国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

世界の面白映像

【世界に流通する日本語】インド・デリーのレイブパーティーのカクテル神風!

世界の多くのバーにあるKAMIKAZE(神風)のカクテル。本日のパーティー会場にありました。

神風特攻隊。先の大戦、終戦間際に神風特攻隊による攻撃がおこなわれ、米軍を恐怖の底に陥れたのは事実です。戦後、その神風特攻隊の話しが世界の多くの国に伝わり、津波(TSUNAMI)と同じく、世界中の多くの人々が知っている言葉でもあります。

カミカゼは、ウォッカベースのカクテルです。
発祥地はアメリカであると言われ、その味の切れの鋭さから太平洋戦争における日本海軍の神風特攻隊を彷彿とさせたからといわれています。

作り方は下記です。

ウォッカ、コアントロー、ライムジュースをシェイク
氷を入れたオールド・ファッションド・グラスに注いでステア
ライムのスライスを飾って供する。

【喧騒感に満ちたインドのバラナシ】インド・バラナシ(ヴァーラーナシー)旧市街!

喧騒感に満ちたインドのバラナシの旧市街。

バラナシは、インドのウッタル・プラデーシュ州ワーラーナシー県の県都。

人口は約120万人(2011年)。 ガンジス川沿いに位置しヒンドゥー教の一大聖地として、インド国内外から多くの信者、巡礼者、観光客を集めるインド最大の宗教都市です。

街の郊外には、釈迦が初めて説法を行ったサールナート(鹿野苑)があります。 バラナシ、ヴァーラーナシー、ヴァーラーナスィー、と各表記があるのですが、古くは「カーシー国」とも称され、波羅奈国とも称された。ヒンドゥー教・仏教の聖地として重要な都市。

かつては英領植民地時代に制定された英語表記のBenaresの誤読により「ベナレス」とも日本語で称されました。

4大インダス 文明の地は今はパキスタンとなっているインダス川流域。ガンジス川は沐浴する人々がいると社会科の授業で習うと思いますが、死体を焼き、遺灰を川に流したり、洗濯したり、髪の毛洗ったり様々な光景を見ることができました。カンガーは想像以上にすばらしいです。

インド・デリー・オールドデリー(旧市街)をリキシャで巡る!

インドのデリー。ニューデリーは開発が進み綺麗な街並みなんですが、オールドデリーは古い町並みが残っています。
喧騒感に満ちたオールドデリー散策は非常に刺激があります。

徒歩での散策もよいのですが、サイクルリキシャに乗って街を巡るのもよいでしょう。
日本の人力車が起源のサイクルリキシャやオートリキシャ。

インドは経済発展著しく、ここ10年、20年で非常に変わっています。インフラは整いはじめ、高層ビルもたちはじめ。物価もかなり高くなりました。
デリーはインドの首都ですので、ニューデリーを中心に開発が進んでいます。ニューデリーは想像以上に小奇麗でびっくりしましたが、オールドデリー最寄りの駅について降りた瞬間!インド!と思いました。雰囲気がニューデリーと違います。
この生臭い雰囲気はいつまでも残ってほしいですね。

タイ・バンコク・パッポン通り!買い物、偽ブランド、ゴーゴーバー!!

タイのバンコク。買い物、土産購入といったら、パッポン通りと呼ばれる程、多くの露店があるパッポン通り。偽ブランドも多く売られています。

パッポン通り沿いにはストリップのゴーゴーバーが複数ありますし、ゲイ通りも近くにあります。

日本人向けのカラオケスナックが多くあるタニヤ通りもすぐ近く。これらの通りと併せて散策するとよいでしょう。

台湾・台北・暴走族ばり?大量のバイク集団

世界中を周り、バイクが多い都市はベトナムのホーチミンと思いますが、台湾の台北もバイク天国です。台湾は経済発展してもバイク(スクーター)人気です。

理由としては、
1.渋滞回避
2.車通勤だととめるとこがない(駐車料金高い)
3.ガソリン代は車に比べかからない。
4.MRTは通勤ラッシュ時に混雑する

等です。

【世界で使われる日本語】タイのプーケットの看板??津波?世界の共用語?

世界の共通語になっている日本語!津波!タイは地震の心配がほとんどない国です。タイの北部において小さな地震がたまに起こる程度です。(日本の地震とは比べ物になりません。)
しかし、インドネシアのスマトラ沖で頻発するM8~9の大地震による津波の被害はあります。特に2004年のスマトラ沖の地震の祭にプーケットやピピ島、他数多くのビーチが津波の被害にあいました。
世界各地の津波の被害になりえる国々では日本語の津波(TSUNAMI)という言葉を用いています。
世界の人々が知るもしくは使用される日本語はいくつもありますが、そのうちの一つが津波なのです。
近隣諸国で大地震があった際に逃げなければならないですが、このように避難経路の看板が多くあります。 英語でEVACUATION ROUTE=避難経路
プーケットで一番賑やかなのが歓楽街のバングラ通りがあるパトンビーチ。

【海外ベトナム注意喚起】ベトナム・ホーチミン・推薦状詐欺!

【海外ベトナム注意喚起】ベトナム・ホーチミン・推薦状詐欺師!Bike taxi driver in Saigon in Vietnam 国際ジャーナリスト大川原 明!現地ルポ

ベトナムで流行る推薦状詐欺とは!?インド以上に多くの人々が話しかけてくるベトナム。詐欺師が多いです。ある意味こうぃった人々との交流は面白いものです。からかってやりましたWW この彼はバイクタクシーの運転手なのですが、この○○さんはいい人です。楽しい旅が○○さんのおかげで出来ましたという実際に日本人が書いた推薦状を見せてきます。いわゆる推薦状詐欺です。(私が命名。)

ホーチミンにいるとよく 英語や日本語で話しかけてくる。 普通のバイクタクシーも多いが。売春斡旋、薬物斡旋等。女性だとレイプの被害も出てい­る。全てではないので完全否定出来ないですが。

推薦状詐欺とは、英語もしくは日本語が流ちょう­で、どこか観光しないかと誘ってきます。渋っていると 10名以上の日本人が書いた推薦ノートを見せられます。そこにはこの人は良い人です。 最初は不安でしたが楽しく旅をする事が出来ました。 この人は安心安全です。みたいな文言がかかれています。
そこで多くの人は安心してしまう­だろう。しかし、これには裏があるのです。
もちろん餌を得るために何人かの日本人にはよくす­­る。しかし、残りの8割方は脅したり、強引なお土産屋さんに連れてかれ、買うよう強­要される事が多い。仲間が出てきて暴行を加えられる事があります。旅慣れていない日本人が­か­かりやすい。詐欺です。

旅行でくる日本人の中には日本と同じように行動する人が多い。しかし、日本ほど安全な­国は世界にあまりないし、日本人はお金持ちで反抗しない大人しい人々というのがさらに­­こういった犯罪を生み出している。注意が必要です。そして売買春はほとんどの国と同­じく 違法である。安くもない金額を提示され、公安に逮捕、もしくは後で、脅される可能性も­あります。

インド・ムンバイ・悪徳旅行業者&行商人?麻薬&買春斡旋?現地ルポ

インドの観光地ではこんな感じで話しかけられます。
ムンバイ市内の観光名所であるインド門近くにきな臭い人々が結構いるのか。詐欺師や薬­­­の売人、買春斡旋業者等。
この彼は、政府の観光局の人間といい近づいてきましたが、嘘が話してわかりました。
諜報のプロですので人の見極めは慣れてます。まず、政府の観光局の人間が道端で勧誘は­­­おかしな話し!そしてレストラン斡旋とか。

インド・チェンイ・縁日の手動観覧車!

電動観覧車ではなく、手動観覧車かW祭り縁日にて発見

インド周遊旅行。インド第4の都市であるチェンナイ。インド5都市目となるチェンナイ­に到着。インド西岸から東岸まで飛行機で移動。インド4大都市の一つで1996年に植­民地時代の名称マドラスからチェンナイに改称。インドで4番目に大きな都市です。人口­は468万人です。
タミルナード州の州都であり、政治経済のの中心地であり、長い歴史を誇る都市です。
イギリス支配時に、交易の地として栄え、現在では南インドの中心的存在をになっていま­す。
諸外国の領事館、商社、銀行などもチェンナイに支店をもうけています。
映画の都としても有名で、市内西部に撮影所等が密集し、コリウッドと呼ばれるタミル映­画が数多く製作されています。
平成28年(2016年)3月20日撮影。