国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

【未承認国家潜入】親露派が牛耳るドニエストル共和国の首都のティラスポリ!

親露派が牛耳る沿ドニエストル共和国に(モルドバ政府の統治が及ばず、事実上独立状態にあるが、国際社会で国家承認されていない未承認国家)
単独での渡航は緊張します。ここまでいくには幾つかの方法があるのですが、そのうちの1つがバス。
モルドバの首都のキシニョウから1時間に1本以上でており、時間は2時間前後(距離でいうと60キロほど)
費用は37レウ(240円程)。

日本人はおろか、アジア人は自分だけ。
ドニエストル共和国側に入る際のモルドバ側の出国審査は無し(モルドバはドニエストル共和国の独立を認めていない)、ドニエストル共和国に入る前に、審査があります。
バスから降りて、事務所に行き、パスポートを提出。
以前は、用紙に記入する必要があったのですが、今は記入の必要はなくなり、口頭での質問に答える感じです。
向こうはあまり英語が話せず、ロシア語で話しかけてきますが、なんとなく言っている意味が分かったので、片言の英語(時折、ロシア語を混ぜ)て会話。
日帰りと伝えたのですが、3日間の滞在許可をもらいました。
スタンプはパスポートに押されず、写真右の証明書を渡されます。

日本のパスポートは世界で最も強い効力のあるパスポートといっても過言ではありません。。旧ソ構成国内では、アメリカに対しての感情が悪い国が多く(反露派の国々も)、アメリカのパスポートを出すと、嫌悪感を示す審査官が多いのが実情(これは、中東諸国においても同じ)。

※日本と国交のあるモルドバ共和国の統治が及ばない
未承認国家である沿ドニエストル共和国ですが、覚悟がない人々は、訪れるべきではありません。
それは、国家未承認で日本との外交関係は無しなので、日本大使館、外務省の効力が及ばない事がありえるからです。(正確にのべれば、親露派の国でロシアが援助している国なので、ロシアに助力を願えばですが)自己責任の上での渡航です。

見所が固まっているので周りやすかったです。
ドニエストル川、複数のロシア正教教会、旧ソの匂いを感じさせる数多くあるブロンズ像
トランスニストリア戦争時に使用された戦車。旧ソを称え、戦争時の様子が良くわかる歴史博物館訪問などなど。

カタール航空!QR806便!カタール・ドーハ⇒成田空港!

I used Qatar airway to come back to Japan from Doha. The flight duration is about 1hour and the aircraft is Boeing 777-300ER,the seat arrangemet is 3-4-3 big jet.

カタールのドーハから成田まではカタール航空利用。機材は大型ジェット機のボーイング777-300ER
3-4-3の座席配列、500席以上ある超大型ジェット機。
空港カウンターで交渉し、非常口近くの前に座席がない足がのばせる席に。

市機内食は2回提供され、機内エンターテイメントも充実していました。非常口付近は客室乗務員が離発着の際に着席さますが、モロッコ人の綺麗な女性で仲良くなりました。
QR(カタール航空)で働き始めて1年半のようですが、手慣れた女性でした。

カタール航空!QR244便・トルコ・イスタンブール→カタール・ドーハ!

I used the Qatar airways flight from Istanbul in Turkey to the connection place DOH in Qatar.
The flight duration is about 3hours and 50mins and the aircaft is Airbus A320 which is the small jet.
トルコのイスタンブールからカタールのドーハまではカタール航空利用。今回で5本目の利用。
機材はエアバスA320で3-3の配列。珍しく個人モニターついてませんでした。
機内食は牛肉選択。搭乗時間は3時間50分程。

千葉県・成田空港周辺のお薦めホテル!ラディソンホテル!

I stayed in Radisson hotel near Narita airport in Japan and moving to Tokyo from now.
成田空港近くの米系ラディソンホテルに宿泊。プールやジム、ショートコース、庭園、レストラン、宴会場などを完備した4つ星ホテル。