国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際政治

タイ・バンコク・お薦めタイ料理屋BTSアソーク駅近く「SUDA」

I ate Thai food at Suda restaurant near BTS Asok station in Bangkok tonight. 今晩は久しぶりにバンコク市内アソーク駅近くのスダでタイ料理。美味でした^ ^
17362398_1360990407257501_1911496200147957725_n

17424791_1360990403924168_222796760890936655_n

17457530_1360990410590834_5898061787807143423_n

宿で仲良くなった韓国人とともに

17498841_1361594053863803_4112152687142704481_n

イスラム教徒のタイ人。性格が良い26歳の青年です。
最初、タイ人?(マレー系か?)と思ったのですがタイ南部のサトゥーンに住んでいる彼です。

17498459_1361629013860307_513784453466523570_n
サトゥーンは5年くらい前にマレーシア訪問時に帰りに
マレーシアのランカウイ島から海路越境をして
タイに入国した地でサトゥーンで入国審査を受けたので
懐かしく思いました。

タイ南部はイスラム教徒が非常に多い地帯です。
タイ南部はサトゥーン以外にプーケット、ハジャイ、ピピ島、ランタ島、マレーシアとの国境地帯に行った事がありますが
非常に多くのモスクがありました。

タイは仏教国として有名ですが、タイの南部は逆に
イスラム教徒のほうが多かったりします。
南にいけばいくほどイスラム率は高まるわけですが。

ハジャイにある大学を卒業し、インドネシアやフィリピンにも留学経験がある彼ですが、英語力も高く、私が英語力を落とす
ことなく会話が出来ます。

タイ南部のイスラム勢力の独立問題(テロが頻発)に関しても
話しを聞くことが出来ました。

日本にも来た事あるようでまた行きたいと
言ってます。

父親が数年前に亡くなったようなのですが
話しをきいていくと地主のようで
小作農の人々に畑を貸したりして
収入があるようでお金には困っていないようでした。
(裕福な部類に入るタイ人だと話しをしていて分かりました。)

これからインドに3か月いくそうですが、
将来的に輸出入のビジネスもしたいようで
将来的に輸出入のビジネスを考えている
自分とも話しが合いました。(自分の中では他にもビジネスプランがある)

在タイ15年のニュージーランド人男性とも仲良くなりました。
ニュージーランドは今年中に初潜入しますが
いろいろと話しを聞く事ができました。

17498624_1361638317192710_8267714871737394236_n
東ティモールに行ってきたといったら、元々、ニュージーランド軍にいたようで、1999年に東ティモールに派遣されてしばらく
治安維持のために従事していたようです。

やめた後に、アジアをバイクで周遊していたようですが、
タイで左隣に座っている奥さんと出会い、結婚して2人の子供がいるようです。

タイのイサーン地方に住んでいて
旅行でバンコクに来ているとの事でした。
ニュージーランドに行くと行ったら自分のお兄さんがいるから
自分にメールをくれればいろいろと案内してくれるといわれ、
メールアドレスをいただきました。

ニュージーランド人は日本に対して良い感情を
持っているのは話していて感じました。
日本には1990年と1991年に行った事があるようですが
かなり前だね!と話しをしました。

奥にいるのはスウェーデンからの観光客です。
少し話しをしました。

 

イギリス・ロンドン・英国会議事堂付近テロ!被害者にならないためには?

イギリス・ロンドン・英国会議事堂付近テロ!被害者にならないためには?

シンガポールの日本人墓地(寺内寿一陸軍元帥の墓や二葉亭四迷の碑、大日本除虫菊2代目社長の墓等

17309236_1358311047525437_1044510308080866287_n

シンガポールの郊外にある日本人墓地を慰霊訪問しました。

意外と知られてませんが、明治時代には既に多くの
日本人がシンガポールに住んでいました。
明治時代には既に日本人会が発足し、当時の日本人会
によってイギリス植民地政府より許可を得て
現在の場所に日本人墓地建立。

シンガポールで亡くなられた日本人。
南方軍総司令官の寺内寿一元帥のお墓
ロシアからの留学の帰りにベンガル湾上で船上で亡くなった浮雲などで知られる文豪・二葉亭四迷がシンガポールで火葬された経緯から碑があります。

他に先の大戦で亡くなられた
軍人、軍属を祀る慰霊碑もありました。

 

【スパイ容疑をかけられ自決した石原産業のシンガポール支配人】
これは偶然か。年に2~4回、大阪にいくといつも肥後橋の友人のタワーマンションに泊めてもらっていたのですが、20階のベランダからみる景色に江戸堀の
石原産業のビルが目に入りました。

エンドユーザーが一般消費者ではなくあまり知られていない会社ですので、正直どんな会社なのか初めて見たときは知りませんでしたが、東証一部上場の大手化学メーカーです。

戦前から海外に積極進出していた会社ですが
終戦により海外拠点を喪失。

石原産業シンガポールの支配人であった
西村氏ですが、軍港を写真撮影したとして警察に
スパイ容疑で連行され、その後、警察署内で自決。

17309607_1358741497482392_5301311960321386632_n

 

17342573_1359441610745714_5705956383516009533_n

広大な敷地の墓地。墓の数は900墓以上

17342760_1359856667370875_2597866828160410565_n

先の大戦で亡くなられた英霊が祀られている

17362412_1359441614079047_2077716390241035274_n

明治時代(1891年)に建てられたシンガポールの日本人墓地。明治時代には既に数多くの日本人が住んでいましたが、墓地内にある910墓のうち3分の1にあたる309墓は明治時代に
亡くなられた日本人のお墓です。

他に
大正時代 122柱
昭和時代 88柱
不明 494柱

先の大戦で亡くなられた南方戦線で亡くなられた
軍人軍属の慰霊碑もあり
慰霊させていただきました。

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、植物、木、花、屋外、自然

 

17457274_1359741140715761_7414428085645117210_n

下の写真は【江戸時代に海外を渡り歩いた音吉】
実はジョン万次郎のような日本人は多くいた。
尾張国知多郡小野浦村(現在の愛知県美浜町)に生まれ
1832年に江戸に向かう千石船に乗り込んでいたが、
遠州灘沖で嵐にあい、遭難。

1年2か月太平洋を漂流し、ワシントン州ケープアラバに漂着。
結果的に世界1周をし、
アメリカ船モリソン号で帰国を試みるが
当時の鎖国政策で帰国かなわず。

貿易商として成功をし、
上海からシンガポールに移住。
シンガポールでの日本人定住者第一号となりました。

自動代替テキストはありません。

下の写真は【ベンガル湾の船上で病死しシンガポールで火葬された著名な文豪・二葉亭四迷の碑】

浮雲などで有名な小説家(翻訳家でもある)である
二葉亭四迷。
ロシア赴任からの帰国の途、ベンガル湾で船の上で肺炎によって亡くなり、シンガポールで火葬されました。

遺骨は東京の染井墓地に。
ここにあるのは墓ではなく碑。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
二葉亭四迷の経歴

二葉亭 四迷、1864年4月4日(元治元年2月28日) – 1909年(明治42年)5月10日)は、日本の小説家、翻訳家。本名、長谷川 辰之助(はせがわ たつのすけ)。

筆名の由来は、処女作『浮雲』に対する卑下、特に坪内逍遥の名を借りて出版したことに対して、自身を「くたばって仕舞(め)え」と罵ったことによる。

文学に理解のなかった父に言われたというのは俗説である(『予が半生の懺悔』)。長谷川 二葉亭(はせがわ ふたばてい)とも呼ばれる。別の号に冷々亭主人、杏雨。江戸市ヶ谷生れ。

彼の自筆履歴書によると、1883年2月1日から1885年12月25日まで、当時の専修学校(現在の専修大学)で学び、卒業した。また、東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科入学後、同科が改組されてできた東京商業学校(現一橋大学)第三部露語科を1886年1月に中退。

坪内逍遥と交流を結び、その勧めで評論『小説総論』を発表。1887年~1891年の間に出された写実主義小説『浮雲』は言文一致体で書かれ、日本の近代小説の開祖となった。

また、ロシア文学の翻訳も多くてがけ、ツルゲーネフの「あひゞき」「めぐりあひ」は特に有名。自然主義作家へ大きな影響を与えた。

後に『其面影』『平凡』を書いたが、1909年、ロシア赴任からの帰国途中、ベンガル湾上で客死した。

17457816_1358827134140495_3878989431069554733_n

下の写真は、【蚊取り線香、キンチョールで有名な大日本除虫菊の2代目社長の墓】シンガポールの日本人墓地には
著名な方々の墓や碑があります。
日本人皆、いや世界の多くの人々がしる蚊取り線香を発明した大日本除虫菊創業者(キンチョールでも有名)・上山栄一郎氏の長男で2代目社長の
上山英之助氏の墓があります。

上山家は和歌山の蜜柑農家でしたが、日本でも有数の蜜柑農家だったようで豪農の出です。

昭和5年に創業者である父の跡をついだ
上山英之助氏。

昭和17年に日本軍の属託として昭南島(シンガポール)に営業所を開設。
同年、インドネシアのスマトラ島で除虫菊の栽培を
おこなうためにシンガポールのセンバワン飛行場を離陸直後に搭乗機が墜落し亡くなりました。

大阪の土佐堀に本社がある大日本除虫菊。あえて上場せずいる会社(同族経営)ですが、絶大なブランド力を誇る会社です。

多くの方々が蚊取り線香やキンチョールのお世話に
なっていると思います。
しかし、蚊やゴキブリ達からすると
嫌な会社になるわけですがWW

17457875_1358385787517963_3152252821127173920_n

17457932_1359441600745715_8108314241348716660_n

下の写真は【シンガポールの日本人墓地にある南方軍総司令官で陸軍大将の寺内寿一元帥のお墓】

長州閥の巨頭
第18第内閣総理大臣で陸軍大将元帥であった
寺内正毅の長男として生まれ、陸軍士官学校を卒業し
陸軍軍人に。
日露戦争に出征。
昭和11年の広田内閣時に陸軍大臣に就任。

昭和16年11月、大東亜戦争開戦前に
南方軍総司令官に就任。

終戦時は日本の占領下にあった
ベトナムのサイゴンにいたのですが、
ポツダム宣言受諾し、終戦後に
サイゴン郊外で病に倒れました。

英国軍マウントバッテン将軍の配慮で
マレーシアのジョホールバル州のレンガムにある
ヒギンス氏別邸にて療養。

病気のため日本軍の降伏式に参加できず
板垣征四郎大将が代理出席。
昭和21年、マレーシアのレンガムにて脳溢血で
亡くなりました。

マウントバッテン将軍の支持のもと
遺骨は、軍刀やその他の遺留品とともに
東京の遺族のもとに送られ、この墓には
遺髪や、襟章、爪、肩章などが納められています。

17458347_1359423000747575_7103715958680718284_n

【19世紀後半、日本から娼婦として海外に出た「からゆき」さんのお墓が】

明治時代が開けて日本が近代化が図られる中、
主に東アジアや東南アジアに娼婦として出稼ぎにいった女性がいました。

それら娼婦の方々は、主に長崎県の島原半島や
天草四朗で有名な熊本県の天草諸島出身の女性でした。他にも西日本を中心に娼婦として海外に出稼ぎにでたわけですが、多くは農村(小作農)や漁村の娘達、もしくは江戸時代にエタと呼ばれた被差別部落民の娘達でした。

家が貧しいがゆえに家を助けるために、
もしくは少数ながらも親に
身売りされた女性もいたようです。
東アジアや東南アジアには娼館(今でいう売春宿)
があり、欧米植民地であったために主には
客はそれら欧米白人が顧客となっていたのです。

欧米軍隊の強い希望があった、
シンガポール、支那大陸、香港、
フィリピン、ボルネオ、タイ、インドネシアなどです。

娼館へと橋渡ししたのは嬪夫と呼ばれた
斡旋業者・女衒です。

明治時代終わりに最盛期を向かえ、
国際的非難に加え、
国内の「国家の恥」という非難が増えた事により、
英領マラヤ(マレーシア、シンガポール)の
日本領事館は1920年に日本人娼婦の追放を宣言し、
やがて海外における日本人娼館は姿を消していきました。

多くの日本人娼婦は日本に帰国する中、
現地に残った女性もいます。

そのうちの1人が明治32年(1899)に
広島県のある被差別部落に生まれた善道キクヨ氏です。
マレーシア、シンガポールで働き、
後にインド系男性と結婚した彼女ですが、
戦後、マレー国籍を取得。
昭和48年に一時帰国。帰化申請し、日本人に戻りました。

からゆきさんのお墓には
明確な名前が入っていない墓石が多いですが、
別の場所に木墓で建てられて
朽ち果てていたのを哀れんだ
シンガポールの共済会(現在の日本人会)が
ここに移設して墓石を建てたのです。

17498424_1359337607422781_3455927825646388326_n

【第二次世界大戦関連地】シンガポール・シロソ砦

【先の大戦関連地】セントーサ島内にあるシロソ砦。
セントーサ島では数多くの日本人観光客を見かけましたが
さすがに先の大戦での日本軍の関連地がある
事をしっている人々は少ないと思います。

昭和16年の真珠湾攻撃とともに
東南アジア各地で日本軍が進軍をしました。
マレー攻略は日本軍が精鋭であったこととイギリス軍が
手薄であったこと、イギリスからの独立を希望する
多くの現地マレー人の協力があったことにより短期間でイギリス軍を駆逐することができました。

日本軍は山下大将(当時は中将)率いる第25軍が活躍(銀輪部隊)し、難攻不落といわれたシンガポールの要塞もわずか10日足らずで
攻略しました。

シロソ砦は
最後まイギリス軍が
立てこもり反撃していた砦です。

日本軍の艦隊が沖に集結していた姿が
脳裏に浮かびました。
17309685_1358267864196422_8794711423471616419_n

17362084_1357354274287781_8721091273791048035_n

17424979_1357353640954511_2370570665913106890_n

17426307_1357353644287844_7194440078614244865_n

東ティモール渡航調査を終えて

I came back to Singapore from East Timor. I could enjoy the stay in East Timor.
初訪問となる東ティモールを出国しシンガポールに戻ってきました。東ティモールは想像以上に良い国でした。
来週選挙のようで外出禁止令が出されるようですが、時としてアツくなる人々ですが、普段は温厚でのんびりとした人々が多いと思いました。

観光立国ではありませんが、
美しいビーチや山々も多くあり
海水浴やハイキングも楽しめるようなので
観光的潜在要素はある国だと思います。
17352041_1352003044822904_1388746411944498612_n

東ティモールの無垢な子供達

East Timor people are friendly especially children. When I took pictures,lot of people say`please take picture`東ティモールでは数多くの人々(主に子供)に写真を撮ってくれと言われましたが、無垢な人々が多かったです。
子供達が可愛らしかったな。

17156156_1352009998155542_8646372813226989837_n

17201045_1352009994822209_1021629186930096187_n

 

17353387_1352010001488875_5019974043429237503_n

17361565_1352913391398536_1312264562785241307_n

東ティモール・ディリの最大の名所クリストレイ

ディリで最大の観光名所であるクリストレイへ。ブラジルのリオみたいなキリスト像が丘の上に立っており、丘からの景色は最高です。

タクシーと交渉しました。
タクシーはメータータクシーではないので交渉制です。
最初、10ドルと言われましたが値段交渉して5ドルになりました^_^

17264969_1351283074894901_4198781023101554437_n

東ティモール・ディリ市最大の観光名所であるクリストレイ。
下の駐車場から15分くらい丘を登りました。
ブラジルのリオのような
キリスト像が。見応えがあります^_^オススメの場所です。

17264919_1351288631561012_6175345007743004866_n
キリスト像が建つ丘からの景色。
山々の景色が綺麗です。両側にビーチがありますが左側のビーチに行ってみます。

17353512_1351797154843493_1180054852512031524_n

東ティモール・ディリにある東南アジア最大の大聖堂

I visited Immaculate Conception Cathedral in Dili in East Timor.
東南アジア最大といわれる東ティモール・ディリ市内の大聖堂Immaculate Conception Cathedralを訪問。1980年代に出来た新しいカトリックの大聖堂ですが、かつてローマ法王が訪れた事もある大聖堂です。

ここもディリ市内で訪れる名所の一つです。
17155934_1350926011597274_6029468131401965087_n

多くの子供達に囲まれる
17264970_1350937224929486_2024096676711736732_n

東ティモール・ディリの観光名所・タイスマーケット!

I visited the Tais market in Dili city in East Timor today.Tais is the traditional fabric of East Timor and It is one of the souvenirs of East Timor. I recommend you to buy the goods made of Tais If you come here.
東ティモールは1999年の東ティモール紛争で国土は荒れ、2002年の独立。2006年にも大きな暴動があり、治安危機に陥りました。現在も政情が安定はしていません。

新しい国ですので観光にはまだ
力を入れてませんが、
観光産業(英語でいうTourism industry)
に焦点をあてれば、東ティモール内には
綺麗なビーチや美しい山々が
広がっているので観光に力を
いれればそれなりに伸びると思います。

工業が発達していない発展途上国
熱帯の島国は観光業に力をいれて
外国からの観光客を誘致し、外貨を得る事が
国と国民の生活を豊かにさせると思います。

首都のディリはそこまで観光名所はないですが、
ディリの中での観光名所の一つがタイスマーケットです。
タイスとは東ティモールの伝統織物です。
タイスから作る伝統衣装、鞄、小物類は色とりどり
で可愛らしいです。
タイス製品は、東ティモールでのお土産
の一つです。

画像と映像双方を撮影していたら
50くらいの男性から
「日本人か?」と言われ、「日本人は歓迎する。ここを紹介してください。」と言われました。
17202805_1350529534970255_6073090380763860875_n

東ティモール・ディリ・港と周辺にある国会議事堂

ディリの港の隣。港の中には入れませんが、港の両隣が遊歩道になっており、人々が散策しています。
子供達が海に飛び込んでいました。
17309611_1350397374983471_2589441475770905536_n

東ティモールの国会議事堂前。
ちなみに日本大使館は東ティモール・ディリにあります。
日本の要人では2002年の独立の後に、時の首相である小泉純一郎首相が東ティモールを訪問。
その後、大臣、政務官級の政治家も東ティモールを訪問しています。
17264735_1350410118315530_2056922564362790828_n

港(貿易港)の近くにある公園で多くの若者が集まっていました。1999年の東ティモール紛争の際はまだ子供だな。

17155386_1350499384973270_8630723821989653871_n

港の両側は遊歩道になっています。西側は公園としても整備されており、写真にある椅子に座りながら海の景色を楽しんだり食事をしたりできます。
主に若いカップルのデートの場所となっています。

17264493_1350505171639358_1864343091645995674_n