国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

旅の必需品

海外での現金管理に関して

【海外での現金管理に関して】
海外をあまり行った事ない方は、海外での現金管理に関してどのようにすればいいかと感じる方はいると思います。

短期なら日本円もしくは国際通貨である米ドルやユーロをもって現地で両替で大丈夫です。

中長期で周る場合は、どうしたらよいか。
今回は4万円と米ドル1500バーツだけ持って来ましたが、クレジットカードでの現地キャッシングがほとんどの国では出来ます。なので日本から多額の現金を持ってくる必要はありません。

カードが使えるところはカード払い。なくなればカードでのキャッシング。私は、SMBC信託銀行のカードを持ち、口座にお金入れてますが、シティーバンクの支店で現地通貨で直接講座からおろすこともできます。

昨日は、カードキャッシングにて10000バーツ(約33000円)をATMでキャッシングしました。(手数料が700円弱かかるので1回で多めにおろしました。)

これから他国の辺鄙な場所にいく際に、ATMで引き落としが出来ないとこもあるので日本円や米ドルを持参しています。
カードが使えるとこでは極力、現金を使わないのがコツです。16388035_1306407572715785_8147918177148772720_n

インドのケララ州で日本人女性が強姦致傷された件に関して

15181444_1241708259185717_4866602873367685590_n-1

※産経新聞・平成28年11月28日の朝刊より抜粋
インドのケララ州で日本人女性が強姦され、怪我をするいわゆる強姦致傷事件発生。またかといったのが実情です。ここ数年だけでも多くの日本人女性がインド人による強姦被害にあっています。
一番ひどかったのは、監禁されて集団で輪廻された女性です。怪我をされた女性の早期回復を願います。

インドへは日本人女性1人での渡航はお薦めしません。なぜならば日本人女性は格好のカモですから。
女性複数人渡航でもお薦めはしませんが、とにかく最低でも守らねばならないことは、現地で知り合った人々の家に行ってはいけないということです。

道端で話したり、店で話しをするのはよいですが、一緒に行動することは安全上好ましくありません。
日本人女性の中に、大和撫子としての心を忘れた女性が、奔放的になり、現地でであった外国人男性と簡単に性交渉をしてしまう人々がいます。(いわゆる尻軽女、パンパン=英語でいったらビッチ)
こういったパンパンの人々が、日本人女性=軽いという印象をつくりあげ、そうでない大半の日本人女性の名誉を傷つけているのです。
私は、海外長期4か国計6年居住でそのような日本人女性を多くみてきました。(はっきりいうと日本人としての感覚がない人々)
そして、こういった性犯罪被害者が出てしまうのです。
ここ5年だけでも数十人の日本人が海外で殺害されました。いくつかの場所では殺害された現場に赴き慰霊合掌させていただいたものです。
いわゆる添乗員つきのパッケージツアーで行くのであれば安心でしょう。しかし、航空券だけ手配し、あとは自分で旅をするいわゆる自由旅行では、危険がつきものです。単独渡航であればなおさら気をつけて行動しなければならないのです。
インドのムンバイに­­­タイのバンコク経由で到着。ムンバイ→ゴア→コーチン→ムナール→チェンナイ→バ­ラ­ナ­シ→デリー→アーグラー→アーメダバード→ムンバイと25日間滞在。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以前にも出させていただきましたが、インドを周る際の注意点です。

インド渡航調査

平成28年(2016年)3月8日に日本を発ってから、インドのムンバイに­タイのバンコク経由で到着。ムンバイ→ゴア→コーチン→ムナール→チェンナイ→バラナ­シ→デリー→アーグラー→アーメダバード→ムンバイと25日間滞在。

2557_1054420897914455_7482654814458671003_n (1)

インドの治安は良いの?悪いの?日本と比べてどうなの?

まず日本は世界的にみて治安は非常に良い国です。これは、今まで海外長期4か国計6年海外に居住、海外61か国渡航し自分の目でみてきた私は思います。海外では日本の常識が通用しないのが海外。日本と同じように行動していると犯罪被害に遭ってしまうのです。
ではインドは世界的にみてみて治安は良いのか?悪いのか?治安は良くはありません。ただし渡航をやめたほうがいいという程度ではないと思います。
男性であれば一人旅でもある程度旅慣れていれば問題ないと思います。ただし、女性に関してですが1人での渡航はお薦めできません。もし今までにいろいろな国を周り、危険回避能力を持ち、危機管理に自信がある方であれば女性1人でもよいかもしれません。しかし、もし自信がないのであれば友人と複数人でいくか、添乗員つきパッケージ旅行で参加をするべきであると思います。

女性1人旅をお勧めしない理由がいくつかあるのですが、最大の理由としては、インドが世界でも有数の強姦大国であるからです。ここ数年をみてみてもインド人からの強姦の被害にある日本人女性が複数いるからです。表に出てきているだけでも複数ですから、実質は被害にあっても被害届を出していない人々は多くおります。
ある日本人女性はオートリキシャの運転手に2週間監禁されたあげく複数のインド人に集団で強姦(集団輪廻)されました。

私は断じてこのような被害者を出したくないので邦人被害者が出ないように拡散させていただきます。

 

※下記はインドを9都市周遊した際に使用したバックパック。撮影機材もあるので18キロほどの重量です。

12294703_1055365751153303_2001493052354063379_n (1)

 

インドで注意するべき点

1.タクシーやオートリキシャは料金交渉をしっかりと!

タクシーにはメーターを使うタクシーと使わないタクシーとあります。メーターを使うタクシーであれば乗ったあとにしっかりとメーターがおりているかの確認が必要です。おりてなければはっきりと言う。ただし中にはメーターをごまかしたり、遠回りをして代金を上げてくる事もあります。その時は周りの状況を判断しながら抗議をすべきです。ただし女性やひ弱そうに見えてしまう男性だと足元をみられなめられる可能性もあります。

空港から市内へはプリペイドタクシーがある都市が多いですが、料金を事前に払うプリペイドタクシーをお勧めします。プリペイドタクシーであれば事前に車の番号等をタクシーカウンターで確認しておりますのでボッタくりの被害に遭うのは低いと思われます。ただし市内でのタクシーに関してはしっかりとした交渉が必要で、心配であれば宿泊ホテルに呼んでもらうのが安全です。

※下記は空港からのプリペイドタクシー(チェンナイの空港から利用)

スズキ車が多い

1507663_1047776745245537_7614954515057486868_n (1)

※インドのいたるとこで見かけるオートリキシャ
日本が由来のリキシャとそこから派生したオートリキシャ。これらは
基本的に事前の料金交渉が必要です。2人で利用なら必ず2人での値段であるのかを聞かねばなりません。

運転手と仲良くなり記念撮影。真似はしないでください。

12006169_1051680931521785_5142426778569587763_n (1)

※こちらがリキシャ(サイクルリキシャ)
12347865_1053544874668724_4050234064448028361_n (1)

2.女性は1人での行動を極力避ける

女性の場合、男性よりも危ない目に遭う可能性は増します。男性が性的犯罪の被害に遭う可能性は低いのですが、女性は性的犯罪に遭う可能性は高いです。1人で女性が行動していると多くの人々に話しかけられます。道端で話しかけてくる人々は基本的に相手をしてはいけません。下心をもちながら観光案内してあげる!分からない事があれば教えてあげると近づいてきます。しかし、それら人々を相手にしてはいけません。ついていくと危険な目に遭う可能性は濃厚です。

少しでも性的被害に遭わないための秘訣。
(性的被害というと強姦だけではありません。いわゆる痴漢も含めます。)
1.肌を露出した格好をしない
2.厚化粧をしない
3.愛想笑いをしない(勘違いをうむ)

※下記写真はインドムンバイで話しかけてきた悪徳旅行業者

インドでは法外な額を請求する悪徳旅行業者がいまだに暗躍しています。欺師や薬の売人、買春斡旋業者等。
この彼は、政府の観光局の人間といい近づいてきましたが、嘘が話してわかりました。プロですので人の見極めは慣れてます。まず、政府の観光局の人間が道端で勧誘はおかしな話し!そしてレストラン斡旋とか。
あと、顔で嘘やきな臭さが出ていましたwこの写真からは分からないでしょうが。道端で話しかけてきて商売の話しをする人々などは相手にしてはいけません。

1914593_1042404772449401_4156716751254306886_n

3.人気のない場所を避ける&夜間は外出を控える

犯罪心理学でも明らかになっている事ですが、犯罪が起きやすい場所や時間があります。まず場所ですが、人気が少ない場所。時間であれば夜に犯罪率は増します。これは人気がないことにより目撃者が減り、捕まる可能性が低くなるからです。
よって人気のないとこや夜間の外出は極力控えるべきです。女性1人でクラブやバーなどのお店にいくのはやめるべきです。

※下記写真は世界遺産にも認定されているムンバイCST駅
1929832_1042687025754509_8016365187282483963_n

4.盗難の被害にあわないために

インドでは他国と同じようにスリやひったくり、置き引きが横行しています。これらを防ぐにはカバンには南京錠をする、バッグは背負うバックにする。貴重品を宿のベッドの上などに置きっぱなしにしない、高級そうな腕時計や宝石類、ブランドバッグを持っていかない。財布は予備の財布をいれる。

※スリ防止のお薦めの首かけ型の財布
12801263_1039222892767589_8875564201771238723_n

※スリ防止用の南京錠&置き引き防止のワイヤー
12804766_1036713299685215_1859130762755064701_n

※お薦めの防犯ブザー!かなり大きな音がなります。万が一の際に他者からの注目を浴びるのに効果があります。
11220479_920539477969265_7294003380955205951_n

5.列車利用に関して

都市間の移動の手段としてバスもあるのですが、インドでのバス利用は悪路やバスの状態がよくないものも多いので電車のほうがお薦めします。夜行寝台電車利用であれば極力2等以上のクラスにすることをお薦めします。あまりに安いクラスだと危険な目に遭う可能性もまします。予約に関しては駅で出来ますが席がなくなる可能性がありますので早めの予約が好ましいです。駅の予約カウンターの近くでは悪徳旅行業者が勧誘しているところもあるので注意が必要です。

※下記は安い2等エアコンなしの車両。3段ベッドの最上段。
10398479_1046092975413914_6599360624817226963_n (1)

12814108_1043367382353140_6957924151218706898_n

※下記は2等のエアコンつきの車両。寝やすかったです。

12832446_1043367375686474_4096716688615238737_n (1)

6.食中毒、食あたり、下痢にならないためにはどうすれば?

インドというとお腹を壊す印象が強いと思います。ここ最近インドも経済発展著しく衛生状態もかなりよくはなってきてはいるもののまだまだお腹を壊す人々が多いです。それでは、どうしたらお腹を壊さないようにするべきか?

①.生水を飲まない ②.生野菜を食さない

インドでは水の状態が決してよいわけではありません。日本のように水道水は飲めません。よって水道水を飲んではいけませんし、火が通っていない生野菜を食すのも極力さけるべきです。あとはインド料理はカレーを中心に辛いですが、辛さでやられることもあります。

③.暴飲暴食をしない

暴飲暴食をすることでお腹があたる可能性が高くなります。暴飲暴食はさけるべきです。

④うがい・手洗いをしっかりとする ⑤口にいれて味が変だと思ったらそれ以上食べない。

※バラナシのローカルレストラン。1食200円くらいでした。インドカレーが好きな

人にはたまらないですね。

12799232_1050856444937567_3739598328127858546_n

7.クレジットカード利用の注意点

海外でのクレジットカードは他国でもそうなのですが、カード情報をコピーされないように店員が決済するときに見張っているべきです。手数料をとることをしっかりと伝えない従業員がおりますが購入前に確認し、サインする前に再度金額を確認する必要があります。一度サインしてしまったら大変ですので必ず金額の確認は必要です。

8.女性1人での旅であれば中級ホテル以上に宿泊が好ましい

安宿でオーナーや従業員に鍵を使われて中に入られた事例がいくつもあります。ものを盗まれるだけならよいのですが、強姦被害あってしまった女性も多いです。安全性を考慮し、女性1人旅の場合は中級ホテル以上に宿泊をお勧めします。

 

※下記はチェンナイで宿泊した4つ星ホテル

12523855_1047782661911612_2255345897267783855_n

 

8.危険な目に遭わないためには?

私は世界61か国渡航、海外長期4か国6年の居住経験があります。元々旅行会社に勤務しており、海外支店でも働いていました。海外支店では日本からくるお客様を対応しておりましたが、犯罪の被害に遭われる方々を多くみてきました。

よって海外の詐欺や気をつけなければならないのを熟知しおります。

海外渡航においては私は常に危険予測をし、危険だと思ったら危機回避を心がけていおります。よって今まで危ない目に遭った事はありません。危険回避をする努力をする。危機管理能力をつけるべきです。
インドは海外旅行初心者や経験の浅い人々が個人旅行でいくのには程度が高い国です。よって自信がないのであれば個人旅行を避けて添乗員行きツアーやガイド付きツアーで参加をすることをお薦めします。

 

9.さいごに

インドは魅力あふれる国です。巨大な人口を持ち、観光名所はいたるところにあります。すべてをまわりきるとなると最低1か月は必要。出来れば2か月くらいあったほうがよいです。ただ海外慣れしていない方々が気軽に個人旅行できるところではありません。でも是非インドは訪問していただきたいと思います。

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト
大川原 明
昭和五十四年(一九七九年)九月
静岡県生まれ
専修大学経営学部経営学科卒
大学卒業後、新卒で大手旅行会社入社、退職後、世界各地を調査渡航。
世界六〇か国訪問。今年中に百か国突破予定。
海外在住歴は留学、仕事で長期4か国計6年
世界一周後、日本一周(現在、四一都道府県訪問済み)国内外において、写真と動画双方にて撮影。証拠撮り。
※写真は全て、私自身が、現地調査によって撮影してきたものです。

【文章&写真】

〚略歴〛タイ⑬

上記記事に関しての質問や問い合わせ、取材、記事寄稿依頼、講演依頼等ありましたら

下記までご連絡ください。

大川原 明(オオカワラ アキラ)

E-mail:last-samurai-akira@hotmail.co.jp

携帯電話:090-6078-6677





【海外中長期渡航の現金管理は!?】世界1周&海外中長期渡航される方!必見!海外での現金管理は!?

新動画アップ!今回のお題は
【海外中長期渡航の現金管理は!?】世界1周&海外中長期渡航される方!必見!海外での現金管理は!?

【治安注意喚起】海外旅行(渡航)で犯罪被害に遭わない、危ない目に遭わないようにするにはどうすれば?

海外旅行(渡航)で犯罪被害に遭わない、危ない目に遭わないようにするにはどうすれば­­良いのか?
旅行ジャーナリスト&国際ジャーナリスト大川原 明が大まかに言及します!
海外61か国訪問。長期4か国計6年。危険な目には遭った事はありません。これは何故­なのか。それは自分なりに犯罪の被害に遭わないために努力してきたからです。
邦人の方々が海外に危ない目に遭い犯罪の被害者にならないために発信させていただきま­す。

インドの治安に関して!インドの治安は大丈夫?気をつけなければならない点は?

インド渡航調査

平成28年(2016年)3月8日に日本を発ってから、インドのムンバイに­タイのバンコク経由で到着。ムンバイ→ゴア→コーチン→ムナール→チェンナイ→バラナ­シ→デリー→アーグラー→アーメダバード→ムンバイと25日間滞在。

2557_1054420897914455_7482654814458671003_n (1)

インドの治安は良いの?悪いの?日本と比べてどうなの?

まず日本は世界的にみて治安は非常に良い国です。これは、今まで海外長期4か国計6年海外に居住、海外61か国渡航し自分の目でみてきた私は思います。海外では日本の常識が通用しないのが海外。日本と同じように行動していると犯罪被害に遭ってしまうのです。
ではインドは世界的にみてみて治安は良いのか?悪いのか?治安は良くはありません。ただし渡航をやめたほうがいいという程度ではないと思います。
男性であれば一人旅でもある程度旅慣れていれば問題ないと思います。ただし、女性に関してですが1人での渡航はお薦めできません。もし今までにいろいろな国を周り、危険回避能力を持ち、危機管理に自信がある方であれば女性1人でもよいかもしれません。しかし、もし自信がないのであれば友人と複数人でいくか、添乗員つきパッケージ旅行で参加をするべきであると思います。

女性1人旅をお勧めしない理由がいくつかあるのですが、最大の理由としては、インドが世界でも有数の強姦大国であるからです。ここ数年をみてみてもインド人からの強姦の被害にある日本人女性が複数いるからです。表に出てきているだけでも複数ですから、実質は被害にあっても被害届を出していない人々は多くおります。
ある日本人女性はオートリキシャの運転手に2週間監禁されたあげく複数のインド人に集団で強姦(集団輪廻)されました。

私は断じてこのような被害者を出したくないので邦人被害者が出ないように拡散させていただきます。

 

※下記はインドを9都市周遊した際に使用したバックパック。撮影機材もあるので18キロほどの重量です。

12294703_1055365751153303_2001493052354063379_n (1)

 

インドで注意するべき点

1.タクシーやオートリキシャは料金交渉をしっかりと!

タクシーにはメーターを使うタクシーと使わないタクシーとあります。メーターを使うタクシーであれば乗ったあとにしっかりとメーターがおりているかの確認が必要です。おりてなければはっきりと言う。ただし中にはメーターをごまかしたり、遠回りをして代金を上げてくる事もあります。その時は周りの状況を判断しながら抗議をすべきです。ただし女性やひ弱そうに見えてしまう男性だと足元をみられなめられる可能性もあります。

空港から市内へはプリペイドタクシーがある都市が多いですが、料金を事前に払うプリペイドタクシーをお勧めします。プリペイドタクシーであれば事前に車の番号等をタクシーカウンターで確認しておりますのでボッタくりの被害に遭うのは低いと思われます。ただし市内でのタクシーに関してはしっかりとした交渉が必要で、心配であれば宿泊ホテルに呼んでもらうのが安全です。

※下記は空港からのプリペイドタクシー(チェンナイの空港から利用)

スズキ車が多い

1507663_1047776745245537_7614954515057486868_n (1)

※インドのいたるとこで見かけるオートリキシャ
日本が由来のリキシャとそこから派生したオートリキシャ。これらは
基本的に事前の料金交渉が必要です。2人で利用なら必ず2人での値段であるのかを聞かねばなりません。

運転手と仲良くなり記念撮影。真似はしないでください。

12006169_1051680931521785_5142426778569587763_n (1)

※こちらがリキシャ(サイクルリキシャ)
12347865_1053544874668724_4050234064448028361_n (1)

2.女性は1人での行動を極力避ける

女性の場合、男性よりも危ない目に遭う可能性は増します。男性が性的犯罪の被害に遭う可能性は低いのですが、女性は性的犯罪に遭う可能性は高いです。1人で女性が行動していると多くの人々に話しかけられます。道端で話しかけてくる人々は基本的に相手をしてはいけません。下心をもちながら観光案内してあげる!分からない事があれば教えてあげると近づいてきます。しかし、それら人々を相手にしてはいけません。ついていくと危険な目に遭う可能性は濃厚です。

少しでも性的被害に遭わないための秘訣。
(性的被害というと強姦だけではありません。いわゆる痴漢も含めます。)
1.肌を露出した格好をしない
2.厚化粧をしない
3.愛想笑いをしない(勘違いをうむ)

※下記写真はインドムンバイで話しかけてきた悪徳旅行業者

インドでは法外な額を請求する悪徳旅行業者がいまだに暗躍しています。欺師や薬の売人、買春斡旋業者等。
この彼は、政府の観光局の人間といい近づいてきましたが、嘘が話してわかりました。プロですので人の見極めは慣れてます。まず、政府の観光局の人間が道端で勧誘はおかしな話し!そしてレストラン斡旋とか。
あと、顔で嘘やきな臭さが出ていましたwこの写真からは分からないでしょうが。道端で話しかけてきて商売の話しをする人々などは相手にしてはいけません。

1914593_1042404772449401_4156716751254306886_n

3.人気のない場所を避ける&夜間は外出を控える

犯罪心理学でも明らかになっている事ですが、犯罪が起きやすい場所や時間があります。まず場所ですが、人気が少ない場所。時間であれば夜に犯罪率は増します。これは人気がないことにより目撃者が減り、捕まる可能性が低くなるからです。
よって人気のないとこや夜間の外出は極力控えるべきです。女性1人でクラブやバーなどのお店にいくのはやめるべきです。

※下記写真は世界遺産にも認定されているムンバイCST駅
1929832_1042687025754509_8016365187282483963_n

4.盗難の被害にあわないために

インドでは他国と同じようにスリやひったくり、置き引きが横行しています。これらを防ぐにはカバンには南京錠をする、バッグは背負うバックにする。貴重品を宿のベッドの上などに置きっぱなしにしない、高級そうな腕時計や宝石類、ブランドバッグを持っていかない。財布は予備の財布をいれる。

※スリ防止のお薦めの首かけ型の財布
12801263_1039222892767589_8875564201771238723_n

※スリ防止用の南京錠&置き引き防止のワイヤー
12804766_1036713299685215_1859130762755064701_n

※お薦めの防犯ブザー!かなり大きな音がなります。万が一の際に他者からの注目を浴びるのに効果があります。
11220479_920539477969265_7294003380955205951_n

5.列車利用に関して

都市間の移動の手段としてバスもあるのですが、インドでのバス利用は悪路やバスの状態がよくないものも多いので電車のほうがお薦めします。夜行寝台電車利用であれば極力2等以上のクラスにすることをお薦めします。あまりに安いクラスだと危険な目に遭う可能性もまします。予約に関しては駅で出来ますが席がなくなる可能性がありますので早めの予約が好ましいです。駅の予約カウンターの近くでは悪徳旅行業者が勧誘しているところもあるので注意が必要です。

※下記は安い2等エアコンなしの車両。3段ベッドの最上段。
10398479_1046092975413914_6599360624817226963_n (1)

12814108_1043367382353140_6957924151218706898_n

※下記は2等のエアコンつきの車両。寝やすかったです。

12832446_1043367375686474_4096716688615238737_n (1)

6.食中毒、食あたり、下痢にならないためにはどうすれば?

インドというとお腹を壊す印象が強いと思います。ここ最近インドも経済発展著しく衛生状態もかなりよくはなってきてはいるもののまだまだお腹を壊す人々が多いです。それでは、どうしたらお腹を壊さないようにするべきか?

①.生水を飲まない ②.生野菜を食さない

インドでは水の状態が決してよいわけではありません。日本のように水道水は飲めません。よって水道水を飲んではいけませんし、火が通っていない生野菜を食すのも極力さけるべきです。あとはインド料理はカレーを中心に辛いですが、辛さでやられることもあります。

③.暴飲暴食をしない

暴飲暴食をすることでお腹があたる可能性が高くなります。暴飲暴食はさけるべきです。

④うがい・手洗いをしっかりとする ⑤口にいれて味が変だと思ったらそれ以上食べない。

※バラナシのローカルレストラン。1食200円くらいでした。インドカレーが好きな

人にはたまらないですね。

12799232_1050856444937567_3739598328127858546_n

7.クレジットカード利用の注意点

海外でのクレジットカードは他国でもそうなのですが、カード情報をコピーされないように店員が決済するときに見張っているべきです。手数料をとることをしっかりと伝えない従業員がおりますが購入前に確認し、サインする前に再度金額を確認する必要があります。一度サインしてしまったら大変ですので必ず金額の確認は必要です。

8.女性1人での旅であれば中級ホテル以上に宿泊が好ましい

安宿でオーナーや従業員に鍵を使われて中に入られた事例がいくつもあります。ものを盗まれるだけならよいのですが、強姦被害あってしまった女性も多いです。安全性を考慮し、女性1人旅の場合は中級ホテル以上に宿泊をお勧めします。

 

※下記はチェンナイで宿泊した4つ星ホテル

12523855_1047782661911612_2255345897267783855_n

 

8.危険な目に遭わないためには?

私は世界61か国渡航、海外長期4か国6年の居住経験があります。元々旅行会社に勤務しており、海外支店でも働いていました。海外支店では日本からくるお客様を対応しておりましたが、犯罪の被害に遭われる方々を多くみてきました。

よって海外の詐欺や気をつけなければならないのを熟知しおります。

海外渡航においては私は常に危険予測をし、危険だと思ったら危機回避を心がけていおります。よって今まで危ない目に遭った事はありません。危険回避をする努力をする。危機管理能力をつけるべきです。
インドは海外旅行初心者や経験の浅い人々が個人旅行でいくのには程度が高い国です。よって自信がないのであれば個人旅行を避けて添乗員行きツアーやガイド付きツアーで参加をすることをお薦めします。

 

9.さいごに

インドは魅力あふれる国です。巨大な人口を持ち、観光名所はいたるところにあります。すべてをまわりきるとなると最低1か月は必要。出来れば2か月くらいあったほうがよいです。ただ海外慣れしていない方々が気軽に個人旅行できるところではありません。でも是非インドは訪問していただきたいと思います。

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト
大川原 明
昭和五十四年(一九七九年)九月
静岡県生まれ
専修大学経営学部経営学科卒
大学卒業後、新卒で大手旅行会社入社、退職後、世界各地を調査渡航。
世界六〇か国訪問。今年中に百か国突破予定。
海外在住歴は留学、仕事で長期4か国計6年
世界一周後、日本一周(現在、四一都道府県訪問済み)国内外において、写真と動画双方にて撮影。証拠撮り。
※写真は全て、私自身が、現地調査によって撮影してきたものです。

【文章&写真】

〚略歴〛タイ⑬

上記記事に関しての質問や問い合わせ、取材、記事寄稿依頼、講演依頼等ありましたら

下記までご連絡ください。

大川原 明(オオカワラ アキラ)

E-mail:last-samurai-akira@hotmail.co.jp

携帯電話:090-6078-6677





海外渡航用SDカード準備

来週、インド、タイ、ベトナム等へ赴きます。着々と海外出発に向けての準備をしています。SDのデータを外付けハードディスクに移しました。そして、フォーマット完了。
1か月〜2か月の海外調査渡航。撮影機材は全部で5つ。写真だけでなく動画撮影もするのでこれくらいは必要です。さらに4Kのビデオカメラの内臓が64GB。合計で352GB。
4K動画撮影は容量をくうので、このくらいが必要。そしてclass10は当然。1秒あたり30MB.45MB。出来れば90MBがよいですが、新規購入となると支出がかさみますので(購入してもいいですが、これで十分)、これでいきます^ ^

12814281_1038043439552201_8955827668270043329_n

海外調査渡航用にハイドロテックのハイキングシューズを購入

新しい靴を購入。基本、海外調査では迷彩ズボン着用しますが、今までのブーツだと重量があり、歩くのが少し疲れますので、迷彩ズボンにもあうハイドロテックの黒いハイキングシューズにしました。スニーカーにしようかと思ったんですが、迷彩にはあいません。
海外は様々な場所を訪問します。調査のためには悪路、砂利道、山道を歩きます。峠越えもします。途上国は道の舗装状態はよくありません。
そんな時にも重宝するハイドロテックのハイキングシューズ。下もしっかりしていて滑りにくいです。これからの海外渡航調査で着用していきます。

9つの機能。防水、透湿、温度調節、Wカップインソール、衝撃吸収、ダブルEVA、反射板、防滑、ラキッドソール

12802817_1037230789633466_2191896548319921356_n