国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

飲食店(海外)

フランス・パリ・オペラ地区・日本食街!ひぐまラーメン!


久しぶりのオペラ地区の日本食街。数多くの日本食屋があることで有名な地区。バブル時代前から数多くの日本企業がフランスに進出しましたが、日本企業の現地法人が事務所を多く、オペラ座周辺に設けました。

それら企業の日本人駐在員向けに日本食屋が次々と開業。今回は3年10か月ぶりに昔からここにある老舗の「ひぐまラーメン」を利用。ラーメンと餃子セットを注文。

費用はラーメンセット11ユーロ、ウーロン茶3.5ユーロの14.5ユーロ(1880円程)です。
日本人経営のお店ですが、店の調理は中国人、ホールは日本人+韓国人、フランス人です。(かつては、日本人従業員ばかりだったのですが、最近、ワーホリで海外にでる日本人が少ないようで人材確保が難しいようです=少子高齢化もありますので)

一昔前は日本人がほとんどだったこの地区も、中韓の人々が経営する日本食屋や食料雑貨店、中華や韓国料理の店が増えてきています。日本食人気ですので、それにあやかっての商売です。(海外における日本食事情は某雑誌に寄稿したことあります)

美食の国と言われるフランス。フランス人の食に対する追求は素晴らしいものがあり、感心させられますが、フランス人もお気に入りの日本食。
隣の女性はカツ丼とアサヒビールを注文していました。

オランダ・アムステルダム・SPORTS cafeでスペアリブを堪能

本日の昼はアムステルダム市内ライツェ広場にあるSPORTS cafeでスペアリブを堪能!飲み物合わせて2222円(日本円でカード決済)でしたが、なかなかの量でこの値段は安かったです。

隣にいたドイツ人のオジサンがスペアリブが冷めていた事に対して、怒ってクレームを出し、つくりなおさせてました(笑)

ライツェ広場界隈では超人気店。混雑したお店ですが、店員の対応もよく感心しました。

イギリス・ロンドン・昇竜ラーメン!2500円のラーメン!

飲み物合わせて3000円のラーメン】
昨晩はロンドンのピカでリーサーカス周辺の昇竜でラーメンを食しました。海外にある日本食屋やラーメン屋の調査も小生の海外での幅広い調査活動の1つです。
博多の豚骨ラーメン昇竜。
ロンドン市内は複数のラーメン屋がありますが、豚骨系のようです。

ラーメンの費用は
少し程度の高いラーメンと替え玉合わせて2500円程。
飲み物はアロエジュース(500円程)注文し、総計3000円程かかりました。

日本国内でラーメンを食すときは、追加トッピングもして大盛りにしますので、1杯あたりの費用は1100円~1300円かけていますが、その倍以上の値段です。

それでもラーメン人気(欧米やアジア中心)で現地人も多く利用しています。

肝心の味はどうだったかというと、スープが薄いとネットで出ていたので、こってり系で注文したら丁度よかったです。具も美味。しかし、麺がバリカタで頼んだのですが、小麦粉!って感じの食感でした。

イギリス・ロンドン・中華街(チャイナタウン)

世界各地にネットワークを構築している華僑、華人。最近では中国人への各国の査証緩和や経済発展により、多くの中国人観光客を海外で見かけるようになりました。 19世紀から中国の人々は海外に移住し、世界各地にチャイナタウン形成、ネットワークを構築してきましたが、世界を渡り歩いている私はそれを実感しています。

捕鯨国家アイスランド・レイキャビク・鯨料理堪能!捕鯨問題を考える

【アイスランド名物の1つ鯨料理を堪能】
私は必ず中長期海外渡航で1か国に1回はその国の名物料理を食べるようにしています。お金はそれなりにかかりますが、せっかく他国に来たのであれば、その国の名物料理を食べなければです。

アイスランドは前述したとおり、日本と同じ漁業国家です。日本と同じく、年々、漁師の数は減ってはいるものの、漁業国家として名を馳せています。そして日本と同じ捕鯨をおこうなう国家としても有名。
よって、アイスランドの家庭には海鮮系料理は良く出ますし、鯨も食べている人々は多いです。

アイスランド近海では、北大西洋海流と北極方向からの寒流がぶつかり潮目を形成しており、この付近の海域は世界有数の漁場となっています。このため漁業は、古くからアイスランドの基幹産業す。

タラやアロンガ、ハドック、カレイ、ヒラメなどが獲れます。
日本はアイスランドから大量のカラフトシシャモを輸入しています。

アイスラドはEU非加盟国ですが、漁業資源の統制を失う懸念、捕鯨国であるという事が、EUへの加盟を拒否している理由です。

海外にあまり出たことなく、世界を知らない人々からすると白人=反捕鯨みたいな人々が多いのですが、それは間違いで、白人国家の中にも色々とありますし、白人の中にも色々な民族があり、白人全体を一色にして話す無知な人々がいるのは悲しいものです。

まず捕鯨国家は白人国家の中にも多くあります。アイスランド、ノルウェー、ロシア、フェロー諸島(デンマーク)、カナダなど。
アメリカも反捕鯨を訴えながらも一部で捕鯨がおこなわれています。

国際捕鯨委員会加盟国で
今後、捕鯨を行うことに賛成か、反対かの対立構造があり、2010年5月時点で国際捕鯨委員会(加盟国88カ国)の内、捕鯨支持国は39カ国、反捕鯨国は49カ国です。

一部の過激な反捕鯨団体であるシーシェパードやグリーンピースなどをあげて、アメリカやオーストラリア、イギリス、フランスなどの反捕鯨国が全てあのように捕らえてしまう人々がいますが、それは間違いです。

私は豪国に2年間居住(留学)しましたが、確かに豪国人の94パーセントは反捕鯨の考えです。しかし、一部の海外を知らない自称自認保守(ネット情報を鵜呑みにして世界事情を知らずにネトウヨと揶揄されている)の人々はオーストラリアは反捕鯨、日本を提訴したから反日だ!反日糾弾!などと言っている姿にはどれだけ、世界を知らない井の中の蛙なんだといいたいです。
現地踏査、現地で聞きとり調査(居住が望ましい)すればわかります。

確かに、豪国人のほとんどは反捕鯨。しかし、なんで、日本人は鯨を食べるんだ?食べる必要ないだろ?と思う程度で、裏から金をもらって活動している偽善団体の人々とは違います。(日本でも政治活動をおこなっている団体は裏から金がまわり活動している連中が多いが。最近では保守を標榜する団体がカルト宗教から)それでもって豪国人が反日だというのはあまりに単純すぎます。

現地に長期居住した身からすると思っていても口に出していわないですし、そこまで考えていない。先の大戦では太平洋戦線で戦いあった中ですが、戦後は貿易&人的交流で密接な関係にある日豪両国家。

日本の文化も入り、対日感情も良い国です。高校の授業では外国語の選択授業で日本語があるほど日本語学習者も多い。白人国家の中(正確にいうと移民も多いが)で一番日本語学習者が多いのではないか。

いずれにしても、氏素性の知れない人々が書いたネットでのフェイクニュースは多いですが、マスゴミなどと揶揄する前に(マスコミの情報とネット情報ではマスコミの情報のほうが真実が多い)しっかりと見極めれる力を身につけてほしいものです。

アイスランド・レイキャビクにて鯨料理!捕鯨国家アイスランド!Prir Frakkar restaurant

アイスランドの11000円の鯨料理・最後の晩餐】
I ate whales meat at Prir Frakkar restaurant in Reykjavic city in Iceland. I ordered 3 dishes and 1drink cost about 90Euro.
前述したとおり、アイスランドは漁業国&捕鯨国です。アイスランドの人々は昔に比べたら鯨を食べなくなったものの、家庭で鯨を食べる人々は多いです。

イギリスとの間にタラ戦争で揉めるほど、タラをはじめとした他の魚介類をとっており、レイキャビク市内には魚介料理を出す店は非常に多く、鯨を出す店は少なくなったものの、まだまだあります。

今回、利用したのは
レイキャビク市街地にある「スリール・フラッカル」レストラン。魚介系料理を中心に出すお店で、鯨料理も提供しています。

3品+飲み物を合わせて11000円ほどでしたが、
せっかく、アイスランドに来たのであれば現地の名物を
お金をかけてでも食さねばです。

まずはスープは野菜コンソメスープ


前菜は鯨の刺身(メニューには日本式鯨料理サシミと記載)

メインは鯨のステーキ。

前菜とメインどちらかだけ鯨料理にして
どちらかを好物のタラにしようかと思ったのですが
両方鯨料理にしました。

正直な話し、鯨を食したのは数年前の高知訪問時に食して以来です。昔から日本では鯨漁を伝統としておこなってきましたが、一部地区で食されていた感じで、日本全体が鯨を食すようになったのは戦後の食糧難の時代の貴重な蛋白源として給食などで出された感じ。

高度経済成長より後に生まれた世代では、あまり鯨を食したことがないのが実情。

それでも、日本の一部地域では伝統として鯨漁がおこなわれており、鯨を出すお店もあります。

人生で2回目の鯨料理ですが、想像以上に美味でした。
前菜は日本式刺身、醤油やワサビ、ガリなどが用意されました。
味は馬肉に似ている。

メインのステーキは
焼き加減を聞かれませんでしたが、ミディアムレアで提供されました。ウェルダーンだと固くなるからシェフが美味しい焼き加減にしたのでしょう。
ソースも上手く肉に合い、味加減も丁度良い。シェフの腕の良さを実感しました。

ホールは3人いましたが、ノルマン系のアイスランド人の女の子に対応してもらいました。
I’m new hereと新人だと言っていましたが、対応や笑顔が素晴らしく、顔も整った綺麗な女の子でした。

鯨に関して
質問したんですが、答えが曖昧。
周りに反捕鯨国からの客が多くいるので当然ですが、もし、会話中に反捕鯨国民が文句言ってくるならば、1人の日本男児として英語で論破するとこでした。
でも、鯨を提供するレストランで鯨を食べることに文句をいうのも礼儀としておかしな事。
心の底では思っても口に出していう人はほとんどいません。非礼、無礼にあたるからです。

日本では政治話を公共の場でするのはタブー視、他国ではそうでもないという人がいますが、他国においても、公共の場での政治話はタブー視される傾向にあります。

政治信条が反対の人々がいたら
気分を害して、揉める可能性もありますからね。

自分の後に入ってきたアメリカ人カップルが店員にグジラの味に関して質問していましたが、グジラにしようかサメにしようか悩んでいましたが、結局、サメにしていました。

世界各地を渡り歩いていると様々な文化を知る事が出来ます。食もその1つですが、世界には様々な食文化があり、現地の名物料理を食べるようにしています。

今までパラオでコウモリ、オーストラリアでカンガルー、エミュー、クロコダイル、ベルギーでウサギ、他にカエルやヘビなども食してきました。

ベトナムでは孵化寸前の雛が入っている卵、ホビロン、タイ北部やラオスでは昆虫、中国や韓国では犬料理。
犬料理などは賛否両論あるでしょうが、それも食文化の1つなんです。

旧ユーゴ・スロベニアのブレッド湖の名物料理マスのグリル!

旧ユーゴスラビアのスロベニア。
旧ユーゴスラビア諸国の中では最も経済が発展しており、治安が良い国。
そんなスロベニアで訪れるべき場所の1つがブレッド湖。エメラルドグリーンの非常に綺麗な湖です。

そして、ここで食していただきたいのは、ブレッド湖名産のマスのグリル。
スロベニア特産のUnioinビールと共に食してほしいです。

マスを使ったグリル料理。臭みがなく塩で味付けしてあり、上にニンニクがのっており、レモンを搾り、付け合わせのジャガイモ、オリーブ、トマト等とともにいただき非常に上品な味です。

コソボ紛争の地!旧ユーゴスラビア・コソボ・南西部最大都市プリズレン市の見所が分かる総集編映像!

コソボ南西部中心都市であるプリズ­レ­ン。
住民の大半がアルバニア系コソボ人。
人口は17万人程。基礎自治体を合わせた人口は22万人程でアルバニアやマケドニアとの国境からも近い都市。

市内にはオスマン朝時代に建てられた石橋やモスクがあり
早朝や夕方にアッラーの掛け声が聞こえてきます。
お薦めの場所はプリズレン市街地を見渡す事が出来る城塞。
徒歩でいくには体力がいりますが、城塞からの景色は最高です。

コソボ紛争では甚大な被害を受けたプリズレンですが復興しています。
紛争時にNATOがコソボの味方をして
セルビアの首都のベオグラードを空爆しましたが、コソボ独立後(セルビアはコソボの独立を認めていない=その背後にいるのはロシアなど)もNATO傘下の軍隊KFORが駐留。
ドイツ兵などが守っています。

イタリア・カプリ島のレストラン・オーガスタ

3度目のイタリア訪問。
初回と2回目で行かなかった青の洞窟で有名なカプリ島を訪問。
マフィアの街としても有名なナポリに3泊して日帰りでカプリ島へ。

青の洞窟にパッケージでなく、個人でいく場合、まずはナポリまで来て、港から大型船に乗り、カプリ島­に。カプリ島の港から小型ボートに乗り換えて青の洞窟近くに。
そこから船頭さんが漕ぐ手漕ぎボートに乗り込み青の洞窟の中に入ります。洞窟内には10分程滞在。

青の洞窟訪問後、カプリ島内のオーガスタというレストランでパルマ産生ハムと海鮮パスタを堪能しました。

【日本のア二メ、コスプレ人気】バルト3国の1国エストニア・タリンのメイド寿司

バルト3国。バルト3国の中で一番北に位置するエストラアの首都のタリンにある日本のメイドカフェを連想させるメイド寿司である「Sushi cat」訪問。
可愛らしい女の子たちがコ­スプレ衣装を着て接客してくれます。寿司セットを注文しましたが、可愛いコ達に接客をされたのか、余計に美味しく感じ­ました(笑)

所謂、日流文化に関して
こういったアニメ、コスプレなんかも含めてひと昔前から海外に進出しています。
欧米などで人気になっています。

毎年7月にフランスのパリで開催される
ジャパンエキスポは非常に多くのフランス人が訪れますが、世界での日本人気を垣間見る事ができます。