国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

旅の助言(知識)

【海外81か国渡航】治安が悪かった国は?どこの国?危ない目にあった体験談は?世界一周、海外渡航

番組をご視聴いただいている方から、今まで周った国々で治安の悪かった国々と体験談に関して言及してほしいという依頼がありましたので、動画にて解説させていただきます。

タイ・バンコク行きお薦めLCCスクート航空(格安航空会社)日本(成田&関空)⇔タイのバンコク

タイ・バンコク行きお薦めLCCスクート航空(格安航空会社)日本(成田&関空)⇔タイのバンコク(ドンムアン)行き予約方法Scoot airlines between Japan and Thailand

SQ(シンガポール航空)の子会社であるスクート利用。SQは何度か利用した事ありますし、此間、シンガポールから東ティモールに行く時に同じくSQの子会社のシルクエアー利用しました。

日本⇄バンコク線の、機材は中型ワイドボディ機のボーイング787。
もしくは朝便であれば、ノックエアーとスクート航空の共同出資のノックスクートで、機材はシンガポール航空から中古で仕入れたボーイング777ー200です。
モニターはついてませんが、LCCで多用されるエアバス320とその兄弟機に比べて広くて快適です。

預け荷物無しで、食事なし、座席指定なしだと11500円~の値段設定です。安くて安心できるLCCであればお薦め出来る航空会社です。

中東のイスラム教の国々ではエロサイトは閲覧可能なのか?現地実録発信!オマーンのマスカットのホテルより

中東のイスラム教の国々ではエロサイトは閲覧可能なのか?現地実録発信!オマーンのマスカットのホテルより

海外航空券予約!繁忙期(年末年始、お盆、ゴールデンウィーク)の予約はいつが最善なのか?

海外航空券予約!繁忙期(年末年始、お盆、ゴールデンウィーク)の予約はいつが最善なのか?

【いただいた質問は下記】
以下について言及頂ければ幸いです。

実は来る年末年始休暇を利用して訪泰予定で11月初旬に航空チケットを購入しました。
ところが、本日、何気なくネット検索したところ、予約済と全く同じ日時・航空会社(タイ航空)のチケットが、15,000円程度安く売られており、とても凹みました。

早ければ早いほど安く購入できる、というのは思い込みでしょうか。

かつて旅行会社に勤務されていたとの事、このカラクリについて動画で言及頂ければ幸いです。

何卒宜しくお願いいたします。

【海外渡航用】迷彩軍パンに合うハイドロテックのハイキングシューズ!

【海外渡航用】迷彩軍パンに合うハイドロテックのハイキングシューズ!(株)チヨダ(東京靴流通センター、シュープラザ等)Chiyoda,Hydro Tech Shoes,Japan

I bought new Hydro tech shoes today.
海外渡航用に新しい靴を購入。同じ靴を持っていますが、1年4か月で靴底が擦り減りましたので新しく購入

基本、海外調査では迷彩カーゴズボン(ポッケに小物を入れやすい。撮影に適している)着用しますが、ブーツだと重量があり、歩くのが少し疲れますので、迷彩ズボンにもあうハイドロテックの黒いハイキングシューズにしました。スニーカーにしようかと思ったんですが、迷彩にはあいません。
海外は様々な場所を訪問します。
調査のためには悪路、砂利道、山道を歩きますし、峠越え陸路越境もします。

途上国は道の舗装状態はよくないのですが、そんな時にも重宝するハイドロテックのハイキングシューズ。下もしっかりしていて滑りにくいです。これからの海外渡航調査で着用していきます。

【9つの機能】
防水、透湿、温度調節、Wカップインソール、衝撃吸収、ダブルEVA、反射板、防滑、ラキッドソール

ハイドロテックは
(株)チヨダ(東京靴流通センター、シュープラザ等)のブランドです。

価格は税込みで8600円程。
ハイキングなどでは特にお薦め出来る靴です。

ニコンの一眼レフカメラ!D610の新機材!ステレオマイクロホンME-1購入!

I bought a stereo microphone for the Nikon SLR camera D610.
NIKONの一眼レフカメラ用にステレオマイクロフォン購入。高性能映像撮影機材ソニーの4KビデオカメラFDR-AX100を持っていますが、一眼レフでも動画撮影をしています。
屋外での撮影時に特に、ノイズ、風音が入り、声が聞きとりにくくなりますので、外付けマイクを購入。

黒海に面するウクライナ随一のビーチリゾート「オデッサ」のお薦めスポット

大川原 明
1分前 ·
トラベルJPに記事寄稿!今回のお題は、黒海に面するウクライナ随一のビーチリゾート「オデッサ」のお薦めスポット

ウクライナ第3の都市で、黒海に面した同国最大の港湾都市&リゾート地として有名なオデッサ。ここは、1925年に制作、公開されたソ連の映画「戦艦ポチョムキン」の撮影地として有名な都市です。国際貿易都市として古来から栄えてきただけあり、首都のキエフと比べると自由な雰囲気が漂っています。昼はビーチで海水浴を楽しみ、黒夜は黒海の海の幸を堪能すると良いでしょう。

記事閲覧は下記をクリックしてください
↓↓↓↓↓
トラベルJP記事

ウクライナ・キエフ⇒モルドバ・キシナウ(キシニョウ)行き寝台列車!ドニエストル共和国経由!

ウクライナの首都のキエフを朝6時16分に出発し、13時間30分後のモルドバのキショニョウに19時50分頃到着。親ロシア派の噂の沿ドニエストル共和国に停車(1日3便あり、長いのは迂回してドニエストル共和国を通過しないのですが、確認不足でした。
ロシアのモスクワからモルドバのキシニョウまでの国際列車ですが、同じ車両には、ロシア人やドニエストル共和国の人々、ウクライナ人、モルドバ人、グルジア人と微妙な関係にある人々が同じ車両に。アジア人は自分一人でした。
沿ドニエストル共和国停車&通過は問題なかったのですが、肝心のモルドバの入国審査がなく、入国スタンプが押してもらえませんでした。

過去に、入国審査官の押し忘れで、空港で問題になったことがありますが、その時は充分な証明と説明が出来たので問題ありませんでした。
今回は、ドニエストル共和国を通過した列車の券は車掌さんから返してもらえましたので、それを出して出国時に説明します(むこうが英語が話せないと面倒くさいですが)。出国時に色々と問題になりそうだ。
事前に届け出るのも一つの手です。

旧ソ構成国ではロシア語が流通しており、人々の共通言語になっています。中南米では一部諸国をのぞいてスペイン語が母国語で、英語の通用度が低いのと同じです。
英語の次はスペイン語とおもっていますが、ロシア語も話せるとロシア周辺の多くの旧ソ構成国で会話が出来、便利です。ロシア語もよいな。タイ語も習得したいが。

【2回目5本注射】海外渡航者予防接種を受ける!海外予防接種に関して!狂犬病、肝炎、破傷風、腸チフス、髄膜炎菌、風疹、はしか、黄熱病など

【2回目5本注射】海外渡航者予防接種を受ける!海外予防接種に関して!狂犬病、肝炎、破傷風、腸チフス、髄膜炎菌、風疹、はしか、黄熱病など

【人生初!1日5本の注射!4回合計で9種類15回の注射!費用は総額13~14万】
I vaccinated against overseas infectious diseases today. I will go to Latin America,Africa,so,I need to get vaccinated.
I was shot four injections in the hospital and must go to the hospital one week and one month later.
Preventive vaccinations are for infections, rabies, tetanus, intestinal hepatitis, hepatitis A, hepatitis B, meningococci, rubella, yellow fever, and Japanese encephalitis.
I should have bring Malaria prophylaxis.
I have been to total 81 countries until now in my life,but I have never take any Vaccination,but I need do it before going to Africa especially. I will go to total 15 to 20 counties in Africa for 3-4 months. The total cost will be about 1000USD.
海外予防接種2回目。本日は合計で5本の注射を打ちました。
前回は、A型&B型肝炎、狂犬病、インフルエンザでしたが
本日は、日本脳炎、腸チフス、狂犬病、髄膜炎菌、破傷風の注射です。
日本脳炎注射を受けようかどうか悩んでいたのですが、結局、受ける事に。
合計で9種類、13回の注射を受けます。
別途、黄熱病の注射に関しては、東京の医院で受ける予定です。そして、アフリカ渡航前に、マラリア予防薬の処方も。
全ての注射+マラリア予防薬で13万~14万程です。
(1回事払っていますが、今回の費用は6万1千円程)

今まで81か国訪問し、一回も予防接種を受けた事なく、無事に渡り歩いてきましたが、南米のアマゾン奥地やアフリカ諸国を周る上では必要と思い、受ける事に。

タイだったら3分の1くらいの価格で済みますが、日本の医療機関のほうが信用性があるので、高くても日本で受ける事にしました。