国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

旅行ジャーナリスト

【海外で車やバイクを借りる際の注意点】タイ・チャーン島

110CCのスクーターを借りました。ホンダ製です。昨年4月にプーケットでは250CCのホンダのフォルサを借りましたが、今回は110CC。

費用は2日間で500バーツ《日本円で1700円弱》

チャーン島はタイで2番目に大きな島ですのでスクーターがあるといろいろな場所にいけます。

バイクを借りる際の注意点ですが、借りる業者を吟味する。基本的には大丈夫なとこ多いですが、たまに詐欺、悪徳業者がいる。
悪徳業者の見分け方として、顔つき、話しっぷり等で見極める。

今まで世界でバイクや車、ジェットスキーレンタルで悪徳業者に酷い目にあった日本人を多くみてきました。

車を借りる祭はトヨタ、バジェット、ハーツなどの大手がよいです。

借りる前に必ず傷や車両の状態を従業員と確認。必要に応じて、写真撮影。

運転は日本で慣れていても海外では交通規則を守らない人々は多いので注意が必要。運転は安全運転を心掛けねばなりません。

車にしてもバイクにしても日本で乗り慣れていない人々は借りるべきではありません。

写真では露出が高いですが、事故を起こした際に、肌露出していると大きな傷になり、大出血を起こす可能性があるのでなるべく露出は少なくするべきです。

バイクレンタル業者は保険に加入していないとこばかりですが、加入した旅行保険、カード保険が適用になるかを確認してください。

16797704_1325807240775818_7676080407682475328_o

最近はもっぱら車ですが、中免(今は普通自動二輪)持っているので400CCまでは運転できますし、学生の時に車と併用してカワサキノ250CCのバリオスや50CCのスクーター、90CCのスクーターを持っていたので運転は手馴れたものです。
400も友達から借りてよく乗っていました。

海外での運転はオーストラリアでは車持ってましたし、フィジーでは125ccのスクーター、パラオ、ベトナム、タイ、インドでの運転経験もあります^ ^

海外での現金管理に関して

【海外での現金管理に関して】
海外をあまり行った事ない方は、海外での現金管理に関してどのようにすればいいかと感じる方はいると思います。

短期なら日本円もしくは国際通貨である米ドルやユーロをもって現地で両替で大丈夫です。

中長期で周る場合は、どうしたらよいか。
今回は4万円と米ドル1500バーツだけ持って来ましたが、クレジットカードでの現地キャッシングがほとんどの国では出来ます。なので日本から多額の現金を持ってくる必要はありません。

カードが使えるところはカード払い。なくなればカードでのキャッシング。私は、SMBC信託銀行のカードを持ち、口座にお金入れてますが、シティーバンクの支店で現地通貨で直接講座からおろすこともできます。

昨日は、カードキャッシングにて10000バーツ(約33000円)をATMでキャッシングしました。(手数料が700円弱かかるので1回で多めにおろしました。)

これから他国の辺鄙な場所にいく際に、ATMで引き落としが出来ないとこもあるので日本円や米ドルを持参しています。
カードが使えるとこでは極力、現金を使わないのがコツです。16388035_1306407572715785_8147918177148772720_n

微笑みの国タイへ!9か月ぶりの再訪

9か月ぶりのタイ】無事にバンコクに到着。SQ(シンガポール航空)の子会社であるスク-ト初利用。

いわゆるLCC(格安航空会社)の発着は新しいスワナプーム国際空港ではなく古い空港のドンムアン空港です。
ドンムアンは4月にバンコクからプーケットに行く際にエアアジアを利用しましたが、その時に利用。

スワナプームはシティエアポートリンクと呼ばれる電車が走るようになり便利になりましたが、ドンムアンからはタクシーかバスです。
タクシーでないと宿泊ホテルまでいけませんのでタクシー利用。

昔に比べバンコクもタクシーのぼったくりは減りましたが、海外慣れしていない日本人だと思われると足元をみられ、メーター踏み倒ししてくる運転手もいるので注意です。(自分は一回も被害に遭ったことはないですが)

空港からホテルまで高速代合わせて250バーツほど。チップは50バーツ渡し、300バーツ支払いました。(日本円で1000円程)

最初の4泊は疲れをとるのもあり以前に泊まったことのある4つ星ホテルに宿泊します。

国により片道入国では入国できない国もあるのですが、バンコクはほとんど確認されません。
30日分の滞在許可をもらいました。

16195095_1302008136489062_3008432885731072798_n

当時東洋一!台湾で今でも尊敬される八田興一が建てた「烏山頭ダム」

親日家が多い事でも知られる台湾。そんな台湾で尊敬される日本人の一人が日本人技師である八田興一です。八田興一が台南市に建てた烏山頭ダム。ダムは1930年の完成当時に東洋一の規模を誇るものでした。烏山頭ダム建設による灌漑整備によりダム周辺は台湾最大の穀倉地帯になりました。

今回は、台湾の教科書に載るほど台湾の人々に尊敬されている八田興一が建てた烏山頭ダムをご紹介いたします。

たびねす記事は下記をクリックしてご覧ください。
↓↓↓↓↓
たびねす記事

【世界に流通する日本語】インド・デリーのレイブパーティーのカクテル神風!

世界の多くのバーにあるKAMIKAZE(神風)のカクテル。本日のパーティー会場にありました。

神風特攻隊。先の大戦、終戦間際に神風特攻隊による攻撃がおこなわれ、米軍を恐怖の底に陥れたのは事実です。戦後、その神風特攻隊の話しが世界の多くの国に伝わり、津波(TSUNAMI)と同じく、世界中の多くの人々が知っている言葉でもあります。

カミカゼは、ウォッカベースのカクテルです。
発祥地はアメリカであると言われ、その味の切れの鋭さから太平洋戦争における日本海軍の神風特攻隊を彷彿とさせたからといわれています。

作り方は下記です。

ウォッカ、コアントロー、ライムジュースをシェイク
氷を入れたオールド・ファッションド・グラスに注いでステア
ライムのスライスを飾って供する。

台湾・台中・逢甲夜市!

台中市内の若者向けの夜市である逢甲夜市。ファッション系のお店が多く、夜になると屋台が営業し(昼間から営業しているのも多い)、賑やかな夜市。台中では、台中一中街とともに訪れていただきたい場所です。

深夜着でも安心!ムンバイの国際空港内にある「ニランタエアポートホテル」

WEBの旅メディア「たびねす」に旅記事寄稿!
今回のお題は、深夜着でも安心!ムンバイの国際空港内にある「ニランタエアポートホテル」
インド最大の都市ムンバイ。日本からの飛行機だと夜到着になる事が多いですが、ツアー参加でない場合、深夜のタクシー移動は不安です。そんな時にお薦めのホテルがムンバイの国際空港内にある「二ランタエアポートトランジットホテル」です。
ホテルは空港内なので、空港外に出る事なくチェックインできます。4つ星ホテルで館内は豪華な造りになっており、清掃もいき届いており清潔、従業員の対応もよくお薦め出来るホテルです。

 

たびねす記事は下記をクリックしてご覧ください。

↓↓↓↓↓

たびねす記事

ベトナム・クチトンネルにてM16などの自動小銃やマシンガンが試射できる

ベトナム・クチトンネルにてM16自動小銃試射

ベトナムのクチはベトナムの南都のホーチミンから車で1時間30分程の距離にあります。
ベトナム戦争では、ベトコンが大きな米兵相手にトンネルを掘りゲリラ戦を展開したところとしても知られます。
ベトナム戦争での痕跡を知ることが出来るクチトンネルですが、M16やAK47等の自動小銃(ライフル)M1 Garandなども。)、他にもM60などのマシンガンもおかれており、試射出来ます。