国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

海外ニュース

アメリカ・ユナイテッド航空のオーバーブッキング問題!乗客を強制的に降ろす!?

アメリカのユナイテッド航空3411便で、座席が足りないため機内からおりるよう要請された69歳のアジア人男性が拒否したため警察によって暴力的に機内から引きずり出された問題に関して言及。

オーバーブッキングはよくある事なのか?
そしてオーバーブッキングの場合は航空会社はどのように対応するのか?

オーバーブッキングはよくあることです。
航空会社は、キャンセルを見込み、実際の席以上に予約をうけることがありますが、今回は思ったようにキャンセルが出なかったようです。

エコノミー席だったら
ビジネスやファーストクラスに空きがあればそちらに無料アップグレードされるんですが、ビジネスもファーストも空きがなかったのでしょう。

空港カウンターでオーバーブッキングだとわからなかったのも問題だと思います。

此間、ブータンに行った時に自分のプレエコの3Aの席だったのだが
インドのカルカッタから乗ってきたインド人も3Aでした。
空港カウンターのスタッフが間違えたようですが、ビジネスが空いてればビジネスに無料アップグレード交渉するとこだったんですが、ビジネス席空いておらず。

エコノミーは空いていたんですが、エコノミーには行きたくなかったんですが、インド人が後ろのエコノミー席に移るということで問題にならず。

ユナイテッド航空は
ロサンゼルスに行く時に利用しましたが、この時もオーバーブッキング。プレミアムエコノミーが空いており、運良くエコノミーからプレミアムエコノミーに無料アップグレードしてもらえました。

今回の件はあり得ない対応ですね。アジア人差別でしょうか。
相当抵抗して拒否したんでしょうが、他の客に聞いてまわれば代替便で大丈夫な乗客もいたでしょう。そういった努力をすべきだったのでしょうが乗客それぞれの予定もあるので、大幅に出発を遅らせる事も出来ない。

しかし、今回のように武器を使い、怪我をさせて強制的におろす行為は絶対にあってはいけない事です。

旅行会社で数多くのお客様に航空券やツアーを手配してきた
私ですが、武器使い客を怪我させて強制的におろすのは初めてききました。
たまに他の客や乗務員に暴力行為等の迷惑行為をする人々で強制的に排除されることはあるのですが。
今回のように航空会社に問題があるオーバーブッキングでは。

日本、日本の航空会社ならありえませんね。

オーバーブックは航空会社の責任ですし、空港カウンターも気づけなかったのも責任です。

ちなみに学生の時に
欧州周遊旅行の時に
オーストリア航空でウイーンからローマに向かう便でウイーンの空港アナウンスで呼ばれました。
障害のある方がいて、通路側が必要とのことで窓側の席にしてくれますか?と言われ、障害者の方の事を思い、席を交換しました。

アジア人はほとんどいなかったので自分が選ばれたのかもです。日本人は優しいし、拒否しないだろうと思われていたかと。

インド・ケララ州で日本人女性が性的暴行被害!インドでは頻発?被害者にならないためには?

インドのケララ州で日本人女性が強姦され、怪我をするいわゆる強姦致傷事件発生。またかといったのが実情です。ここ数年だけでも多くの日本人女性がインド人による強姦被害にあっています。
一番ひどかったのは、監禁されて集団で輪廻された女性です。怪我をされた女性の早期回復を願います。
インドへは日本人女性1人での渡航はお薦めしません。なぜならば日本人女性は格好のカモですから。
女性複数人渡航でもお薦めはしませんが、とにかく最低でも守らねばならないことは、現地で知り合った人々の家に行ってはいけないということです。
道端で話したり、店で話しをするのはよいですが、一緒に行動することは安全上好ましくありません。
日本人女性の中に、大和撫子としての心を忘れた女性が、奔放的になり、現地でであった外国人男性と簡単に性交渉をしてしまう人々がいます。(いわゆる尻軽女、パンパン=英語でいったらビッチ)
こういったパンパンの人々が、日本人女性=軽いという印象をつくりあげ、そうでない大半の日本人女性の名誉を傷つけているのです。
私は、海外長期4か国計6年居住でそのような日本人女性を多くみてきました。(はっきりいうと日本人としての感覚がない人々)
そして、こういった性犯罪被害者が出てしまうのです。
ここ5年だけでも数十人の日本人が海外で殺害されました。いくつかの場所では殺害された現場に赴き慰霊合掌させていただいたものです。
いわゆる添乗員つきのパッケージツアーで行くのであれば安心でしょう。しかし、航空券だけ手配し、あとは自分で旅をするいわゆる自由旅行では、危険がつきものです。単独渡航であればなおさら気をつけて行動しなければならないのです。
インドのムンバイに­­­タイのバンコク経由で到着。ムンバイ→ゴア→コーチン→ムナール→チェンナイ→バ­ラ­ナ­シ→デリー→アーグラー→アーメダバード→ムンバイと25日間滞在。

フランス・ニース・トラック突入!80名以上が犠牲!現地渡航経験者

【またしてもイスラム過激派か??】こないだのダッカでのテロ事件以降、イスラム過激派によるテロは世界で展開されると思っていましたが。フランスのコートダジュールの中心地のニースでチュニジアとフランスの両国籍保持者による犯行!トラックで花火見物客にトラックが突っ込み80名以上が死亡!

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
ニースは4年前に訪問しました。現地には2泊したのですが、海岸から1キロ、鉄道駅の南側にある宿に宿泊してニース市街をくまなく散策して撮影。
今回、現場となった場所は海岸沿いのロムナード・デ・ザングレと呼ばれる海岸沿いの道。ちょうど自分が映像で立っている現場付近です。フランス人だけでなく世界各地から観光客が訪れる世界で知られている国際海洋保養都市です。
今後も、イスラム過激派による犯行がおこなわれるでしょう。イスラム系の国、イスラムの移民が多く入り込む国に行く際は注意が必要です。

【現地実録動画含】バングラデシュ・ダッカにて飲食店襲撃&日本人人質7名殺害事件!

バングラデシュ・ダッカにて飲食店襲撃&日本人人質7名殺害事件! 国際ジャーナリスト大川原 明が言及!
【現地実録動画含】!バングラデシュダッカの実情!バングラデシュ・イスラム過激派によるダッカにての飲食店立てこもり&日本人人質&7名殺害事件!

かつて潜入したバングラデシュのダッカ!ダッカで撮影した実録映像を含めて解説!バングラデシュの首都のダッカでIS(自称イスラム国)系の武装組織が飲食店を襲撃し人質をとり20名を殺害!日本人7名が殺害されました!亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに負傷されている方々の早期回復を願います。

JICA(国際協力機構)のプロジェクトに関わっていたメンバー。建設コンサルタント会社の人々もおり、インフラの整っていないバングラデシュのインフラ整備を整えるために尽力されていた方々です。
私がダッカ訪問時に中級ホテルに宿泊しましたが、部屋は10分に1回の割合で停電がおこったほどです。道は陥没し、下水道もしっかりと完備されていない、ごみ処理施設もしっかりしておりませんでした。

断じて許すことが出来ないこれらイスラム過激派による犯行。ISが犯行声明を出していますが、バングラの警察当局の発表では、バングラデシュのイスラム過激派グループがISに感化されておこなった犯行であるともいわれており、直接的なISの関与がないともいわれています。しかし、いずれにしろ世界のイスラムの国々もしくはイスラムの移民が入り込む国にはISに忠誠、支持を尽くしている団体がおります。フィリピンにおいてはミンダナオ島にあるモロ戦線が有名ですが。

ダッカ市内の各国大使館が集まる地区(グルシャン地区)で、襲撃された店は普段から外国人の利用客が多かったようです。在バングラデシュ日本大使館からは数百メートルしか離れていないとのことです。この大使館街に北朝鮮政府直営のアリランレストランがありますが、単身で潜入しました。

8~9人とされる武装集団は午後9時20分(日本時間2日午前0時20分)ごろ、店内に乱入。駆け付けた治安部隊に手りゅう弾を投げ付け、銃撃戦を展開しました。地元メディアは目撃者の話として、武装集団が「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたようです。

警察が飲食店突入!突入の結果12人が救出され、うち2人が外国人だったとの連絡をバングラデシュの警察から受けたことを明らかにしました。
イスラムの教典であるコーランを暗唱させて暗唱出来ない人々は容赦なく体罰をくわえたようです。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに負傷された方々の早期回復を願います。

イスラム諸国に渡航する事は覚悟を決めて出かけねばなりません。 今年10月~中東、アフリカを周遊し現地よりも発信していきます。
生きるか死ぬかは運です。­今まで世界61か国渡航(海外長期4か国計6年)し、一度も自身が危険な目に遭ったこ­とはないのは、危機管理能力を発揮し、危機回避のための様々な努力をしてきたからです­。
しかし。運も大きいのです。 イスラム諸国は多くの国々に訪問しますが、現地より発信します。
今ま­で訪問したイスラム諸国はマレーシア、インドネシア、ブルネイ、バングラデシュ、コソ­ボ、モロッコです。

中米トリニダードドバゴにて邦人女性殺害!真相は?海外で犯罪被害に遭わないためには?

【事件詳細 NNN記事】
カリブ海のトリニダード・トバゴで日本人女性が殺害された事件で、地元警察の幹部はN­NNの取材に対し、貴重品が盗まれていないことなどから、犯人は顔見知りで、現場近く­で殺害されたとみて捜査していることを明らかにした。

この事件は、10日午前、日本人の演奏家・長木谷麻美さん(30)が公園で遺体で見つ­かったもの。長木谷さんは、遺体で発見される前の日の夜、カーニバルに参加した後、所­属するバンドの練習場に立ち寄っていた。地元の警察は、NNNの取材に対し、このとき­長木谷さんが「少し離れたところに住む日本人の友人に会いに行く」と周辺に話していた­ことを明らかにした。

また、事件現場には長木谷さんの貴重品が残されていたことなどから、警察は、顔見知り­による犯行で、単独犯とみて捜査していることを明らかにした。

さらに、周辺の監視カメラの映像を分析した結果、遺体が運び込まれた形跡がないことな­どから、警察は、公園の中かその周辺で殺害された可能性が高いとみて捜査している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【自己の見解】
亡くなられた女性のご冥福をお祈りいたします。断じて許す事が出来ない犯行。犯人の早­期逮捕をのぞみます。

首絞められた跡。知り合いの男性による犯行が濃厚のようです。
中南米は今年中に潜入しますが、治安が良くない国々が多いです。銃器を利用した強盗も­多発。
日本人が海外で殺される事件はここ5年でも数十件起きています。日本人女性が海外で外­国人から強姦される事件も表に出てきている事件以外にもかなり多く起こっています。《­被害女性が公的機関に報告しない。》
戦後、GHQによる日本の骨抜き政策の一環で、平和ボケ教育が徹底されましたが、海外­では、日本人は危機意識を持ち、活動せねばてす。

海外では、日本のように安全な国は少ないです。世界情勢が乱れる中、今後、さらに治安­が悪化していくと思われます。
海外渡航する日本人は気を引き締めて行動、危機意識を持ち、聞き予測をし、危機回避を­する必要があります。
これからも邦人被害者を出さないためにも言及させていだきます。

タイ・バンコク・エラワン廟・8月18日爆弾テロ事故現場

今年8月18日にタイのエーラーワン交差点で爆弾テロがあり、2­­0名が亡くなり、125名が負傷しましたが、本日は現場にいって合掌させていただき­ま­した。
このあたりは、たまにテロがありますし、自分が駐在時に、ここの近くの伊勢丹、セント­­ラルワールドが放火もされました。
しかし、テロもそうですが、事故も運だと自分は思っております。何事も恐れていて、行­­動を控えるようでは進んでいきません。
あれから2か月近くたちますが、多くの参拝者がおりました。ヒンズー教の祠ですが、タ­­イではもっともご利益があると言われている場所です。
4カ所ともにお祈りさせていただきました。
そして、2か月前のテロで亡くなられた方々のご冥福をお祈りさせていただきました。
撮影は、近くにいた白人にお願いしたんですが、アイルランド人でした。日本にも20年­­くらい前に福岡に5年程すんでおり、日本語が上手でびっくりしました。英語交え、交­流­しました。アイルランドは3年少し前に訪問しているので、話しがあいました。今は­アイ­ルランドに居住しているようですが、旅行でタイに来ているとの事でした。
日本の経済はどうだ?とかいろいろ聞かれました。

フランス・パリ同時多発テロ!ISによる犯行?もはや、欧州も危険?日本は?

パリ中心部のバタクラン劇場と郊外の競技場付近などで13日夜(日本時間14日朝)、­複数の銃撃や爆発などの同時テロがあり、フランスの捜査当局筋は14日、AFP通信に­対し、少なくとも120人が死亡、200人以上が負傷したと明らかにした。
このうち、約80人が重傷という。数十人の人質を取って犯人が立てこもった劇場には1­4日未明(日本時間同朝)、警官隊が突入。一連のテロ事件でイスラム過激派とみられる­8人が死亡した。ただ、まだ複数の容疑者が逃亡中の可能性がある。
オランド大統領は13日、国民に向けて演説し「前例のないテロ攻撃がパリで起きている­」と表明。全土に非常事態を宣言し、容疑者の逃亡を許さないため国境の封鎖を命じた。­オバマ米大統領も「全人類と普遍的価値への攻撃だ」と非難した。これまで犯行声明は出­ていない。
在仏日本大使館は、14日午前0時(日本時間同8時)現在の情報として「銃撃に巻き込­まれた邦人はいないもようだ」と述べた。
AFP通信によれば、複数の関係者が13日、競技場近くの爆発は自爆テロだと証言した­。目撃者によると、劇場に対する襲撃は13日午後10時(日本時間14日午前6時)ご­ろ発生し、占拠犯はアラビア語で「アラー・アクバル(神は偉大だ)」と叫んで乱射した­。容疑者の1人が「オランド大統領のせいだ。シリアに手を出すべきではなかった」とシ­リアへの軍事介入を非難していたという。
AFP通信はさらに、劇場で発砲があったほか、劇場付近のカンボジア・レストランも襲­撃を受けたと報じた。また、競技場付近では複数回の爆発音が聞こえたという。治安機関­筋は、テロ攻撃は市内計7カ所で発生したと述べた。劇場だけで100人が死亡したとみ­られている。
競技場ではフランス代表とドイツ代表のサッカーの試合が行われており、オランド大統領­が観戦していた。オランド大統領は事件を受け、急きょ内務省に向かい、危機対策室で対­応に着手。「犯人に情けは無用」と徹底捜査を指示した。
仏大統領府は14日、トルコで15日から開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を­オランド大統領は欠席すると明らかにした。イダルゴ・パリ市長は住民に対し、自宅から­出ないよう要請した。
フランスでは1月、パリの風刺週刊紙シャルリエブド本社やパリ近郊のユダヤ教食料品店­がイスラム過激派に襲撃され、17人が死亡した。さらにパリでは30日から国連気候変­動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)が開幕するため、仏当局が警戒態勢を強­化していた矢先の事件となった。

現地実録動画!バングラデシュで日本人殺害!ISによる犯行?それとも強盗?国際ジャーナリスト大川原 明!言及!

日本人男性撃たれて死亡!バングラデシュ。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
バングラデシュは4年程前に訪問いたしましたが、喧騒感に満ちていました。
イスラム諸国を訪問の際の注意は、ISに忠誠を尽くしている団体や支持している団体の活動域に近づかない事です。
それら活動域の事前の情報収集は非常に大事です。

しかし、バングラデシュでは強盗も多いので、強盗による仕業というのも脾摘できません。(金品を奪われていたらですが)

バングラデシュ北西部で日本人星邦男さん(66)が3日午前、何者かに撃たれて殺害された事件で、インターネット上に、過激派組織「イスラム国」(IS)を名乗り、犯行を認める声明が出た。真偽は確認されていない。現地警察当局は「まだ内容は確認できておらず、作業を進めている」としている。

バングラデシュでは9月28日に首都ダッカで援助団体員のイタリア人男性が撃たれて殺害され、ISを名乗る犯行声明が出ており、いずれも事実とすれば、IS名義の犯行声明が出るのは、この1週間で2件目となる
バングラデシュ北部で3日、日本人男性1人が銃で撃たれて死亡したと警察当局が発表した。バングラデシュでは最近イタリア人の援助活動家が殺害され、イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」が犯行声明を出していた。
地元警察の副所長はAFPに対し、「日本人男性1人が今日、辺地の町カウニア(Kaunia)で射殺された。男性はバングラデシュの三輪自転車タクシー「リキシャ」でカウニアを訪れる途中で、バイクに乗った3人組の男に止められたようだ」と述べた。

地元警察によれば、3人は日本人男性をその場で射殺して逃走した。遺体はランプル医科大学(Rangpur Medical College)の霊安室に運ばれたという。警察はさらに、男性が至近距離で撃たれていることを明らかにした。男性の身元は分かっていないが、ランプルで農業関係のプロジェクトに携わっていた55~60歳の男性とみられている。

事件が起きたランプルは、首都ダッカ(Dhaka)の約300キロ北に位置している。ダッカでは先月28日、大使館などが多い地区で援助機関に所属するイタリア人が射殺される事件が発生し、ISが犯行声明を出していた。バングラデシュ政府は、イタリア人射殺事件は「単発的な事件」だったとして、治安に対する不安を静めようとしていた。

【海外治安情報】イタリアの治安情報!イタリア観光での注意点言及!○○横行?

【海外治安情報】イタリアの治安情報!イタリア観光での注意点言及!○○横行?旅行ジャーナリスト大川原 明!言及!

元大手旅行代理店に勤務して、複数の海外支店でも勤務してきた私です。
そこで、日本からくるお客様を対応する部署にもおりました。そこで、犯罪の被害に遭わ­れた方々を対応する部署におりましたので、現地でおこっている観光客を狙う犯罪に関し­ても熟知しております。
旅行においても世界60か国近くまわってきた私です。
海外長期4か国計6年居住。現地にて、多くのものを撮影。詐欺師達と交流している動画­も撮影してまいりました。べーっだ!
イタリア観光での注意点とは?
世界で観光客を食い物にしている犯罪、詐欺をこれからもお伝えさせていただきます。
皆さんが、犯罪の被害に遭わないためにこれからも言及させていただきます。パー

元大手旅行代理店に勤務して、海外支店でも勤務してきた私です。ベトナムのホーチミン支店、タイのバンコク支店等。
そこで、日本からくるお客様を対応する部署にもおりました。そこで、犯罪の被害に遭われた方々を対応する部署におりましたので、現地でおこっている観光客を狙う犯罪に関しても熟知しております。
旅行においても世界60か国近くまわってきた私です。
海外長期4か国計6年居住。現地にて、多くのものを撮影。詐欺師達と交流している動画も撮影してまいりました。
東南アジアで流行るカード賭博詐欺とは?目
世界で観光客を食い物にしている犯罪、詐欺をこれからもお伝えさせていただきます。
皆さんが、犯罪の被害に遭わないために、注意喚起させていただきます。ラブラブ!


国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

【海外治安情報】南の楽園・フィジーの治安情報!治安は悪い? ジャーナリスト大川原 明!言及!(かつてフィジー駐在)

治安が良さそうで悪い、南太平洋に浮かぶ島国フィジー。
かつて、大手旅行代理店フィジー支店に出向社員として駐在。顧客対応の部署におり、そ­れら犯罪を目の当たりしてきました。ショック!
日本人女性も数年前に殺害され。しょぼん

犯罪をのぞけばよい国であります。目
陽気であまり深く考えないフィジー人たち­。脳天気なフィジー人達!!独特の髪形をし­ている女性達!!見ているだけでも面白い!­!挨拶はブラ!!道を歩き知らない人によ­くブラと言われるそんな国です!!ラブラブ!
あまり発展はしていないものの自然がそのまま楽しめる国です。


国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw