国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

外国人との交流

タイ・チャーン島のビヤホイ!パレスチナ人男性との交流

I made a friends with a Palestinian in the bar area in Chang island.

パレスチナ人。チャーン島のヒヤホイで酒を飲み、ビリヤードをしていたら参戦してきたパレスチナ人男性。英語で会話していると、出身はどこ?Which country are you from? と聞くと「パレスチン」といったのでどこだ?スペインのどこかか?と思ってしまいましたが、エルサレムと言ったので、あーパレスチナとしばらくした後に分かりました。

最近、ユダヤのイスラエル人と出会うことが多いのですが、戦後、アメリカに意向を伺うように行動している日本(一部の他国民からはアメリカの犬と揶揄されている。)はアメリカと同じくパレスチナを国として認めず(パレスチナを国として認めているのは136か国)、パレスチナ自治政府と呼んでいますが、彼らパレスチナ(アラブ)人からすれば独立国としての認識があります。

やはり、ユダヤに関してはよく思っていないようです。
日本はパレスチナを国として認めていないものの(セルビアとコソボの関係にも似ている)、パレスチナの地位格上げは承認しています。(アメリカやカナダ、先の大戦でユダヤ人に負い目を感じているドイツは、格上げも反対)

パレスチナ問題に関しては、パレスチナ、アラブ人達も可哀想ですね。いくらユダヤ人が2000年以上前に住んでいた土地とは言っても、その後、長年すんでいたのはアラブの人々。
それを無理やり、シオニズム運動を展開し、ユダヤ人が押し寄せ、アメリカで力があるユダヤ系がアメリカを動かし援助をし、中東戦争を優位に進め、イスラエル建国。
多くのパレスチナ人が被害にあい、難民も多く出しました。

日本はパレスチナにもODAの援助をしています。パレスチナ人は、戦後の日本はアメリカ追従体勢であることを知っていても、日本に対しては感情が良い人々は多いです。
16649035_1324052877617921_5263316332606942858_n

タイ・チャーン島!スイス人との交流

I got along well with a Swiss in the sharing taxi in Chang-island. チャン島到着後に、フェリー乗り場からサイケオビーチにソンテオ《乗り合いタクシー》を使い移動しました。
隣のスイス人男性と仲良くなりました。スイスは主にドイツ系、フランス系、イタリア系、ロマンシュ系といますが、顔からゲルマン系だと分かりましたが聞いたらやはりドイツ系でした。

スイスは過去に3回訪問(ジュネーブとチューリッヒ)していますが、スイスの話しもいろいろ出来ました。

タイは35年ぶりのようですが、バンコクの変貌ぶりに驚いていました。

日本には来た事がないようですが、近いうちに行きたいと言ってました。

16729291_1323166104373265_6110046403903119652_nたい

私のユーチューブチャンネルをご覧いただいているタイ人女性と遭遇

【自分のユーチューブチャンネルを見た事があるというタイ人の女の子と遭遇】
I met with this Thai girl who
has watched my Youtube video on the ferry for Chang island.
チャーン島のフェリー乗り場からフェリーを利用してチャーン島へ。30分程の所要時間でした。

びっくりしたのが、フェリー内でこのタイ人の女の子に突然話しかけられ、「貴方のユーチューブを見た事あります。まさか、ここで出会えるとは」と言われました。

今まで日本人には数多くの方々に国内外でユーチューブをご覧いただいている方々からアキーラさんですか?と話しかけられる事はあったのですが、外国人に話しかけられるのは初めてです。

英語は話せますが、日本人向けに発信しているので日本語で国内外の名所案内していますが、たまに外国人からコメントきます。日本語勉強している外国人などからも多いですね。

今までにユーチューブづたいでコメントくれた外国人20人くらいの方々とフェイスブックで友達になっています。

自分のチャンネルが再生されている国で一番多いのは、日本で85パーセント程。次にタイで5パーセント程です。

英語はいけるので英語で日本を外国人に紹介《他国も含めて》する新しいチャンネルを作ろうかと考えています。
将来、起業するさいにも役立ちそうです。

なかなか可愛らしい彼女でしたが、水泳しているらしく、東京オリンピックに出たいと言ってました。
チャーン島から近いチャンブリーに住んでいる女の子。フェイスブックで友達になりました。

なんか最近、こういったユーチューブをご覧になっている方々との出会いが多いですが、つきがきてるのか?時間や場所が少しでもずれてれば出会えませんでしたからね。

16806742_1323007104389165_13093383052952230_n

タイ・バンコクで散髪

I made my hair cut at MSG shop near BTS Phrompong station in Bangkok.散髪。髪の毛が伸びてきたので久しぶりに散髪。
場所はこっちに駐在しているときからよく利用しているバンコク市内BTSプロンポン駅近くソイ26のマッサージ屋。
経営者であるこのママさんが美容師の資格を持っているのですが、前回4月訪タイ時にもきってもらいました。

散発後に、フットマッサージ1時間うけました。

横をさっぱり短くしたのですが、ママさん、かなりいきましたねW
宿にいる真面目な日本人女子大生にひかれそうだW大丈夫かな??

でも海外を周る際、少し危険なとこに行く際は迫力があったほうが危ない目にあう可能性は減ります。

ここのママさん6年くらい前に知り合いましたが、今は44歳?やはり、歳をとりシワがでてきてますね。綺麗ですが。

日本人女子大生は、1人でタイとラオスとカンボジアを周るようですが、親ではないですが、少し心配ですね。(今までに邦人被害者を多くみてきた自分ですので)
本当だったら自分が護衛、添乗員としてついてあげたいのですが。交渉や名所案内、護衛、撮影まで出来る。

でも他人に頼らず、1人で周り、いろいろな人々と交流し、時として交渉事も必要です。そうすることは今後の人生でも役立つでしょう。

いろいろと安全に周れるように重要な事を伝えさせていただきました。

16729416_1321970071159535_5038047226174681151_n

イスラエル人との交流

I made frineds with this Israeli in the guest house in Bangkok.
イスラエル(ユダヤ)人との交流
最近、イスラエル人とよく出会うな。この彼はユダヤと見て分かりました。
イスラエル人でも英語を話せない人々は結構いるものですが(特にアラブ系)、ユダヤ系は英語力は高いな。

タイのパンガン島(フルムーンパーティーで有名)に住んでいるようです。奥さんと子供3人。パンガンで何をしているのか?と聞いたら、セミリタイアのような生活をしていました。(投資、ピットコインなどもしているようですが)
モサドのエージェントとなり、モサドから資金でももらっているのか??

中東諸国の話しをしていくとやはりアラブの国々のことをよく思っていませんでした。中東ではなく、イスラエルは欧州にいれてほしいと。

日本には数か月前にいったようで、東京、大阪、奈良、京都、高山等1か月程まわったようです。
日本のサムライ、宮本武蔵が好きで、日本の文化が好きだといってます。

イスラエルの諜報機関はモサドが有名ですが、世界には1500人~2000人の諜報員(日本にも入っている)。エージェント(協力者)も多くいます。=日本人のエージェントもいる。=イスラエル関係の宗教や会社など。

いわゆる大陸の華僑、華人ネットワークは世界に強いネットワークをもっています。
数こそ少ないもののユダヤ系も世界に散らばっており、アメリカでは強大な力を持っています。

ロスチャイルド・ロックフェラー・サッスーン・ クーンロエブ・モルガン・ベクテル・ザハロフの7大財閥。

モサドは様々な課がありますが、最大の部署であるツォメトは有名です。

ちなみにモサドは、2010年1月にハマスの軍事部門創設者マフムード・マブーフがドバイで暗殺された事件に関与しているそうです。

欧米の偽造パスポートを所持して活動している諜報員も多数いるのが実情。

タイ南部での調査業務をしているとイスラエル人とよく出会うのですが、この彼曰く、ユダヤのコミュニュティがあるようです。
パンガンに来たら案内すると言われましたが、今度訪問してみるかな。

世界の多くの場所にユダヤのコミュニティがあります。
かつて、第二次世界大戦中にリトアニアで杉原千畝がナチスから追われたユダヤ人6000人程を救ったのは有名ですが(実際に現地を訪問しました。スギハラ通りなるものがある)、わりと日本人は好かれている。

HISのタイ人従業員との偶然の再会

バンコク市内のアソーク駅近くのロビンソンデパート地下のフードコート利用しましたが、バンコクに赴任していた時に入社してきたタイ人の女の子がたまたまここにいて久しぶりの再会。9か月ぶりか。エーさん。痩せて可愛くなったな。

日本語を学び、日本語上級者の彼女です。日本が大好きの親日家でもあります。

1年4か月前にバンコクきた時に、スワナプームの空港で偶然の再会を果たしましたが、またです。
あの時は自分がバンコク到着。このコが日本に旅行に行く日で入れ違いでした。

16804273_1321709191185623_572290939067783326_o

タイ・バンコク!バレンタインチョコならぬバレンタインバナナ

バレンタインなどという日は10代、20代ではないので全くもって気にしない日なんですが、タイでもバレンタインで盛り上がってます。

前からいろいろとくれる宿のタイ人女性からいただいたもの。バレンタインチョコではなくバレンタインバナナか《笑笑》
バナナ最高。美味です^_^

ちなみにタイですが、チョコではなく他のものをあげている人が多いですね。薔薇渡す人が多い。

16730413_1320227364667139_3453991584629220052_n

タイ・パタヤ!冷戦中?【アメリカ人VSロシア人!】

【アメリカ人VSロシア人!冷戦か!?】パタヤは1950年代まで小さな漁村だったのですが、ベトナム戦争が勃発して米軍が隣のラヨーン県にあった空軍基地・ウータパオを使い、パタヤを米軍保養地として利用し始めたために開発が始まりました。
ゴーゴーバーが開業し、米兵相手の売春などの性産業が盛んになりました。

1975年のベトナム戦争終結後、一時期、恐慌に見舞われましたが、その後、欧州などの国々からの観光客が押し寄せ再び活気を取り戻しました。
ベトナム戦争に参戦した60代~70代の米兵はかつてを思い出し、移住してきています。
英語のアクセントでアメリカ人と分かりますが、アメリカ人の老人を多く見かけます。自分の娘、いや孫くらいの女性と一緒に楽しんでいます。

今世紀に入り増加しているのがロシア人です。今ではロシアで最も人気のある観光国はタイ。多くのロシア人がタイを訪れています。パタヤは本当にロシア人が多いです。顔や言語(言語を聴いてどこの国か分かる)でロシア人は分かりますが、ロシア人観光客が非常に多いです。

同じレストラン、バーでアメリカ人とロシア人がいて、お互いが会話することはあまりないのですが、パタヤは冷戦状態といっても過言ではありません。

ちなみにタイには数千人(ある情報筋からは1万人以上)のロシア人女性が売春婦として入り込んでいますが、ロシアンマフィアの管理下の元入国しています。
16708570_1319408824748993_1787597795386343505_n

タイ・パタヤの行商人!

パタヤビーチ。売り子の行商人が多くいます。そして声をかけてきます。炎天下の中、生のイカや茹でたエビやカニ。鮮度は大丈夫か?と思いますが、食べたくなりますねら。頼むと持参の七輪で焼いてくれます。

東南アジアのビーチリゾートは行商人とのやりとりがあるから面白いです。こういう人々はいなくなってほしくないですね^_^
16664938_1318194018203807_2639233824070647990_o

タイ・パタヤ・HISのタイ人スタッフとの再会

パタヤのHISの支店訪問。HISは大学卒業後に新卒で入った会社ですが、バンコク支店勤務時に出会ったタイ人スタッフのマイさん。
オオカワラさん?と言われ、英語で会話。
久しぶりの再会でした。6年ぶりくらいかな。パタヤにいたとは

16681664_1318182618204947_3294815289227844167_n