国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

世界の建築物

【世界遺産】マルタ共和国・ヴァレッタの街!

マルタ共和国の首都であるヴァレッタ。マルタ島東部に位置し、港を見下ろすシベラスの丘の上にあります。ホスピタル騎士団 の時代以降の多くの建造物が残る歴史ある風情を楽しむ事が出来る街です。

建築様式としては、バロック建築・マニエリスム建築・近代建築・新古典主義建築などの建物です。
美しい街並みが評価され、1980年、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

マルタ共和国は、南ヨーロッパの共和制国家。イギリス連邦および欧州連合(EU)の加盟国である。公用語はマルタ語と英語、通貨はユーロ、首都はバレッタ。地中海に位置する島国です。
イタリアのシチリア島から船で行くことも出来ます。

イタリア・シチリア島の南に位置する。面積は316km²で、東京23区の面積622.99km²の半分の大きさである。
カルタゴ、共和政ローマ時代に既に地中海貿易で繁栄し、その後一時イスラム帝国の支配に入ったこともある。それに抵抗して戦ったマルタ騎士団がこの土地の名前を有名にした。
小型犬のマルチーズの発祥の地であり、マルチーズの名はマルタに由来する。

日本との関係
1862年、1858年に英仏など5カ国と個別に締結された修好通商条約の修正を求めて派遣された文久遣欧使節団が訪問している。
1917年6月11日に大破した駆逐艦榊の59人の戦死や傷病による戦死者の「大日本帝国第二特務艦隊戦死者之墓」がある。
1921年4月、皇太子時代の昭和天皇が訪問している。

マルタは地中海の中央部、シチリア島の南約93kmに位置する。主要な島はマルタ島とゴゾ島、コミノ島の三つである。海岸線が変化に富むため良港が多い。地形は低い丘陵や台地からなり、最高地点はマルタ島内の標高253mの丘陵である。
気候は地中海性気候のため、冬は温暖で雨が多く、夏は暑く乾燥している。

断崖絶壁に建つブータン王国のタクツァン僧院!

ブータンに来たら必ず行くべき名所タクサン寺院へ!2550メートルの地点から3050メートルの地点まで歩かねばなりません。
砂利の坂道を登ったあと、700段の階段を上り下りです。往復所要時間は見学時間も合わせて約6~7時間です。

タクツァン僧院は、チベット仏教圏全体でも指折りの聖地です。
全部で13の聖地があり、タクツァン僧院は、17世紀に4代テジ(摂政)職にあったテンジン・プラゲが建てたタクツァンヘルプです。

1998年に火事により全焼、2004年に修復が完了しました。

僧院までは駐車場から歩かねばならず、高山病になる人々もいるので無理はせずに疲れたら適宜、休憩をいれる必要がありますし、体力に自信がない方はやめたほうがいいかもしれません。

親日&幸福度の高い国として知られるブータンへ。
現地踏査。

調査内容は下記。
・ブータンの親日度合
・ブータンの国民の幸福度合
・ブータンの伝統文化風習
・ブータンの食事
・ブータンの対外関係
・ブータンの諸問題」

ブータン航空にてインドのカルカッタ経由でブータンへ。

機材は、LCCで多用されるエアバス320の兄弟機、エアバス319で3-3の配列。小型ジェット機です。

ブータン航空の保有機材は4機のみ。
1機はプロペラ機。あとの3機はエアバス319です。かつては小型のプロペラ機のみの運行である意味、秘境への飛行機という雰囲気があったようです(揺れを考えるとジェット機のほうがよいですが)

高所になりますので高山病にかからないかが少し心配でそたが問題ありませんでした。

政府に払う税金の行程料金が1日200~250USDかかるのでどうしても高額なツアーでした。

公務や商用目的以外での個人での入国は基本的に出来ないので、必ず旅行会社を通し、パッケージに申し込まねばならないです。

自然が豊富で眼の保養になる国です。

国民の幸福度GNH(Gross National Happiness)が高い国と
して知られるブータン。
何が国民を幸福と感じさせているのでしょうか?

これには様々なものがあると思います。

1人当たりのGDPは年間2700ドル程と経済だけをみれば後発開発途上国の部類に入りますし、ブータン人の平均寿命も70歳に満たない。(昔に比べ医療技術進歩したので平均寿命も伸びている)
インフラや福祉が整っているといえばそうでもない。
娯楽産業も多くない。
日本のように様々な国の料理が食べられるわけでもない。

皆さんが幸せを感じる時はどんな時でしょうか?
お金があるということは確かに幸福のうちの一つなのでしょうが。
お金があればいろいろな事が出来るのは事実。
健康でない人からすれば五体満足の健康な人々が幸せに見えるものです。
順風満帆の人生、自分の希望の進学、就職、結婚相手、恋人、満足のいく結婚生活、社会的地位の獲得、収入、名誉、名声、自分の好きな事をしている、趣味が充実、人間関係がうまくいっている、夢や目標達成、容姿端麗、体格が良い等。

それではブータンの人々はどんな所に国民が幸せを感じるであろうか?
これは様々な人々への聞き取りや自らの目で見てきて調査
した結果で私的に思うことでもありますが・・・

一番は、ブータン国民の心の持ちようなのかもしれません。(宗教的、民族的側面)

ブータンというのは敬虔な仏教国(チベット仏教系)。
信心深いブータン人は寺院に頻繁に参拝します。そして平和や幸福を願っています。

嫌な事や不幸な事があっても物事を明るく考える。
常に自分が幸せだと考え定義づける。

ブータンの政府は2年ごとに国民に調査をおこなっているのですが、

GNHは

1.心理的幸福、2.健康、3.教育、4.文化、5.環境、
6.コミュニティー、7.良い統治、8.生活水準、
9.自分の時間の使い方の9つの構成要素からなっています。

※病院や水道、学校は一部をのぞいて無料。
→ここも国民の幸福度の要因となっています。

他にブータンは自然が豊富な国で大自然の中での生活。そして国の宝ともいえる自然環境保護には積極的です。
ここも国民の幸福度の要因になっていると思います。
※日本では東京などの大都市では便利で楽しい反面、人工的なストレスも多く、日本の企業はより厳しい社会であるので会社内でのストレスも受けやすい。

GDPで計測できない項目の代表例として、1の心理的幸福が挙げられます。
正・負の感情

★正の感情  1.寛容、2.満足、3.慈愛
★負の感情  1.怒り、2.不満、3.嫉妬

すなわり正の感情が強く、負の感情が低ければ幸せ度数が高いのです。ブータン国民は正にそれに値すると思います。

経済も発展し、インフラも整い、社会保障の充実した先進国の中では日本も含めてうつ病患者が多いのは事実です。日本も江戸時代まではうつや神経症などの病気はほとんどなかったものですが、明治維新、開国により欧米も文化が流入し、戦後は焼け野原からの高度経済成長による発展。物質的には豊かにはなったものの
反面、病んでいる人々も多いのが実情。

ブータンもそうなのですが、いわゆる熱帯の発展途上国の中には自殺者、うつ病者が少ないのが実情です。
それはやはり、人々の心の持ちようなのだと。タイでもマイペンライという精神がありますが、嫌な事があってもすぐに忘れる、気にするなという精神は感心できるものです。

どこの国とはいいませんが、日本の隣国には下記にある正の感情が弱く
負の感情が強い国がありますが、海外にいて出会うそれら人々の顔を見ているとそれらが顔や表情にでています。(数多く接してきた私ですが)

★正の感情  1.寛容、2.満足、3.慈愛
★負の感情  1.怒り、2.不満、3.嫉妬

人間が幸せに暮らす過程で
正の感情を強めて、負の感情を弱める事が重要だと思います。

ブータンにきて実感いたしました。
ブータンでは前述した闇の部分もあるのですが、国民の多くは自身が幸せであると思っています。

ブータンの人々は自国、民族の誇りがあり、自然や生き物を大切にする。そして感謝の気持ちがあります。
そして正直で発展途上国にありがちな人を騙すという事をする人々は非常に少ないです。
殺人の犯罪はほぼ皆無に等しく、傷害も年間200~300件程度。

日本は世界的にみて素晴らしい国(これは世界の多くの国々が認めている)ですが、資本主義経済が浸透し、金のためなら手段をいとわない銭化け亡者や人を騙してお金をとる詐欺師も少なからずいるにが実情。

今一度、日本人は自らの民族を見つめなおす時がきているのではないかとブータン渡航して実感しました。

【感動間違いない?】ベルギー・ブリュッセル・グランプラス(世界遺産)・音と光のショー

ベルギー・ブリュッセルの大広場である世界遺産のグラン・プラスを6年半ぶりに訪問。­(夜は初めて)。王の家に入り(入場料5ユーロ)そこから市庁舎の景色を堪能。花壇が­広場の中にあり綺麗であった。そこで夜になると30分に一回の割合で、素敵なショーが­おこなわれた。5分少々であるが、感動した。
グランプラスは、ブリュッセルの中心地にある大広場。ヴィクトル・ユゴーが賛嘆したこ­とでも知られるこの大広場は、世界で最も美しい広場のひとつと見なされている。199­8年にユネスコの世界遺産に登録された。
グラン=プラスは美しい広場であるが、華やかな歴史ばかりに彩られていたわけではない­。1523年にプロテスタントの最初の殉教者たちであるヘンドリク・フォエス(Hen­drik Voes)とヤン・ファン・エッセン(Jan van Essen)がこの地で火刑に処された。

大同盟戦争中の1695年8月13日に、当時木造だった広場の家屋はヴィルロワ元帥に­率いられたフランス軍の砲撃によって大半が破壊された。市庁舎の塔は砲撃の的になった­が、石でできた壁は放火による火災に耐えた。広場を囲む家々は様々なギルドによって石­造りで再建された。このため、市庁舎以外のほとんどの建物は、この時以降のものである­。

シンガポール・夜のライトアップされた幻想的なマーライオン

I visited Merlion park and enjoyed the night view there.
再びマーライオン公園に。今回で5回目のシンガポールですが初めての夜のマーライオンです。
夜になるとライトアップされ幻想的な音楽が流れ、光と音のショーを楽しめます。
マリーナベイサンズの夜景とともに。夜景を堪能できる場所です。

17424960_1356430301046845_7882417032124272752_n

別アングルからの撮影
ラフルズプレイズの高層ビル群とともに

17424860_1356467591043116_5654694184961379954_n

シンガポール・マリーナベイサンズホテルとマーライオン

I revisited the Merlion park in Singapore and enjoy the statue and the view of Marina bay sands hotel.

6年2か月ぶりのマーライオンとマリーナベイサンズホテル。
世界三大がっかり世界遺産などと揶揄されていますが、愛らしいマーライオンです。
マリーナベイの建築様式は巨大地震が起こる日本には無理な建築様式ですね。
17342918_1353178498038692_3068327754767775921_n

東ティモール・ディリの最大の名所クリストレイ

ディリで最大の観光名所であるクリストレイへ。ブラジルのリオみたいなキリスト像が丘の上に立っており、丘からの景色は最高です。

タクシーと交渉しました。
タクシーはメータータクシーではないので交渉制です。
最初、10ドルと言われましたが値段交渉して5ドルになりました^_^

17264969_1351283074894901_4198781023101554437_n

東ティモール・ディリ市最大の観光名所であるクリストレイ。
下の駐車場から15分くらい丘を登りました。
ブラジルのリオのような
キリスト像が。見応えがあります^_^オススメの場所です。

17264919_1351288631561012_6175345007743004866_n
キリスト像が建つ丘からの景色。
山々の景色が綺麗です。両側にビーチがありますが左側のビーチに行ってみます。

17353512_1351797154843493_1180054852512031524_n

東ティモール・ディリ・港と周辺にある国会議事堂

ディリの港の隣。港の中には入れませんが、港の両隣が遊歩道になっており、人々が散策しています。
子供達が海に飛び込んでいました。
17309611_1350397374983471_2589441475770905536_n

東ティモールの国会議事堂前。
ちなみに日本大使館は東ティモール・ディリにあります。
日本の要人では2002年の独立の後に、時の首相である小泉純一郎首相が東ティモールを訪問。
その後、大臣、政務官級の政治家も東ティモールを訪問しています。
17264735_1350410118315530_2056922564362790828_n

港(貿易港)の近くにある公園で多くの若者が集まっていました。1999年の東ティモール紛争の際はまだ子供だな。

17155386_1350499384973270_8630723821989653871_n

港の両側は遊歩道になっています。西側は公園としても整備されており、写真にある椅子に座りながら海の景色を楽しんだり食事をしたりできます。
主に若いカップルのデートの場所となっています。

17264493_1350505171639358_1864343091645995674_n

ブータンの名所タクツァン僧院

ブータンに来たら必ず訪れるべき名所タクサン寺院へ!息切れや動悸がすごいな。やはり高山病の症状が出ています。心臓がバクバク。坂道を登る時は、低地でも心拍数があがりますが、高所はさらに。
適宜休憩をいれながら2550メートルから3050メートル地点に。

16938630_1336119513077924_7712810219822436274_n

16998152_1336328446390364_1392996296133292803_n

急勾配なので迂回していかねばですので時間がかかります。
途中、中間地点2800メートル付近の山小屋(カフェ)で紅茶とビスケット。しばし休憩をいれます。
16681828_1336134616409747_4223848967076766325_n

こんな高所に犬が。
ビスケットを欲しがっている。この顔で見つめられてはあげざるを得ませんW
生き物を大切にする敬虔な仏教国であるブータン(タイもですが)。
慈悲の心を持たねばです。
16998929_1336137406409468_5194880709689090051_n

猫も
16864785_1336142109742331_7593849027306753329_n

霧がかってタクサン寺院が麓から見えませんでしたが、中間地点から見えました。これから700段の階段が待っています。
17021489_1336326879723854_123262868898127319_n

やっとタクサン僧院より高い場所に。3100mくらいの地点からの撮影。残念ながら曇っています。晴れていればもう少し綺麗な写真が撮れるのですが。
これから約700段の階段を昇り降りしなければです。

17022176_1336358153054060_3877306946673178176_n

ここから700段の階段を昇り降り。まずは降ります。断崖絶壁。ここからの景色も素晴らしいです。登ってきた甲斐があります。往復で700×2=1400段近く。明日は確実に足が筋肉痛だな。息があがっているが、休憩を適宜いれていますので問題ありません。

16999233_1336362369720305_3211580614815219745_n

内部は撮影禁止なので建物外観の写真。

8世紀にチベットからブータンにやってきてチベット仏教を伝えたパドマサンバヴァ。
彼は、この地に虎の背中に乗ってやってきたという言い伝えが残っています。

タクツァンというのは、虎の巣という意味です。パドマサンバヴァは、パロ地方の人々に仏教を広めました。

タクツァンには全部で13の僧院があると言われてますが、そのうちの一つが写真の建物です。僧院は断崖絶壁に張りつくような形で17世紀終わりに建てられましたが、1998年に不審火もしくは電気系統のショートによる火災で全焼し、その後2004年に再建されたものです。

タクツァン僧院はパロの郊外にありますが、前述したように2550メートルの駐車場まで車で行き、そこからは徒歩しか交通手段はありません。(お金を払い途中まで乗馬も出来る)

17098313_1336526136370595_6294172103768340057_n

ブータン・タクツァン寺院へ

I will go to Taktsang temple(Tiger’s nest monastery) which is absolutely a place to visit in Bhutan with a dog. The height of the starting point is 2550m and will hike up to 3050m.
ブータンに来たら必ず行くべき名所タクサン寺院へ!2550メートルの地点から3050メートルの地点までハイキング、いや登山です。距離は片道6キロ程、往復で12キロほどです。高山病が心配だな。ゆっくり身体を慣らしていきます。
砂利の坂道を登ったあと、700段の階段を上り下りです。往復所要時間は約7時間
忠犬を連れて行きます。

17098198_1336084939748048_3472493207629818991_n

ブータン・パロ近郊のタチョガン・ラカン

ブータンのパロの空港から車で南に40分ほど南下したところにあるタチョガン・ラカン。

ブータン各地に鉄の吊り橋を伝えたとされるチベットの高僧タントン=ギャルポにより、14世紀に創建された僧院です。

川にかかるのがタントン・ギャルポにより建てられたタチョガンの鉄橋です。(一度、洪水で崩れ落ち、後に再建されたもの。)
タントンギャルポはチベットやブータンでたくさんの鉄の橋をつくっており、とても有名な人物です。
16997715_1332642553425620_3097594959078274286_n