国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

世界の山

アキーラさん世界見聞録!世界1周総集編映像!第4弾!東欧・ブルガリア共和国!

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

総集編映像は下記をご覧ください。

喧騒溢れるインド最大の都市「ムンバイ」で訪れるべき5つの場所

WEBの旅メディアたびねすに旅記事寄稿!今回のお題は、喧騒溢れるインド最大の都市「ムンバイ」で訪れるべき5つの場所
世界第2位の人口を有する熱気に満ちた国インド。インド最大の都市であるムンバイは、人、車、バイクが非常に多く、活気に満ちています。イギリス植民地時代の名残とインド独特の雰囲気が混ざったカオスな雰囲気を感じ取る事が出来る都市です。
今回は、世界遺産の鉄道駅やリアルなインドが垣間見れる屋外洗濯場などムンバイ市内で絶対に外せない見所とムンバイ湾に浮かぶ世界遺産のエレファンタ島の石窟群をご紹介いたします。

たびねす記事は下記をクリックしてご覧ください。
↓↓↓↓↓
たびねす記事

【ゲル宿泊】モンゴル・テレルジ国立公園・ツーリスト・ゲル(モンゴル移動式住居)

モンゴルの首都のウランバートルから車で1時間30分程(距離では50キロ程)のテレルジのツーリストキャンプ。

モンゴルといえば遊牧民。遊牧民といえば、移動式住居であるゲルです。モンゴルに来たのであれば、必ず宿泊して欲しいのがゲルです。テレルジはウランバートルから一番近い保養地で国立公園に指定されています。

夜の星空を楽しむ事が出来、奇岩に囲まれ風光明媚です。

【台湾お薦め観光名所】台湾・太魯閣国立公園・断崖絶壁の景勝地!

花蓮からバスで1時間40分ほどかけて太魯閣という台湾を代表する景勝地・国家公園を訪問。断崖絶壁という言葉が正に似合う場所です。

険しい断崖は遥か昔に、珊瑚礁の海底が隆起してできたもので、その石質は大理石です。太魯閣から天祥にかけての間にハイキングが出来る道があります。

花蓮を訪れたのであれば、必ず訪れるべき名所です。この後の投稿で素晴らしい眺望をアップしていきますが、世界遺産としてもおかしくないです。
台湾は、1971年に国連を脱退しているので、残念ながらユネスコ(国際連合教育科学文化機関)による世界遺産認定を受けることが出来ません。
台湾が国連を脱退してなければ、必ず世界遺産に認定されたと思います。海外63か国、世界各地の名所を訪れ、世界遺産も数多く見てきた私ですがそう思います。
ちなみに、奥地の天祥には、かつての台湾総督・佐久間左馬太を祭神とした佐久間神社がありましたが、戦後、壊されました。

南の楽園フィジー「ビティレブ本島」レンタカーで巡る旅

旅メディアに旅記事寄稿。今回のお題は、南の楽園フィジー「ビティレブ本島」レンタカーで巡る旅!

南の楽園フィジー。多くの島があるフィジーですが本島はビティレブ島です。ビティレブ本島は、南部の綺麗なビーチ、南太平洋随一の大都市である首都のスバなど見どころも多く、内陸部の山あいでは村人との交流も出来るなど魅力も多数。公共交通機関が発達していないので効率的に周るにはレンタカーが便利です。今回は、国際線が発着するナンディーを起点に、効率的にビティレブ本島の魅力を味わえるレンタカーの旅をご紹介します!
旅ねず記事は下記をクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓

たびねず記事

欧州の小国・リヒテンシュタイン公国!タックスヘブンとしても知られる?

数年前に殺害された霜見夫妻。スイスのチューリッヒ在住で投資顧問会社経営していたが­、­その会社の本社はこのリヒテンシュタインにありました。タックスヘブンと呼ばれる­国です。(一定の課税が著しく軽減、ないしは完全に免除される国や地域)

スイスのチューリ­ッヒを訪問の際に、そこから隣の小国リヒテンシュタインを訪問した­。リヒテンシュタイ­ンまで行くルートはいくつかあるのだが、一番良いのはスイスのチ­ューリッヒから行くル­ートである。
まずは、こちらの電車でチューリッヒから1時間程の国境の町であるザルガンツへ。そこ­­からバスで30分程でリヒテンシュタイン中心部まで到着。

電車は乗り心地がよく、景色も素晴らしかった。景勝ルートである。
バスも綺麗で、これまた素晴らしい車窓が楽しめる。
リヒテンシュタインは、西ヨーロッパの中央部に位置する立憲君主制国家。スイスとオー­­ストリアに囲まれている。首都はファドゥーツ。非武装中立政策をとる。欧州自由貿易­連­合(EFTA)加盟国。
住民はドイツ系が大半で、ゲルマン系のドイツ・アレマン人が86%、その他イタリア人­­、トルコ人などが14%である。国境を接する全ての国が内陸国である内陸国の「二重­内­陸国」(二重内陸国は海に出るために少なくとも2つの国境を越えなければならない­)で­ある。面積は南北に25キロメートル、東西に6キロメートルと狭い。日本の小豆­島とほ­ぼ同じである。世界で6番目に小さい国。ドイツのシュヴェービッシュ・アルプ­スの延長­線上に連なり、国土は山がち(最高地点2599m)だが南風が卓越し比較的­温暖である­。西はライン川に沿ってスイス(ザンクト・ガレン州・グラウビュンデン州­)、東はオー­ストリア(フォアアールベルク州)と接している。

公用語はドイツ語(現地語は上部ドイツ語に属するアレマン語)である。

宗教はローマ・カトリックが76%、プロテスタントが7%などとなっている
主要な産業は精密機械、牧畜と医療。ほかに観光、国際金融、切手発行もよく知られてい­­る。スイスとの関税同盟があり、郵便や電話の制度はスイスと共通となっている。

タックス・ヘイブンとしても知られ、税金免除を目的とした外国企業のペーパーカンパニ­­ーも集中(人口より法人企業数が多いと言われる)。これら法人税が税収の40%に及­び­、この結果、一般の国民には直接税(所得税、相続税、贈与税)がない。

大感動間違いなし!この世の楽園・イタリア・カプリ島・青の洞窟

大感動間違いなし!この世の楽園・イタリア・カプリ島・青の洞窟

 

イタリア南部ナポリから近いカプリ島。カプリ島は青の洞窟がある事で有名な観光名所です。国内外を問わず世界各地から青の洞窟目当てにカプリ島にきております。小舟に乗り、青の洞窟に乗りこめば大感動間違いなし!

今回はイタリア・カプリ島の青の洞窟をご紹介いたします。

 

青の洞窟まで行くには?

カプリ島1

写真:大川原 明

カプリ島に行くには添乗員つきパッケージ旅行では、添乗員の案内してもらえますが、添乗員無しのパッケージ旅行や自由旅行では少しだけわかりづらいものです。

まず、ナポリの港から行くのが最善であります。

ナポリまでは日本からは直行便出ておりませんので、経由便でナポリもしくはローマなどで滞在した後に電車でナポリになります。

ナポリの港は市街地に面しておりますので分かりやすいです。

上記写真の船に乗り込み、30~40分ほどでカプリ島の港に到着します。船のチケットは、パッケージ旅行であればついている事多いですし、自由旅行であれば、港の券売り場で購入が可能です。

カプリ島にてイタリア料理堪能

カプリ島2

                         写真:大川原 明

ナポリからの船に乗り、カプリ島到着した後に、レストランで昼食をとりました。テラス付きのレストランですが、せっかくなので港の景色が楽しめるテラス席にしました。

注文したのは、カプリ島の近海で取れる海の幸を使用したシーフードパスタとイタリア・パルマ産の生ハムです。

生ハムは口の中でとろけ、噛めば噛むほど味が出てきます。

シーフードパスタは、ムール貝やアサリをしようしており、磯の香りと共に楽しむ事が出来ました。

 

カプリ島の港から青の洞窟へ

カプリ島3

写真:大川原 明

カプリ島の港から小型ボートに乗り込み、青の洞窟へ向かいました。

カプリ島は断崖絶壁で風光明媚ですが、40分程のクルーズを楽しみながら青の洞窟へ向かいました。

青の洞窟以外にもいくつかの場所によりますが、透明度も高くコバルトブルーの美しい海です。

 

青の洞窟に入るための手漕ぎボートへ

カプリ島4

写真:大川原 明

青の洞窟の前に到着し、ここで手漕ぎボートに乗り変えねばなりません。

順番に入るので、しばらく手漕ぎボートに乗り換えるために待たねばなりません。洞窟へ入るには入場料が必要であり、入場料を別途支払わねばなりません。

順番がまわってきたら手漕ぎボートに乗り込み、船頭さんに洞窟まで案内してもらえます。

注意点があり、洞窟に入る際には、必ず、頭を下げねばなりません。

そうしないと洞窟の入り口で頭を打ってしまうからです。

船乗りさんは洞窟に入る前に説明してくれますが。

 

ついに神秘的な青の洞窟へ

カプリ島5

写真:大川原 明

ついに青の洞窟へ入場!

噂通り、青い洞窟でした。神秘的な雰囲気が漂い、洞窟内にいる船乗りさんが

皆で歌を歌いはじめました。

洞窟内滞在時間は、約5分程です。

しばらく神秘的な青の洞窟内で滞在を楽しみました。

洞窟内では写真撮影をしましたが、ボートが揺れているので、ブレがでてしまい撮影に苦労しましたが、ひたすらカメラのシャッターを切り続けて良い写真がとれました。

皆さんも良い写真を撮るにはある程度、高性能のカメラを持参する事をお勧めします。

おわりに

いかがでしたでしょうか?昔から行きたかった観光名所でしたが、やはり感動感は高かったです。

カプリ島の青の洞窟は本当にお勧めいたします

 

天候や波により洞窟内に入れない事もありますが、季節により洞窟に入れる確率に違いがありますので、絶対入りたい方は、可能性を高めるために確率が高い時期に行くことをお勧めします。

ちなみに、過去のデータによれば入れる確率は、12月は7%、6月は87%などとなっております。

欧州の小国アンドラ公国の自然美満喫

スペインとフランスの国境地帯にある国、アンドラ!山々の景色が美しいです。
乾燥しており、風が涼しく空気も美味しいです。
美女を見て目の保養になるのとは別に、自然美による目の保養最高です^_^

アンドラは、フランス大統領とスペインのウルヘル司教を国家元首とする小国家です。
首都はアンド­ラ・ラ・ベリャでございます。

日本とは1993年12月にアンドラを国家承認し、1995年10月に両国間の外交関係­が築かれました。

日本との関係は、日本人のアンドラへの渡航は、在スペイン及び在フランス日本人による­ものを中心に年間数千人程度と見られています。

2005年(平成17年)1月20日、首相のマルク・フォルネ・モルネが湘南モノレー­ルを視察。首相夫妻と外務大臣ら5人が、同社社長の前田克彦らとともに全区間を乗車し­ました。
同首相は積雪に強いこのモノレールに対し「アンドラ公国にぴったりの交通機関」と­感想を述べた。アンドラは冬期5か月間は雪に閉ざされるため、降雪に強い交通手段とし­て、このサフェージュ式モノレールに関心を寄せております。

2011年1月9日にテレビ東京系列で放送された「あなたの街にもいる?189ヶ国愛­すべきヘンな外国人」で首相が調査した結果によれば、在アンドラ邦人は4人、在日アン­ドラ人は1人でした。2013年3月時点では在アンドラの邦人は10人です。

首都にある公園

 

 

10360833_777736148916266_1119839348128751605_n

10609676_777736225582925_2762044101807097584_n

教会を背景に

10390025_778443022178912_50311886149286805_n

休憩

10593024_778443188845562_5709698971479051449_n

川がありました

10646817_777736272249587_5178607426453084038_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
欧州 アンドラにて 9月4日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

世界最古の共和国・サンマリノの城塞からの絶景

サンマリノのティターノ山〈750m〉の山頂付近にある要塞より撮影^_^遠くにアドリア海が見えます。
世界遺産のティターノ山の城塞。塔が3つあります^_^それぞれ中世に建てられたものです。
750m付近からの景色は最高でした。

サンマリノへ観光でくる日本人はそんなに多くはありませんが、
サンマリノ観光最大の観光名所はこの
城塞です。3つの塔があるので、それらを徒歩で訪問。
途中の景色を楽しめます。

綺麗な写真が撮影出来ました。

下記は城塞外のバスターミナル付近からの景色
10487358_774724682550746_2231363811472744105_n

城塞・第二の塔付近から撮影

 

 

 

 

 

 

10649692_775382569151624_706255651827869806_n

第1の塔付近から
10659152_775181735838374_3003044170022558070_n

サンマリノには昨年、サンマリノ神社が出来たのですが、
事前の調査不足等もあり、場所を特的出来ず、参拝できませんでした。
次回、訪問時は参拝したいと思います。

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
欧州 サンマリノにて 8月30日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

サンマリノ・ティターノ山山頂からの景色

サンマリノは基本的に、山地に集落がたっております。
イタリア、アドリア海の景色を綺麗にみる事ができます^_^
ティターノ山山頂にある城塞近くのバスターミナルからの撮影

10487358_774724682550746_2231363811472744105_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
欧州 サンマリノにて 8月29日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw