国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

メキシコの治安に関して!麻薬カルテル、密売人暗躍!どこが治安悪い?気をつけるべき点?

【久しぶりにヤバさを感じた。メキシコにきて一番?】
メキシコシティー中心部を散策して
ソカロ(中央広場)から北側に足をのばしたところ、雰囲気が???と思える地域に入りました。危ない人物、危ない雰囲気、危ない匂いを感じとる嗅覚はプロとして優れていますが、落書きは多いは、怪しい厳つい輩(顔がヤバイ)や浮浪者はいるわ、昼間にも関わらず、多くの店がシャッターが閉まっているはで久しぶりにヤバさを感じました。

マリファナの匂いはするし、注射針も落ちていました。
500メートル程いくと警察官は多いのに、この地区は警察官がほとんどいない。

調べていくと場所は治安の悪いとされるテビート地区。麻薬関連や拳銃強盗、殺人等の凶悪事件が発生している地域。
肝心の撮影機材がメモリー一杯で撮影できずでした。

以下は外務省の安全ホームページ情報
本日行ったテピート地区の記載が。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メキシコ市
 近年殺人件数が増加しており,2017年4月には市内南部のトラウアック区において海軍による犯罪組織の掃討作戦が実施される等,治安は悪化傾向にあります。特に,市中心部のソカロ(憲法広場)北側にあるテピート地区は,麻薬に関するトラブルやけん銃強盗・殺人等の凶悪事件が発生するなど,犯罪の温床となっているため,立ち入らないでください。
 市内では,1日あたり約600件もの犯罪が発生しており,邦人が巻き込まれることもあります。比較的安全と言われるミゲル・イダルゴ区ポランコ地区や,飲食店が立ち並ぶクアウテモック区フアレス地区(通称ソナ・ロサ)等においても,日中であっても犯罪が発生しています。
 また,日常的にデモ行進及び抗議活動等が実施されています。これらの参加者が暴徒化する可能性がありますので,不用意に近づかないでください。

【中南米】メキシコ中部のサラマンカ市・武装グループがクラブで銃乱射15人犠牲に!

【中南米】メキシコ中部のサラマンカ市・武装グループがクラブで銃乱射15人犠牲に!

【下記はテレ朝ニュース記事】
メキシコ中部の街でナイトクラブで武装グループが銃を乱射し、少なくとも15人が死亡しました。

 現地メディアなどによりますと、メキシコ中部のグアナフアト州サラマンカ市内にあるナイトクラブで9日未明、3台の車でやって来た武装グループが銃を乱射し、少なくとも15人が死亡、7人が負傷しました。容疑者たちは現在も逃走中です。グアナフアト州には日本やドイツ、アメリカの自動車メーカーの工場などがありますが、犯罪組織の活動が活発化しています。去年は殺人が前の年の2倍に増えたことから、当局による取り締まりが数日前から強化されていたばかりでした。

エチオピアで旅客機墜落!乗客乗員157人全員死亡!ボーイング737MAX8!昨年10月のライオン航空と同型機!コロンビアでも旅客機墜落!

エチオピアで旅客機墜落!乗客乗員157人全員死亡!ボーイング737MAX8!昨年10月のライオン航空と同型機!コロンビアでも旅客機墜落!

アフリカ北東部のエチオピアで、旅客機が墜落し、乗客乗員157人が死亡した。

エチオピア航空によると、10日午前、首都アディスアベバからケニアのナイロビ行きの旅客機が、離陸直後に墜落。
エチオピア航空は、「生存者はいない」と発表し、乗客乗員157人全員が死亡したとしている。

使用機材は、ボーイング737MAX8で昨年10月に墜落したライオン航空の旅客機と同型機。
ボーイング737は小型ジェットとして、エアバスA320と同じくLCCに多用されている機材です。普通の航空会社であっても、短距離路線でよく使用される機材。

今回、事故に遭ったボーイング737MAX8ですが2016年1月に飛行開始された、新しい機材で、今回の事故機は、今年8月15日に就航開始したばかり。
今後、MAX8の受注は減るのは確実でしょう。

ボーイング社は安全性に関してしっかりと調査をする必要があります。

【1泊1300円程】メキシコ・メキシコシティーの安宿(ホステル)

I moved to another hostel in Mexico city. I have two roommates,one American women and one French guy.

最初の1週間はメキシコシティ内の日本人経営の宿にいましたが、居心地が良過ぎて長居しそうだったので、気分転換に別の宿(ホステル)に移動。(英語を使いたいのもあり) 6人部屋で1泊の宿泊料金は1300円程。

部屋はアメリカ人女性とフランス人男性と一緒に。 男女共同部屋ですが、よく女性と同じ部屋になります。 時々、女子だけの部屋に入れられることがありますが、ハーレムのような世界を楽しむことが出来ます。

アメリカ人女性は向こうから話しかけてきて仲良くなりましたが、ミシガン州出身の女性。多民族国家アメリカですが、顔からアングロサクソン系、いやゲルマン系も入った顔立ちです。 メキシコは5週間滞在するようですが、メキシコ国内を色々と周るようです。

アメリカはかつて戦いあった仲ですので、日本ときくと、微妙な顔をする人々も多いですが、同じ部屋ですので、仲良くしなければです。中南米では反米的な国も多いのが実情ですが、そういった所を調査していくと面白いものが見えてきます。 彼女は中々綺麗な女性ですが、フェイスブックで友達になります。

アメリカ人女性は昨夏に訪問した旧ソ構成国のベラルーシで出会ったアメリカ人女性(アングロサクソン系とケルトが混じったような顔)と出会い、数日間行動を共にして、食事をしたのが懐かしいです。

フランス人はストラスブール出身で、メキシコで3年間働いているようですが、日本が好きなようで、日本に行きたいと行ってました。 こういったホステルを多用するのは、経費の削減だけでなく、寂しさが紛れる、話し相手がいる、外国人の友人が出来る、英語が話せるなどの利点があります。