国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

世界のビーチ

タイ・パタヤ!冷戦中?【アメリカ人VSロシア人!】

【アメリカ人VSロシア人!冷戦か!?】パタヤは1950年代まで小さな漁村だったのですが、ベトナム戦争が勃発して米軍が隣のラヨーン県にあった空軍基地・ウータパオを使い、パタヤを米軍保養地として利用し始めたために開発が始まりました。
ゴーゴーバーが開業し、米兵相手の売春などの性産業が盛んになりました。

1975年のベトナム戦争終結後、一時期、恐慌に見舞われましたが、その後、欧州などの国々からの観光客が押し寄せ再び活気を取り戻しました。
ベトナム戦争に参戦した60代~70代の米兵はかつてを思い出し、移住してきています。
英語のアクセントでアメリカ人と分かりますが、アメリカ人の老人を多く見かけます。自分の娘、いや孫くらいの女性と一緒に楽しんでいます。

今世紀に入り増加しているのがロシア人です。今ではロシアで最も人気のある観光国はタイ。多くのロシア人がタイを訪れています。パタヤは本当にロシア人が多いです。顔や言語(言語を聴いてどこの国か分かる)でロシア人は分かりますが、ロシア人観光客が非常に多いです。

同じレストラン、バーでアメリカ人とロシア人がいて、お互いが会話することはあまりないのですが、パタヤは冷戦状態といっても過言ではありません。

ちなみにタイには数千人(ある情報筋からは1万人以上)のロシア人女性が売春婦として入り込んでいますが、ロシアンマフィアの管理下の元入国しています。
16708570_1319408824748993_1787597795386343505_n

タイ・パタヤのタイ料理屋

【背後霊かW】昨晩はパタヤのセカンドロードにあるタイ料理屋で夕食。カオソイをたのんだのですが、なぜか違うのが出てきましたW(タイらしい)でも美味でした。
好物のソムタムも注文。辛くてもいいよと言ったら、めちゃくちゃ辛かったですW

後ろの彼は店員ですが、オカマさんかな。化粧しています。タイはかなり多いですW

16684023_1318874434802432_4569399249339360913_n

アンダマン海の真珠!タイのプーケット島でお薦めのビーチ5選

WEBの旅メディア「たびねす」に旅記事寄稿!今回のお題は、アンダマン海の真珠!タイのプーケット島でお薦めのビーチ5選

タイで最も人気のあるビーチリゾートであるプーケット島。国内外から数多くの観光客が訪れているタイで最も大きな島です。島内にはアンダマン海の真珠と称される程、綺麗なビーチが多くあります。

ビーチにより雰囲気が異なりますが、どのビーチにしようか悩む方は非常に多いと思います。今回は、そんな皆様にプーケット島の中でお薦めの5つのビーチをご紹介いたします。

 

たびねす記事は下記をクリックして

ご確認ください。

↓↓↓↓↓

たびねす記事

ヌーディストビーチ?【世界各国のビーチ】スペイン・バルセロナ・ビーチ!

【世界各国のビーチ】
スペペインのバルセロナというとサクラダファミリアに代表される天才建築家であるガウディの建築物がいたるところにあり、それらを見るのが観光の目的の一つです。

以外に知られていないのが、バルセロナ市内にいくつもあるビーチです。長椅子は有料になりますが、借りて、海水浴を楽しむとよいでしょう。時として、白人女性がトップレスになっています。

バルセロナは、スペインの首都マドリードに次ぐ第2の都市です。
スペイン北東部に位置するカタルーニャ州の州都で、バルセロナ県の県都でもある。地中海沿岸に位置する港湾都市で、フランスとの国境であるピレネー山脈から160km南に位置する。カタルーニャ州及びバルセロナ県のいずれにおいても、人口の大半を占めるプライメイトシティ(一極集中型都市)である。行政市としては約160万人の人口です。

2011年の近郊を含む都市圏人口は421万人であり、スペイン第2位、欧州でも有数の規模。
14世紀に建設された城塞を起源とする旧市街と、1859年の大拡張計画によって建設された碁盤の目のように正方形の街区が並ぶ新市街からなる。都心部では人口が減少し、周辺部や都市圏外に流出しており、ドーナツ化現象に脅かされています。

1992年にはバルセロナオリンピックの開催地されましたが、新市街はオリンピックが開催される事が決定されてから整備されました。
それまでは汚い感じであったようですが、今では綺麗な市街地に変貌を遂げています。

フランス・ニース・トラック突入!80名以上が犠牲!現地渡航経験者

【またしてもイスラム過激派か??】こないだのダッカでのテロ事件以降、イスラム過激派によるテロは世界で展開されると思っていましたが。フランスのコートダジュールの中心地のニースでチュニジアとフランスの両国籍保持者による犯行!トラックで花火見物客にトラックが突っ込み80名以上が死亡!

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
ニースは4年前に訪問しました。現地には2泊したのですが、海岸から1キロ、鉄道駅の南側にある宿に宿泊してニース市街をくまなく散策して撮影。
今回、現場となった場所は海岸沿いのロムナード・デ・ザングレと呼ばれる海岸沿いの道。ちょうど自分が映像で立っている現場付近です。フランス人だけでなく世界各地から観光客が訪れる世界で知られている国際海洋保養都市です。
今後も、イスラム過激派による犯行がおこなわれるでしょう。イスラム系の国、イスラムの移民が多く入り込む国に行く際は注意が必要です。

タイ・ピピ島・トンサイビーチ・レイブパーティー!

タイのピピ島を4月に5か月ぶりに再訪。前回はピピ島最北端レムトンビーチのピピナチュラルリゾートに宿泊しましたが、今回はトンサイビーチに宿泊しました。
トンサイビーチにはバックパッカーやゲストハウス、ホステル等の安宿がたまりピピ島では一番の繁華街となっています。多くの飲食店があり、夜な夜な海岸ではレイブパーティー(トランス系中心、サイバートランス、サイケ、ゴアギル等)が開かれています。そのため白人を中心にヒッピーやバックパッカーがあつまる場所ともなっています。

【海外の祭り】タイのソンクラン水掛け祭り!タイ・プーケット・パトンビーチ編!

タイでは4月にソンクランと呼ばれる水かけ祭りがタイ全土でおこなわれます。バンコクのはバンコク駐在時に見た事あるのですが、今回はプーケットのパトンビーチで!

ソンクラーン とはタイにおける旧正月のことであり、チャントラカティ(タイの旧暦)の新年です。
現在、政府によって4月13日から15日(仏暦・西暦)に固定されており、祝日になっています。

もともとは、純粋に新年のお祝いであり、家族が一堂に集って共同で仏像のお清めを行ったり、年輩の家族のお清めを行う期間であったが、後に単なる水の掛け合いに発展したため、現在では新年と言うよりも祭りという色彩が強いです。
このため日本では(タイの)水掛け祭りという言い方もする事があります。

もともと、正月であったため、帰郷の時期と言う意味合いが強い。また、連休であることや都会に出ていた家族が戻ってくることなどから一家総出での旅行も少なからず行われる。このため、国内の交通や観光地の宿泊施設は飽和状態になる。一方、商店やオフィスも閉じるため、通常日に賑わっているところは閑散とする。

基本的には、仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、家族の年長者の手に水をかけお清めをし、相手に敬意を示す。また、家の大掃除も行われることがある。

近年では、ソンクラーンが一年でもっとも暑い時期に行われることなどから、特に若年層を中心に、単なる水掛け祭りに変質している。この「祭り」においては見ず知らずの相手にさえ水を掛け合う。この場合、水を掛けるところは手のみに限定されず、水をかける行為自体「敬意を払う」ため無礼講状態となる(ただし、僧侶には水をかけない)。水の掛け合いには水鉄砲を用いる。他にも、家の前に水の入ったドラム缶を置くあるいは家の前までホースを延長させ、道行く人に水をかけたり、ピックアップトラックの積み荷部分に水の入ったドラム缶を載せ、町中の人に水をかけまわっている例もある。また、水を積んだ対向車同士での派手な掛けあいもよく見られる。さらに、冷却効果を高めるために、メンソール配合のベビーパウダーを溶かした水を掛けることもある。この水掛けは全国で行われているが、北部のチェンマイにおける水掛けがもっとも派手なものとして知られる。

一方、この様な無礼講の祭りによる問題も多数発生している。ソンクラーンの期間中には人々がお祭り気分に包まれるため、酒気帯び運転が多くなると言われている。また、走行中の車・バイクに水をかけることも多く、水を被ってバランスを失った酔っぱらいドライバーが事故を起こすこともある。

この問題は政府も大きな関心を示しており、毎年、ソンクラーン期間中(特に4月11-17日)は飲酒運転を警戒して臨時の検問所の設置を行ったり、ドライバーにはスリップのリスクを回避するため、速度をゆるめて運転することを呼びかけている。一方で水掛けを行う人には節度をもって参加するようにも呼びかけているが、あまり効果が上がっていない。