国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

ドイツ・シュツットガルト・メルセデスベンツ博物館

ドイツ・シュツットガルト・メルセデスベンツ博物館


シュツットガルトはベンツやポルシェ、ボッシュなどの世界的企業の本社がある事でも有名な都市。そんな自動車の都市シュツットガルトで訪れていただきたいのは、ベンツ博物館とポルシェ博物館です。

本日は両方行く予定が、ベンツ博物館が非常によく見るべきものも多かったので、ベンツ博物館のみ。明日、ポルシェ博物館に行くことにしました。

ベンツ博物館は色々紹介したいのでこれから徐々にアップしていきます。

まずは、現行のベンツのCLSと。日本で新車で買うと800万~1000万くらいします。
このくらいのベンツは将来的に欲しいと思います。近い将来、起業をし、事業家としても大成していきますが、これくらいの車は乗れる男に。
やっぱりベンツは黒です。

ベンツのCLS350 4MATIC。博物館中を出ると現行車の展示場になっていますが、ほとんどがドアをあけて座ってハンドルなどを握ることができます。

【世界初の自動車Benz Patent-Motorwagen】
世界初の自動車として知られるBenz Patent-Motorwagen(ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン)
1886年にカール・ベンツにより発明、製造され、1888年夏に自動車販売開始し、自動車産業の幕開けとなりました。
馬力は0.75PSで最高時速は16キロ。

 
【1908 Mercedes 75 PS Doppelphaeton】
これはレトロな感じが漂う。1908年製造の 75 PS Doppelphaeton
馬力75PS、最高時速は95キロ
【マイバッハ S560 4MATIC】
Mybach S560 4MATIC in the Mercedes-Benz museum in Stuttgart in Germany. I want it in the future.
やはりマイバッハか.。4ℓ、V8ツインターボを積み、4リッターV8ツインターボは469ps/5250-5500rpmと700Nm/2000-4000rpm
価格は2300万~オプション次第で価格が上がります。
ベンツならこれを乗りたいですね。
これは普通のサラリーマンでは手が出せない価格ですが。

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5465×1915×1495mm
ホイールベース:3365mm
車重:2330kg
駆動方式:4WD
エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ
トランスミッション:9段AT
最高出力:469ps(345kW)/5250-5500rpm
最大トルク:700Nm(71.4kgm)/2000-4000rpm
タイヤ:(前)245/40R20 99Y/(後)275/35R20 101Y(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック2)※ランフラットタイヤ
燃費:8.4km/リッター(JC08モード)

今夏に新型が発売との事で、これは前モデルになります。

元々、マイバッハは1909年にドイツで創業したエンジンメーカーです。高級車メーカーとしても有名となりましたが、1966年にダイムラーベンツの傘下になりました

そして、前世紀終わりにマイバッハブランド復活、一時的に廃止、再復活を経て今があります。

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です