国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

旅の助言(知識)

国際高速列車ユーロスター!イギリス・ロンドン→アムステルダム!

【12年4か月ぶり2回目利用の国際高速列車ユーロスター】
I used Eurostar from London to Amsterdam in Holland. This is the second time I used it and the last time I used is in Feb 2006 from Paris to Lodon. The Eurostar operation company statrted to operate the route between London and Amsterdam from this Apri. The service is really nice nice and could enjoy the stay inside and it was safety drive.
12年4か月ぶりに利用のイギリスと欧州大陸を結ぶ国際高速列車であるユーロスター。前回はフランスのパリからイギリスのロンドンまでの区間を利用しましたが、今回はイギリス・ロンドン→オランダ・アムステルダム間を利用。今年(2018年)4月から直通運行が開始されました。

所要時間は3時間40分。途中停車駅はベルギーのブリュッセル、オランダのロッテルダムです。

使用席は普通席よりも程度の良いスタンダードプレミアムのソロ席。朝食(軽食)&おやつ付きです。
この上のクラスはビジネスプレミアクラス。食事がより豪華になり、座席もレザーになります。
また、出発前のビジネスラウンジ利用可能やキャンセル規定が出発前なら全額返金などの好条件がついています。

ユーロスターの開業は1994年11月14日。最高時速は300キロ
当初、ユーロスターは、当初、フランスのTGVをベースとしたものでフランス、イギリス、ベルギーの3カ国で共同開発されました。
2010年10月7日に、ユーロスターの次世代車両としてドイツ・シーメンス社の「ヴェラロ」が、競争入札の結果、導入
されることが発表され、2015年の既存のユーロスターの増発便として投入(最高時速は320キロ)。
今回乗車したのは上記ドイツ車両でクラス374電車。

欧州はロシアと旧ソ構成国以外の全ての国に行きましたが、欧州の高速列車である、タリス、TGV、ICE、フレッチャロッサ、X2000、アルファベンドゥラールなどほぼ全ての高速列車に乗りました。

ユーロスターは久しぶりですが、乗務員の対応も素晴らしく
感心するほどのサービスでした。
ロンドンを出発後、しばらくしてからドーバー海峡、ユーロトンネルを通過し、欧州大陸に。

オランダはEU&シェンゲン協定加盟国。入国審査はロンドンのセントパンクラス駅でおこなわれましたが、何も質問されることなく、スタンプを押してもらえました。

海外現地踏査に向けての肉体づくり

ジムで海外渡航前最後の筋トレ。
これから4か月間23キロ近いバックパックを背負い、欧州、中東、中央アジア最低25か国以上周ります(訪問都市は70都市以上)。
重たい荷物を背負い、新幹線殺傷事件に見られる暴漢、暴徒、テロリスト、敵工作員による突然の襲撃もありえますが、それらに立ち向かえれるように10キロの距離でも歩けるように鍛え上げました。

現地取材では毎日朝~晩まで撮影しますが、今回は無理のないようにし、週に1回は何もせずに宿やビーチ、公園でゆっくりする日をつくります。

2018年6月海外再出発!海外渡航再開!欧州再訪、中東、旧ソ構成国、中央アジア周遊!

世界一周!海外渡航再開!
中東系の航空会社(複数あるが、どの航空会社かは現地についてから報告)を利用。

今回は未踏国家を中心に周ります。
中東某都市経由で6年ぶりにイギリスのロンドンへ。
ロンドンから未踏国家であるアイスランド(出発までに往復航空券を予約)4~5日で訪問。
その後、ドイツに渡る予定(フランス人の友人がパリに久しぶりに来てと誘ってくれているので悩み中。7月初めにジャパンエキスポも開催されるので)

5回目のドイツ(確定)⇒久しぶりにチェコ再訪?スロバキアも?(未定)⇒ポーランド(確定)⇒旧ソ構成国のベラルーシ(ワルシャワから空路往復)、ウクライナ(ワルシャワから空路往復予定)
そして同じく旧ソ構成国のモルドバ、アルメニア、ジョージア、アゼルバイジャン
⇒中東に入り中東諸国周遊⇒空路で中央アジア(空路や陸路でウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン、キルギス)訪問⇒中東に戻りトルコのイスタンブールから帰国。

欧州は最近では一昨年8月にブルガリア再訪、
平成27年(2015年)12月にマルタ共和国、
平成26年(2014年)7月~9月に2か月間周遊、
平成24年(2012年)5月~9月に4か月間欧州周遊、
平成18年(2006年)1月~2月に1か月程欧州周遊、
平成12年(2000年)ノルウェー+デンマーク訪問など。

今まで7回の欧州渡航経験がありますが
そのうち3回が欧州周遊(1回目は1か月、2回目は4か月、3回目は2か月)。アイスランド、旧ソ構成国、ロシアをのぞいた全ての欧州諸国を訪問。

欧州+東欧&旧ソ構成国で1か月半程の期間
そこから中東+中央アジア2か月半=計4か月程。
今回は少し長めの4か月の海外渡航。
訪問国は最低でも20か国以上を訪問。
10月中旬に帰国予定。

今回4か月の海外渡航で行く可能性が高い国々は
1.イギリス(再訪確定)
5.ドイツ(再訪確定)
6.ポーランド(再訪確定)
7.フランス?(再訪・不確定)
8.ベラルーシ(初)
9.ウクライナ(初)
10.トルコ(初)
11.グルジア(初)
12.アルメニア(初)
13.アゼルバイジャン(初)
14.イラン(初)
15.イラク(初・不確定)
16.クウェート(初)
17.イスラエル(初)
18.オマーン(初)
19.カタール(初)
20.UAE(初)
21.サウジアラビア(初)⇒招聘状が必要なため今回断念
22.ヨルダン(初)
23.レバノン(初)
24.ウズベキスタン(初)
26.カザフスタン(初)
27.キルギス(初)
28.タジキスタン(初)
29.バーレーン(初)
30.キプロス(初)
31.アイスランド(初・確定)
32.ブルガリア(再訪・不確定)
33.コソボ(再訪・不確定)
34.マケドニア(再訪・不確定)
35.モルドヴァ(初)     等々

予定ですので変わる事もありますし
体調を見ながらなので無理はしないようにします。(来年、アフリカに行く際に中東再訪)

現在66か国の渡航歴(日本は40都道府県)

渡航国&都市は下記。

1.ネパール(カトマンズ、チトワン、ポカラ)
2.タイ(バンコク、プーケット、パタヤ、サメット,ホアヒン,チェンマイ、スコタイ、カンチャナブリ,ランタ島、ハジャイ 、サトゥーン、クラビ、ランタ島、サトゥーン、ハジャイ、パーイ、クンユアム、メ―ホンソーン、ピピ島) 
3.韓国(インチョン、ソウル) 
4.シンガポール 
5.中国(北京) 
6.カンボジア(シェムリアップ) 
7.オーストラリアは2年間留学(ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、ダーウィン、シドニー、メルボルン、ロックハン プトン、サンシャインコースト、マッカイ、タウンズビル、リズモア、トゥーウィードヘッズ) 
8.アメリカ(ハワイ、ロサンゼルス、サンタモニカ、ビバリーヒルズ、ウェストハリウッド、シアトル、サンフランシスコ) 
9.ノルウェー(オスロ、トロムセ) 
10.デンマーク(コペンハーゲン) 
11.オーストリア(ウィーン、ザルツブルグ、ハルシュタット) 
12.スロバキア(ブラティスラバ) 
13.イタリア(ローマ、ミラノ、フィレンツェ、ベニス、ナポリ、ボローニャ、カプリ島、リミニ、ソレント) 
14.バチカン市国 
15.スペイン(バルセロナ、グラナダ、マラガ、アルへシラス、タリファ、マドリッド) 
16.スイス(チューリッヒ、ジュネーブ) 
17.ドイツ(ミュンヘン、ベルリン、ケルン、フライジング、フュッセン、フランクフルト、アウグスブルク) 
18.オランダ(アムステルダム)、 
19.ベルギー(ブリュッセル) 
20.ルクセンブルク 
21.フランス(パリ、ニース、カンヌ、モンペリエ、レンヌ、シャルル、モンサンミッシェル) 
22.イギリス(ロンドン、バース、ウィンザー) 
23.フィジー(フィジー仕事で駐在1年 本島のほとんどの場所+西部の多くの離島訪問) 
24.ラオス(ビエンチャン、ルアンパパン、バンビエン) 
25.バングラデシュ(ダッカ)
26.ブルネイ 
27.スリランカ(コロンボ、キャンディ、ビーチリゾート) 
28.インドネシア(バリ島) 
29.ミャンマー(ヤンゴン) 
30.フィリピン(マニラ、モンテンルパ、パサイ、セブ) 
31.ベトナム(仕事で駐在 ホーチミン、ハノイ、ダナン、ホイアン、ニャチャン、ハノイ、ハロン湾、ミト、ムイネー、ファンティエン、クチ)
32. マレーシア(クアラルンプール、ペナン、ランカウイ)
33.アイルランド(ダブリン、コーク、リムリック、ゴールウェイ等)
34.スウェーデン(ストックホルム、ヨーテボリ)
35.フィンランド(ヘルシンキ、タンペレ、ロバ二エミ、トゥルク、ナーンタリ)
36.エストニア(タリン)
37.ラトヴィア(リーガ)
38.リトアニア(ビリニュス、カウナス、トラカイ)
39. ポーランド(ワルシャワ、クラクフ)
40. チェコ(プラハ、チェスキークロムノフ)
41.リヒテンシュタイン(ファドーツ)
42.ハンガリー(ブダペスト)
43.ルーマニア(ブカレスト)
44.ブルガリア(ソフィア、プロヴディフ、カザンラク、カルロヴォ、ヒサリャ)
45.ギリシャ(アテネ、テッサロニキ)
46.マケドニア(スコピエ)
47.ボツニア(サラエボ)
48.スロベニア(リュブリャーナ、ブレッド、ピラン)
49.クロアチア(ザグレブ、プリトヴィッセ、ドブロクニク、ポレチュ)
50.モナコ
51. パラオ(コロール、マルキョク、バベルダオブ島、マラカル島、ペリリュー島)
52. セルビア(ベオグラード)
53.コソボ(プリズレン、ぺヤ、プリシュティーナ)
54.アルバニア(ティラナ、デュラス)
55.モンテネグロ(ポトゴリツァ、コトル、フドヴァ)
56.サンマリノ
57.アンドラ
58.モロッコ(タンジェ)
59.ポルトガル(リスボン、ポルト)
60.マルタ共和国(マルタ島、ゴゾ島)
61.インド(ムンバイ、ゴア、コーチン、ムナ-ル、チェンナイ、バラナシ、デリー、アーグラ-,アーメダバード)
62.モンゴル(ウランバートル、テレルジ)
63.台湾(台北、台中、高尾、嘉義、福瀬村、台南、台東、花蓮、太魯閣、九ふん)
64.ブータン(ティンプー、パロ)
65.東ティモール(ディリ)
66.カナダ(バンクーバー、カルガリー、バンフ、ジャスパー、レイクルイーズ、ビクトリア)

下記写真は
3年10か月前に訪問した旧ユーゴスラビアのベオグラード。
コソボ紛争時にNATOによる空爆を受けたベオグラード。
NATOにより空爆されたビルは今も残っていますが、NATO空爆ビル近くで撮影。

写真の65㍑のバックパックを今回も使用します。
撮影機材(一眼や4Kビデオカメラ、デジカメ、他機材、三脚)やPC,複数のガイドブック持参するので重量は20キロ程になります。

今回は20~25か国は訪問。多くの都市を移動し訪問します。移動日はこの重たい荷物を背負い、1日5キロ~10キロ移動することもあります。
ほぼ毎日朝~晩まで撮影(撮影がなければ凄く楽になるが)しますが、季節柄熱中症や日射病には気を付け、体調が優れない時は無理をしないようにします(無理をする癖がある小生)

海外中長期渡航であれば基本的にスーツケースではなく、バックを使用します。それは移動するのに楽だからです。

海外に出始めて20年はたちますし、海外長期4か国に居住経験や数多くの国々をツアーに頼らず、単身で渡り歩いてきました。
ツアーのほうが安心安全なのですが、プロの自分は単身でこの重たい荷物を背負い、周ってきました。

これから行く国々は正直、あまり治安の宜しくない国々もありますが、プロとして危機管理能力を最大限に発揮し、危険回避をしていく所存です。

バックパックの中身を披露!〇〇〇が?

バックパッカー・アキーラ!バックパックの中身を披露!〇〇〇が?世界一周!海外周遊旅行

海外中長期渡航、世界一周などではスーツケースよりもバックパックで周ったほうが色々な意味で便利です。
私も海外中長期渡航であればバックパックを持参しますが、多くの国々、都市間を移動するにはよいのです。

今回は、私のバックパックの中身を披露します。
海外中長期渡航に必要なものを皆様にご紹介します。

海外中長期渡航(周遊旅行)時の現金管理はどのように?現金、カード?

海外に行く際の現金管理は
どのような方法があるのか?中長期渡航では現金持参は盗難の被害に遭う可能性もありますのでお薦めしません。
どんな現金管理方法があるのかを動画にて言及

海外渡航前の散髪と現地でビザを取る時に必要な顔写真撮影

今回は欧州(西欧、東欧、旧ユーゴ、旧ソ構成国)、中東、中央アジアと渡航地域が多岐にわたるために、事前の情報収集は念入りにおこなっていますが、査証が必要な国々が複数あります。
基本的に現地の空港や陸路越境の場合の検問所でビザをとれる国がほとんどです。その時に、顔写真が必要になる国があり、事前に用意しました。
国により大きさが異なりますが、4.5×3.5と5×5の2つの大きさ計12枚を用意。

海外中長期渡航で様々な国々を周遊擦る際は事前の情報収集をしっかりとおこなってから用意周到にして出発するのがプロです。

今回は未踏国家中心に25か国は訪問しますが、その国の治安や政情、国際関係や問題、宗教、文化や風習、歴史、思想、対日感情などを熟知しておくことが安全に周る秘訣です。
現地の人々と接する時に、話してはいい事といけないこともありますし、好まれない行動もあり、そういった事を事前に知っておかねばです。

海外で犯罪被害に遭わないために日本人らしさを消す方法!〇〇すると?

海外では日本人=お金持ちというのが未だに強いのが実情です。
よって海外犯罪者集団の間では
日本人をカモにする人々がいるのが事実です。
そんな中、日本人らしさを消す秘訣をお教えします。

海外渡航前の散髪と現地でビザを取る時に必要な顔写真撮影

海外渡航前の散髪と現地でビザを取る時に必要な顔写真撮影。

海外渡航前の散髪をしました。
海外中長期渡航する際は確実に短髪のほうがよいです。
(理由としては髪が乾きやすいし、万が一の戦闘状態になった場合、長髪だと髪を掴まれて不利になる可能性がある)

今回は欧州(西欧、東欧、旧ユーゴ、旧ソ構成国)、中東、中央アジアと渡航地域が多岐にわたるために、事前の情報収集は念入りにおこなっていますが、査証が必要な国々が複数あります。
基本的に現地の空港や陸路越境の場合の検問所でビザをとれる国がほとんどです。その時に、顔写真が必要になる国があり、事前に用意しました。
国により大きさが異なりますが、4.5×3.5と5×5の2つの大きさ計12枚を用意。

海外中長期渡航で様々な国々を周遊擦る際は事前の情報収集をしっかりとおこなってから用意周到にして出発するのがプロです。

今回は未踏国家中心に25か国は訪問しますが、その国の治安や政情、国際関係や問題、宗教、文化や風習、歴史、思想、対日感情などを熟知しておくことが安全に周る秘訣です。
現地の人々と接する時に、話してはいい事といけないこともありますし、好まれない行動もあり、そういった事を事前に知っておかねばです。

海外旅行傷害保険・クレジットカード付帯保険の落とし穴!治療救援費用?

I applied for the 4 months travel insurance for overseas it cost about 650USD(about 550Euro)
海外旅行傷害保険に加入。90日未満であれば基本的にAMEXのカード保険(もう2枚カードあり)で別途に保険に加入する事はないのですが、今回はカード保険の上限90日を上回る4か月。90日を過ぎると無保険になるので安全のために保険に加入。(裏技もあるようだが、治療救援費用が低いもので中東に行くのはあまり得策ではない。)

一番安いプランにして71010円。なかなかの金額です。
カードの保険の問題点は、治療救援費用の低さです。通常カード保険だと治療救援費用が100~300万円。
正直な話し、それだけだと医療費が高い国や辺鄙な場所に行った際のヘリなどでの緊急搬送+緊急手術では足りません。

私のAMEX保険は治療救援費用が上限が300万円。他のカードと合算で合わせて600万円程。これだけあれば十分な感じもしますが、治療救援費用が無制限のプランが最善です。

手慣れた国や
渡航期間が90日未満になる場合、最近ではカード保険に頼っていますが(海外で病院にかかる事はそうそうない)、今回は4か月の期間、90日を超えた時点では中東諸国を周遊している予定。そういった不安もあり、別途で保険に加入しました。
とはいっても一番安いプラン。
71010円。

死亡した場合にAMEXでは保険金額が最高で1憶円。90日を過ぎた段階では、別途加入した海外旅行傷害保険の1000万円が上限に。
まあ、私は妻子がいるわけではないのでこれで十分でしょう。

ちなみに携行品損害は高い機材(総額60万円程)を持っている自分としては、より高いほうがよいのですが、落とし穴があり、多くの保険会社のプランは1つ当たりの補償額を10万円を上限としている所が多いのです。
仮に高価なNIKONの一眼レフカメラやソニーの4Kビデオカメラが盗まれたとしても、1つ当たり最大で10万円。
時価価値も考慮にいれた額が保険金として支払われます。

カード保険の問題点は治療救援費用の低さです。
海外旅行傷害保険付帯の複数枚のカードを所持しても
合算で1000万円にはいきません。
よって本来であれば別途、海外旅行傷害保険に加入する事が最善です。

4Kビデオカメラ用高性能64GBSDXCカード購入

I bought a high class SDXC card and bring this to overseas.
新しく高性能の4Kビデオ撮影用SDカードを購入。1万円程する64GBのSDXCカードです。4Kビデオ撮影であれば、このくらいの性能がないとです。Class10 読み取り速度は95MB/S(秒速) 書きとり速度は75MB/S(秒速)
撮影機材が高性能になるほど、高性能のSDカードが必要です。これより良いSDカードも販売されていますが、これで十分でしょう。

海外渡航には1TBのポータブルの外付けハードディスクを2つ(計2TB)持っていきます。これまでの中長期海外渡航ではSDカードを大量に持っていっていましたが、ポータブルの外付けハードディスクが出てきたおかげでSDカードを大量に持っていく必要がなくなりました。(一眼レフ、4Kビデオカメラ、デジカメ用それぞれのSDカードを持参)

データを移した
ポータブルの外付けハードディスクを盗まれないように気をつけねばですが。