国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

路面電車(トラム)

世界の車窓から!欧州の路面電車(トラム)

欧州諸国では路面電車がいまだに走っており人々の足になっています。特に地下鉄がない地方の中規模都市では貴重な交通手段です。
スウェーデン、スイス、フィンランド、スペイン、ポーランド
、ハンガリー、エストニア、ラトビア、クロアチア、フランス10か国11都市の路面電車を撮影収録

スイス・ジュネーブ・路面電車(トラム)利用!

スイスのジュネーブのトラム(路面電車)利用!

日本では路面電車が走る都市がかなり減りましたが

欧州では路面電車が走っている都市が非常に多いです。

移動の手段として利用させていただきました。

 

10628264_784525894903958_1853916875032898825_n 10641224_784512498238631_6653414372921602850_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
スイス・ジュネーブにて 9月19日





ルーマニア・ブカレスト市街地!

東欧ルーマニアの首都のブカレスト。
平成24年(2012年)8月に日本語を教えるボランティアとしてルーマニアを訪れた­女子大生が殺害­されました。
深夜に空港に到着し、そこである男に話しかけられ、白タクに乗せられ、ホテル­とは反­対の方角に進み、殺害されました。
その2週間程前に自分はブカレストにおりました。
平成24年(2012年)7月にルーマニアの首都のブカレスト­を訪問。
自分は、ハンガリーのブダペストから夜行寝台電車で、ブカレストに到着し­たのだが、­到着後、偽警官らしき人物に話しかけられたが、うまく巻きました。
駅周辺もあま­り治安がいいという感じではなかったです。

まあ、それでも市内中心に行ったり、観光もした­が、危ない目にはあわなかったですが­。
女性一人での観光はお薦めは出来ません。

ブカレストは、ルーマニアの首都で同国最大の都市です。
ルーマニア南東部にあり、ドゥ­ンボヴィツァ川河畔の都市でルーマニアの文化、産業、­金融の中心都市であります。

ブカレス­トが最初に文書に言及されたのは1459年のことで、それ以来様々な変化を­経験し18­62年にルーマニアの首都となりました。

首都になってからはマスメディアや文化、芸術の分­野で着実にその地位を固めました。

ブカレストの建築物には歴史的に新古典主義建築や戦間期­のバウハウス、アール・デコ­、共産主義時代、そして現代と様々なものが混ざり合ってい­ます。
戦間期のブカレストは優雅で洗練された建築物により「小パリ」と言う愛称が付けられま­した。
しかし、これら多くの建築物や歴史的­な中心部は戦争や地震、ニコラエ・チャウシェス­クにより始められた1970年代半ばの­体系化政策 により損害を受けたり破壊されました。
一部は、被害を免れた建築物もありますが。
<iframe width=”480″ height=”270″ src=”https://www.youtube.com/embed/6mCIWDJx6Sk” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

<a href=”http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=262AB9+8FN3AQ+28T6+60WN5″ target=”_blank”>
<img src=”http://www24.a8.net/svt/bgt?aid=131116725510&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000010473001012000&amp;mc=1″ alt=”” width=”234″ height=”60″ border=”0″ /></a>
<img src=”http://www12.a8.net/0.gif?a8mat=262AB9+8FN3AQ+28T6+60WN5″ alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

<a href=”http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2609G6+EFRFW2+1RGG+6FHC1″ target=”_blank”>
<img src=”http://www29.a8.net/svt/bgt?aid=131022294873&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000008224001080000&amp;mc=1″ alt=”” width=”728″ height=”90″ border=”0″ /></a>
<img src=”http://www14.a8.net/0.gif?a8mat=2609G6+EFRFW2+1RGG+6FHC1″ alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

セルビア・ベオグラード・ダイキン(日本の空調機メーカー)の広告が入った路面電車!

シリヤ人?ベオグラード市内を走る路面電車に空調機メーカーのダイキンの広告。日系企業には頑張ってほしいものです。ベオグラード鉄道駅近くにて撮影。
宿泊した宿には珍しい国々の人々がおりました。

さすが、セルビア。ロシア人が多くおりますし、中東系もおります。あとはカナダ人、オーストラリア人他です。

ロシア人の男性がよく話しかけてきます。ロシアの諜報機関(KGBの代わりの)の人間か。(可能性はありえます)英語がかなり流ちょうです。英語の先生をしていたとのことでしたが。諜報員は他言語にたけていますので。
見た目は好青年で、屈強な感じではなく優男ですが。逆にそれが諜報員としてはいいのかもしれません。安倍首相に関して興味があり、いろいろと聞いてきました。
柔道、合気道、アニメ等はロシアで人気だと(それは事実ですが)。友達のロシア人の女の子が日本に非常に興味があり、日本語を学んでいて、将来、日本に留学すると。

ロシアもアメリカも日本との関係は決して正常な関係であるとは思いません。ロシアとは北方領土問題はあるし、日本はアメリカ追従体制というのもあります(特亜諸国の脅威がある中、国軍を持たないまま、日米安保破棄は日本の平和を損ね危険ですが)。

トルコ人とも仲良くなりましたが、過去の歴史にふれ、日本とは兄弟のような国だと言っておりました。さすが親日国です。

カナダもオーストラリアも対日感情は良い国々です(直接接してきたからわかる事です)

今、こううっている隣で、どこかのイスラム諸国民が話し合いをしておりますが、喧嘩腰にはなしているので、大丈夫か?と心配になります。
こちらを頻繁にみてきますが、もしかしたら、オカマさん達か。屈強なオトコ達でかなりマッチョなのが5人いるが、翌朝、穴がヒリヒリしていたらどうしようかと不安になりました(笑)

10552638_764025156954032_4296148100006285807_n

平成26年(2014年)7月~9月 3度目の欧州周遊旅行
セルビアの首都のベオグラードにて撮影 8月6日

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw