国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

旅行ジャーナリスト

ブータン航空!B3-701!タイ・バンコク→ブータン・パロ(カルカッタ経由)

ブータン航空にてインドのカルカッタ経由でブータンへ。
ブータン航空はブータンに来なければ利用しない珍しい航空会社です。昔、航空券を手配やパッケージを手配していましたが、一回もブータン航空手配したことありません。今まで35以上の航空会社利用してきましたが、国営のブータン航空初利用。

ブータン航空の2レターはB3
プレミアムエコノミーの席です。

機材は、LCCで多用されるエアバス320の兄弟機、エアバス319で3-3の配列。小型ジェット機です。

ブータン航空の保有機材は4機のみ。
1機はプロペラ機。あとの3機はエアバス319です。かつては小型のプロペラ機のみの運行である意味、秘境への飛行機という雰囲気があったようです(揺れを考えるとジェット機のほうがよいですが)

一睡もしておらず36時間近く起きてますが、限界がきてます。夕食まで1時間30分程仮眠をとります。
到着地のパロと首都のティンプーですが、高度は2500メートル程。睡眠不足もあり、高山病も心配していましたが、今のところ問題ありません。
朝から夕方までブータン人の英語ガイドに名所を案内してもらえました。

【運がよかった】ブータン航空のプレミアムエコノミー席の最前列3A。エコノミーが空いてなかったので往復追加1800バーツ(6000円くらい)でプレミアムエコノミーにしたのですが良かったです。6000円で往復プレエコに出来るならお得です。

しかも運が良かったのは窓側を伝えたら(景色の写真を撮りたいので)、プレエコの最前列3Aに。
前は壁をはさんぜビジネス(1~2がビジネス)。プレエコでもシートピッチがある最前列で足をのばせました。
インドのカルカッタまで誰も隣にいなかったです。

でもインドのカルカッタに到着して、インド人が多く乗ってきたのですが、同じ3Aの人がいて問題になりました。いわゆるプレエコのオーバーブック、ダブルブッキング。カルカッタの空港カウンターの地上職員が間違えて予約したのか。

ビジネスが空いてればビジネスへ無料アップグレードを客室乗務員にたのもうかと思ったのですが、ビジネス空いておらず。そしたらブータン人が後ろに移動するとのことで、事はすみました。
自分が移動するよ!といったのですが、彼女は後ろに

旅行会社大手のHIS(エイチアイエス)が労働基準法違反の疑いで、法人としての同社と幹部を書類送検!

【以下産経新聞記事から抜粋】
 旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS、本社・東京都新宿区)が従業員に違法な長時間労働をさせていたとして、厚生労働省東京労働局は14日、労働基準法違反の疑いで、法人としての同社と幹部を書類送検した。

 東京労働局などによると、同社は平成27年、法人向けの営業担当者2人に対し、それぞれ月110時間、月135時間の残業をさせるなど、労使協定で定めた上限(月78時間)を超える違法な残業をさせた疑いが持たれている。

 同社は26年以降、労働基準監督署から5回の是正勧告を受けていた。昨年3月には同局の過重労働撲滅特別対策班(通称・かとく)が調査に入り、従業員の勤務記録などを調べたところ、実際の勤務状況と記録が乖離(かいり)していたという。かとくは同年7月から強制捜査に切り替え、関係者から事情を聴くなどしてきた。

平成29年(2017年)6月10日・東京都杉並区阿佐ヶ谷・プロボディーガード栗林寿行氏によるPodcastプロ・ボディーガード公開収録にゲスト出演(共同開催)

【詳細】
プロボディーガード栗林寿行氏によるPodcastプロ・ボディーガード公開収録

日時:平成29年(2017年)6月10日(土曜日)19時~
場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷地域区民センター
JR中央線阿佐ヶ谷駅近く

お題:激動の時代を迎える世界
海外の治安と危険回避方法
国際事情に関して


講演会参加者は27名(会場が24名の小さい会場だったので定員超過でした)
講演会後に阿佐ヶ谷駅近くの居酒屋で懇親会を開催しました。
21時~開始しましたが深夜2時30分頃まで談笑しました。

講演会参加者の方々との交流(私のYouTubeチャンネル登録者中心)

【海外治安注意喚起】どのように強盗やひったくり被害を防ぐのか?

チャンネルをご覧いただいている方から
下記質問をいただきましたのでご回答させていただきます。

1.以前、グアムや秋葉原で無差別殺人事件が起きてましたが、無差別殺人事件に遭わないようにどのような対策すればいいですか?
2.強盗に遭わないようにどのような対策すればいいですか?
3.日本人が狙われない国はありますか?
4.アキーラさんは治安を気にしてますか?
5.ブエノスアイレス市内で一般タクシーに乗車する際、一切日本語を使わず、スラスラとスペイン語で運転手には分かりやすく交渉すればいいですか?
6.中南米やスペインでは英語が話せなくても私の大好きなスペイン語だけ話せれば大丈夫ですか?
7.一人で海外に行くならガイドやツアーを頼んだ方がいいですか?

6月10日(土)19時~!東京都杉並区阿佐ヶ谷地域区民センター!激動の時代を迎える世界!海外の治安と危険回避方法!

前に告知させていただいた
東京都心での講演開催決定しました。
詳細は下記です。

【詳細】
日時:平成29年(2017年)6月10日(土曜日)19時~
場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷地域区民センター
JR中央線阿佐ヶ谷駅近く

お題:激動の時代を迎える世界
海外の治安と危険回避方法
国際事情に関して     2時間ですが、講演会後に近くの居酒屋等で懇親会を開催。

小さい会場の関係上、先着20名とさせていただきますが
参加希望の方は氏名と連絡先を明記の上、下記Eメールアドレスまでご連絡ください。

E-mail:last-samurai-akira@hotmail.co.jp

それでは参加をお待ちしています。

21世紀最初の独立国「東ティモール」の首都ディリで訪れるべき場所

WEBの旅メディア「たびねす」に記事寄稿!
今回のお題は、21世紀最初の独立国「東ティモール」の首都ディリで訪れるべき場所
21世紀最初の独立国である東ティモール。インドネシアの東にある小さな共和国です。1999年の東ティモール紛争、2006年~2008年の国内政治混乱で治安が悪化していた国ですが、2010年以降は政情が安定しています。国内には綺麗なビーチや山が多くあり、これからの観光開発に期待がもてる国です。
今回は皆様に、地球の歩き方でも扱っていない「東ティモール」の首都のディリで訪れるべき場所をお伝えします。

記事は下記をクリックして

ご確認ください。

↓↓↓↓↓

たびねす記事