国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

海外の広場

アキーラさん世界見聞録!世界1周総集編映像!第4弾!東欧・ブルガリア共和国!

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

総集編映像は下記をご覧ください。

喧騒溢れるインド最大の都市「ムンバイ」で訪れるべき5つの場所

WEBの旅メディアたびねすに旅記事寄稿!今回のお題は、喧騒溢れるインド最大の都市「ムンバイ」で訪れるべき5つの場所
世界第2位の人口を有する熱気に満ちた国インド。インド最大の都市であるムンバイは、人、車、バイクが非常に多く、活気に満ちています。イギリス植民地時代の名残とインド独特の雰囲気が混ざったカオスな雰囲気を感じ取る事が出来る都市です。
今回は、世界遺産の鉄道駅やリアルなインドが垣間見れる屋外洗濯場などムンバイ市内で絶対に外せない見所とムンバイ湾に浮かぶ世界遺産のエレファンタ島の石窟群をご紹介いたします。

たびねす記事は下記をクリックしてご覧ください。
↓↓↓↓↓
たびねす記事

モンゴル・ウランバートル・チンギスハーン(スフバートル)広場!

ウランバートル市内のスフバートル広場。チンギスハーン像があり、チンギスハーン広場とも呼ばれます。広場の周囲には政府宮殿、モンゴル国立オペラ劇場、ウランバートル中央郵便局、モンゴル証券取引所などが並んでいます。

これらの建造物は先の大戦終結後、旧ソにより抑留された旧日本軍兵士の捕虜たちによって作られたものが多いです。
ウランバートルは20年くらい前に、60万人弱だったのですが、今では120万人程に。地方から移住してきた人々により、ここ20年で倍になりました。
21世紀に入り、多くの高層ビルが建てられて、車も増えて近代化されています。

車の増加により、交通渋滞が慢性化しています。また、PM2.5の公害問題もあります。インフラの整備や公害対策もこれから改善していかねばならないようです。

チンギスハーン広場は2013年までスフバートル広場と呼ばれていました。スフバートルは、1921年のモンゴル革命の際の英雄で、モンゴルの人々に尊敬されている人物です。スフバートルの銅像が広場の北側にあります。同じ広場内にあるチンギスハーンの像と共に観察してみてください。

チンギスハーンといえば世界に覇を唱えたモンゴル帝国の初代皇帝です。モンゴルの遊牧民諸部族を一代で統一し、中国北部、中央アジア、イラン、東ヨーロッパなどを次々に征服し、大帝国を築きあげました。モンゴル帝国は、日本にも2度も侵攻(元寇)し、日本人にも馴染み深いです。

モンゴル人は、チンギスハーンを民族の誇りとして崇拝しています。それなので、結婚式の際に、多くの新郎新婦がチンギスハーン広場を訪れ、記念撮影をしています。外国人観光客だけでなく、モンゴル人にとっても人気の場所です。

ポルトガル・ポルト・夜の市庁舎

ポルトガル第二の都市であるポルト。ポルトの市庁舎です。夜の散策。ポートワインで有名な都市です。人口は27万人程。ポルトガル北部の中心地です。リスボンから300キロ程の距離にあります。
近郊に多くのワイナリーがあります。旧市街にあるいくつかの建物は世界遺産に認定されております。

ポルトはリスボン以上に美しいという人が多かったですが、その通りかもしれません。
日本とは南蛮交易のころのつながりで、長崎市と姉妹提携をしております。

10363696_783497818340099_254346671401458857_n
現地時間22時頃撮影。ポルト市内の市庁舎とサン・ベント駅の間の広場。
あまり人がいなかったです。リスボンの半分程の人口ですので。
まったりするには、よいですね☆
10704135_783501975006350_8454770641307192285_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
ポルトガル・ポルトにて 9月16日





ポルトガル・日本人にも関わりが深いリスボン市内散策

ポルトガルの首都のリスボン
麻薬の売人が多いですが、綺麗な都市でした。
パイロアルト地区など一部危ない地域もあるので注意が必要です。

リスボン市内の多くの場所を
徒歩で散策しました。
天気がよくてよかったです。

リスボンは­­日本人にも関わりが深い都市です。この教会はリスボン市内にあるサン・ロケ教会とい­い­ます。この教会は日本が安土桃山時代、1584年にリスボンに到着した日本の天正­遣欧­少年使節団が1か月程滞在した場所です。日本とゆかりの高い教会です。

サンロケ教会
10352909_782791855077362_8574390892677769179_n

フィゲイラ広場
10628322_783076828382198_5498257408367439925_n
ここはタイか?トゥクトゥク発見
10646806_783074925049055_6758046955901866980_n
麻薬の売人が多いコメルシオ広場
10628322_783076828382198_5498257408367439925_n
テージョ川河口
10552389_783067398383141_6387611338423742446_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
ポルトガル・リスボンにて 9月15日





スペイン・マドリッド・プエルタ・デル・ソルの広場!

マドリッドは、スペインの行政の中心地であり首都であります。
また、マドリード州の州都でも­あり、マドリード県(マドリード州の唯一の県)の県都でもあります。
イベリア半島における­経済の中心地の1つともなっています。

スペイン中央部のメセタ地帯のマンサナーレス川沿いに広がる。近郊にはモストレス、ア­ルカラ・デ・エナーレス、ヘタフェなどの都市があり、マドリード首都圏を形成している­。

マドリッドの中心、歓楽街となっているプエルタ・デル・ソル
広場があり、週末ともなれば多くの人々が集まります。
かつて、首絞め強盗が流行り、日本人観光客も多く被害にあいましたが、今では
現地警察の努力もあり、少なくなってきているようです。

10363831_782022215154326_202023893721304276_n

10413340_782023425154205_7796748999062119681_n

10422392_782023451820869_8027830891867097_n

スペイン・アルへシラス・アルタル広場!

スペイン・アルへシラス市内のアルタル広場です。
奥の建物が教会です。市民の憩いの場になっております☆

10614301_780691775287370_1365741737645179339_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
スペイン・タリファにて 9月10日





ルーマニア・ブカレスト市街地!

東欧ルーマニアの首都のブカレスト。
平成24年(2012年)8月に日本語を教えるボランティアとしてルーマニアを訪れた­女子大生が殺害­されました。
深夜に空港に到着し、そこである男に話しかけられ、白タクに乗せられ、ホテル­とは反­対の方角に進み、殺害されました。
その2週間程前に自分はブカレストにおりました。
平成24年(2012年)7月にルーマニアの首都のブカレスト­を訪問。
自分は、ハンガリーのブダペストから夜行寝台電車で、ブカレストに到着し­たのだが、­到着後、偽警官らしき人物に話しかけられたが、うまく巻きました。
駅周辺もあま­り治安がいいという感じではなかったです。

まあ、それでも市内中心に行ったり、観光もした­が、危ない目にはあわなかったですが­。
女性一人での観光はお薦めは出来ません。

ブカレストは、ルーマニアの首都で同国最大の都市です。
ルーマニア南東部にあり、ドゥ­ンボヴィツァ川河畔の都市でルーマニアの文化、産業、­金融の中心都市であります。

ブカレス­トが最初に文書に言及されたのは1459年のことで、それ以来様々な変化を­経験し18­62年にルーマニアの首都となりました。

首都になってからはマスメディアや文化、芸術の分­野で着実にその地位を固めました。

ブカレストの建築物には歴史的に新古典主義建築や戦間期­のバウハウス、アール・デコ­、共産主義時代、そして現代と様々なものが混ざり合ってい­ます。
戦間期のブカレストは優雅で洗練された建築物により「小パリ」と言う愛称が付けられま­した。
しかし、これら多くの建築物や歴史的­な中心部は戦争や地震、ニコラエ・チャウシェス­クにより始められた1970年代半ばの­体系化政策 により損害を受けたり破壊されました。
一部は、被害を免れた建築物もありますが。
<iframe width=”480″ height=”270″ src=”https://www.youtube.com/embed/6mCIWDJx6Sk” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

<a href=”http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=262AB9+8FN3AQ+28T6+60WN5″ target=”_blank”>
<img src=”http://www24.a8.net/svt/bgt?aid=131116725510&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000010473001012000&amp;mc=1″ alt=”” width=”234″ height=”60″ border=”0″ /></a>
<img src=”http://www12.a8.net/0.gif?a8mat=262AB9+8FN3AQ+28T6+60WN5″ alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

<a href=”http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2609G6+EFRFW2+1RGG+6FHC1″ target=”_blank”>
<img src=”http://www29.a8.net/svt/bgt?aid=131022294873&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000008224001080000&amp;mc=1″ alt=”” width=”728″ height=”90″ border=”0″ /></a>
<img src=”http://www14.a8.net/0.gif?a8mat=2609G6+EFRFW2+1RGG+6FHC1″ alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

スペイン・マラガ・ピカソの生家

マラガは想像していたよりも大きな都市でした。人口は57万人程です。国際的にも有名なリゾー­ト地であるコスタ・デル・ソルの中心でございます。紀元前1000年にフェニキア人に­より築かれ、ローマやアラブなど幾度か支配者が変わった古い歴史がある都市です。
あの著名な画家であるピカソが生まれた土地でもあります。(10歳まで過ごしたようで­す)
そのピカソの生家があったアパートの建物と前にあるピカソの遊び場であったメルセー広場です。

こちらが、ピカソの生家。(アパートの一角を借り)

10464250_780233995333148_2093693791237914903_n

ピカソの遊び場であるメルセー広場

10624796_780234438666437_1491129020330278940_n

天才ピカソと友達に

10685411_780234318666449_5469153186517352002_n

平成26年(2014年)7月~9月 三回目の欧州周遊旅行
スペイン・マラガにて撮影 9月8日




スペイン・バルセロナ・グエル公園

スペインのバルセロナを2年ぶり(3回目)の再訪。
その中で前回­と同じ­く訪れたのはグエル公園で、ここからバルセロナの街が一望できます。
1984年­にユネス­コの世界遺産に登録されたグエル公園です。

かの有名な建築家アントニ・ガウディの作品群の1つであります。

施主のエウゼビ・グエイ伯爵(スペイン語ではグエル)とアントニ・ガウディ­­の夢が作り上げた分譲住宅で、1900年から14年の歳月をかけて作られました。

こ­の頃、­バルセロナでは工業化が急速に進んでおり、それに対してガウディとグエルはこ­の場所に­、人々が自然と芸術に囲まれて暮らせる、新しい住宅地を作ろうとしておりました。

しか­し、ふたり­の進みすぎた発想と自然の中で暮らす価値観は、当時理解されなかったです。
広場、道­路などのインフラが作られ60軒が計画されていたが、買い手がつかず、­結局売れたのは­2軒のみです。
買い手はガウディ本人とグエイ伯爵だけであったそうです。
当時の人々には受け入られなかったようです。

グエルのが亡くなった後に工­事は中断し、市の公園として寄付されています。
現在はガウディが一時住ん­だこともある家が、­ガウディ記念館として公開されている。中にはガウディがデザイン­した家具なども集めら­れて展示されています。
入場料がかかるのですが、最近では、多くの観光客がくるために時間に合わせて入場制限をおこなっております。

バルセロナ旧市街、新市街からは北にあり、バスや地下鉄、タクシー等で赴くことが出来ます。

10409423_779223075434240_4006097135388208738_n

10645072_779209648768916_851187170353796225_n

10685352_779209798768901_702955907100223677_n10696200_779210782102136_6096306553834943470_n

 

10696422_779210082102206_1984505562177183747_n

平成26年(2014年)7月~9月 三回目の欧州周遊旅行
スペイン・バルセロナにて撮影 9月6日