国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

海外のホテル

タイ・バンコク・昨秋できたマリオットホテル

I visited Marriott Marquis Queen’s Park on Soi22,Skuhumvit road in Bangkok.(Before this hotel was Imperial Queens park hotel)バンコク市内スクンビット大通りソイ22のインペリアルクイーンズパークホテルが昨秋、マリオットホテルに変わりました。米系のホテルですが経営は、現地のビール会社であるチャンビール。(世界各地にホテル展開しているのは米系が非常に多い、他にフランスのアコーグループも)
フロント周りはあまり変わってませんね。全般的に改装してかなり綺麗になりましたが。

16473596_1309782499044959_2855782358689969531_n

タイのホテルの多くは朝食で味噌汁を提供する?

タイは日本人観光客が多いのとタイ人でも味噌汁飲む人がいるのもあり、一定以上のホテルになると朝食ブュッフェに味噌汁がついているホテルは多いです。

今までにタイ国内70以上のホテルに宿泊しましたが、味噌汁提供しているところが多かったです。16425725_1304917449531464_592644567451900631_n

深夜着でも安心!ムンバイの国際空港内にある「ニランタエアポートホテル」

WEBの旅メディア「たびねす」に旅記事寄稿!
今回のお題は、深夜着でも安心!ムンバイの国際空港内にある「ニランタエアポートホテル」
インド最大の都市ムンバイ。日本からの飛行機だと夜到着になる事が多いですが、ツアー参加でない場合、深夜のタクシー移動は不安です。そんな時にお薦めのホテルがムンバイの国際空港内にある「二ランタエアポートトランジットホテル」です。
ホテルは空港内なので、空港外に出る事なくチェックインできます。4つ星ホテルで館内は豪華な造りになっており、清掃もいき届いており清潔、従業員の対応もよくお薦め出来るホテルです。

 

たびねす記事は下記をクリックしてご覧ください。

↓↓↓↓↓

たびねす記事

アキーラさん世界見聞録!世界1周総集編映像!第4弾!東欧・ブルガリア共和国!

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

総集編映像は下記をご覧ください。

ブルガリア・ソフィア・日本ホテルと呼ばれるマリネラホテル!?日本庭園!何故、日本ホテル?

ソフィアで宿泊しているマリネラホテル。1980年代共産党支配化に建てられたホテルです。前述したとおり、日本の御三家ホテル・ニューオータニが建てたものです。設計は建築家の黒川紀章です。
10年少し前にドイツの0会社にわたり、今は他の別会社が経営してますが、現地の人々から日本ホテルと呼ばれ親しまれてます。
5つ星のホテルで、日本庭園等日本に関連したものも多く残っております。

遊牧民体験を堪能!大草原のモンゴル・テレルジ国立公園ツーリストキャンプ

旅メディア(WEB)たびねすに旅記事寄稿!今回のお題は、遊牧民体験を堪能!大草原のモンゴル・テレルジ国立公園ツーリストキャンプ
モンゴルの首都ウランバートルから最も近い保養地であるテレルジ。ウランバートルから北東50キロ程の場所にある国立公園です。テレルジ国立公園の中には、モンゴル遊牧民の伝統住居ゲルに宿泊出来るツーリストキャンプが複数あります。乗馬体験も出来ますし、奇岩も多くあり、風光明媚な場所です。
今回は、タミルウェルネスツーリストキャンプを例にあげて、この国立公園内で楽しめる遊牧民体験をご紹介します。

 

たびねす記事は下記をクリックしてご覧ください。
↓↓↓↓↓

たびねす記事

【台湾の1泊2200円の安宿】台湾・台中・台中駅前・富春大飯店(ホテル)

【台中で宿泊した台中の1泊2200円の安宿】
台中駅前で立地条件抜群。古くて清潔さにはかけますが、日本統治時代に建てられた窓からは、駅舎を見ることが出来ます。(駅前で騒音は煩いですが)従業員は、英語や日本語は通じず、大学時代に第二言語としてならった北京語を使用しています。北京語といっても片言しか話せませんが。まとに勉強していなかったので。(大学1年の時は)
漢字をかけば意思疎通できたりしますが。

英語は2年間豪国留学にて、英語習得。それなりに自信があります。(TOIECは最高850点。英会話学校NOVAのレベルは上から2番目の8。仕事においても英語を使用してきた自分です。)

宿はインターネット予約せずに直接ウォークインにてチェックイン。最近、ネット予約が流行り、ネット事前予約しないととれないこともあるので事前のネット予約を自分もするようになりましたが、昔ながらのウォークインにてチェックイン。

ドイツのミュンヘンで、ウォークインで宿探したら10軒近く空きがなかった苦い経験ありますが。

短期海外渡航の場合は、4つ星~5つ星のホテルも宿泊しますが、中長期での海外渡航は、基本的に安宿に宿泊します。1泊1~3万もするホテルを半年間泊まり続けたらいくらになるかを計算していただければ分かると思いますが、経費削減です。

世界1周総集編映像!第2弾!フィリピン・セブ!

世界1周!第2弾!フィリピン・セブ!

セブは6日間滞在
成田空港からフィリピン航空(通称PAL)のPR435便を利用しました。登場時間は安定しておりました。千葉から小笠原諸島を通りました。
機材はこないだVN(ベトナム航空)を利用してサイゴン→セントレア利用したのと同じエアバスのA321 -200で3-3の配列の小さな飛行機でした(格安航空会社が利用するA320の兄弟機ですが、席数はそれより40~50席多く、シートピッチもある。)モニターがない飛行機でした。(共有のモニターすらなし)
フィリピン航空は正直なところあまり利用したくない航空会社の一つですが(絶対利用したくない航空会社ではない)、今回のフライトはよかったです。一時は安全面で欧州への乗り入れを禁止される程でしたが、欧州線も復活。機内食もよかったです。
セブに行くには直行であれば成田、セントレア、関空から出ております。マニラ経由の便もあるんですが、やはり直行便がよいです。
入国審査は想像以上にゆるいと感じました。もっと厳しいかと思ったんですが。
早速、ホテルにチェックイン。セブの空港はセブシティーがあるセブ島ではなくリゾートがたまるマクタン島にあるんですが、マクタン島のリゾートに宿泊です。オンザビーチのプール付きの宿で部屋はオーシャンビューです。

アキーラさん&珍太郎さん!フィリピン・セブ島潜入記!

たびねず記事寄稿!セブ島「ビー・リゾート・マクタン」お手頃価格で優雅な時間を

旅メディアたびねずに旅記事寄稿!今回のお題は、セブ島「ビー・リゾート・マクタン」お手頃価格で優雅な時間を

先週、セブで宿泊したお手頃価格の4つ星ホテルです。セブのお手頃価格の4つ星ご希望でしたらお薦めします!

セブのマクタン島にある「ビー・リゾート・マクタン」は2008年に出来た洒落たブティックリゾート。新しいだけあり、清潔感にあふれたホテルです。海との一体感を感じるプール、その先にあるプライベートビーチ、オープンエアで開放的なレストラン&バー!今回は、南国気分を味わえるお手頃価格のリゾートを皆さんにご紹介いたします!

旅ねず記事は下記

↓↓↓↓↓
旅ねず記事

【治安大丈夫?】フィリピン・マニラ現地潜入ルポ

フィリピンのマニラと聞くと治安が悪いという印象を持つ人々が非常に多いと思います。­確かにアジアの中では犯罪率は高く決して治安は良いとはいえないのが実情ですが、果た­してどうなのでしょうか?屈強な男性であれば行動さえ注意すれば特に問題はないように­思います。

しかし、スラムがマニラ市内に多くありますのでスラムには単身で入らないように注意が­必要です。

フィリピンのマニラを訪問時、数多くの場所を訪問。エルミタ地区から徒歩で散策。パシ­­ッグ川を渡ったらトンド地区です。川の河口。北側です。
マニラ市内には数多くのスラムがありますが、その多くがこのトンド地区にあります。
スモーキー・マウンテンの名で知られるごみの最終処分場もこの地区に存在していました­­。
この国では観光客を狙った睡眠薬強盗が流行っています。
飲み物を飲まないか?とすすめられるのですが(睡眠薬入り)、それを飲むと睡眠薬によ­­り、眠りにつきます。
その後、貴重品等奪われ、身ぐるみはがされるのです。日本のパスポートは裏で高値で取­­引きされていますので、パスポートはホテルの金婚いれておきましょう。
そして多額の現金を持たない。
飲み物をすすめられても飲まない。まず、腕っ節に自身のないでのあれば、スラム街に近­­づかない事が必要です。
間違って入ってしまう事もありますので、その時は、速やかに離れるようにしましょう。