国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

カナダ

1か月に及ぶ北米西部調査渡航からの帰国


8月3日に東京の羽田空港からANA(全日空)の直行便を
利用してカナダ西部最大の都市であるバンクーバーへ。
バンクーバーからは陸路を利用して
バンクーバー⇒カルガリー⇒バンフ⇒バンクーバー⇒ビクトリア

ビクトリアからはフェリーを利用して海路越境でアメリカのシアトルに。
シアトルからアムトラックの長距離旅客列車コーストスターライトを利用してサンフランシスコに。
サンフランシスコからは
スターアライアンス系のユナイテッド航空で関空へ!
約1か月ぶりに帰国。

今回の主な調査業務は下記
1.カナダ・バンクーバーの浮浪者&薬物調査状況調査
2.カナダのLGBT(性的少数者)の調査
3.世界遺産カナディアンロッキー
4.カナダで客死した新渡戸稲造記念日本庭園
5.2016年日本人女子留学生殺害事件
6.カナダの物価調査
7.カナダ&アメリカへの観光客調査
8.北米日本食人気調査
9.アメリカ・日本街調査(シアトル&サンフランシスコ)
10.アメリカ・治安調査(危険地帯)
11.北米長距離移動バス(グレイハウンド)
12.アメリカ・長距離旅客列車アムトラック・コーストスターライト
13.サンフランシスコの日本庭園
14.北米移民状況調査
15.北米観光地調査

現地聞き取り、写真と動画双方にて記録撮り

カナダ・ビクトリア⇒アメリカ・シアトルへフェリーで海路入国


【5年半年ぶりのアメリカ】
カナダ・ブリティッシュコロンビア州の州都であるビクトリアからフェリーを利用して海路越境。シアトルへ。
5年半ぶりにアメリカのアメリカ入国。
今回でアメリカは3回目
1回目は学生の時にハワイ
2回目は5年半年前にロサンゼルスとその周辺
今回はシアトル→ポートランド→サンフランシスコと考えていましたが、時間の都合上、ポートランドを省きます。
シアトルのフェリー乗り場から
宿までは3キロ~4キロありますが
20キロ近いバックパックを背負い
気合いを入れて向かいます。
宿がある場所は、写真中央に見える高層ビル群の奥です。
入国審査は
カナダ・ビクトリアのフェリー乗り場で
おこないました。シアトル到着後に荷物検査があり
入国管理局の人間から
どのくらい滞在するのか?と言われ
日数と行程を伝えたら
このバックを背負って歩いてサンフラまでいくのか?
と笑われましたW

カナダのビクトリアとアメリカのシアトル間は
CLIPPER VACATIONS という会社がフェリーを運航しています。1日2~4便運行。
費用は100USD~200USD(時期により料金が異なる)

バンクーバーからビクトリアのフェリーが大きなフェリーだったのですが、これはフェリーというか大型ボートですね。速度は非常に速く、今まで乗った中で一番の速さでした。
中には軽食や酒も販売しています。

カナダ・ビクトリア・警察出動!逮捕劇!

警察24時
ビクトリアのダウンダウン散策中。
多くのパトカーが出動!
何事か?

現行犯逮捕か!
ちょっとした小競り合い、喧嘩がありましたが
男が警察署に連行されました。
やっぱこっちの警察強いな。かなり強引。屈強な警察官ばかりでした。
日本の警察は欧米に比べたら優しいです。
持ち物を全部出させた上で
パトカーに。

カナダ・ビクトリア・ビーコンヒル公園

ビクトリアのダウンダウンから最も近い公園であるビーコン・ヒル公園を訪問。
海に面した広大な公園で
時期になると花が咲きあふれて花好きにはたまらない公園です。

公園内には池、小動物園、100年以上の歴史があるクリケットコート、トーテムポール、ローズガーデンなどがあります。半日かけてゆっくりとされることをお勧めします。
眠かったので1時間程昼寝をしました。

ビーコン・ヒル公園は小動物園があり多くの家族連れで賑わってます。
子ヤギ達と触れ合う事が出来ますが、触れ合ってみました。
ヤギってこんなに懐っこいんだと感心しました。

カナダ・ビクトリア・最高級ホテル!フェアモント・エンプレス


ビクトリアの最高級ホテルはフェアモント・エンプレス。
イギリス建築の美しい建物です。
花の時期で花が綺麗にさいており、庭園でまったりとしました。

バンクーバーのカジノで損した金で
ここで何泊出来たかなWW
ホテル南側に州議事堂、西側にインナーハーバーがあり
部屋からは景色が楽しめます。

インナーハーバーには
数多くのボートやヨットが発着していますが
波止場では路上演奏や演技がおこなわれており
賑わっています。

カナダ・ビクトリア・州議事堂

ブリティッシュコロンビア州の州都であるビクトリアには
州の行政機関がありますが、州議事堂はビクトリアの見所の1つであもあります。

ビクトリアの建築亜フランシス・ラッテンベリーの設計で
1898年に5年の歳月を経て完成した議事堂です。
議事堂内は無料で見学可能(ガイドツアーも無料)です。

カナダ・ビクトリア・チャイナタウン(中華街)

I visited China town in Victoria in Canada.
ブリティッシュコロンビア州の州都でるビクトリア。
ビクトリアにはチャイナタウン(中華街)がありますので
どんな感じか現地踏査しました。
石炭採掘と鉄道建設の労働者として19世紀に多くの
人々がシナ大陸からわたってきました。
1870年代にはサンフランシスコ以北で最大であったチャイナタウン(中華街)も今ではこじんまりとしています。

カナダ・ビクトリアの共同部屋宿(ホステル)

ビクトリアに宿泊中の共同部屋の宿6人部屋。
二段ベッド上段ですが横に転落防止ついていないのはこわいですね。
寝相が悪い自分ですので。
落ちたら怪我しますね。

ここにきてホステルの標準的な価格に。
1泊36ドル《3300円》

カナダに到着して共同部屋の宿ホステルの1泊の料金は
バンクーバーで60ドル《5400円》
カルガリーで40ドル《3600円》
パンフで65ドル《6000円》

インフレが進むバンクーバー、リゾート地として物価が高いバンフは高かったです。

明日からアメリカ入りですが
シアトルの共同部屋宿が1泊6200円程です。
アメリカに入り再び宿泊費がかかります。

今晩はレバノン人、アメリカ人、インド人、ニュージーランド人と一緒の部屋に。

全員と話しましたが、レバノンとインド人はカレッジに通うので2年間ビクトリアに住むようでアパートが見つかるまでここに宿泊。
アメリカ人は、ワシントン州のカナダとの国境地帯の小さな町から来たようです。

レバノンというとレバノン内戦が思い出されますが、イスラム教徒以外にキリスト教徒も多くいる国。《フランスが植民地化する際にキリスト教徒が多く、植民地化しやすかった。》
ここにいる彼はイスラム教徒です。

カナダ・ビクトリア市のバー!カナダのビールParallel 49 Brewing IPA堪能

ビクトリア市内のバーに。Parallel 49 Brewing IPAを飲みました。
こちらのアルコール度数は7.2%とアルコール度数の高いビールです。

強めなので1本ビールを飲んだだけでもけっこういい感じに酔えます。

綺麗なカウンターのお姉さんに写真
撮ってもらいました。

カナダ・ブリティッシュコロンビア州の州都であるビクトリアに到着

23日間のカナダ滞在最後の滞在都市であるビクトリアに到着。
ブリティッシュコロンビア州の州都です。
8万人弱の人口ですが
それ以上に大きく見える都市です。
バンクーバーよりも早く開発が進み、19世紀に建設された建物も多く残り、綺麗な都市です。

夜のダウンダウン散策していますが
バンクーバーと同じく浮浪者多いですね。

複数のヤクの売人に話しかけられましたが、クサはもちろんのこと、コカまであるようです。

街中には精神がイかれたのか
奇声を発している人々を見かけます。