国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

2018年12月23日!タイ・バンコク・チットロム駅近くアマリンプラザ!反政府民主デモ予告?

2018年12月23日!タイ・バンコク・チットロム駅近くアマリンプラザ!反政府民主デモ予告?

2018年12月23日!タイ・バンコク・チットロム駅近くアマリンプラザ!反政府民主デモ予告?政治活動解禁?DEMO?near BTS Chit-Lom station,Bangkok,Thailand

タイではタクシン派(反独裁民主戦線(UDD))VS反タクシン派の対立が激化し、2010年には数十名の死者を出す惨事となり、外出禁止令、厳戒令が出され情勢が不安定な状態が続きました。
その翌年にはタクシン元首相の妹であるインラック首相第36代首相に。

そんな中、タクシン支持派・反独裁民主戦線(UDD)による反政府デモに対して当時の首相のアピシット元首相と副首相のステープ・トゥアクスパンが弾圧を命じたとして殺人罪で起訴する方針が固められる。
その後、ステープ元副首相が議員を辞職し、インラック政権に対して反政府デモを展開(2013年)
職権乱用の罪でインラック首相は辞任に追い込まれ、翌年2014年5月22日にタイ王国国軍が軍事クーデーターを起こし、軍事政権樹立。そして5人以上の集会の禁止を発表。

軍事政権樹立後、しばらく、政情が安定しているタイであるが、今月12月11日(火)に政治活動が解禁されました。
それに伴い、政治デモが再び増えていくものと思われます。

本日12月23日はネット上の情報では、バンコク市内BTSチットロム駅近くのアマリンプラザ付近で、反政府系民主主義グループが集会を開催するとの情報があって張り込んでいましたが、結局、デモがおこなわれず。
多くの警察官が厳戒態勢をしいていました。

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です