた車は明らかにタクシーには見えないフルスモークのSUVでした!この段階で怪しいとは思いましたがもう勢いでその車に乗りました。
その車に乗るや否やドライバーに先に金払えと言われ、提示された金額を払おうとした瞬間、その金じゃないと言われ私の財布に手を突っ込み勝手に数枚のお札を抜いてきました。
私は怒りの頂点に達し必死で抜かれたお金を回収し何とかその車から脱出しました!周りにはその輩の仲間も数名いましたがそこも怒りの勢いで突破し、向かいにある空港のタクシー乗り場まで戻りました。
そして正規の空港職員にあいつらは誰だと聞いた所、その職員は小声で彼らはマフィアだと言ってました!
私は空港の敷地内で堂々とこんな詐欺をしてる輩達がいる事にカルチャーショックを受けました。
そしてホテルに到着して財布のお金を数えてみると全部お金を取り返したつもりでしたがだいぶ抜かれてました!
その後テンション下がりながらもホーチミンの偽タクシーについてネットで調べてたら私と同じ被害を遭われた方のブログを発見しました!タイトルは確かマジシャン並みのスリ師だったと思います(笑)
やはり海外では知らない人に声をかけられて例えこっち側にとって都合のいい話でも乗っちゃいけないと痛感しました!
恐らく他にも私と同じ被害を遭われた方まだまだいると思います、そしてこの先一人でも多くの方がこういった詐欺を回避していただきたいとの想いで私のベトナムでの被害体験を報告させてもらいました!

海外で犯罪被害(暴力、強盗、詐欺など)に遭った方々の体験談募集

【海外で犯罪被害(暴力、強盗、詐欺など)に遭った方々の体験談募集】

海外では多くの邦人が犯罪被害に巻き込まれています。
安全を買った旅行会社主催の添乗員付きパッケージツアー(終日観光つき)もしくは会社の出張で送迎がきっちりとついて外に出る際も随行者がいる場合であれば安心できるのですが、主に個人もしくは終日自由行動のパッケージツアーで
犯罪被害に遭う方々がいます。

小生は常に危険予測をして危機管理を発揮してほとんど危ない目に遭った事がありません。もちろん、注意喚起する立場としてかなりの情報は持っていますので大抵のことは知ってはいると思いますが、今後、海外に出られる邦人の方々向けに犯罪被害者にならないために情報収集&発信させていただきたいと思います。

連絡は
下記Eメールアドレスにお願いいたします。
last-samurai-akira@hotmail.co.jp

※写真は3年前に訪問した旧ユーゴのセルビアの首都のベオグラード。空爆通り、1999年にNATOにより空爆されたビルの近くです。

【治安危ない?】フィリピン・マニラ・現地潜入ルポ!

フィリピンのマニラと聞くと治安が悪いという印象を持つ人々が非常に多いと思います。確かにアジアの中では犯罪率は高く決して治安は良いとはいえないのが実情ですが、果たしてどうなのでしょうか?屈強な男性であれば行動さえ注意すれば特に問題はないように思います。

しかし、スラムがマニラ市内に多くありますのでスラムには単身で入らないように注意が必要です。

フィリピンのマニラを訪問時、数多くの場所を訪問。エルミタ地区から徒歩で散策。パシ­ッグ川を渡ったらトンド地区です。川の河口。北側です。
マニラ市内には数多くのスラムがありますが、その多くがこのトンド地区にあります。
スモーキー・マウンテンの名で知られるごみの最終処分場もこの地区に存在していました­。
この国では観光客を狙った睡眠薬強盗が流行っています。
飲み物を飲まないか?とすすめられるのですが(睡眠薬入り)、それを飲むと睡眠薬によ­り、眠りにつきます。
その後、貴重品等奪われ、身ぐるみはがされるのです。日本のパスポートは裏で高値で取­引きされていますので、パスポートはホテルの金婚いれておきましょう。
そして多額の現金を持たない。
飲み物をすすめられても飲まない。まず、腕っ節に自身のないでのあれば、スラム街に近­づかない事が必要です。
間違って入ってしまう事もありますので、その時は、速やかに離れるようにしましょう。