国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

世界の川

ブータン・タクツァン寺院へ

I will go to Taktsang temple(Tiger’s nest monastery) which is absolutely a place to visit in Bhutan with a dog. The height of the starting point is 2550m and will hike up to 3050m.
ブータンに来たら必ず行くべき名所タクサン寺院へ!2550メートルの地点から3050メートルの地点までハイキング、いや登山です。距離は片道6キロ程、往復で12キロほどです。高山病が心配だな。ゆっくり身体を慣らしていきます。
砂利の坂道を登ったあと、700段の階段を上り下りです。往復所要時間は約7時間
忠犬を連れて行きます。

17098198_1336084939748048_3472493207629818991_n

ブータン・ティンプー市の景色

ブータンのティンプー市内!別の場所からの撮影。写真右にある大きな建物はゾン(現国王のオフィスでブータン仏教界の総本山でもあるタシチョ・ゾン)です。残念ながら毎日曇りで良い写真が撮れませんが、この時は、光が少し差し込んできたときです。

16865201_1334380453251830_3408250325327097183_n

ブータンの山々の自然美

ブータンには非常に多くの高い山々がありますが、目の保養になります。先日、タイのチャーン島でビーチリゾートでビーチを楽しみましたが、今度は山。山もいいですね。

2500~2600メートルという高所にきて明らかに空気は薄いはずですが、空気が美味しく、それを感じさせません。
綺麗な景色と空気は癒しを与えてくれますね。

生憎の天気で、晴れていたほうが写真写りが良いので残念ですが、それでも綺麗でした。

山々から流れる川も濁りがなく非常に綺麗でした。
16996074_1332655690090973_1029124927949683263_n

ブータン・パロ近郊のタチョガン・ラカン

ブータンのパロの空港から車で南に40分ほど南下したところにあるタチョガン・ラカン。

ブータン各地に鉄の吊り橋を伝えたとされるチベットの高僧タントン=ギャルポにより、14世紀に創建された僧院です。

川にかかるのがタントン・ギャルポにより建てられたタチョガンの鉄橋です。(一度、洪水で崩れ落ち、後に再建されたもの。)
タントンギャルポはチベットやブータンでたくさんの鉄の橋をつくっており、とても有名な人物です。
16997715_1332642553425620_3097594959078274286_n

タイ・チャーン島のクロンプルー滝

I visited Khlong phlu waterfall in Chang island in Thailand in this morning.本日は、宿で仲良くなったベルギー人と一緒にスクーターでチャーン島の東海岸の多くのビーチと滝を訪れました。
ここは、クロンプルー滝。
駐車場からジャングルを500メートル進み、滝に到着。立派な滝でした。泉もあり泉で泳ぎました。冷たくて気持ちよかったです。
泉には多くの魚がいましたが、足をつついてきました。ドクターフィッシュ、フィッシュセラピーを楽しむ事が出来ました。
16831951_1327190353970840_4797410544324071395_n

16832266_1327605027262706_206321967619975658_n

16832319_1327190337304175_8106696517410057603_n

アキーラさん世界見聞録!世界1周総集編映像!第4弾!東欧・ブルガリア共和国!

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

総集編映像は下記をご覧ください。

【聖地】インド・バラナシ・ガンジス川クルーズ【沐浴、火葬、朝日等】

バラナシは、インドのウッタル・プラデーシュ州ワーラーナシー県の県都。
人口は約120万人(2011年)。 ガンジス川沿いに位置しヒンドゥー教の一大聖地として、インド国内外から多くの信者、巡礼者、観光客を集めるインド最大の宗教都市である。街の郊外には、釈迦が初めて説法を行ったサールナート(鹿野苑)がある。 バラナシ、ヴァーラーナシー、ヴァーラーナスィー、と各表記がある。また古くは「カーシー国」とも称され、波羅奈国とも称された。ヒンドゥー教・仏教の聖地として重要な都市。かつては英領植民地時代に制定された英語表記のBenaresの誤読により「ベナレス」とも日本語で称された。

4大インダス 文明の地は今はパキスタンとなっているインダス川流域。ガンジス川は沐浴する人々がいると習いましたが、実物をみました。
火葬し、遺灰を川に流したり、洗濯したり、沐浴したり、髪の毛洗ったり様々な光景を見ることができました。カンガーは想像以上にすばらしいです。

現地実録動画は下記

↓↓↓↓↓

【治安大丈夫?】フィリピン・マニラ現地潜入ルポ

フィリピンのマニラと聞くと治安が悪いという印象を持つ人々が非常に多いと思います。­確かにアジアの中では犯罪率は高く決して治安は良いとはいえないのが実情ですが、果た­してどうなのでしょうか?屈強な男性であれば行動さえ注意すれば特に問題はないように­思います。

しかし、スラムがマニラ市内に多くありますのでスラムには単身で入らないように注意が­必要です。

フィリピンのマニラを訪問時、数多くの場所を訪問。エルミタ地区から徒歩で散策。パシ­­ッグ川を渡ったらトンド地区です。川の河口。北側です。
マニラ市内には数多くのスラムがありますが、その多くがこのトンド地区にあります。
スモーキー・マウンテンの名で知られるごみの最終処分場もこの地区に存在していました­­。
この国では観光客を狙った睡眠薬強盗が流行っています。
飲み物を飲まないか?とすすめられるのですが(睡眠薬入り)、それを飲むと睡眠薬によ­­り、眠りにつきます。
その後、貴重品等奪われ、身ぐるみはがされるのです。日本のパスポートは裏で高値で取­­引きされていますので、パスポートはホテルの金婚いれておきましょう。
そして多額の現金を持たない。
飲み物をすすめられても飲まない。まず、腕っ節に自身のないでのあれば、スラム街に近­­づかない事が必要です。
間違って入ってしまう事もありますので、その時は、速やかに離れるようにしましょう。

旅メディアに旅記事寄稿!未知なる国!セルビア・ベオグラード 訪れるべき場所5選 !

旅メディアに旅記事寄稿!今回のお題は、未知なる国!セルビア・ベオグラード 訪れるべき場所5選 !
国際河川であるドナウ川とサヴァ川の合流地点に位置するバルカン半島の要衝であるベオグラード。紀元前4500年程前から人々が住み始め、様々な民族がこの地で文明を築いてきました。今回は、皆さんに、悠久の歴史を持つセルビア共和国の首都のベオグラードで訪れるべき5つの場所をご紹介させていただきます。

記事は下記をクリックください。

↓↓↓↓↓↓

たびねす記事

ポルトガル・ポルト・夜景堪能!

ポルトガルのポルト

川がありますが、川を挟んで川の対岸のワイナリーがある地区で

食事をし、歩いて対岸の宿まで戻ったんですが、途中、ワイナリーがある地区

から市街地方面の夜景を楽しみました。

 

68953_783912151631999_581896887891159800_n 10626645_783912364965311_2434592532439199340_n 10649632_783912494965298_7516598618808122032_n

ポルトは非常に素晴らしい都市でした。
また訪問しても良いと思える都市です。

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
ポルトガル・ポルトにて 9月17日