国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

地下鉄

【実録】日本の援助が入るインド・デリーの地下鉄

デリーの地下鉄乗車。インドの首都のデリーは地下鉄が走っています。インド国内だと他にカルカッタやムンバイでも。デリーでは、2002年にレッドラインが開業し、それ以降路線を増やしてきました。現在、路線は6本あり、総延長約193km、駅は148ある。地下鉄とはいうものの、高架橋や地平区間が多く、純粋な地下駅は38駅あります。

建設費用は日本のODA援助(円借款)による割合が大きく(ムンバイでは建設費用の5割が円借款)日本の費用が使われています。日本の国際協力機構を通じた東京メトロの情報提供を通じて、デリー・メトロ側が採用。

広軌に関しては、三菱電機、三菱商事による外資系コンソーシアムが落札し、三菱電機が電装品を納入。
乗車方式は日本の地下鉄などと同じであり、駅の券売機もしくは窓口で乗車券を購入後、自動改札機に通してホームへと向かうものとなっています。運賃は距離に比例して高くなる方式です。

日本の援助が入っているのですが、タイのバンコクやアジアの他国のように日の丸とインドの国旗をプレートにつけて説明書きをいれてほしいと思いました。(これも親日家をつくるのに必要なことです。円借款であっても日本の国税が使われてますからね。)

日本と同じく朝夕は通勤ラッシュで混みますが、日本人のように遅くまで働く日とは少ないです。(東京などでは残業で帰りが22時~24時になることは当たり前ですが。夜遅くでも混んでいますが、デリーはその時間はそうでもない。)

使い心地はよかったです。ただ、運転はインドらしかったですWブレーキのかけかたとか。あと、平気で横入りしてくるなW日本ではしっかりと整列するんですがW席の取り合いがすごい。

ベトナム・ホーチミン・地下鉄1号線!日本のODA援助で建設中!

場から近い場所にある地下鉄1号線の駅ベンタン駅の建設現場。1号線はベンタン⇔スイティエン間を走る地下鉄です。
日本のODA援助による資金で地下鉄建設中。請け負っている会社は日本の大手ゼネコンの清水建設と前田建設。双方が一緒になり建設しております。
日本の血税から流れる資金援助(一応、円借款のようですが)もこのような形で日本人に感謝してもらえるように看板を出してくれるなら有益です。

こういったODA援助は無駄だという方もいらっしゃいますが、一種の外交戦術でもあります。これを生かすも殺すも日本政府の出かたしだいではあります。(実際には日本企業の進出が容易になったり日本にも利点があります。=これは日本にとっても有益です。対日感情もさらによくなります。日本にとっても有益です。ゼネコンにもお金がおちますしね。)

ポルトガル・リスボンの地下鉄

リスボンの地下鉄!空いていました。リスボンはポルトガルの首都ですが、人口は55万人程。
欧州で50万を超える都市は欧州では大都市の部類に入ります。
日本では100万人以上の都市が大都市と呼べると思いますが。
リスボンの地下鉄路線は合計4路線あります。

10626524_782749791748235_2943937072589669188_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
ポルトガル・リスボンにて 9月15日





イタリア・ミラノ・地下鉄利用

ミラノの地下鉄に8年ぶりにのります^_^前回は利用せずでした。
前々回利用して以来です。地下鉄1号線〜3号線まであります。
10603407_775618629128018_2289039762651653026_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
欧州 イタリア・ミラノにて 8月31日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

フランス・パリの地下鉄車両でラップ(ヒップホップ)を歌うラッパー!ジャーナリスト大川原 明!潜入

フランス・パリの地下鉄車両内でラップ(ヒップホップ)を歌うラッパー!A Rapper is singing Hip-hop,Metro of Paris ,France ,大川原 明!潜入!

昨年9月にフランスのパリを2年ぶりに再訪。その際に久しぶりに­地下鉄利用しました。
パリは、スリやひったくりの犯罪が多いですが、地下鉄でもよくおきております。
そして、歌を歌うなどして、寄付金を求める人々も多いです。
今回、ラッパーがラップを唄っておりましたが、なかなか聴きごたえのあるものでした


国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

マフィアの町!イタリア・ナポリの地下鉄乗車!

平成26年(2012年)8月に2年ぶりにイタリアを再訪!ローマからイタリアの高速列車フレッチャロッサを使い、イタリア南部最大の都市であるナポリを訪問。
ナポリ到着後、歩いて駅から2キロ程の距離の宿にいきました。チェックイン後、ナポリ市内を散策。港周りからの街並み。
ナポリで感じた事は、ゴミが道端に非常に多い事です。あまり綺麗な町ではないですね。浮浪者も多いですし、東南アジアでよくみられる信号待ちしている車の窓拭きお金を得ている人々も多かったです。
日本でも都道府県により格差はありますが、(豊かな県とそうでない県等。)イタリアは南にいけば行くほど経済は遅れております。得意げ

、イタリア南部にある都市で、その周辺地域を含む人口約96万人の基礎自治体(コムーネ)。カンパニア州の州都であり、ナポリ県の県都でもある。ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市で、南イタリア最大の都市である。都市圏人口は約300万人。

ナポリは、ナポリ湾に面した港湾都市であります。
風光明媚な景観から「ナポリを見てから死ね」(日本のことわざでいうところの「日光を見ずに結構と言うな」)と言われ、温暖な気候から観光都市としても知られています。
旧市街地は「ナポリ歴史地区」として世界遺産に登録されております。ラブラブ!

ナポリ周辺にも、ヴェスヴィオ火山やポンペイの遺跡、カプリ島などの観光地を有する。 イタリア第二の港町
製鉄、製油、化学、自動車、航空機、食品加工などの工業も盛ん出ございます。
1980年には地震により大きな被害を受けた100万都市です。旧市街は世界遺産に登録されております。
また、ナポリはマフィアの街としても知られ、傘下団体約130、構成員約6300人がいるカモッラの拠点として知られている。

世界の地下鉄シリーズ・アメリカ・ロサンゼルスの地下鉄!旅行ジャーナリスト大川原 明!乗車ルポ動画!

世界の地下鉄シリーズ!アメリカのロサンゼルス編!
アメリカのロサンゼルスに訪問時に、ハリウッドにあるユニバーサルスタジオを訪れる際­­に地下鉄を利用しました。
夜はギャングや浮浪者がたまり危ないみたいなので注意が必要で­あ­ります。
地下鉄車両内ではホームレスの人が脱尿(糞??)しており、匂いが車両に充満し­てお­り、びっくりしました。
駅には駅員がおらず、夜は地下鉄を利用しないほう­が無難­です。
現地にて実写、解説動画!

アメリカ・ロサンゼルスの地下鉄!!

今回のテーマは
アキーラさん乗車!アメリカ・ロサンゼルスの地下鉄!!

アメリカのロサンゼルスに宿泊時に、ハリウッドにあるユニバーサルスタジオを訪れる際に地下鉄を利用しました。目
夜はギャングや浮浪者がたまり危ないみたいなので注意が必要であ­ります。
地下鉄では​ホームレスの人が脱尿(糞??)しており、匂いが車両に​充満しており、びっくりした。駅には駅員がおらず、夜はなるべく地下鉄を利​用しないほうが無難。叫び

2012年2月23日にアメリカ本土初上陸した。6年前にハワイには行った事があるが、アメリカ本土は初めてである。
6年前のイギリス以来となる、英語母国語国で久しぶり­に本場の英語漬けになった。(仕事や知り合いのネイティブ達には使っていたが)
今回、訪れたのはアメリカの西海岸最大の都市であるロサンゼルスとその周辺の都市である。こ­の辺りは気候が暖かく、ビーチもあり雰囲気がよかった。日系人も多く、ヒスパニックも多くエキゾチックな場所だった。べーっだ!

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明