国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

中国

静岡県・富士市憲法講演会・写真撮影係【産経新聞記事向け写真】として参加(誇りある日本を築くために‐迫りくる中国「日本侵略工作」の脅威(ぺマ・ギャルポ氏))

KENPOU2
期日:平成26年5月3日(土) 憲法記念日
場所:富士商工会議所
主催:憲法改正を考える市民の会
後援:日本会議静岡、自由民主党富士市富士支部
講師:ぺマ.ギャルポ氏(チベット出身、チベット文化研究所所長、桐蔭   横浜大学法学部教授等)

来賓:衆議院議員:吉川 赳氏
自由民主党富士市富士支部長:杉山 孝文氏 等

講演会運営:会長:田口 義昌氏
運営委員長:岡村 義久氏(富士市議会議員)
副運営委員長:佐瀬 竜哉氏(日本会議)
藤田哲哉氏(富士市議会議員)
事務局長:大村 篤志氏

1KENPOU

当方は、170名ほどの入場者・大盛況でございました。
日本の平和を維持するためには憲法改正が必要です。近年、隣国の反日特亜諸国による侵略(間接侵略も)が進んでおります。それを防ぐためには今、憲法改正が求められているのです。日本の平和を守るためには憲法改正は必要、急務です。

中国のスパイが日本にも多く入り混ん でおります。チベット出身のペマ•ギャルポ氏の話しは、真実で、平和ボケした日本人は知りしらしめなければなりません。このままでは、日本は将来、中国の属国になります!

中国共産党は、チベット、ウイグル、内モンゴル等の自治区を力でもって治め、それら少数民族弾圧や虐殺問題を引き起こしております。

これに関しては、共産社会主義国家らしく、真実を包み隠し、対外(国外)にその情報が流れないように情報統制を図っておりますが。

対日本に対しては、近年見られるように中国は年々、軍事費を上げており、日本固有の領土である尖閣諸島を狙っております。日本の領空、領海は毎日のように侵されております。尖閣諸島が中国に取られれば、次は沖縄です。

沖縄をとったあとは、日本を属国化せしめんと日本侵略を計画しております。日本をチベットやウイグルのように中国の一部・自治州にせしめんがために、中国から日本へ多くの移民を送り込んでおります。

日本の政治家は、それらからキックバックをもらい、それら受け入れに躍起になっている人々もおります。

今回の講演は戦後、チベットへ中国共産党が侵攻、侵略し、インドへ亡命したチベット出身のぺマ・ギャルポ氏の貴重なお話しをうかがう事が出来ました。

戦後、左翼日教組(日本教職員組合)の教師による自虐史観教育、平和ボケ教育がおこなわれた結果、多くの国民がこういった国難には無関心であります。

これは、ある人が癌にかかったにも関わらず、それに気づかず、中期まで癌が進んでしまっている状態に似ております。末期癌になってからでは遅いのです。初期~中期の段階で気が付いておれば、助かるものが、末期になれば助からないのです。

多くの日本人にこういった真実を知り知らしめていかねば、この日本は亡国の道を歩む事は間違いありません。

 

講演会には自民党の国会議員、富士市議会議員、静岡市議会議員、保守系団体・日本会議の方々が多数参加されました。

懇親会においてそれらの方々の交流を深める事が出来ました。

日本会議の方から依頼があり写真撮影をおこないました。

撮影した写真に関しては、当日、産経新聞の記者が諸事情で来れないとのことで

急遽、依頼があり、その記者に代わり撮影したしました。後日、産経新聞の記事へ使用していだけます。

 


国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

アキーラさんユーチューブチャンネルは下記

http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

中国、尖閣に防空識別圏制定!特亜諸国による日本侵略計画

ratio=”0.680272108843537″>

昨日、中国政府は東シナ海上空に防空識別圏を設定したと発表し、同日中に施行しました。
これには日本の領土である尖閣諸島上空も含まれており、すでに存在している日本の防空識別圏と多くの部分が重なっているとの事です。
それにより空中パトロールを実施、日本の領海、領空が侵されております。
これは断じて許す事が出来ない事です。
日本の自衛隊機が日本の領空内をパトロールしているところを、勝手に中国によって制定されて防空識別圏により、撃ち落とされかねないのです。彼ら、中国が狙う尖閣諸島、尖閣諸島が彼らのものになれば、次は沖縄、そして日本本土へと侵略をすすめていく意図があるのです。
我々、日本人は左翼日教組による平和ボケ教育により、平和ボケになり、これらの危機に関してしっかりと考えれる人々が少ないのが実情です。例えば、肝炎という病気があります。これは自覚症状が少なく、気付いたころには重度になり、肝臓がんに至るような事例と一緒です。ちなみに左翼とは
知らない人々のために簡潔に説明します。左翼=共産社会主義者 よって、同じ共産社会主義体制をとる中国や北朝鮮と歩調を合わせ、まるでそれらの国々の人々のような発言をしているのです。日本は悪かった、日本は特亜に謝罪すべき、平和、反戦、自衛隊廃止等を述べ、日本の国力弱体化、特亜諸国の侵略を容易にするため尽力している人々です。
平和、反戦といいながらも、これら特亜諸国の日本への侵略に対しては強い抗議も出来ない人々です。中国共産党がしているチベット、ウイグル、内モンゴル自治区等の少数民族に対しての虐殺等に関してものもいわず真実を隠し続ける卑怯極まりない人々です。
政党でいうと共産、社民、旧社会党の流れを汲む民主党、国民の生活??が第一の党(いや韓国民の生活が第一としたほうが)、緑の党等、左の政党が多いです。

今の60代半ば~70代で東京あたりで大学生をやっていた人々は全共闘世代と言われ、その多くが左翼大陸よりの思想でした。それらが、教育界、マスコミだけでなく多くの分野に入り込み日本をおかしくしてくれましたが、これらの時代はもう終わりです。
とにかく、中国、韓国、北朝鮮に関して擁護的に発言、平和、反戦といいながら米国に対しては強い嫌悪感(アメリカもどうしようもない国なのは事実ですが)を示す人々が周りにいたら、左翼?中国の民族弾圧や日本への侵略行為は平和を脅かしているよね!と突っ込みをいれてあげましょう。

中国や韓国は超がつくほどの反日諸国です。
これら反日特亜諸国民をより一層受け入れようとしている

地方自治体の首長の人々が多いです。

国会からは国を売りたもう民主党の議席が少なくなったものの、各自治体にはこれら民主系の人々が未だに残っております。
これら、反日諸国民が移住してくれば、治安は悪化するのは確実です。
我々、日本人が枕を高くして寝る事が出来ないような世の中にはしてはいけないと思います。