国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

軍国酒場

【軍歌】 薩摩・鹿児島県鹿児島市の軍国酒場!軍歌三昧 !

平成26年(2014年)11月15日に鹿児島県を訪問。明治維新の立役者となった外­­様の雄藩であった薩摩藩の地です。知覧の飛行場(知覧平和特攻記念館)を訪問した後­に訪問。

10401403_812411222115425_3755811245344776708_n

たまたま、鹿児島市街で食事をし、歩いていたら、軍歌が聞こえてきました。

ビルの外まで聞こえてきたのですが、ビルの中に入るとこんな感じです。

4階に店があります。
鹿児島市街地天文館にある軍国酒場に突撃訪問!臨時で入隊いたしました!配給をいただ­­き、戦線で活躍し、満期除隊!

1522146_812427105447170_1968112725072256446_n
出征兵士を送る歌、青年日本を送る歌を歌いました!
80歳を越える女性がきりもりしております。(言語明瞭で元気な方です)

配給をいただきました。
1932473_812427078780506_9146519283304972253_n

さて、一杯!
1521702_812427085447172_1301128611242289405_n
雰囲気が出ております。
これは日露戦争の時のか?ロシア人っぽい人形が(笑)
10387647_812427095447171_8577071033303507161_n

昔は軍歌が歌える軍国酒場や軍歌バーといったジャンルの店は昔は全国各地にあったので­すが、このような軍国酒場は激減しました。

鹿児島を代表する繁華街「天文館」。特に山之口本通り界隈は飲み屋街となっております­。
この近くで薩摩の黒豚を食べて、車をとめていた駐車場に戻る途中、ビルから軍歌が聞こ­えてきたので、気になりみてみました。
ビルの上のほうから聞こえてくるのですが、気になりました。看板をみると軍国酒場の文­字が。
気になり、上に行くと軍歌が大音量で流れておりました。
少し入りずらい雰囲気はありましたが、入店。
この軍国酒場、ビルの入口にも書かれていたが「天文館で50年」の老舗。

軍歌を唄いました。お気に入りの出征兵士を送る歌!

10303383_812427072113840_1799291442036735100_n

店内の張り紙や写真や小道具、軍服を着せたマネキンや装備品などは全てママが長年あつ­めてきたもの。
食糧を「配給」。
呼び方はゆで卵は「手榴弾」
ビールは「魚雷」、焼酎は「爆弾」。
店を出る際は「満期除隊」。

鹿児島天文館の九龍城砦・祗園ビルの4階

下記が、動画です。店内の様子がよくわかります。

80歳を過ぎたママさんが、経営しておられますが、
健康問題でいつ、閉店になるか分かりませんが、長生きして頑張ってほしいものです。
このような軍国酒場は逆に今の若者からすれば
新鮮味があるかもしれません。
全国で軍国酒場が復活することを願います。