国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際ジャーナリスト

【未承認国家】モルドバ共和国→親露派ドニエストル共和国の首都のティラスポリ!

渡航歴70か国+未承認国家1か国
親露派が牛耳る沿ドニエストル共和国に(モルドバ政府の統治が及ばず、事実上独立状態にあるが、国際社会で国家承認されていない未承認国家)
単独での渡航は緊張します。ここまでいくには幾つかの方法があるのですが、そのうちの1つがバス。
モルドバの首都のキシニョウから1時間に1本以上でており、時間は2時間前後(距離でいうと60キロほど)
費用は37レウ(240円程)。

日本人はおろか、アジア人は自分だけ。
ドニエストル共和国側に入る際のモルドバ側の出国審査は無し(モルドバはドニエストル共和国の独立を認めていない)、ドニエストル共和国に入る前に、審査があります。
バスから降りて、事務所に行き、パスポートを提出。
以前は、用紙に記入する必要があったのですが、今は記入の必要はなくなり、口頭での質問に答える感じです。
向こうはあまり英語が話せず、ロシア語で話しかけてきますが、なんとなく言っている意味が分かったので、片言の英語(時折、ロシア語を混ぜ)て会話。
日帰りと伝えたのですが、3日間の滞在許可をもらいました。
スタンプはパスポートに押されず、写真右の証明書を渡されます。

日本のパスポートは世界で最も強い効力のあるパスポートといっても過言ではありません。。旧ソ構成国内では、アメリカに対しての感情が悪い国が多く(反露派の国々も)、アメリカのパスポートを出すと、嫌悪感を示す審査官が多いのが実情(これは、中東諸国においても同じ)。

しかし、日本を嫌う国々は周辺諸国のみで
日本と聞くと世界のほとんどの国々の人々はよく思うのは事実です。

※日本と国交のあるモルドバ共和国の統治が及ばない
未承認国家である沿ドニエストル共和国ですが、覚悟がない人々は、訪れるべきではありません。
それは、国家未承認で日本との外交関係は無しなので、日本大使館、外務省の効力が及ばない事がありえるからです。(正確にのべれば、親露派の国でロシアが援助している国なので、ロシアに助力を願えばですが)自己責任の上での渡航です。

もちろん小生は諜報のプロとして事前の情報収集は緻密におこなっていますので、そこらへんの素人とは違い、危機管理能力を発揮し、危険回避をおこない、無事に調査を終える自信はありますが。

見所が固まっているので周りやすかったです。
ドニエストル川、複数のロシア正教教会、旧ソの匂いを感じさせる数多くあるブロンズ像
トランスニストリア戦争時に使用された戦車。旧ソを称え、戦争時の様子が良くわかる歴史博物館訪問などなど。

フランス・パリ・オペラ地区!日本食街!2018年5月12日テロ現場!現地視察!警察による警備強化

【パリのオペラ地区を警戒警備中の屈強そうな警察官】

先々月5月12日に21時ごろ、パリのオペラ地区でナイフを持った男が通行人5人を襲撃する事件が起きました。

29歳のフランス人男性1人が死亡、54歳の女性と34歳の男性が重症、26歳女性と31歳男性が軽症を負いました。
犯人は駆けつけた警察によって刺殺されました。

現場となったのはブックオフの前の通り。
人通りが多く、日本企業の支店が複数あります。

これを受けて、警察はオペラ地区の警備を厳重にし、パトカー1~2台配備し、6~7人の警察官が常駐しています。

フランスはここ4年で数多くのテロ事件が起きています。
フランスの諜報機関は事前にテロリストの様々な情報を得ていますが、警察との連携の中、警備が薄いところを狙う傾向にあります。
テロはこれからも起きるでしょうが、テロ現場に遭遇したら逃げることを優先させるべきです。

オランダはかつては反日国だったのか?今はどうなのか?現地アムステルダムより発信


【オランダはかつては反日!?】
オランダは欧州の中ではポルトガルと同じく古くから交易があった国です(17世紀から)。江戸幕府、3代将軍、徳川家光の時代に鎖国政策が整い、欧州ではオランダだけが交易を認められるようになりました。

先の大戦では、オランダ領インドネシアなど南方でオランダとも激しい戦闘を繰り広げた日本。その後の独立に繋がったインドネシアの人々はオランダの圧制に苦しんでいたのは事実で、日本軍進駐を歓迎し、日本軍が進駐しやすいように内から協力したのは事実です。

第二次世界大戦が終了し、オランダが再び、インドネシアを占領しようとしましたが、インドネシアは日本に見習えと独立戦争を4年5か月にわたり展開し、独立を勝ち取りました。(これには数多くの残留日本兵がインドネシア独立のために尽力したのは多くの人々の知るところとなっています。)

そんな経緯があり、戦後、オランダは反日国でした。
ネットでは嘘情報(フェイクニュース)が垂れ流しになっており、フランスやタイが反日だったとか、反日だとかどこかのカルト宗教の信者や左派が嘘を流していますが、絶対にそれはありません。
ネトウヨと揶揄されるろくに海外に出たこともなく、世界の真実を知らない、民族派のように活動も出来ない自称自認保守(カルトが垂れ流すフェイクニュースに踊らされている人々)は真実を見極める目をもったほうはよい。というよりも海外に出て、自分の目と耳で確認しなさいと。

しかし、オランダがかつて反日であったのは事実です。
しかし、戦後73年が過ぎ、戦争体験の世代が減り、今では反日国ではなく、親日知日の人々も戦後世代を中心に増えています。
実際に多くのオランダ人と接して(今までの人生でも)、日本に対して良い感情をもつ人々が増えていると実感しています。

隣国のように反日教育による洗脳をしていませんので、いつまでも謝罪や賠償といっている人々ではありません。
まず、先の大戦では、日本は負けました。勝てば官軍、負ければ賊軍のごとく、敗者は歴史上では悪くなるわけです。

しかし、日本が戦わなければインドネシアの独立はなかったのは事実で、そういった意味では、負けはしたものの、日本が欧米列強にたちむかったことには意義があるのだと思います。

オランダとは先の大戦では戦いあったものの、欧州の中では古くから交易のある国です。そういった意味では日本にとっても感慨深く、大切な国だと思います。
天皇皇后両陛下は行幸啓されたオランダ。
さらなる日蘭友好を現地より願っています。

オランダ・アムステルダム・ダム広場!独立を目指す東トルキスタン共和国亡命政府、ウイグル人団体との交流

【独立を目指す東トルキスタン共和国亡命政府、ウイグル人団体との交流】

アムステルダムのダム広場では、法輪功やウイグル人の団体が中国共産党に対しての抗議活動を展開していましたが、両者に聞き取り調査をさせていただきました。

まずは、法輪功では北京出身でアムステルダムの大学に留学している男性より話しをききました(英語力はかなりの上級者)。

その次に、ウイグル人の団体に聞き撮り調査。
現在、オランダに居住しているウイグルの人々です。ここにいる方のお父さんや兄弟が、刑務所か政治収容所に入れられており、数多くのウイグル人が中国共産党により虐殺されていると訴えていました。

日本が先の大戦で敗戦した4年後、1949年、国共内戦で勝利した中国共産党は中華人民共和国を建国すると、国民党勢力の残存していた地域へ侵攻してこれを制圧。これによって新疆は中華人民共和国に帰属されることとなった。この地域の中華人民共和国による併合後、民族名称はウイグル族と公式に定められました。

中国共産党は1950年頃から新疆ウイグル自治区に漢族を中心とする新疆生産建設兵団を大量に入植させました。
当初、入植当初人口7パーセントだった漢族が1991年には40パーセントになりましたが、このような方法は確実な併合とするべき、中国共産党の策略の1つです。

ウイグルは石油と天然ガスの埋蔵量が豊富ですので中国共産党としてもこの地区は絶対に手放したくないのです。

旧ソ解体、東欧の民主化(ルーマニアのチャウシェスク政権崩壊など)、ユーゴスラビア解体など、共産社会主義国であった国々が、次々と民主化し、連邦を組んでいた国では連邦内の国々が次々と独立。
その世界的な動きに乗じて、ウイグルでも独立の気運が高まりました。数多くの抗議でも活動を展開し、多くのウイグル人が中国共産党が送り込んだ公安や警察などに逮捕、処刑されました。

2009年ウイグル騒乱は非常に大きなもので、漢人と争った多くのウイグル人が犠牲になりました。1万人近くが行方不明になり、処刑もしくは多くある収容所に送られたとのことです。

欧州を出た後に、旧ソ構成国でもあった中央アジア(カザフスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、キルギスなど)に赴きますが、ウイグル人の多い国々です。
これらの国々はではウイグルの機関が連携しています。

「東トルキスタン国」の建設を名目として活動を世界で展開しています。

2015年8月にタイのバンコクの江ラワン廟で爆破テロ事件があり、死者20名を出しました(現地踏査済)。
当初は、タイ国内の政治デモの争い、南部のイスラム独立派の仕業と考えられていましたが、タイ政府は、この1か月前に、亡命を目指していたウイグル人109人をシナ(中国)に強制送還した報復であったという見方が、タイの諜報機関の調査の見解です。

ウイグル、内モンゴル、チベットでは中国共産党が支配を続けるために、徹底的な言論封殺と圧力、外部への情報漏えいを防ぐことをしていますが、平和や人権と訴える日本共産党や社民党などの左派政党はこの問題に関してどのように考えているのであろうか。

共産党信者、共産社会主義者はある意味、カルト宗教の信者と同じです。カルト宗教のようなものなのです。教祖や上がいう事により洗脳され、真実を見極めることが出来ずに、目的達成のためには平気で嘘をつく。
こわいものです。

ちなみに、ウイグル地域には日露戦争前後に日本人が渡り調査をしていました。
1902年から1908年および1910年にかけては大谷探検隊、1905年には上海亜同文書院二期生の波多野養作、林出賢次郎、桜井好幸、1906年には参謀本部将校の日野強と上原多市が入りました。
彼らは情報収集活動をおこなっていましたが、ロシア動向を探るものであったのです。

大日本帝国陸軍は、満州、モンゴル、ウイグル、チベットやイスラム教勢力などを支援することによって、ソ連や中国共産党などの共産主義勢力を包囲する戦略として「防共回廊」政策がありました。

大日本帝国時代の諜報員に、西川一三がおり、 1945年に内モンゴルより河西回廊を経てチベットに潜行。戦後、インドを経て帰国した。ほかに木村肥佐夫も同様に諜報員としてチベットに入りましたが、両者にチベット入りを指示したのは戦後、A級戦犯として処刑された東條英機でした。

日本の諜報員はかつて海外で諜報業務についていました。
正直な話し、先の大戦で負け、GHQにより骨抜きにされた現代に日本においても海外で諜報活動に従事する人々が・・・。

ちなみに、現場にはシリア人もおり、色々とシリアの内情を教えて頂きました。

記念にウイグル人やシリア人と記念撮影。

国民幸福度が世界3位のアイスランド、杭鬱剤の処方は世界一!アイスランドの実情に

【黒澤明監督が知られているアイスランド&国民幸福度が3位の国!杭鬱剤処方世界一!?アイスランド視察を終えての感想】 初訪問のアイスランド。

日本の反対側に来たという感じがした日本の北海道の1.3倍、人口33万人の小国です。 気温は夏場の日中の平均気温は10度から14度、夜間平均最低気温は5度~8度、冬場はメキシコ暖流などの影響からわりと温暖な国。

多くのアイスランド人と接しましたが、My name is Akiraと回答するとAkira Kurosawaと黒澤明監督の名前がよく出てきました。これはアイスランドに限った話しではなく、欧州ではよく知られた日本人の1人です。 七人のサムライなどの黒澤明監督の映画が欧州各地で放映されてきたのが要因。

オランダのあとは、3年8か月ぶり5回目のフランス・パリに。パリで開催されるジャパンエキスポを6年ぶりに視察予定ですが、あの自国が一番と自信を持っているフランスにおいても黒澤監督の知名度は非常に高いものがあります。

フランスは反日などという嘘情報がネットで出回っていますが、フランスは知日、親日の国。ジャパンエキスポの動員数をみれば分かることです。日本の武道である柔道、剣道、合気道、薙刀の実演、日本の文化、食、アニメ、ゲームなどのブースがある一大イベント。

アイスランドは 前述したとおり、漁業国家。気候柄、農作物は他国から輸入しているものが多いのですが、最近では温熱を利用した農作物栽培もおこなわれています。

【首都】レイキャビク
【日本との時差】-9時間(グリニッジ標準時)
【日本からの便】直行便がなく、欧州他都市経由
【ビザ】90日以内滞在で観光目的ならビザ必要なし
【税金】25.5パーセント付加価値税
【治安】近年は外国人窃盗団による窃盗やリーマンショック    
後の自国民による軽犯罪が増大しているが良好
【交通】鉄道が敷かれないないので国内移動はバスや飛行機、レンタカーなど
【チップ】不要
【政治体制】共和制
【人口】約33万人
【言語】アイスランド語  英語の通用度は非常に高く、高レベル
【通貨】クローナ
【物価】高税率と農作物を他国から輸入しているものが多いので物価は世界有数の高さ。
【国民】アイスランド人96.5パーセント(ノルマン系中心、ケルト系や混血も多い)

アイスランドは国民幸福度が世界3位の国として知られます。 この要因として考えられるのは以下です。 ・社会保障の充実 大学までの教育費や医療費が無料。 これには日本の消費税にあたる付加価値税が25.5パーセントと高率であるから出来る事です。 ・男女平等ランキング1位 世界経済フォーラム発表の男女平等ランキングで長年1位 ・労働環境が整っている ・温泉などの自然が豊富(人工的ストレスがあまりない)

しかし、世界で3番目に幸福度の高い国と知られる反面、杭鬱剤使用比率も世界有数です。矛盾した話ではありますが、事実です。 何故、アイスランド人々は杭鬱剤を使
用する人々が多いのか、聞き取り調査や自己の見解では やはり、気候が大きな要因かと。夏場は日が沈まずによいのですが、冬場になると暗黒の世界が広がります。 午後2時~3時には暗くなるなど。冬場は温暖とはいえ、氷点下まで下がるアイスランド。そういった気候的な要因が大きいと思います。

熱帯諸国などに比べて温帯(冷帯に近い寒い地域は特に)、冷帯諸国の国々のほうが自殺率が高いのを考えると 気候は大きな要因であると思います。 アイスランド国民は気候柄、南欧の人々のような能天気さを持ち合わせる人々は少ないですが、真面目でよく動く、わりと親切な人々が多いというのが私のアイスランド訪問でのアイスランド人の印象です。

捕鯨国家アイスランド・レイキャビク・鯨料理堪能!捕鯨問題を考える

【アイスランド名物の1つ鯨料理を堪能】
私は必ず中長期海外渡航で1か国に1回はその国の名物料理を食べるようにしています。お金はそれなりにかかりますが、せっかく他国に来たのであれば、その国の名物料理を食べなければです。

アイスランドは前述したとおり、日本と同じ漁業国家です。日本と同じく、年々、漁師の数は減ってはいるものの、漁業国家として名を馳せています。そして日本と同じ捕鯨をおこうなう国家としても有名。
よって、アイスランドの家庭には海鮮系料理は良く出ますし、鯨も食べている人々は多いです。

アイスランド近海では、北大西洋海流と北極方向からの寒流がぶつかり潮目を形成しており、この付近の海域は世界有数の漁場となっています。このため漁業は、古くからアイスランドの基幹産業す。

タラやアロンガ、ハドック、カレイ、ヒラメなどが獲れます。
日本はアイスランドから大量のカラフトシシャモを輸入しています。

アイスラドはEU非加盟国ですが、漁業資源の統制を失う懸念、捕鯨国であるという事が、EUへの加盟を拒否している理由です。

海外にあまり出たことなく、世界を知らない人々からすると白人=反捕鯨みたいな人々が多いのですが、それは間違いで、白人国家の中にも色々とありますし、白人の中にも色々な民族があり、白人全体を一色にして話す無知な人々がいるのは悲しいものです。

まず捕鯨国家は白人国家の中にも多くあります。アイスランド、ノルウェー、ロシア、フェロー諸島(デンマーク)、カナダなど。
アメリカも反捕鯨を訴えながらも一部で捕鯨がおこなわれています。

国際捕鯨委員会加盟国で
今後、捕鯨を行うことに賛成か、反対かの対立構造があり、2010年5月時点で国際捕鯨委員会(加盟国88カ国)の内、捕鯨支持国は39カ国、反捕鯨国は49カ国です。

一部の過激な反捕鯨団体であるシーシェパードやグリーンピースなどをあげて、アメリカやオーストラリア、イギリス、フランスなどの反捕鯨国が全てあのように捕らえてしまう人々がいますが、それは間違いです。

私は豪国に2年間居住(留学)しましたが、確かに豪国人の94パーセントは反捕鯨の考えです。しかし、一部の海外を知らない自称自認保守(ネット情報を鵜呑みにして世界事情を知らずにネトウヨと揶揄されている)の人々はオーストラリアは反捕鯨、日本を提訴したから反日だ!反日糾弾!などと言っている姿にはどれだけ、世界を知らない井の中の蛙なんだといいたいです。
現地踏査、現地で聞きとり調査(居住が望ましい)すればわかります。

確かに、豪国人のほとんどは反捕鯨。しかし、なんで、日本人は鯨を食べるんだ?食べる必要ないだろ?と思う程度で、裏から金をもらって活動している偽善団体の人々とは違います。(日本でも政治活動をおこなっている団体は裏から金がまわり活動している連中が多いが。最近では保守を標榜する団体がカルト宗教から)それでもって豪国人が反日だというのはあまりに単純すぎます。

現地に長期居住した身からすると思っていても口に出していわないですし、そこまで考えていない。先の大戦では太平洋戦線で戦いあった中ですが、戦後は貿易&人的交流で密接な関係にある日豪両国家。

日本の文化も入り、対日感情も良い国です。高校の授業では外国語の選択授業で日本語があるほど日本語学習者も多い。白人国家の中(正確にいうと移民も多いが)で一番日本語学習者が多いのではないか。

いずれにしても、氏素性の知れない人々が書いたネットでのフェイクニュースは多いですが、マスゴミなどと揶揄する前に(マスコミの情報とネット情報ではマスコミの情報のほうが真実が多い)しっかりと見極めれる力を身につけてほしいものです。

海外で犯罪被害に遭わないために日本人らしさを消す方法!〇〇すると?

海外では日本人=お金持ちというのが未だに強いのが実情です。
よって海外犯罪者集団の間では
日本人をカモにする人々がいるのが事実です。
そんな中、日本人らしさを消す秘訣をお教えします。

海外渡航前の散髪と現地でビザを取る時に必要な顔写真撮影

海外渡航前の散髪と現地でビザを取る時に必要な顔写真撮影。

海外渡航前の散髪をしました。
海外中長期渡航する際は確実に短髪のほうがよいです。
(理由としては髪が乾きやすいし、万が一の戦闘状態になった場合、長髪だと髪を掴まれて不利になる可能性がある)

今回は欧州(西欧、東欧、旧ユーゴ、旧ソ構成国)、中東、中央アジアと渡航地域が多岐にわたるために、事前の情報収集は念入りにおこなっていますが、査証が必要な国々が複数あります。
基本的に現地の空港や陸路越境の場合の検問所でビザをとれる国がほとんどです。その時に、顔写真が必要になる国があり、事前に用意しました。
国により大きさが異なりますが、4.5×3.5と5×5の2つの大きさ計12枚を用意。

海外中長期渡航で様々な国々を周遊擦る際は事前の情報収集をしっかりとおこなってから用意周到にして出発するのがプロです。

今回は未踏国家中心に25か国は訪問しますが、その国の治安や政情、国際関係や問題、宗教、文化や風習、歴史、思想、対日感情などを熟知しておくことが安全に周る秘訣です。
現地の人々と接する時に、話してはいい事といけないこともありますし、好まれない行動もあり、そういった事を事前に知っておかねばです。

平成30年6月9日東海道新幹線のぞみ265号事件!22歳男逮捕!防犯対策!海外では?

6月9日に東海道新幹線のぞみ号265号において1名死亡&2名負傷の3名殺傷事件がおこりました。
2015年に同じく東海道新幹線車両内にて焼身自殺を図った男が近くにいた女性を巻き添えにした事件がありました。

こういった事に遭遇した場合の
対応策は?

日本は島国という事で
人を疑うことやこういった事例になれていないのが実情です。日本は戦後、平和を享受していますので余計にそうなっているのだと思います。

私は海外調査において
海外の高速列車、寝台列車、長距離列車、電車、地下鉄などを利用してきました。
欧州の一部諸国や北米、インド、タイなどではテロを警戒してセキリュティーチェックをいています。

しかし、日本の新幹線の場合
本数も多いので、なかなか1人1人をチェックするのは難しいのが実情です。

監視カメラ増設、複数の警備員を車両に常駐。
非常時の対応策を乗客に教えるなどの対策が求められます。

【米朝首脳会談開催地】(現地実録映像)シンガポールのセントーサ島やカペラホテルはどんな所なのか?

【米朝首脳会談開催地】シンガポールのセントーサ島やカペラホテルはどんな所なのか?

観光に力を入れているシンガポール。
そんなシンガポールで目玉となるのがセントーサ島。

セントーサ島は、カジノやユニバーサルスタジオ、ビーチ
マーライオン像、水族館、室内スカイダイブ、飲食店街、ホテル等々がたまる複合のリゾートです。

1日いても飽きないのがセントーサ島。
ホテルも複数あり、セントーサ島内に宿泊も出来ます。

今回、宿泊場所となるであろう
カペラホテルは島の中央にある高級リゾートです。
一番狭い部屋でも77㎡と広いのが特徴です。
2009年に出来た客室数112部屋を持つリゾート。
レストランやバー、プール、フィットネスセンター、スパなどの施設も充実し、非常に満足の出来る滞在が出来るホテルです。