国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

台湾

台湾・高雄・安宿ゲストハウス・あひる家(日本人経営)

【1泊2100円の日本人経営の共同部屋宿ホステル宿泊】
高雄では日本人経営のアヒル家というホステルに宿泊。1室8人定員の共同部屋の宿です。
今まで世界各地で数百のホステルに宿泊しましたが、ここが一番だと思いました。
清掃がいき届き、非常に綺麗で設備も整っている。
立地条件もよく六合夜市から近いです。
従業員の対応もよいので満足のいく滞在が出来ます。

台湾・台中・台湾の日本車人気!警察車両も日本車!

かつて日の丸家電と呼ばれた日本の家電メーカー。最近では今まで日本が資金や技術援助してきたような新興国のメーカーが性能をあげてきて、安い価格帯で販売しているために日本の家電メーカーは追いやられているのが実情です。

家電メーカーとは違い、日本の自動車メーカーは好調で世界で販路、販売台数を拡大しています。
親日と呼ばれる台湾で走っているのは8割方が日本車。
現地の警察車両も日本車が選ばれる程です。

台湾・特急列車・自強号(嘉義⇒高雄)

台湾には日本から導入されたN700系の新幹線が運行していますが、昔からある特急列車の自強号も利用してみるとよいでしょう。

今回の区間は高雄から映画KANOで知られる嘉義までの区間。
自強号は、台湾版新幹線が11年前に開通する前に、一番速い特急列車でした。
イギリス製のEMU100型電車で1978年から運行開始。少し古さを感じますが、シートピッチがあり広々としています。1時間15分で到着。

【ニニ六ならぬニニ八事件?】台湾・台北・二二八和平公園

228事件。228と聞いて、226事件を思い浮かべる方がいると思います。226事件は、昭和11年2月26日から2月29日にかけて、日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1,483名の下士官兵を率いて起こしたクーデター未遂事件です。

それでは228事件とは!?
228和平公園は台北駅の近くにある公園です。日本統治時代の1899年に台湾初の洋風公園として造られた台北公園です。1947年2月28日に起きた228事件を記念し、1996年、当時の台北市長であった陳水扁前総統により現在の名前に変更されました。

公園内には228記念碑や池があり、人々の憩いの場になっています。ベンチもあるので休憩がてら訪れてみるとよいでしょう。

台湾における228事件。
日本が大東亜戦争で連合国軍に降伏し、敗戦した結果、日本は台湾から撤収しました。その後、蒋介石率いる中国国民党政府が台湾を接収。蒋介石政権は台湾の日本資産を搾取し、膨大な財産を手に入れました。
そして、本省人である台湾人を国語(北京語)もろくに出来ない、2等国民として扱ったのです。こうした大陸の人間(外省人)の台湾人軽視、搾取に対しての民衆蜂起が1947年2月28日におこったのです。日本統治が終わって2年4か月後の事です。

228事件が起こった事の発端は、台北市の闇たばこ業者である婦人を煙草専売局の闇煙草摘発隊が殴ったのがきっかけです。中国国民党の政策に反対していた台湾の人々がこれに怒り、デモ隊を引き連れ、専売局に押しかけました。その後、国民党の行政長官公署に向かったところ、機関銃を乱射されて、多数の死者を出しました。

これに憤慨した台湾人がこの公園にある放送局を占拠し、台湾全土に蜂起を呼びかけました。高雄や台南などで行政の奪還、外省人商店襲撃などが置き、台湾全土に運動は広がりました。

本省人側は国民政府に占拠されている諸施設へ大規模な抗議行動を展開。日本語や台湾語で話しかけ、答えられない者を外省人と認めると暴行するなどの反抗手段を行いました。

台湾住民の中には日本語が話せない部族もいましたが、日本統治時代に「君が代」は国歌として全ての台湾人が歌えたため、本省人たちは全台湾人共通の合言葉として「君が代」を歌い、歌えない者(外省人)を排除しつつ行進しました。また、本省人側はラジオ放送局を占拠。軍艦マーチと共に日本語で「台湾人よ立ち上がれ!」と呼びかけたのです。

台湾国内にいる軍隊だけでは収拾がつかず、大陸本土よりの増援部隊を要請。その後、28000人近い台湾人が虐殺されました。(この中に日本人が多数含まれているようです。)
この鎮圧は、日本統治時代に日本によるエリート教育をうけてきた知識層を根絶する目的もあったようです。

日本の統治からはずれ、蒋介石率いる中国国民党による支配は、台湾の人々に日本統治時代のほうがよかったと思わせる結果になりました。

中国共産党との内戦に敗れた国民党が1949年12月に大陸から遷都という形で台湾に逃れました。その後、台湾全土に戒厳令をしき、自由を無視した恐怖政治を強めたのです。

日本統治時代不は正は少なく、帝国大学も創設された台湾の経済は日本内地の地方都市を超えて東京と同じ水準でした。日本の統治を体験した台湾人にとって、国民党に変わって以降、治安の悪化や役人の著しい腐敗、軍人・兵士などの狼藉、さらに経済の混乱は到底受け入れがたいものであり、人々の不満は高まっていました。

台湾人は日本統治下の法治政治に慣れ、それを当然のものと考えていた為、警官や軍隊が群衆を無差別に虐殺する事態を想定してはいなかったのも被害者を増やした一因であります。

台湾東部・花蓮でマグニチュード6.4の地震!太魯閣観光の起点都市! 花蓮訪問者が語る

台湾東部・花蓮でマグニチュード6.4の地震!太魯閣観光の起点都市!
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
負傷者の早期回復&行方不明者の無事の救出と早期の復興を願います。

台湾は、平成28年(2016年)10月に2週間の日程で台湾を周遊、
台北⇒台中⇒嘉義⇒台南⇒福瀬村⇒高雄⇒台東⇒花蓮⇒太魯閣⇒台北と1周

【日本統治時代に建てられた石造りの建物】台湾・九份の街並み

平成28年(2016年)10月に訪問した台湾。台北から入り、東周りで台湾1周。
日本人にも人気の高い九份を訪問。

【日本統治時代に建てられた石造りの建物】人気の観光名所となっている・九份ここは、1893年に金鉱が見つかり、日本統治時代にはアジアのゴールドタウンと呼ばれた町です。

統治時代に、藤田組によりその最盛期を迎え、石造りの家などが雰囲気をかもし出してます。九份の街並みは、日本統治時代の面影を色濃くとどめており、路地や石段は当時に造られたものです。京都にも似たようなどこか落ち着く雰囲気があります。

2週間の日程で台湾を周遊
台北⇒台中⇒嘉義⇒台南⇒福瀬村⇒高雄⇒台東⇒花蓮⇒太魯閣⇒台北と1周

台湾で神様になった日本人!森川清治郎巡査が祀られる嘉義県の富安宮!世界を周ってきた大和男児アキーラが語る日本が素晴らしいと思える出来事!第7話!

台湾で神様になった日本人!森川清治郎巡査が祀られる嘉義県の富安宮!世界を周ってきた大和男児アキーラが語る日本が素晴らしいと思える出来事!第7話!

親日家が多い台湾。そんな台湾で尊敬される日本人の1人が森川清治郎巡査です。日本統治時代1897年に渡台し、嘉義県副瀬村の派出所勤務となった巡査は、治安改善や教育改善等、村の発展に貢献。村の中心にある富安宮は、森川巡査が亡くなった後に巡査を慕う地元の人々により建てられ、巡査は土地神として祀られています。

今回は、台湾の人々に尊敬されている森川清治郎巡査が祀られる富安宮をご紹介いたします。

土地神として富安宮に祀られる森川清治郎巡査

土地神として富安宮に祀られる森川清治郎巡査

写真:大川原 明

地図を見る

台湾中西部の木材や製糖業が盛んな産業都市である嘉義市。嘉義の鉄道駅からタクシーで30分程西に進んだ所にある東石郷副瀬村に、日本人の森川清治郎巡査が土地神として祀られる富安宮があります。

日本ではほとんど知られていない森川巡査ですが、台湾では多くの人々が知っており、尊敬しています。毎日のように観光バスが押し寄せ、多くの台湾人が富安宮を訪れています。

※タクシーは、嘉義の鉄道駅前にとまっているメータータクシーを利用し、運賃は700~800元程。帰りは、富安宮周辺にタクシーはとまってませんので、富安宮の管理人にたのみタクシーを呼んでもらいましょう。

村の発展に貢献

村の発展に貢献

写真:大川原 明

地図を見る

日本統治時代1897年(明治30年)に台湾に渡り、嘉義県東石郷副瀬村の派出所勤務となった森川巡査は、当時治安が悪かった村の治安改善に尽力しました。また、識字率が非常に低かった村において、教育の重要性を認識し、私費を投じて、日本から教材を取り寄せ、教師を雇い寺子屋を開き、識字率の向上に貢献しました。

自らを顧みず海で溺れかけている村人を助ける

自らを顧みず海で溺れかけている村人を助ける

写真:大川原 明

地図を見る

ある時に、海の岩場に取り残されて身動きが取れなくなっている村人がいました。森川巡査は、自らを顧みず危険な海に入り負傷しながらも村人を助けました。こういった自己犠牲の精神は村人達の尊敬される要因になったのです。

責任を感じ自決した巡査

責任を感じ自決した巡査

写真:大川原 明

地図を見る

台湾総督府が村に漁民税を制定した際に、役所に減税を求めるも聞き入れられず叱責を受けたのですが、村人の要望に応える事が出来なかった事に責任を感じ、巡査は拳銃を使い自決しました。後に巡査を尊敬していた村人達により富安宮が建設され、巡査は巡査は土地神として祀られたのです。

巡査の死後、1923年に副瀬村や近隣にコレラ脳炎などの伝染病が流行しました。当時の村長の夢に巡査が現れ、「環境衛生に心がけ、飲食に注意し、生水、生ものを口にせぬこと」ということを告げられました。内容を村民に伝え、村民がこれを守ったところ、伝染病の流行を免れることができたのです。

日本統治時代に開園した嘉義公園

日本統治時代に開園した嘉義公園

写真:大川原 明

地図を見る

富安宮と併せて訪れていただきたいのは、嘉義市内にある日本統治時代1911年(明治44年)に開園した嘉義公園です。公園内に嘉義神社が置かれたのですが、今も当時の社務所や灯篭、手水舎が残ります。社務所は嘉義史跡資料館になっており、貴重な資料が展示されています。

公園内には射日塔と呼ばれる12階建てのビルが公園内にあるのですが、展望台から嘉義市内の景色を見る事が出来るので展望台にのぼってみるとよいでしょう。公園の敷地は広大ですので、脱水症状にならないようにお水を持参することをお薦めします。

※嘉義公園は嘉義の鉄道駅から徒歩25分程。歩いていけないこともないのですが、タクシーを利用するとよいでしょう。

映画「KANO」の関連地としても知られる嘉義

いかがでしたか?台湾で尊敬される日本人の1人である森川巡査が土地神として祀られる富安宮。是非とも訪れていただきたい場所です。

嘉義県は、2014年の台湾映画「KANO」の舞台としても有名です。「KANO」は、日本統治時代に嘉義市に実在した嘉義農林学校野球部が昭和6年(1931年)の日本の甲子園大会で準優勝を遂げた実話を元に製作された映画です。せっかくなので映画「KANO」の関連地も併せて訪れるとよいでしょう。

台湾・嘉義市・嘉義神社!(日本統治時代建立・映画KANOの地)

日本統治時代、明治44年(1911年)に開園した公園です。公園内にはかつての嘉義神社(現在は忠烈祠)の名残が残っており、社務所はそのままの残っています。社務所内部は資料館になっており、貴重な資料が展示されています。

公園内は広く、見どころも多いですが日本的な香りのするものが多く残されているので
日本統治時代の匂いをかんじとってみるとよいでしょう。

善化駅(ぜんかえき)は、台湾台南市善化区にある台湾鉄路管理局縦貫線の駅。かつては台湾糖業鉄道玉善線、善化線が接続していました。
台南市のほぼ中央に位置するので、バス連絡で佳里、麻豆、玉井、烏山頭ダムなどへの要路を占めて居ます。

台湾・高雄・台湾糖業博物館【日本統治時代に創業の台湾製糖跡地】

【日本統治時代の痕跡】本日は高雄市内にある台湾糖業博物館を訪問。日本統治時代の明治34年(1901年)に三井財閥(主に三井物産)を中心にして設立された台湾製糖。台湾最初の新式機械製糖工場を建設し、明治35年(1902年)に操業開始。戦後、台湾企業が引き継ぎました。

工場は平成11年(1999年)2月に閉鎖となりましたが、そのままの状態で残してあります。日本統治時代から使われていた機械も多数あり、社員の住居として使われていた日本家屋が今も残っています。

台湾・烏山頭ダム・八田與一の銅像の首が刈られる?台湾で非常に尊敬される日本人 !

台湾・烏山頭ダム・八田與一の銅像の首が刈られる?台湾で非常に尊敬される日本人 !国際ジャーナリスト大川原 明!解説!

台湾の鳥山頭ダムの八田與一像の頭部切断。

台湾は昨年10月に現地踏査。
2週間で台湾を1周しましたが
鳥山頭ダムも訪問しました。

八田與一の銅像前で合掌しました。

台湾では教科書にものるほどの場所。台湾人に尊敬されている八田與一。
日台友好の証を破壊する行為を許されるべきものではありません。