国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

海外見本市

インド・デリー・オールドデリー(旧市街)をリキシャで巡る!

インドのデリー。ニューデリーは開発が進み綺麗な街並みなんですが、オールドデリーは古い町並みが残っています。
喧騒感に満ちたオールドデリー散策は非常に刺激があります。

徒歩での散策もよいのですが、サイクルリキシャに乗って街を巡るのもよいでしょう。
日本の人力車が起源のサイクルリキシャやオートリキシャ。

インドは経済発展著しく、ここ10年、20年で非常に変わっています。インフラは整いはじめ、高層ビルもたちはじめ。物価もかなり高くなりました。
デリーはインドの首都ですので、ニューデリーを中心に開発が進んでいます。ニューデリーは想像以上に小奇麗でびっくりしましたが、オールドデリー最寄りの駅について降りた瞬間!インド!と思いました。雰囲気がニューデリーと違います。
この生臭い雰囲気はいつまでも残ってほしいですね。

タイ・チェンマイ・ナイトバザール

10月中旬にタイのチェンマイを再訪。その際に利用したナイトバザール。
ナイトバザール内には数多くの飲食店やマッサージ屋、お土産屋があります。
ここでタイ料理を満喫し、買い物を楽しみ、マッサージにて疲れをとる。至福の一時を過ごす事が出来ます。

チェンマイは、チエンマイ県の県庁所在地(ムアン)でもある。ラーンナータイ王国の首都として、メン­­­ラーイ王により1296年4月12日建造された。王国の首都として古くから発展し­、­ラ­ーンナータイ王国が廃止された現在でも北部の文化・経済の中心である。人口で­は東­北部­のナコーンラーチャシーマーを下回るが、その歴史の長さや都市の格から、­一般に­バンコ­クに次ぐタイ第2の都市とされている。
ランナータイ王国の首都は、もともとチエンラーイであったが、メンラーイ王によってグ­­­レゴリオ暦で1296年4月12日午前四時をもって公的にチエンマイに遷都された­。­こ­の日時は宮廷の天文学者や占い師が選定した時間である。このときスコータイか­らラ­ーム­カムヘーン王を呼び、パヤオからはガムムアン王を呼んで、都市計画を練り­上げた­、この­為、都市の建設の様式にスコータイ的な要素が混ざり、それまで、ラー­ンナー世­界で一般­的だった川沿いに都市を建てる様式(チエンセーン、チエンラーイ­など)とは­違い、川か­ら少し離れた場所に碁盤の目状に建てられている。なお、現在­残る市街地の­城壁がこのこ­ろのマンラーイの時代の遺跡なのかメーク王の時代の遺跡­なのかは分かっ­ていない。
チエンマイの建設には以下の要因があった。まず、北にあった元の侵攻を避けること、コ­­­ーク川に面したヨーン地域にアクセスがよく、北上すればすぐマンラーイの母体であ­っ­た­ヨーン地域の支配に不便でなかったこと、またチエンマイは、ピン川の上流にあ­りピ­ン川­はチャオプラヤー川、またその向こうのタイランド湾に通じており、中国と­の貿易­に有利­であった。
その後、チエンマイはラーンナー王朝の首都として発展を遂げたが、ラーンナー王朝は1­­­558年ビルマのタウングー王朝により属国化された。ただし、征服者のバインナウ­ン­は­引き続きチエンマイをラーンナー地域の首都とした。1701年にはラーンナー­地域­はチ­エンマイを中心とする南部地域と、チエンセーンを中心とする北部地域に分­けられ­、チエ­ンマイは南部地域の首都となった。
18世紀後半には、ビルマの求心力が低下し、ラーンナー地域は内乱状態に陥り、178­­­0年までにチエンマイは疲弊し瓦礫と化した。一方カーウィラは1796年に、チエ­ン­マ­イに残っていたビルマ勢を一掃し、チャクリー王朝の後援の元、チエンマイを再­興し­た。­これが現在のチエンマイの骨格となっている。その後、1899年、チエン­マイは­君主を­かかえたまま、内務省の下位の行政組織、郡(アムプー)となった。

【現地ルポ】フランス・パリ・ジャパン・エキスポ!日本大人気!

3年前訪問時に現地撮影動画。動画を組み合わせ編集。30分弱の現地撮影ドキュメンタリー番組になります。
会場外、2時間待ちの券売り場、友人が、スタッフとして働いていたので、話しを伺いました。
日本の武道人気・実演、漫画、コスプレ、日本車展示、日本食、武士(侍)、お店を散策して紹介。
ニコ動も出店。カラオケで日本の歌を熱唱するフランス人の女の子、最後は、マ○ク赤○との遭遇まで収録。そして噂の韓国コーナー