国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

クルージング

【聖地】インド・バラナシ・ガンジス川クルーズ【沐浴、火葬、朝日等】

バラナシは、インドのウッタル・プラデーシュ州ワーラーナシー県の県都。
人口は約120万人(2011年)。 ガンジス川沿いに位置しヒンドゥー教の一大聖地として、インド国内外から多くの信者、巡礼者、観光客を集めるインド最大の宗教都市である。街の郊外には、釈迦が初めて説法を行ったサールナート(鹿野苑)がある。 バラナシ、ヴァーラーナシー、ヴァーラーナスィー、と各表記がある。また古くは「カーシー国」とも称され、波羅奈国とも称された。ヒンドゥー教・仏教の聖地として重要な都市。かつては英領植民地時代に制定された英語表記のBenaresの誤読により「ベナレス」とも日本語で称された。

4大インダス 文明の地は今はパキスタンとなっているインダス川流域。ガンジス川は沐浴する人々がいると習いましたが、実物をみました。
火葬し、遺灰を川に流したり、洗濯したり、沐浴したり、髪の毛洗ったり様々な光景を見ることができました。カンガーは想像以上にすばらしいです。

現地実録動画は下記

↓↓↓↓↓

インド・ムンバイ・インド門前の湾

インド門前は、湾になっています。
明日は、このボートでクルーズを楽しみます。水夫と料金交渉します。提示額によっては、値段交渉しますW
こんな感じのボートは、4年半前にバングラデシュのダッカ訪問した際に、交渉してブリゴンガ川をクルーズしました。

12141620_1042469679109577_5334322520082057367_n

12718146_1042466189109926_6240377157154692477_n

イタリア・水の都・ヴェネツィア(ベニス)昼の水運巡り!旅行ジャーナリスト大川原 明!現地撮影!

水の都ベニスの異名を持つヴェネツィア。
ベニスは英語名。イタリア語名はヴェネツィアもしくはベネチア。
多くの島々があり水運が張り巡らされてます。
ヴァポレットという海上バスで水運巡り。
また訪れたいと強い衝動にかれれる都市でした。
お薦めでございます。

イタリアの北東部に位置するコムーネ。ヴェネト州の州都、ヴェネツィア県の県庁所在地­である。

中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都­」「アドリア海の真珠」などの別名をもつ。英語では「Venice」と呼ばれ、これに­由来して日本語でもヴェニス、ベニスと呼ばれることもある。