国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際政治

【陸路越境】コソボ・プリズレン市→アルバニア・ドゥラス(デゥラス)行き国際バス!

セルビアから2008­年に独立したコソボに入国し、首都のプリシュティーナ、南西部中心都市であるプリズレ­ン、北西部中心都市のペヤの三都市を訪問。

コソボから欧州の秘境、欧州の北朝鮮と呼ばれていたアルバニアを訪問。
コソボのプリズレンにある旅行会社にて、バス予約をし、国際バスで陸路越境。

コソボのプリズレンからバスを使い5時間ほどで、アルバニア第2の都市でアルバニア最大の港湾都市&ビーチリゾートあるドゥラス(デュラス)へ。

アルバニアといえば1990年代にねずみ講蔓延(配当金をもとにアルバニア・マフィアが暗躍し、ボツニアヘルツェゴビナ紛争への武器購入、輸出等がおこなわれておりました。)し、その後1997年に経済破綻した国です。
国民の3分の1が全財産を失うという惨事にいたしました。
これによって政権が転覆し、無秩序状態となるという暴動が発生しました(アルバニア暴動)。

また、コソボ紛争時には同じアルバニア系のコソボを支援するために多くの人々がコソボへ赴きましたし、コソボから多くの難民が流入してきました。

ちなみに、コソボはアルバニア人主体の国です。
よって、アルバニアとコソボ両国間の仲はよく、越境する際の審査はゆるいものでした。
しかし、現在でも、コソボ紛争、アルバニア暴動時に使用された武器が国内で出回っており、時折、長期移動バスが、武装集団に襲われるという被害が出ております。

マケドニア、コソボ、モンテネグロ国境地帯には、ディナラ・アルプス山系の2000m級の山々が列を成しており、一番高い山はディバル地区にあるコラビ山で、2,753メートルに達します。

動画は、コソボとアルバニア国境地帯付近ですが、険しい山々が多いです。それとともに、コソボ紛争時に設置されたトーチカが今でも残っています。

パラオ・日米激戦地ペリリュー島の飛行場 !

パラオ・日米激戦地ペリリュー島の飛行場 !国際ジャーナリスト大川原 明!現地ルポ!

パラオ・ペリリュー島にある旧日本軍敷設の飛行場

第一次世界大戦に連合国として参加した日本は、第一次世界大戦では戦勝国となり、敗戦国となったドイツの植民地であったパラオは、第一次世界大戦の戦後処理をするパリ講和会議によって、パラオはドイツの植民地支配を脱し日本の委任統治領になりました。

30年近く日本の統治下であったパラオですが、ドイツの統治下ではほとんど進んでいなかった学校や病院、道路などのインフラ整備を進めるとともに貨幣経済浸透と日本語教育がおこなわれました。

ペリリュー島は、旧首都がおかれていたコロール島の南西に位置している面積はおおよそ13km2の小さな島です。

昭和19年9月15日米軍によるペリリュー初上陸が行われました。
(海岸からの戦­艦等によるに艦砲射撃後がおこなわれたあとに上陸作戦が開始)。

米軍の計算では数日で陥落させる予定­が、一斉の日本軍の射撃、砲撃にあり反撃をくらい小さな島であるが陥落までに2か月以­上を要しました。

日本軍の死者約11000人、米軍の死傷者約8000人。
アメリカが攻めて来るのを事前に察知し、戦闘にペリリュー島民を巻きこまないように、­島民を本島のほうへ移しました。しかし、そんな中、一部のペリリュー島民はペリリュー­島決死隊を結成し、日本軍と一緒にアメリカと戦いました。

白人は東洋(アジア)人を見下しているのか?日本人は世界でどう思われてるのか?

白人は東洋人を見下しているのか?日本人は世界でどう思われてるのか?親日?反日?
視聴者の方から質問がありましたので回答させていただきます。

フランス大統領選!決選投票!2017年5月7日!何故に極右政党が伸びるのか?欧州移民&EU問題

フランス大統領選!決選投票!2017年5月7日!何故に極右政党が伸びるのか?欧州移民&EU問題に関して言及!

ランス大統領選挙の決選投票が、日本時間の7日午後、おこなわれます。
中道のマクロン候補の優勢が現地で伝えられていますが、アメリカの大統領選をみていただいても分かるとおり、どうなるかは最後までわかりません。

最新の世論調査によると、マクロン候補が、ルペン候補より20ポイント以上、大きくリードしているのですが、投票率次第ではルペン氏にも勝機があります。

極右のルペン氏が伸びた理由としては
昨今のイスラム過激派によるテロ、EU離脱問題などがあります。

かつて欧州はアイスランドをのぞくすべての国を訪問しましたが、現地聞き取り調査では移民による弊害、イスラム過激派の脅威を唱えている方々が非常に多かったのが実情です。

決選投票は、日本時間7日午後3時に始まり、8日未明には大勢が判明する見通しとなっています。

【治安注意喚起】パキスタンの安全情報に関して!安いツアーはあるのか?

【治安注意喚起】パキスタンの安全情報に関して!安いツアーはあるのか?国際ジャーナリスト大川原 明!解説!

【タイ風俗】タイ・パタヤ・夜の歓楽街(ウォーキングストリート&ソイ6~8・売春地帯、ゴーゴーバー)潜入ルポ

パタヤはバンコクから160キロ程離れた所にあるビーチリゾートです。

ここはかつてベトナム戦争時に米兵達の休息の地として発展し、米兵相手のバーやクラブが­多­く出来、当時の小さな漁村であったこの町は発展していきました。
開発は非常に素早く、ビーチ開発などのほか、ゴー・ゴー・バーや売春などのセックス産業が発達しました。

映画の舞台にもなっており、1977年の千葉真一主演映画『激殺! 邪道拳』でロケーション撮影されました。

昼間は海岸沿いで­海水浴は楽しみ、夜は歓楽街へ!ここまでの規模はタイで一番です。

夜はパタヤの街全­体が怪しい雰囲気に包まれる。ソイ7付近のビヤホイはピンクの街灯で怪しい雰囲気をかもし出しています。
日本には関東 神奈川の横浜の黄金町、川崎の堀之内、東京の町田駅JR駅側ホテル街に同じような赤灯­のちょんの間街があったが(今は警察による規制強化により撲滅)が、それに光がにています。

パタヤウォーキングストリートは、ゴーゴーバーがひしめき、深夜まで多くの人々でにぎわいます。

忠告しておかなければならないのは、タイ人はエイズ患者が100万人程おります。すなわち、タイ国民の60人に1人程の割合であるといわれております。(アメリカ、ロシア、東欧諸国、インド、アフリカ諸国でも非常にエイズ患者が多いですので、外国人との性交渉は控えねばなりません。)
よく、買春をしている人々をみていると、大丈夫かと心配になります。見ているだけなら問題ありませんが、そこらへんを考えたうえで行動されてください。

東ティモール・ディリ・日本からのODA援助に対しての感謝の碑!

日本からのODA援助(資金と技術)に対しての感謝の碑を発見。ディリ市内にある施設を訪問。

べモス~ディリにおける水の供給システムのプロジェクト(緊急改善)

2つの日本の会社が入ってますが
コンサルタント(事前調査等)は
名古屋に本社がある三祐コンサルタンツという建設コンサルタント会社。

施工の建設会社は大日本土木。

世界各地で日本はODAによる資金と技術援助をしていますが
日本の周辺にある2国をのぞき日本の貢献に
対して感謝をしています。対日感情のさらなる向上。

建設系の援助に関しては
日本の企業が入り、日本の企業にお金が
落ちています。

こういった日本の他国への援助は外交的
に有利に働くだけでなく日本企業の
企業活動にも有利になっています。

コソボ・プリズレン市の城塞からの絶景

コソボ南西部中心都市であるプリズ­レ­ン。
プリズレンには城塞跡があるのであすが、そこからの景色は絶景です。城塞まで登るのに歩いて20~25分程です。

コソボ、アルバニアはイスラム教徒のアルバニア­­人の国です。モスクがいたることにあります。

タイ・バンコク・北朝鮮政府直営!平壌アリランレストラン!

北朝鮮は意外にも多くの国々と国交を結んでいます。
国交を結んでいる国々に北朝鮮政府は直営のレストランを
出店し、貴重な外貨獲得源の一つになっています。

タイ・バンコク市内の北朝鮮政府直営の平壌アリランレストランは以前、BTSプロンポン駅近く、スクンビット大通りソイ26のKビレッジ手前にあったのですが、移転して今は、BTSオンヌット駅から歩いて10分程の場所にあります。

タイにおいても北朝鮮は危険と思う人々が多く、あまり客がいない店内。

キムチ、ビビンパ、揚げ豆腐、鴨と豚の肉を注文し、焼肉に。
前回と同じくキムチが発酵しすぎて酸っぱかったのが気になりましたが、他は美味でした。

北朝鮮の女性従業員に北朝鮮の焼酎を勧められましたが、本当は試したかったのですが、酒に弱い自分ですので、途中で寝入り、「ここはどこ?貴方は誰?」とならないために控えました。

レストラン内は北朝鮮の音楽が流れ、北朝鮮を紹介する紹介ビデオが流れていました。日本人は通常行くことが出来ませんが、国交のある国々の観光客が行くことが出来る観光名所のプロモーションビデオが。

しかし、北の将軍様の写真は飾られてませんでした。

東南アジア(タイ、ブータン、シンガポール、東ティモール)渡航調査からの帰国

Snapshot143

平成29年(2017年)1月~3月
東南アジアへの渡航調査
(タイ、ブータン、東ティモール)

・ブータン
最後の秘境といわれるブータンへの現地踏査

調査内容は下記。
・ブータンの親日度合
・ブータンの国民の幸福度合
・ブータンの伝統文化風習
・ブータンの食事
・ブータンの対外関係
・ブータンの諸問題   等

東ティモール

調査内容は下記
・東ティモール紛争、独立後の復興具合調査
・東ティモール紛争の調査
・観光資源調査  等

 

シンガポール

調査内容は下記

・現地カジノ潜入調査(セントーサカジノ、マリーナベイカジノ)

日本にカジノが出来る可能性が高い事を踏まえてカジノ視察

・日本人墓地訪問

 

タイ

調査内容は下記

・タイの風俗地帯潜入調査

・チャーン島初潜入

・プミポン国王崩御後のタイの実情調査

・天皇皇后両陛下タイへの行幸啓。撮影&現地タイ人への聞き取り