国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

海外で流行る日流(日本)文化

タイ・バンコク・BTSアソーク・ターミナル21の日本階

タイのバンコク市内BTSアソーク駅近くに5年程前に出来たターミナル21の1階(日­本の2階に相当)には親日国らしく東京(日本)階となっており、内装が日本的でこのよ­うな日本的なものもおかれており、日本好きのタイ人達の憩いの場になっております。
多くのタイ人が日本にいるかのような感覚で楽しみ、写真撮影しております。服屋を中心­に雑貨屋などもあります。
上の階にはロンドン階(イギリス階)、その上はイスランブール階(トルコ)、その上は­ロサンゼルス(アメリカ階)となっております。

タイのマクドナルドのサムライポークバーガーとは?

【サムライポークバーガー】これもタイにくると毎回発信させていただいていますが、タイのマクドナルドのメニューの中にサムライポークバーガーというのがあります。

初めて食した時に、何故にサムライ?何か関係あるのか?と​袋を開くとどこが??と思ったものです。 

味は照り焼きバーガー​なのですが、照り焼きは日本発祥、日本マクドナルドが開発した照り焼​きマックバーガーですが、親日国タ­­イはサムライの国日本発祥にちなんでそう名づけた​のです。牛肉ではなく豚肉を使っていますが。
16473422_1308867139136495_7625311996885331567_n

海外に積極進出する日本の外食チェーン!タイ・バンコク・ばんからラーメン

I ate Ramen at Bankara ramen shop in Bangkok last night.9か月ぶりの「ばんからラーメン」バンコクのソイ39の店。
バンコク駐在時に週に3日は利用していた店です。

「ばんからラーメン」は東京の池袋に本店があり、国内にFC店を中心に展開しています。タイのバンコク以外に池袋(東口)、静岡県内の店舗を利用したことがあります。
とはいっても最近は健康を考えラーメンは月に2~3回程ですが。
(かつては、週に4日はラーメン、昼夜連続ラーメンで月に20~30杯はラーメン食べてましたが。国内外で訪れた店舗は500店舗以上)

自分がこっちにいた当時からいるタイ人従業員が1人いるのですが、自分の事を覚えてくれてます。久しぶりの再会です。
いつも注文方法がチャーシュー麺、大盛り、煮卵と海苔を追加、麺固め、味濃い目とするので注文方法まで覚えていてくれます。値段は日本とほぼ変わらず。

16427429_1305099546179921_4559396708519218369_n

世界の多くの国々に好かれる日本?世界には数多くの親日国があるのか?

世界で好かれる日本!東南アジア諸国の人々は日本をどう思っているのか?

タイ、ベトナム、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、ラオス、カンボジア、シンガポール、ミャンマー、スリランカ、バングラデシュ、インド、フィリピン現地聞き取り取材

ミャンマー・ヤンゴン日本車大人気!昭和時代の日本車集結!海外日本車市場流通調査!

ミャンマーはかつてビルマと呼ばれた国です。ヤンゴンはかつてラングー­ンと呼ばれ、日本人にも馴染み深いくでした。

先の大戦では、一時期、日本は、ビルマを占領。多くの日本人が駐留した場所です。

ヤンゴン郊外に日本人墓地があるのですが、慰霊訪問もさせていただきました。

ヤンゴン市街地は隈なく歩きましたが、昭和時代の日本車が数多く走っており、懐かしさ­を覚えたものです。

ヤンゴンの人口は市域を合わせて410万人程。それゆえ街中は活気に満ちております。
日本人墓地に行く際に、軟禁されていたスーチーさんの家も通りました。

戦前~戦中、日本に留学していたビルマ人が多くおりましたが(スーチーさんの父親など­)
それらが、戦後のビルマをつくりあげました。
戦後は、軍事政権のもと、中国共産党と強い結びつきがありました。
しかし、ビルマの人々は、心の底では日本と仲良くしたいという気持ちは強かったのです­。
ミャンマーはこれから、民主化が進んでいくと思いますが、これから日本との結びつきも強くなっていきます。日本の資本もこれからさらに進出しやすくなると思います。

ブルガリア・ソフィア・マリネラホテル(旧ニューオータニ)日本食屋

ソフィアで宿泊したマリネラホテル。1980年代共産党支配化に建てられたホテルです。日本の御三家ホテル・ニューオータニが建てたものです。設計は建築家の黒川紀章です。

10年少し前にドイツの0会社にわたり、今は他の別会社が経営してますが、現地の人々から日本ホテルと呼ばれ親しまれてます。
5つ星のホテルで、日本庭園等日本に関連したものも多く残っております。

ホテル内には現地資本の日本食屋が入ってますが、ソフィアの人々に人気の日本食屋です。日本庭園での食事が出来ます。

【世界で使われる日本語】タイのプーケットの看板??津波?世界の共用語?

世界の共通語になっている日本語!津波!タイは地震の心配がほとんどない国です。タイの北部において小さな地震がたまに起こる程度です。(日本の地震とは比べ物になりません。)
しかし、インドネシアのスマトラ沖で頻発するM8~9の大地震による津波の被害はあります。特に2004年のスマトラ沖の地震の祭にプーケットやピピ島、他数多くのビーチが津波の被害にあいました。
世界各地の津波の被害になりえる国々では日本語の津波(TSUNAMI)という言葉を用いています。
世界の人々が知るもしくは使用される日本語はいくつもありますが、そのうちの一つが津波なのです。
近隣諸国で大地震があった際に逃げなければならないですが、このように避難経路の看板が多くあります。 英語でEVACUATION ROUTE=避難経路
プーケットで一番賑やかなのが歓楽街のバングラ通りがあるパトンビーチ。

【世界で活躍する日本企業製品】インド格安航空会社が機内販売する日清のカップヌードル

世界で活躍する日本企業!インドの航空会社の機内食に指定されている日本の日清のカップヌードル。インスタント即席麺で世界的なシェアを誇る企業です。(そもそも即席麺は日清が発明したものですからね。その後、物まねの韓国企業などが模倣し、他国の企業も製造販売)マサラ味なんかもあります。
海外留学時や海外赴任時、6年ほどの海外居住時に日清をはじめとした日本の即席麺にはお世話になりました。海外のスーパーでも売っています。(もしくは日本の食材が買えるとこなど)
日清もそうなんですが、食品メーカーのなかに味の素なんかもアジアでは大きな市場シェアをもっています。
最近の日本食ブームで海外に販路を拡大しているキッコーマンなど。
日本企業には頑張っていただきたいですね。

【日本政府がブルガリアに50本の桜を贈呈した事に対する記念碑】世界を周ってきた大和男児アキーラが語る日本が素晴らしいと思える出来事!第5話!

【日本政府がブルガリアに50本の桜を贈呈した事に対する記念碑】

場所はソフィア市内にあります。(現地にて撮影)春になれば桜が咲きます。
親日的な国であるブルガリア!様々な理由があります。ブルガリアと日本の関係は、19世紀までさかのぼります。19世紀末より公式関係にありました。
第一次世界大戦では日本は連合国側にて参戦、ブルガリアは枢軸国側で敵対関係にありましたが、直接的な交戦はありませんでした。第二次世界大戦下では、日本とブルガリアは同じ枢軸国で味方同士でした。
しかし、1944年9月のブルガリアクーデター(英語版)により、ブルガリア王国政府が枢軸国から離脱したため、国交は断絶されました。戦後、旧ソの影響を受けて共産社会主義国家として歩んだのですが、1959年9月に15年ぶりに国交が回復されました。
共産社会主義体制当時からブルガリアは親日的であり、冷戦中も両国は敵対関係になることなく良好な関係を維持してきました。これは、周辺のハンガリー、チェコ、スロバキア、ルーマニア、ポーランド等の国々も同じです。
ソフィアで宿泊したマリネラホテルが1979年当初、日本政府のブルガリア政府観光庁への支援もあり、日本の御三家ホテルであるニューオータニホテルが建てたとお伝えしました。(設計は黒川紀章)ホテル内部には立派な日本庭園もあり、人々を魅了しています。
現在、在ブルガリア日本人は140人程、在日ブルガリア人は400名程です。年間にブルガリアを訪れる邦人の数は11000人程。そのうち9000千人は観光で訪れています。
ブルガリアでは日本の文化に関心が持つ人々が多いです。これは、欧州全土、特に東欧、バルト三国、南欧です。(実際に現地視察調査して分かった結果です。)
ブルガリアでは、琴欧州でも有名な相撲・欧州で人気を博している剣道・茶道・漫画とアニメ・俳句などをおこなう団体が数多くあいります。現地訪問した何人かのブルガリア人女性に話しかけられましたが、日本の文化やア二メに興味があるブルガリア人でした。

14263972_1167194263303784_7013147235235272461_n-1

【文章&写真】

〚略歴〛タイ⑬

国際ジャーナリスト
大川原 明(おおかわら あきら)
昭和五十四年(一九七九年)九月
静岡県生まれ
専修大学経営学部経営学科卒
大学卒業後、新卒で大手旅行会社入社、退職後、世界各地を調査渡航。
世界六〇か国訪問。今年中に百か国突破予定。
海外在住歴は留学、仕事で長期4か国計6年
世界一周後、日本一周(現在、四一都道府県訪問済み)国内外において、写真と動画双方にて撮影。証拠撮り。
※写真は全て、私自身が、現地調査によって撮影してきたものです。

 

上記記事に関しての質問や問い合わせ、取材、記事寄稿依頼、講演依頼等ありましたら

下記までご連絡ください。

大川原 明(オオカワラ アキラ)

E-mail:last-samurai-akira@hotmail.co.jp

携帯電話:090-6078-6677