国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

世界の民俗楽器

アキーラさん世界見聞録!世界1周総集編映像!第4弾!東欧・ブルガリア共和国!

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

総集編映像は下記をご覧ください。

【馬頭琴生演奏】モンゴル・ウランバートル・馬頭琴(モリンホール)製造工房!

モンゴルの楽器といえば馬頭琴が有名です。モンゴルの首都のウランバートル市内には、馬頭琴製造工房がいくつもあります。

日本でも最近、馬頭琴を習う人々が増えてきているようで(現在600人ほど)す。モンゴルから馬頭琴指導に日本にいくモンゴル人もいます。工房では製造過程を学べるとともに、馬頭琴をひかさせてもらら事が出来ます。

馬頭琴はモンゴルではモリンホールと呼ばれています。モンゴルの民俗楽器で、弦の本数が二本の擦弦楽器であり、モンゴルを代表する弦楽器です。日本では物語「スーホの白い馬」の中に出てくる楽器として有名です。

モリンホールは先端が馬の形を模した棹と、四角い共鳴箱、2本の弦から構成されています。
弦を支える駒が上下にあり、音程の微調整にも利用されます。本体は松や白樫を用いています。

下記は現地で撮影してきた映像です。
↓↓↓↓↓↓