国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

飲食店(海外)

タイ・バンコク・昼間のソイカウボーイ!Soi-Cowboy in Bangk

タイ・バンコクの夜の一台歓楽街の1つであるソイカウボーイ。
ナナプラザやパッポンのようにゴーゴーバーが多くある通りです。場所はBTSアソーク駅近く。アソーク大通りとソイ23の間にある200メートル程の通り。

タイ・バンコクのコンビ二(ファミリーマート)のコンビ二飯!

タイには数多くの日本のコンビ二であるファミリーマートがあります。
一昔前のタイのコンビ二は日本のように弁当が豊富ではなかったのですが、近年は、弁当やおにぎりなどが販売されるようになりました。 今回の動画ではタイのコンビ二飯を紹介。

タイ・バンコク・オンヌット・BIG-C内のフードコートでタイ料理!

タイのバンコク中心部から外れた場所にあるオンヌット。少し前までBTSの最終駅だったのですが、今は路線延伸で奥まで路線がのびました。
開発著しいオンヌットですが、未だに昔ながらの雰囲気をかもし出しています。
駅の近くにBIG-Cと呼ばれる大型スーパーがありますが、その最上階に
フードコートがあります。

バンコクの老舗ラーメン屋!らあめん一番!プロンポン駅近くソイ24!

I ate dinner at Ichiban Ramen shop in Bangkok.
昨晩は久しぶりにバンコク市内BTSプロンポン駅周辺ソイ24にあるラーメン一番を利用。
五目そば、海老チリ、野菜炒めを注文。
バンコクではここ10年でかなりの日本食屋が出来ましたが、前世紀から営業している老舗ラーメン屋です。

タイ・バンコク・アソーク・ロビンソンデパートのフードコートでタイ料理!

BTSアソーク駅近くのロビンソンデパート地下にあるフードコートにて、タイ料理を満喫。
パッダイとチキンライスであるカオマンガイ。
バンコク駐在時にアソークで働いておりましたが、その時によく利用していたフードコートです。

【海外日本食人気】フランス・パリのオペラ地区!日本食街!最近〇〇が?

フランスのパリのオペラ地区。バブル期以前より日本企業がフランスに進出し、パリに支店や現地法人を設けました。その中でオペラ地区に拠点をおく企業が多く、それら日本人駐在員向けに日本食屋が出来たのが始まりです。

今となっては数多くの日本食屋ができ、フランスでの日本食人気もあり、フランス人も数多く訪れる地区になっています。
日本食人気に肖り、韓国や中国人がこちらで日本食屋を経営したり、日本とは隣の国ということで、日本食人気に肖り、相乗効果を図ろうとする韓国料理屋が増えています。
他にベトナム料理屋も増えてきています。

インド・チェンナイ・ジョージタウン(旧市街バザール)

インド第4の都市であるチェンナイ。インド4大都市の一つで1996年に植民地時代の名称マドラスからチェンナイに改称。インドで4番目に大きな都市です。人口は468万人です。
タミルナード州の州都であり、政治経済のの中心地であり、長い歴史を誇る都市です。
イギリス支配時に、交易の地として栄え、現在では南インドの中心的存在をになっています。
諸外国の領事館、商社、銀行などもチェンナイに支店をもうけています。
映画の都としても有名で、市内西部に撮影所等が密集し、コリウッドと呼ばれるタミル映画が数多く製作されています。

インドのムンバイにタイのバンコク経由で到着。ムンバイ→ゴア→コーチン→ムナール→チェンナイ→バラナシ→デリー→アーグラー→アーメダバード→ムンバイと25日間滞在。

【お薦め4つ星ホテル】タイ・バンコク・ソイ22のマーベルホテル!

立地、設備、サービス三拍子そろい、さらにお手頃価格!バンコク市内でそのようなホテルを探している方にピッタリのホテルがあります。バンコク市内BTSアソーク駅から徒歩10分程。立派なプールやジムもあり、部屋も高級感があり、サービスも良い「マーベルホテル」を、今回皆さんにご紹介します。

マーベルホテルはバンコク市内スクンビット大通りのソイ22にある4つ星中型ホテルです。BTS高架電車のアソーク駅から徒歩10分程の距離にあり、少し駅からは歩くものの立地的には良い場所にあります。

タイの有名デザイナーが内装を手がけており、5つ星ホテルに劣らない高級感があります。費用は、1泊1部屋プロモーション料金であれば1500バーツ~2000バーツ(日本円で5000円弱~7000円程)と日本のビジネスホテルと同じくらいの料金。1泊1部屋なので2人で宿泊すれば、1人あたりの価格は半額です。

付近にはバーやマッサージ屋なども充実しており、便利な場所にあります。また、敷地内には、イタリアンレストラン『Vino Vino』がありますので食事をする事も出来ます。

【ホテル詳細】
所在地 :30 SUKHUMVIT ROAD SOI 22, BANGKOK 10110 THAILAND
開業年 :1990年 改装年:2006年
チェックイン:14:00 チェックアウト:12:00
建物階数:18階 総部屋数:221部屋

部屋はスーペリアとデラックスとありますが、スーペリアは26~28平方メートル、デラックスは32平方メートルです。機能的に家具やアメニティーの多さからデラックスをお勧めします。タイの有名デザイナーがデザインしただけあり、デザインは凝ってますし、全室バスタブつきです。高層階であれば、部屋からの景色を楽しむ事が出来ます。

ホテル1階には、イタリアンレストラン『Vino Vino』があり、朝、昼、晩と営業しています。朝はバイキング形式の食べ放題となっており、朝食付き宿泊プランであれば利用できます。朝食無しのプランであってもレストラン入り口でスタッフに頼めば大丈夫です。支払いは部屋づけにできます。

料理は、数多くの種類があります。タイ料理、洋風以外にも日本人観光客が多いので、味噌汁や漬物を提供。他にインド人観光客も多いので、インドカレーも置いてあり品数豊富で飽きません。

ホテル内には大きめのプールやジム、マッサージショップ、ラウンジを併設しています。ホテルのプールで泳いだり、ジムで汗を流したり、日光浴を楽しむ事が出来ます。ちなみにホテルには無料Wi-Fiのサービスがあり、ホテル内のどこでもインターネットに接続する事が出来ます。

タイ王室シリキット現王妃の還暦を記念して1992年8月に出来た公園。大きな池が公園内にはあり、その周りは芝生で覆われています。多くの人々がジョギングや散歩を楽しんでいます。芝生にゴザを敷いて読書にふけるのもよし、友達同士であれば会話を楽しむのもよし。至福のひとときを過ごせるでしょう。