国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

世界の山

21世紀最初の独立国「東ティモール」の首都ディリで訪れるべき場所

WEBの旅メディア「たびねす」に記事寄稿!
今回のお題は、21世紀最初の独立国「東ティモール」の首都ディリで訪れるべき場所
21世紀最初の独立国である東ティモール。インドネシアの東にある小さな共和国です。1999年の東ティモール紛争、2006年~2008年の国内政治混乱で治安が悪化していた国ですが、2010年以降は政情が安定しています。国内には綺麗なビーチや山が多くあり、これからの観光開発に期待がもてる国です。
今回は皆様に、地球の歩き方でも扱っていない「東ティモール」の首都のディリで訪れるべき場所をお伝えします。

記事は下記をクリックして

ご確認ください。

↓↓↓↓↓

たびねす記事

東ティモール・ディリのクリストレイ横の綺麗なビーチ

Here is the Criso rai beach in East Timor. There are many beautiful beaches in East Timor.東ティモールにも綺麗なビーチがあるんですね。東ティモール随所に綺麗なビーチがあるようです。観光的魅力もあるな。
クリストレイ横のビーチ
綺麗なビーチでした。
海岸から5メートルくらいのところから
色が変わっていると思うのですが
珊瑚があります。

平日で人が数人しかおらず
プライベートビーチのようでした。

17342588_1351807758175766_6689790172858804188_n

I used Share-Taxi from Cristo ri to the city

ビーチに3時間程滞在し、
海水浴を楽しみましたが
急に雨が降ってきました。
帰りは乗り合いタクシー(スズキ車)に乗り
ディリの市街地に。

17342704_1351816034841605_8009098880959023847_n

東ティモール・ディリの最大の名所クリストレイ

ディリで最大の観光名所であるクリストレイへ。ブラジルのリオみたいなキリスト像が丘の上に立っており、丘からの景色は最高です。

タクシーと交渉しました。
タクシーはメータータクシーではないので交渉制です。
最初、10ドルと言われましたが値段交渉して5ドルになりました^_^

17264969_1351283074894901_4198781023101554437_n

東ティモール・ディリ市最大の観光名所であるクリストレイ。
下の駐車場から15分くらい丘を登りました。
ブラジルのリオのような
キリスト像が。見応えがあります^_^オススメの場所です。

17264919_1351288631561012_6175345007743004866_n
キリスト像が建つ丘からの景色。
山々の景色が綺麗です。両側にビーチがありますが左側のビーチに行ってみます。

17353512_1351797154843493_1180054852512031524_n

ブータン航空!B3-700!ブータン・パロ→タイ・バンコク(インド・カルカッタ経由)

17021792_1337992872890588_3638129445085494958_n

I came back to Bangkok in Thailand by Bhutan airways as same as the going flight. The flight number is B3-700 and the flight stopped in Kolkata in India before arriving at BKK(Via Kolkata)
ブータンからタイのバンコクに戻ってきました。
航空会社は往路と同じくブータン航空。インドのカルカッタ経由でした。経由時間もあわせて4時間30分程の搭乗時間。

ブータン航空の2レターはB3 便名はB3-700
機材は往路と同じくエアバスの319-100
座席は、こちらも往路と同じく、プレミアムエコノミー席の3A

ブータン・パロ→インド・カルカッタ区間=軽食
インド・カルカッタ→タイ・バンコク=昼食

飛行は安定しており、窓からの景色も堪能できました。
目視や言語の聞き取りで、客はインド人が一番多く、その次にブータン人、他にアメリカ人、タイ人、ベトナム人、マレーシア人、ドイツ人、日本人(ビジネスに2名)がいました。
17021570_1338694312820444_3875355992421339460_n

17098715_1338086366214572_6759470544347655570_n

17103589_1337992879557254_1392169725976632710_n

17103768_1338681046155104_4693808344213320675_n

【国民の幸福度の高いブータン?何が理由なのか?】

17016093_1338011082888767_7110683047093336983_o
【国民の幸福度の高いブータン?何が理由なのか?】

ブータンからタイのバンコクに戻ってきました。
ブータン航空を利用しブータンのパロから
インドのカルカッタ経由でタイのバンコク。

国民の幸福度GNH(Gross National Happiness)が高い国と
して知られるブータン。
何が国民を幸福と感じさせているのでしょうか?

これには様々なものがあると思います。

1人当たりのGDPは年間2700ドル程と経済だけをみれば後発開発途上国の部類に入りますし、ブータン人の平均寿命も70歳に満たない。(昔に比べ医療技術進歩したので平均寿命も伸びている)
インフラや福祉が整っているといえばそうでもない。
娯楽産業も多くない。
日本のように様々な国の料理が食べられるわけでもない。

皆さんが幸せを感じる時はどんな時でしょうか?
お金があるということは確かに幸福のうちの一つなのでしょうが。
お金があればいろいろな事が出来るのは事実。
健康でない人からすれば五体満足の健康な人々が幸せに見えるものです。
順風満帆の人生、自分の希望の進学、就職、結婚相手、恋人、満足のいく結婚生活、社会的地位の獲得、収入、名誉、名声、自分の好きな事をしている、趣味が充実、人間関係がうまくいっている、夢や目標達成等。

それではブータンの人々はどんな所に国民が幸せを感じるであろうか?
これは様々な人々への聞き取りや自らの目で見てきて調査
した結果で私的に思うことでもありますが・・・

一番は、ブータン国民の心の持ちようなのかもしれません。(宗教的、民族的側面)

ブータンというのは敬虔な仏教国(チベット仏教系)。
信心深いブータン人は寺院に頻繁に参拝します。そして平和や幸福を願っています。

嫌な事や不幸な事があっても物事を明るく考える。
常に自分が幸せだと考え定義づける。

ブータンの政府は2年ごとに国民に調査をおこなっているのですが、

GNHは

1.心理的幸福、2.健康、3.教育、4.文化、5.環境、
6.コミュニティー、7.良い統治、8.生活水準、
9.自分の時間の使い方の9つの構成要素からなっています。

※病院や水道、学校は一部をのぞいて無料。
→ここも国民の幸福度の要因となっています。

他にブータンは自然が豊富な国で大自然の中での生活。そして国の宝ともいえる自然環境保護には積極的です。
ここも国民の幸福度の要因になっていると思います。
※日本では東京などの大都市では便利で楽しい反面、人工的なストレスも多く、日本の企業はより厳しい社会であるので会社内でのストレスも受けやすい。

GDPで計測できない項目の代表例として、1の心理的幸福が挙げられます。
正・負の感情

★正の感情  1.寛容、2.満足、3.慈愛
★負の感情  1.怒り、2.不満、3.嫉妬

すなわり正の感情が強く、負の感情が低ければ幸せ度数が高いのです。ブータン国民は正にそれに値すると思います。

経済も発展し、インフラも整い、社会保障の充実した先進国の中では日本も含めてうつ病患者が多いのは事実です。日本も江戸時代まではうつや神経症などの病気はほとんどなかったものですが、明治維新、開国により欧米も文化が流入し、戦後は焼け野原からの高度経済成長による発展。物質的には豊かにはなったものの
反面、病んでいる人々も多いのが実情。

ブータンもそうなのですが、いわゆる熱帯の発展途上国の中には自殺者、うつ病者が少ないのが実情です。
それはやはり、人々の心の持ちようなのだと。タイでもマイペンライという精神がありますが、嫌な事があってもすぐに忘れる、気にするなという精神は感心できるものです。

どこの国とはいいませんが、日本の隣国には下記にある正の感情が弱く
負の感情が強い国がありますが、海外にいて出会うそれら人々の顔を見ているとそれらが顔や表情にでています。(数多く接してきた私ですが)

★正の感情  1.寛容、2.満足、3.慈愛
★負の感情  1.怒り、2.不満、3.嫉妬

人間が幸せに暮らす過程で
正の感情を強めて、負の感情を弱める事が重要だと思います。

ブータンにきて実感いたしました。
ブータンでは前述した闇の部分もあるのですが、国民の多くは自身が幸せであると思っています。

ブータンの人々は自国、民族の誇りがあり、自然や生き物を大切にする。そして感謝の気持ちがあります。
そして正直で発展途上国にありがちな人を騙すという事をする人々は非常に少ないです。
殺人の犯罪はほぼ皆無に等しく、傷害も年間200~300件程度。

日本は世界的にみて素晴らしい国(これは世界の多くの国々が認めている)ですが、資本主義経済が浸透し、金のためなら手段をいとわない銭化け亡者や人を騙してお金をとる詐欺師も少なからずいるにが実情。

今一度、日本人は自らの民族を見つめなおす時がきているのではないかとブータン渡航して実感しました。

ブータンの名所タクツァン僧院

ブータンに来たら必ず訪れるべき名所タクサン寺院へ!息切れや動悸がすごいな。やはり高山病の症状が出ています。心臓がバクバク。坂道を登る時は、低地でも心拍数があがりますが、高所はさらに。
適宜休憩をいれながら2550メートルから3050メートル地点に。

16938630_1336119513077924_7712810219822436274_n

16998152_1336328446390364_1392996296133292803_n

急勾配なので迂回していかねばですので時間がかかります。
途中、中間地点2800メートル付近の山小屋(カフェ)で紅茶とビスケット。しばし休憩をいれます。
16681828_1336134616409747_4223848967076766325_n

こんな高所に犬が。
ビスケットを欲しがっている。この顔で見つめられてはあげざるを得ませんW
生き物を大切にする敬虔な仏教国であるブータン(タイもですが)。
慈悲の心を持たねばです。
16998929_1336137406409468_5194880709689090051_n

猫も
16864785_1336142109742331_7593849027306753329_n

霧がかってタクサン寺院が麓から見えませんでしたが、中間地点から見えました。これから700段の階段が待っています。
17021489_1336326879723854_123262868898127319_n

やっとタクサン僧院より高い場所に。3100mくらいの地点からの撮影。残念ながら曇っています。晴れていればもう少し綺麗な写真が撮れるのですが。
これから約700段の階段を昇り降りしなければです。

17022176_1336358153054060_3877306946673178176_n

ここから700段の階段を昇り降り。まずは降ります。断崖絶壁。ここからの景色も素晴らしいです。登ってきた甲斐があります。往復で700×2=1400段近く。明日は確実に足が筋肉痛だな。息があがっているが、休憩を適宜いれていますので問題ありません。

16999233_1336362369720305_3211580614815219745_n

内部は撮影禁止なので建物外観の写真。

8世紀にチベットからブータンにやってきてチベット仏教を伝えたパドマサンバヴァ。
彼は、この地に虎の背中に乗ってやってきたという言い伝えが残っています。

タクツァンというのは、虎の巣という意味です。パドマサンバヴァは、パロ地方の人々に仏教を広めました。

タクツァンには全部で13の僧院があると言われてますが、そのうちの一つが写真の建物です。僧院は断崖絶壁に張りつくような形で17世紀終わりに建てられましたが、1998年に不審火もしくは電気系統のショートによる火災で全焼し、その後2004年に再建されたものです。

タクツァン僧院はパロの郊外にありますが、前述したように2550メートルの駐車場まで車で行き、そこからは徒歩しか交通手段はありません。(お金を払い途中まで乗馬も出来る)

17098313_1336526136370595_6294172103768340057_n

ブータン・タクツァン寺院へ

I will go to Taktsang temple(Tiger’s nest monastery) which is absolutely a place to visit in Bhutan with a dog. The height of the starting point is 2550m and will hike up to 3050m.
ブータンに来たら必ず行くべき名所タクサン寺院へ!2550メートルの地点から3050メートルの地点までハイキング、いや登山です。距離は片道6キロ程、往復で12キロほどです。高山病が心配だな。ゆっくり身体を慣らしていきます。
砂利の坂道を登ったあと、700段の階段を上り下りです。往復所要時間は約7時間
忠犬を連れて行きます。

17098198_1336084939748048_3472493207629818991_n

ブータン・ティンプー市の景色

ブータンのティンプー市内!別の場所からの撮影。写真右にある大きな建物はゾン(現国王のオフィスでブータン仏教界の総本山でもあるタシチョ・ゾン)です。残念ながら毎日曇りで良い写真が撮れませんが、この時は、光が少し差し込んできたときです。

16865201_1334380453251830_3408250325327097183_n

ブータンの山々の自然美

ブータンには非常に多くの高い山々がありますが、目の保養になります。先日、タイのチャーン島でビーチリゾートでビーチを楽しみましたが、今度は山。山もいいですね。

2500~2600メートルという高所にきて明らかに空気は薄いはずですが、空気が美味しく、それを感じさせません。
綺麗な景色と空気は癒しを与えてくれますね。

生憎の天気で、晴れていたほうが写真写りが良いので残念ですが、それでも綺麗でした。

山々から流れる川も濁りがなく非常に綺麗でした。
16996074_1332655690090973_1029124927949683263_n