国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

飲食店(海外)

タイ・チャーン島のビーチ・ベルギー人との会食!

I made friends with a Belgian and ate dinner
together in Chang island.宿で仲良くなったベルギー人《フランス系のワロン人》と夕食。クロンプラオビーチのビーチ沿いのお洒落なレストランで。タイ風鍋とパイナップル炒飯。シンハービールと共に。

ベルギー人ですが、しばらく会社勤め(サラリーマン)をしていたのですが、もともと食に興味があったようで、料理学校に入学し、3年間フランス料理を学んだようです。シェフになり、いずれは自分のお店を持ちたいようです。

学校では第二言語ならぬ第二料理なるものがあり、彼は日本食を選択したようで、日本食に対しての理解も深い彼でした。日本に4月に行くそうですが、本場の日本料理を食べたいといってます。
刺身も食べれるようです。
料理人になる前に、様々な国を訪れ、様々な国の料理を食べて学んでいるようです。真面目で熱い料理人魂を持っています。

宿では、オランダ人とも仲良くなったのですが、数日前にイギリス人女性をナンパしたそうですが、今晩はその彼女と他のビーチに行き、夕食を食べるといってました。意気揚々と語っていました。

欧州の英語力の話しになり、スペイン、イタリア、フランスは英語が話せない人々が多い、ベルギーは英語を話せる人々が多いが、オランダのほうが英語力が高いとベルギー人は言ってました。

英語が話せないと意思疎通が難しいですが、オランダ人の彼は英語母国語級でした。マシンガンのように早口で話し少しオランダ訛りがあるので少し聞き取りづらかったですが。(自分より英語力はある)

韓国人と話す機会があったのですが、オランダ人がWhere are u from?と質問すると、韓国人はKoreaと回答。

オランダ人が、南?(South korea=南朝鮮=韓国)、北?(North Korea=北朝鮮)と質問。
韓国人はSouthと回答すると。オランダ人は「そうだよな。北はなかなか来れないよな」と言ってました。

自分は「先日、バンコクの北朝鮮政府直営レストランに赴き、朝鮮料理を堪能し、北の女性と交流したが、毒がはいっていないか心配だった」というと「そうだよね。特に日本人は」皆で笑ってました。

皆、北朝鮮に関して危険な印象があるようです。

長期留学にて英語を習得し、海外長期4か国6年(調査渡航も含めれば7年)海外に居住。海外63か国渡航、海外100か国以上数十万人の外国人と寝食を共にしてきた自分です。

留学時はもちろん、海外赴任時、海外調査渡航時に数多くの外国人と住みましたし、一緒に行動してきました。
真偽性のかけるネット情報に踊らされるのではなく、自分自身の目で見て、耳で聞く。直接交流し、直接体験するからこそ国際事情、国際関係の真実が見えてくるのです。
16681766_1327641200592422_2507420694367791082_n

タイ・パタヤ!冷戦中?【アメリカ人VSロシア人!】

【アメリカ人VSロシア人!冷戦か!?】パタヤは1950年代まで小さな漁村だったのですが、ベトナム戦争が勃発して米軍が隣のラヨーン県にあった空軍基地・ウータパオを使い、パタヤを米軍保養地として利用し始めたために開発が始まりました。
ゴーゴーバーが開業し、米兵相手の売春などの性産業が盛んになりました。

1975年のベトナム戦争終結後、一時期、恐慌に見舞われましたが、その後、欧州などの国々からの観光客が押し寄せ再び活気を取り戻しました。
ベトナム戦争に参戦した60代~70代の米兵はかつてを思い出し、移住してきています。
英語のアクセントでアメリカ人と分かりますが、アメリカ人の老人を多く見かけます。自分の娘、いや孫くらいの女性と一緒に楽しんでいます。

今世紀に入り増加しているのがロシア人です。今ではロシアで最も人気のある観光国はタイ。多くのロシア人がタイを訪れています。パタヤは本当にロシア人が多いです。顔や言語(言語を聴いてどこの国か分かる)でロシア人は分かりますが、ロシア人観光客が非常に多いです。

同じレストラン、バーでアメリカ人とロシア人がいて、お互いが会話することはあまりないのですが、パタヤは冷戦状態といっても過言ではありません。

ちなみにタイには数千人(ある情報筋からは1万人以上)のロシア人女性が売春婦として入り込んでいますが、ロシアンマフィアの管理下の元入国しています。
16708570_1319408824748993_1787597795386343505_n

タイ・パタヤのタイ料理屋

【背後霊かW】昨晩はパタヤのセカンドロードにあるタイ料理屋で夕食。カオソイをたのんだのですが、なぜか違うのが出てきましたW(タイらしい)でも美味でした。
好物のソムタムも注文。辛くてもいいよと言ったら、めちゃくちゃ辛かったですW

後ろの彼は店員ですが、オカマさんかな。化粧しています。タイはかなり多いですW

16684023_1318874434802432_4569399249339360913_n

タイ・パタヤ・夜の歓楽街!ウォーキングストリート

パタヤはバンコクから160キロ程離れた所にあるビーチリゾートです。

ここはかつてベトナム戦争時に米兵達の休息の地として発展し、米兵相手のバーやクラブが­多­く出来、当時の小さな漁村であったこの町は発展していきました。
開発は非常に素早く、ビーチ開発などのほか、ゴー・ゴー・バーや売春などのセックス産業が発達しました。

映画の舞台にもなっており、1977年の千葉真一主演映画『激殺! 邪道拳』でロケーション撮影されました。

昼間は海岸沿いで­海水浴は楽しみ、夜は歓楽街へ!ここまでの規模はタイで一番です。

夜はパタヤの街全­体が怪しい雰囲気に包まれる。ソイ7付近のビヤホイはピンクの街灯で怪しい雰囲気をかもし出しています。
 日本には関東 神奈川の横浜の黄金町、川崎の堀之内、東京の町田駅JR駅側ホテル街に同じような赤灯­のちょんの間街があったが(今は警察による規制強化により撲滅)が、それに光がにています。

パタヤウォーキングストリートは、ゴーゴーバーがひしめき、深夜まで多くの人々でにぎわいます。

忠告しておかなければならないのは、タイ人はエイズ患者が100万人程おります。すなわち、タイ国民の60人に1人程の割合であるといわれております。(アメリカ、ロシア、東欧諸国、インド、アフリカ諸国でも非常にエイズ患者が多いですので、外国人との性交渉は控えねばなりません。)
よく、買春をしている人々をみていると、大丈夫かと心配になります。見ているだけなら問題ありませんが、そこらへんを考えたうえで行動されてください。

タイ・バンコクの北朝鮮政府直営レストラン「平壌アリランレストラン」

バンコク市内にある北朝鮮政府直営レストランを訪問。

今までにタイのバンコク、ベトナムのホーチミン、バングラデシュのダッカの店舗を訪問。

バンコクの店舗は以前にBTSプロンポン駅近くスクンビット通りソイ26にあったのですが(Kヴィレッジと日本街の手前)、前回訪問時に営業していませんでした。

タイ人も複数名、北に拉致されているので政治的圧力があったのかと思ってましたが、調査していくうちに、某人から移転したという情報をいただき昨日、潜入しました。

場所はBTSオンヌット駅から歩いて15分程の場所にあります。オンヌットロードのソイ8。

現状、日本と北朝鮮と国交がありません。そして北朝鮮は日本人を数多く拉致した国で仮想敵国でもあります。

※通常であれば北に資金援助をするのはよくない行為ですが、調査潜入ですのでご了承ください。

しかし、仮想敵国とはいえども、海外に多く展開している北朝鮮料理のお店の収益は北にとり貴重な外貨獲得元の一つ。日本人だと分かってもいわゆる営業の笑顔と対応は出来ています。

中に入ったのは19時頃、21時近くまでいましたが、誰も客は来ませんでした。前回訪問時も客が自分いれて3組しかおらず、収益はあがっていないと感じたものです。(赤字か?)

家賃が高いから郊外に移したのかを聞き忘れましたが、あえて外国人居住者が少ない郊外を選んだようです。

前回1年3か月前に訪問時に比べ、店は小さくなり、従業員の数も少なくなりました。マネージャーは変わらずで、対応したのは22歳~25歳と思われる北朝鮮の女性。(日本ではいわゆる在日朝鮮人や帰化、混血の人々と接する機会はあっても、北の本国からの人間と話しをすることは日本では難しい。)

英語が出来る彼女でしたが、英語でいろいろ聞きました。平壌出身で3年程、タイに住んでいるうです。
店の中にテレビがあり、北朝鮮の観光名所等が紹介されていたのですが、スキー場でスキーを楽しんでいる人々が。この彼女もスキーが好きとの事でした。

通常であれば北の情勢も伺いたいとこですが、監視社会、自由がない国ですので、本当のことを言えば立場が悪くなるので真実をいわないでしょう。

こちらも社交辞令でそういった話題は避けるようにしました。

いわゆる朝鮮半島の人々は日本人とは顔が違うのですぐにわかります。(目が一重で釣りあがる、エラ張り、顔の輪郭が四角い、目の下に隈が出来る、平たい顔立ち、肌の色が白い等の特徴がある。=世界を周り、海外100か

海外に出れる北朝鮮人は、ある程度の家柄でなければです。労働党である程度の要職についている人々の子弟など。教育も受けて、英語等の語学にも長け、女性であれば、容姿も重要視される。

容姿は選ばれているだけあると思いました。そして対応もよく、表情も良い。

私は少し朝鮮語を話せるので、朝鮮語も時折混ぜて会話。向こうも日本語を少し話せるので日本語を話してきました。

日本の歌もなぜか流れていました。(何の歌か判別できませんでしたが)

いろいろ話しをつめていくと2階がカラオケのようで、日本の歌も歌えるとの事でした。いわゆる北の女性をつけて。

タイ人の多くに北朝鮮の料理屋に行ってきたと伝えると、北朝鮮、危険!という認識の人ばかりでした。やはり、この国でも北に対しては危険という認識があるのか。なので、なかなかタイ人も利用しないのか。(一定以上の層なら利用できる価格)
16473489_1314713961885146_7832232295502614741_n

タイ・バンコク・ナナ駅近くのアラブ人街

Arabian town? Soi 3 to 5 near BTS Nana station.BTSナナ駅近く ソイ3~5のあたりはアラブ人系(イスラム)の人々がかなり多くおり、アラブ人街化しています。まるでどこかの中東の国にいるかのような錯覚に陥ります。

他に黒人(主にはナイジェリア系=日本にも多く入り込み、都内六本木などに多い。窃盗団、詐欺を働いており、不良外国人に認定されている。ここタイにおいても)の人々の姿も。

16299284_1313708471985695_3138579070433186132_n