国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

海外治安情報

インドネシア・バリ島・クタ地区(ビーチ~夜の繁華街総集編動画)

インドネシアのビーチリゾートであるバリ島。
クタ、ジンバラン、ウブド、ヌサドゥア、ブノア、ウルワツなど様々なお薦めの場所がありますが、日本人だけでなく欧米人にも人気のバリ島。新婚旅行先としても人気の高い場所です。

宗教は他のインドネシアとは異なりヒンズー教。
他のインドネシアとは少し違った雰囲気が味わえます。

そんなバリ島で一番賑やかなのがクタ地区。
多くの宿泊施設、飲食店、お土産屋、マッサージ屋などがあり
多くの観光客で賑わう地区です。

ビーチ自体はバリ島の他のビーチと比べると綺麗度は落ちますが
賑やかな雰囲気やお手頃価格の宿を求めるのであればクタ地区です。
せっかくなので、クタ地区からバリ島の様々な名所も訪れてみましょう。

海外渡航・世界1周周遊旅行の際の海外各国の治安の情報収集はどのようにすればいいのか

海外渡航・世界1周周遊旅行の際の海外各国の治安の情報収集はどのようにすればいいのか?
元旅行会社勤務で日本と海外支店に勤務し、現地にて治安の注意喚起をおこなってきた私です。
そして、実際に現地踏査して治安の情報収集。現地撮影という形でも治安の注意喚起をおこなっています。

【マフィアとゴミの都市】イタリア・南部最大都市・ナポリ!

ローマからイタリアの高速列車フレッチャロッサを使い、イタリア南部最大の都市であるナポリを訪問。

ナポリで感じた事は、ゴミが道端に非常に多い事です。あまり綺麗な町ではないですね。浮浪者も多いですし、東南アジアでよくみられる信号待ちしている車の窓拭きお金を得ている人々も多かったです。
日本でも都道府県により格差はありますが、(豊かな県とそうでない県等。)イタリアは南にいけば行くほど経済は遅れております。しかし、良い意味でいえばイタリアの田舎臭さが残っており、ある意味では楽しい都市です。

イタリア南部にある都市で、その周辺地域を含む人口約96万人の基礎自治体(コムーネ)。カンパニア州の州都であり、ナポリ県の県都でもある。ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市で、南イタリア最大の都市である。都市圏人口は約300万人。

ナポリは、ナポリ湾に面した港湾都市。
風光明媚な景観から「ナポリを見てから死ね」(日本のことわざでいうところの「日光を見ずに結構と言うな」)と言われ、温暖な気候から観光都市としても知られています。
旧市街地は「ナポリ歴史地区」として世界遺産に登録されております。

ナポリ周辺にも、ヴェスヴィオ火山やポンペイの遺跡、カプリ島などの観光地を有する。 イタリア第二の港町
製鉄、製油、化学、自動車、航空機、食品加工などの工業も盛ん出ございます。
1980年には地震により大きな被害を受けた100万都市です。旧市街は世界遺産に登録されております。
また、ナポリはマフィアの街としても知られ、傘下団体約130、構成員約6300人がいるカモッラの拠点として知られています。

イタリア・ヴェネツィア(ベネチア)でレストランで日本人学生4名がボッタくり被害!

イタリア・ヴェネツィア(ベネチア)でレストランで日本人学生4名がボッタくり被害!ベネチア市長が粋な計らい!

 先月、イタリア・ベネチアのレストランで日本人学生4人が食事代として約1100ユーロ(約15万円)を請求される被害がありました。

これに対して
「厳正に対処する」と発言したベネチア市長。
店が罰金2万ユーロ(約270万円)の罰金を受けた上、地元ホテル協会が4人を高級ホテル2泊分をプレゼントしたとしました。

海外留学や駐在もしくは現地渡航調査(取材)で世界各地を渡り歩き、今までに数万軒、数十万回海外の飲食店を利用してきました。

海外の飲食店ではボッタくり被害
はよくある事なのか?
動画にて言及。

海外で被害に遭われた方々の体験談【第⑥弾】ポーランド・ワルシャワの空港で盗難?

海外で被害に遭われた方々の体験談を募集していましたが
多くの方々から体験談をいただきましたので発表させていただきます。
海外にいく人々が無事に渡航できるよう、被害に遭わないように情報共有させていただきます。

いただいたコメントは下記

今年6月に私は1人で海外での研修の為に初めてポーランドへ行きました。
海外は17年ぶりです。3週間余りの滞在で、
休暇の日にはマルボルク城からグダンスクまで一人旅もでき、
いい思い出ができたと喜んでおりましたが
帰国の日ショパン空港で見送りの人と別れ、
その後手荷物検査を受けた時に事件は起きました。

検査場は非常に混んでいて私は比較的列の短い所を狙い並びました。
私の後ろにはその言語から判断して
中国系の40代の夫婦らしき若干気品のない2人がおりましたが
特に気にせず順番待ちしていました。
そして順番がきてリュックの中の物を二つのトレイに
入れて次かと待っている時に前にいた女性の
40代くらい保安員がポーランド語で話しかけてきました。

私は挨拶程度のポーランド語しかできないので、
わからないと困った仕草をしていたら、
はぁとイヤそうに溜め息をついて次は英語で髪に何か塗ってるのか?
とか高い靴をはいてるんじゃないの?とか質問してきます。

いいえと対応してゲートに行くと靴を脱げ、
靴下を脱げと若い男性の保安員が指示をしてきます。
不快に思いながらも、まあテロが頻発しているからかな?と考え、
やれやれと思いながら
トレイの所に行き一つずつリュックに入れていると腕時計がないのです。
あれ?と思いながら再確認してもありません。もしや?と思い後ろの中国系の夫婦を見たのですが確証もなく保安員に言おうと思ったのですが先程の経緯もあり保安員も信用できないとの思いもあったので、少し考えたあげく飛行機に乗り遅れるのだけは避けたかった為泣き寝入りしました。

幸い時計は数千円で手に入れた安い時計だったので被害は最小限で済んだのですが、
今でも犯人は中国系か?保安員か?それともグルか?
と不快な思いを抱きながら時折考えています。
また、帰国できる安心感の為少しホッとして油断してしまった自分を反省しています。
その時の経験があった為9月に海外に行った時には後ろに並ぶ人の確認と並ぶ所を選んでいました。

アキーラさん、こういったケースの対処対策はどうお考えですか?ちなみに私の英語は片言の初級レベルです。アドバイス、ご指導頂ければ幸いです。