国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

たびねす記事

洒落た雰囲気が漂うシアトル・ウォーターフロントおすすめ観光名所

WEBの旅メディア「たびねす」に旅記事寄稿!今回のお題は、洒落た雰囲気が漂うシアトル・ウォーターフロントおすすめ観光名所

アメリカ西海岸北部にある水と緑に囲まれた美しい都市シアトル。ここは、マイクロソフトに代表されるソフトウェア産業や、世界にチェーン展開するスターバックスやタリーズなどのシアトル系コーヒーの本拠地として知られています。

そんなシアトルで最もお薦めなのがウォーターフロント。ここには数多くの観光名所があり、洒落た雰囲気があります。今回はウォーターフロントのお薦めの観光名所を皆様にご紹介します。
記事閲覧は下記をクリックしてください

↓↓↓↓↓
たびねす記事

眠らないビーチリゾート「パタヤ観光」イチオシスポット

微笑みの国タイの首都バンコクから165キロ程東南にあるパタヤ。ここはベトナム戦争時の米兵の保養地として、1960年代から発展したビーチリゾートで、安宿から高級ホテルまで数多くの宿泊施設があります。周辺には多くの観光名所があり、夜ともなればナイトライフも楽しめるリゾートです。今回は、眠らないビーチリゾート・パタヤで訪れるべき場所と楽しみ方を皆様にご紹介いたします。
記事閲覧は下記をクリックしてください。
↓↓↓

たびねす記事

ボーイング発祥の地シアトル!航空マニア必見の「航空博物館」

【超お薦め!】ウェブの旅メディア「たびねす」に記事寄稿!今回のお題は、ボーイング発祥の地シアトル!航空マニア必見の「航空博物館」

アメリカ西海岸の北端にあるシアトルは、IT産業やスターバックスやタリーズコーヒーに見られるシアトル系コーヒーの本拠地として知られています。しかし、それだけではないのです。シアトルは、旅客の世界市場を二分するボーイング社発祥の地でもあります。

ボーイング社発祥の地であるエリオット湾沿いにある「航空博物館」。本物の飛行機が150機以上展示されており、航空マニア必見の博物館です。
記事閲覧は下記をクリックしてください。
↓↓↓↓↓

たびねす記事

世界で最も住みやすい都市バンクーバーで訪れるべき5つの場所

旅のウェブメディア「たびねす」に旅記事寄稿!今回のお題は、世界で最も住みやすい都市バンクーバーで訪れるべき5つの場所!
カナダの西の玄関口であるバンクーバー。カナダ3位の人口を有する大都市でありながら自然を身近に感じられる環境にあり、世界で最も住みやすい都市と言われています。2010年に冬季オリンピックを開催し、国際的知名度がさらに増しました。冬は厳寒という印象が強いカナダにあって最も温暖な都市であり、冬の観光も支障なく出来ます。今回は、皆様にバンクーバーで訪れるべき5つの場所をご紹介します。
記事閲覧は下記をクリックしてください。
↓↓↓↓↓

たびねす記事

21世紀最初の独立国「東ティモール」の首都ディリで訪れるべき場所

WEBの旅メディア「たびねす」に記事寄稿!
今回のお題は、21世紀最初の独立国「東ティモール」の首都ディリで訪れるべき場所
21世紀最初の独立国である東ティモール。インドネシアの東にある小さな共和国です。1999年の東ティモール紛争、2006年~2008年の国内政治混乱で治安が悪化していた国ですが、2010年以降は政情が安定しています。国内には綺麗なビーチや山が多くあり、これからの観光開発に期待がもてる国です。
今回は皆様に、地球の歩き方でも扱っていない「東ティモール」の首都のディリで訪れるべき場所をお伝えします。

記事は下記をクリックして

ご確認ください。

↓↓↓↓↓

たびねす記事

豊かな自然と素朴さが残るタイ「チャーン島」で秘境感を堪能!

WEBの旅メディア「たびねす」に旅記事寄稿!
今回のお題は、豊かな自然と素朴さが残るタイ「チャーン島」で秘境感を堪能!

タイの東部、カンボジアとの国境近くにあるチャーン島。タイではプーケット島の次に大きな島で、島内には綺麗なビーチが多くあり、内陸部の山々の景色も美しいです。海と山、双方楽しむ事が出来、発展著しいタイの中において、のどかな自然と雰囲気が残り秘境感が味わえる島です。

今回は皆様に、豊かな自然と素朴さが残り秘境感が味わえるタイ「チャーン島」をご紹介いたします。

下記をクリックして記事をご確認ください。
↓↓↓↓↓
たびねす記事

東洋最後の秘境ブータンの首都「ティンプー」で訪れるべき5つの場所

WEBの旅メディア「たびねす」に旅記事寄稿!
今回のお題は、東洋最後の秘境ブータンの首都「ティンプー」で訪れるべき5つの場所

東洋最後の秘境と呼ばれているブータン王国。国王夫妻が2011年に来日し、国会での国王のスピーチに感動した方も多いと思います。国民の幸福度が非常に高い国と知られるブータン。そんなブータンの首都のティンプーは信号機のない首都として知られ、1国の首都とはいえのんびりとした雰囲気が漂っています。

今回は皆様に、ブータン王国の首都ティンプーで訪れるべき5つの場所をご紹介します。

記事は下記をクリックして
ご覧ください
↓↓↓↓↓

たびねす記事

シンガポール随一のナイトスポット「クラークキー」でナイトライフを満喫

旅のウェブメディア「たびねす」に旅記事寄稿!今回のお題は、シンガポール随一のナイトスポット「クラークキー」でナイトライフを満喫

シンガポールでナイトスポットといえばクラークキー!お洒落なバーやクラブだけでなく、食事が出来るレストランから気軽に利用できるファーストフード店もあります。カップルのデートスポットとしてだけなく、男性同士、女性同士でも楽しむ事が出来る場所です。
今回は皆様にシンガポールのナイトスポット「クラークキー」の楽しみ方をご紹介いたします。

 

下記をクリックして記事をご覧ください。
↓↓↓↓↓
ここ

台湾で神様になった日本人!森川清治郎巡査が祀られる嘉義県の富安宮

旅のWEBメディア「たびねす」に記事寄稿!今回のお題は、台湾で神様になった日本人!森川清治郎巡査が祀られる嘉義県の富安宮

親日家が多い台湾。そんな台湾で尊敬される日本人の1人が森川清治郎巡査です。日本統治時代1897年に渡台し、嘉義県副瀬村の派出所勤務となった巡査は、治安改善や教育改善等、村の発展に貢献。村の中心にある富安宮は、森川巡査が亡くなった後に巡査を慕う地元の人々により建てられ、巡査は土地神として祀られています。

今回は、台湾の人々に尊敬されている森川清治郎巡査が祀られる富安宮をご紹介いたします。

記事閲覧は下記をクリックしてください
↓↓↓

たびねす記事

当時東洋一!台湾で今でも尊敬される八田興一が建てた「烏山頭ダム」

親日家が多い事でも知られる台湾。そんな台湾で尊敬される日本人の一人が日本人技師である八田興一です。八田興一が台南市に建てた烏山頭ダム。ダムは1930年の完成当時に東洋一の規模を誇るものでした。烏山頭ダム建設による灌漑整備によりダム周辺は台湾最大の穀倉地帯になりました。

今回は、台湾の教科書に載るほど台湾の人々に尊敬されている八田興一が建てた烏山頭ダムをご紹介いたします。

たびねす記事は下記をクリックしてご覧ください。
↓↓↓↓↓
たびねす記事