国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

旅の必需品

海外航空券予約!繁忙期(年末年始、お盆、ゴールデンウィーク)の予約はいつが最善なのか?

海外航空券予約!繁忙期(年末年始、お盆、ゴールデンウィーク)の予約はいつが最善なのか?

【いただいた質問は下記】
以下について言及頂ければ幸いです。

実は来る年末年始休暇を利用して訪泰予定で11月初旬に航空チケットを購入しました。
ところが、本日、何気なくネット検索したところ、予約済と全く同じ日時・航空会社(タイ航空)のチケットが、15,000円程度安く売られており、とても凹みました。

早ければ早いほど安く購入できる、というのは思い込みでしょうか。

かつて旅行会社に勤務されていたとの事、このカラクリについて動画で言及頂ければ幸いです。

何卒宜しくお願いいたします。

【海外渡航用】迷彩軍パンに合うハイドロテックのハイキングシューズ!

【海外渡航用】迷彩軍パンに合うハイドロテックのハイキングシューズ!(株)チヨダ(東京靴流通センター、シュープラザ等)Chiyoda,Hydro Tech Shoes,Japan

I bought new Hydro tech shoes today.
海外渡航用に新しい靴を購入。同じ靴を持っていますが、1年4か月で靴底が擦り減りましたので新しく購入

基本、海外調査では迷彩カーゴズボン(ポッケに小物を入れやすい。撮影に適している)着用しますが、ブーツだと重量があり、歩くのが少し疲れますので、迷彩ズボンにもあうハイドロテックの黒いハイキングシューズにしました。スニーカーにしようかと思ったんですが、迷彩にはあいません。
海外は様々な場所を訪問します。
調査のためには悪路、砂利道、山道を歩きますし、峠越え陸路越境もします。

途上国は道の舗装状態はよくないのですが、そんな時にも重宝するハイドロテックのハイキングシューズ。下もしっかりしていて滑りにくいです。これからの海外渡航調査で着用していきます。

【9つの機能】
防水、透湿、温度調節、Wカップインソール、衝撃吸収、ダブルEVA、反射板、防滑、ラキッドソール

ハイドロテックは
(株)チヨダ(東京靴流通センター、シュープラザ等)のブランドです。

価格は税込みで8600円程。
ハイキングなどでは特にお薦め出来る靴です。

ニコンの一眼レフカメラ!D610の新機材!ステレオマイクロホンME-1購入!

I bought a stereo microphone for the Nikon SLR camera D610.
NIKONの一眼レフカメラ用にステレオマイクロフォン購入。高性能映像撮影機材ソニーの4KビデオカメラFDR-AX100を持っていますが、一眼レフでも動画撮影をしています。
屋外での撮影時に特に、ノイズ、風音が入り、声が聞きとりにくくなりますので、外付けマイクを購入。

黒海に面するウクライナ随一のビーチリゾート「オデッサ」のお薦めスポット

大川原 明
1分前 ·
トラベルJPに記事寄稿!今回のお題は、黒海に面するウクライナ随一のビーチリゾート「オデッサ」のお薦めスポット

ウクライナ第3の都市で、黒海に面した同国最大の港湾都市&リゾート地として有名なオデッサ。ここは、1925年に制作、公開されたソ連の映画「戦艦ポチョムキン」の撮影地として有名な都市です。国際貿易都市として古来から栄えてきただけあり、首都のキエフと比べると自由な雰囲気が漂っています。昼はビーチで海水浴を楽しみ、黒夜は黒海の海の幸を堪能すると良いでしょう。

記事閲覧は下記をクリックしてください
↓↓↓↓↓
トラベルJP記事

【2回目5本注射】海外渡航者予防接種を受ける!海外予防接種に関して!狂犬病、肝炎、破傷風、腸チフス、髄膜炎菌、風疹、はしか、黄熱病など

【2回目5本注射】海外渡航者予防接種を受ける!海外予防接種に関して!狂犬病、肝炎、破傷風、腸チフス、髄膜炎菌、風疹、はしか、黄熱病など

【人生初!1日5本の注射!4回合計で9種類15回の注射!費用は総額13~14万】
I vaccinated against overseas infectious diseases today. I will go to Latin America,Africa,so,I need to get vaccinated.
I was shot four injections in the hospital and must go to the hospital one week and one month later.
Preventive vaccinations are for infections, rabies, tetanus, intestinal hepatitis, hepatitis A, hepatitis B, meningococci, rubella, yellow fever, and Japanese encephalitis.
I should have bring Malaria prophylaxis.
I have been to total 81 countries until now in my life,but I have never take any Vaccination,but I need do it before going to Africa especially. I will go to total 15 to 20 counties in Africa for 3-4 months. The total cost will be about 1000USD.
海外予防接種2回目。本日は合計で5本の注射を打ちました。
前回は、A型&B型肝炎、狂犬病、インフルエンザでしたが
本日は、日本脳炎、腸チフス、狂犬病、髄膜炎菌、破傷風の注射です。
日本脳炎注射を受けようかどうか悩んでいたのですが、結局、受ける事に。
合計で9種類、13回の注射を受けます。
別途、黄熱病の注射に関しては、東京の医院で受ける予定です。そして、アフリカ渡航前に、マラリア予防薬の処方も。
全ての注射+マラリア予防薬で13万~14万程です。
(1回事払っていますが、今回の費用は6万1千円程)

今まで81か国訪問し、一回も予防接種を受けた事なく、無事に渡り歩いてきましたが、南米のアマゾン奥地やアフリカ諸国を周る上では必要と思い、受ける事に。

タイだったら3分の1くらいの価格で済みますが、日本の医療機関のほうが信用性があるので、高くても日本で受ける事にしました。

海外渡航者!予防接種を受ける!海外予防接種に関して!狂犬病、肝炎、破傷風、腸チフス、髄膜炎菌

海外渡航者!予防接種を受ける!海外予防接種に関して!狂犬病、肝炎、破傷風、腸チフス、髄膜炎菌、風疹、はしか、黄熱病など

【人生初!1日4本の注射】
I vaccinated against overseas infectious diseases today. I will go to Latin America,Africa,so,I need to get vaccinated.
I was shot four injections in the hospital and must go to the hospital one week and one month later.
Preventive vaccinations are for infections, rabies, tetanus, intestinal hepatitis, hepatitis A, hepatitis B, meningococci, rubella, yellow fever, and Japanese encephalitis.
I should have bring Malaria prophylaxis.
I have been to total 81 countries until now in my life,but I have never take any Vaccination,but I need do it before going to Africa especially. I will go to total 15 to 20 counties in Africa for 3-4 months. The total cost will be about 1000USD.
今まで海外留学や海外駐在により発展途上国含めた4か国に居住。海外81か国訪問した自分ですが、一度も海外感染症の予防接種を受けた事ありませんでした。
1か月の日程で3回に分けて注射を打っていきます。費用は総額11~12万円程。

インフルエンザ、狂犬病、破傷風、腸チフス、A型肝炎、B型肝炎、髄膜炎菌、はしか、風疹。
別院で黄熱病の予防接種も受けます。

日本脳炎は、受けるか検討していますが、受けるならタイの病院で。
マラリア予防薬も処方してもらい、服用も考えています。

本日は、狂犬病(合計3回接種予定)、A型&B型肝炎、インフルエンザです。次回は一週間後に、狂犬病の再注射、破傷風、腸チフス、髄膜炎菌注射。

筋肉注射とのことで、肩から針を入れましたが、肉厚だからか、痛くなかったです。
今まで、予防接種を受けずに海外を渡り歩いてきましたが、
流石にアフリカ単独渡航周遊は、感染症にかかる可能性が他地域よりも高いので(南米アマゾン熱帯雨林なんかも)、医師の勧めもあり、注射をうけることに。
基本的に一生ものなので、これからの海外渡航でも安心して渡航出来ます。

【海外治安】海外で危ない目に遭った、被害にあった体験談を募集!動画にて発信!

【海外治安】海外で危ない目に遭った、被害にあった体験談を募集!動画にて発信!

ご協力いただける方は下記メールアドレスまで
last-samurai-akira@hotmail.co.jp

お名前(苗字だけで可)
詳細をお教えください。

被害者を減らすために発信させていただきます。

海外現地踏査に向けての肉体づくり

ジムで海外渡航前最後の筋トレ。
これから4か月間23キロ近いバックパックを背負い、欧州、中東、中央アジア最低25か国以上周ります(訪問都市は70都市以上)。
重たい荷物を背負い、新幹線殺傷事件に見られる暴漢、暴徒、テロリスト、敵工作員による突然の襲撃もありえますが、それらに立ち向かえれるように10キロの距離でも歩けるように鍛え上げました。

現地取材では毎日朝~晩まで撮影しますが、今回は無理のないようにし、週に1回は何もせずに宿やビーチ、公園でゆっくりする日をつくります。

2018年6月海外再出発!海外渡航再開!欧州再訪、中東、旧ソ構成国、中央アジア周遊!

世界一周!海外渡航再開!
中東系の航空会社(複数あるが、どの航空会社かは現地についてから報告)を利用。

今回は未踏国家を中心に周ります。
中東某都市経由で6年ぶりにイギリスのロンドンへ。
ロンドンから未踏国家であるアイスランド(出発までに往復航空券を予約)4~5日で訪問。
その後、ドイツに渡る予定(フランス人の友人がパリに久しぶりに来てと誘ってくれているので悩み中。7月初めにジャパンエキスポも開催されるので)

5回目のドイツ(確定)⇒久しぶりにチェコ再訪?スロバキアも?(未定)⇒ポーランド(確定)⇒旧ソ構成国のベラルーシ(ワルシャワから空路往復)、ウクライナ(ワルシャワから空路往復予定)
そして同じく旧ソ構成国のモルドバ、アルメニア、ジョージア、アゼルバイジャン
⇒中東に入り中東諸国周遊⇒空路で中央アジア(空路や陸路でウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン、キルギス)訪問⇒中東に戻りトルコのイスタンブールから帰国。

欧州は最近では一昨年8月にブルガリア再訪、
平成27年(2015年)12月にマルタ共和国、
平成26年(2014年)7月~9月に2か月間周遊、
平成24年(2012年)5月~9月に4か月間欧州周遊、
平成18年(2006年)1月~2月に1か月程欧州周遊、
平成12年(2000年)ノルウェー+デンマーク訪問など。

今まで7回の欧州渡航経験がありますが
そのうち3回が欧州周遊(1回目は1か月、2回目は4か月、3回目は2か月)。アイスランド、旧ソ構成国、ロシアをのぞいた全ての欧州諸国を訪問。

欧州+東欧&旧ソ構成国で1か月半程の期間
そこから中東+中央アジア2か月半=計4か月程。
今回は少し長めの4か月の海外渡航。
訪問国は最低でも20か国以上を訪問。
10月中旬に帰国予定。

今回4か月の海外渡航で行く可能性が高い国々は
1.イギリス(再訪確定)
5.ドイツ(再訪確定)
6.ポーランド(再訪確定)
7.フランス?(再訪・不確定)
8.ベラルーシ(初)
9.ウクライナ(初)
10.トルコ(初)
11.グルジア(初)
12.アルメニア(初)
13.アゼルバイジャン(初)
14.イラン(初)
15.イラク(初・不確定)
16.クウェート(初)
17.イスラエル(初)
18.オマーン(初)
19.カタール(初)
20.UAE(初)
21.サウジアラビア(初)⇒招聘状が必要なため今回断念
22.ヨルダン(初)
23.レバノン(初)
24.ウズベキスタン(初)
26.カザフスタン(初)
27.キルギス(初)
28.タジキスタン(初)
29.バーレーン(初)
30.キプロス(初)
31.アイスランド(初・確定)
32.ブルガリア(再訪・不確定)
33.コソボ(再訪・不確定)
34.マケドニア(再訪・不確定)
35.モルドヴァ(初)     等々

予定ですので変わる事もありますし
体調を見ながらなので無理はしないようにします。(来年、アフリカに行く際に中東再訪)

現在66か国の渡航歴(日本は40都道府県)

渡航国&都市は下記。

1.ネパール(カトマンズ、チトワン、ポカラ)
2.タイ(バンコク、プーケット、パタヤ、サメット,ホアヒン,チェンマイ、スコタイ、カンチャナブリ,ランタ島、ハジャイ 、サトゥーン、クラビ、ランタ島、サトゥーン、ハジャイ、パーイ、クンユアム、メ―ホンソーン、ピピ島) 
3.韓国(インチョン、ソウル) 
4.シンガポール 
5.中国(北京) 
6.カンボジア(シェムリアップ) 
7.オーストラリアは2年間留学(ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、ダーウィン、シドニー、メルボルン、ロックハン プトン、サンシャインコースト、マッカイ、タウンズビル、リズモア、トゥーウィードヘッズ) 
8.アメリカ(ハワイ、ロサンゼルス、サンタモニカ、ビバリーヒルズ、ウェストハリウッド、シアトル、サンフランシスコ) 
9.ノルウェー(オスロ、トロムセ) 
10.デンマーク(コペンハーゲン) 
11.オーストリア(ウィーン、ザルツブルグ、ハルシュタット) 
12.スロバキア(ブラティスラバ) 
13.イタリア(ローマ、ミラノ、フィレンツェ、ベニス、ナポリ、ボローニャ、カプリ島、リミニ、ソレント) 
14.バチカン市国 
15.スペイン(バルセロナ、グラナダ、マラガ、アルへシラス、タリファ、マドリッド) 
16.スイス(チューリッヒ、ジュネーブ) 
17.ドイツ(ミュンヘン、ベルリン、ケルン、フライジング、フュッセン、フランクフルト、アウグスブルク) 
18.オランダ(アムステルダム)、 
19.ベルギー(ブリュッセル) 
20.ルクセンブルク 
21.フランス(パリ、ニース、カンヌ、モンペリエ、レンヌ、シャルル、モンサンミッシェル) 
22.イギリス(ロンドン、バース、ウィンザー) 
23.フィジー(フィジー仕事で駐在1年 本島のほとんどの場所+西部の多くの離島訪問) 
24.ラオス(ビエンチャン、ルアンパパン、バンビエン) 
25.バングラデシュ(ダッカ)
26.ブルネイ 
27.スリランカ(コロンボ、キャンディ、ビーチリゾート) 
28.インドネシア(バリ島) 
29.ミャンマー(ヤンゴン) 
30.フィリピン(マニラ、モンテンルパ、パサイ、セブ) 
31.ベトナム(仕事で駐在 ホーチミン、ハノイ、ダナン、ホイアン、ニャチャン、ハノイ、ハロン湾、ミト、ムイネー、ファンティエン、クチ)
32. マレーシア(クアラルンプール、ペナン、ランカウイ)
33.アイルランド(ダブリン、コーク、リムリック、ゴールウェイ等)
34.スウェーデン(ストックホルム、ヨーテボリ)
35.フィンランド(ヘルシンキ、タンペレ、ロバ二エミ、トゥルク、ナーンタリ)
36.エストニア(タリン)
37.ラトヴィア(リーガ)
38.リトアニア(ビリニュス、カウナス、トラカイ)
39. ポーランド(ワルシャワ、クラクフ)
40. チェコ(プラハ、チェスキークロムノフ)
41.リヒテンシュタイン(ファドーツ)
42.ハンガリー(ブダペスト)
43.ルーマニア(ブカレスト)
44.ブルガリア(ソフィア、プロヴディフ、カザンラク、カルロヴォ、ヒサリャ)
45.ギリシャ(アテネ、テッサロニキ)
46.マケドニア(スコピエ)
47.ボツニア(サラエボ)
48.スロベニア(リュブリャーナ、ブレッド、ピラン)
49.クロアチア(ザグレブ、プリトヴィッセ、ドブロクニク、ポレチュ)
50.モナコ
51. パラオ(コロール、マルキョク、バベルダオブ島、マラカル島、ペリリュー島)
52. セルビア(ベオグラード)
53.コソボ(プリズレン、ぺヤ、プリシュティーナ)
54.アルバニア(ティラナ、デュラス)
55.モンテネグロ(ポトゴリツァ、コトル、フドヴァ)
56.サンマリノ
57.アンドラ
58.モロッコ(タンジェ)
59.ポルトガル(リスボン、ポルト)
60.マルタ共和国(マルタ島、ゴゾ島)
61.インド(ムンバイ、ゴア、コーチン、ムナ-ル、チェンナイ、バラナシ、デリー、アーグラ-,アーメダバード)
62.モンゴル(ウランバートル、テレルジ)
63.台湾(台北、台中、高尾、嘉義、福瀬村、台南、台東、花蓮、太魯閣、九ふん)
64.ブータン(ティンプー、パロ)
65.東ティモール(ディリ)
66.カナダ(バンクーバー、カルガリー、バンフ、ジャスパー、レイクルイーズ、ビクトリア)

下記写真は
3年10か月前に訪問した旧ユーゴスラビアのベオグラード。
コソボ紛争時にNATOによる空爆を受けたベオグラード。
NATOにより空爆されたビルは今も残っていますが、NATO空爆ビル近くで撮影。

写真の65㍑のバックパックを今回も使用します。
撮影機材(一眼や4Kビデオカメラ、デジカメ、他機材、三脚)やPC,複数のガイドブック持参するので重量は20キロ程になります。

今回は20~25か国は訪問。多くの都市を移動し訪問します。移動日はこの重たい荷物を背負い、1日5キロ~10キロ移動することもあります。
ほぼ毎日朝~晩まで撮影(撮影がなければ凄く楽になるが)しますが、季節柄熱中症や日射病には気を付け、体調が優れない時は無理をしないようにします(無理をする癖がある小生)

海外中長期渡航であれば基本的にスーツケースではなく、バックを使用します。それは移動するのに楽だからです。

海外に出始めて20年はたちますし、海外長期4か国に居住経験や数多くの国々をツアーに頼らず、単身で渡り歩いてきました。
ツアーのほうが安心安全なのですが、プロの自分は単身でこの重たい荷物を背負い、周ってきました。

これから行く国々は正直、あまり治安の宜しくない国々もありますが、プロとして危機管理能力を最大限に発揮し、危険回避をしていく所存です。

バックパックの中身を披露!〇〇〇が?

バックパッカー・アキーラ!バックパックの中身を披露!〇〇〇が?世界一周!海外周遊旅行

海外中長期渡航、世界一周などではスーツケースよりもバックパックで周ったほうが色々な意味で便利です。
私も海外中長期渡航であればバックパックを持参しますが、多くの国々、都市間を移動するにはよいのです。

今回は、私のバックパックの中身を披露します。
海外中長期渡航に必要なものを皆様にご紹介します。