国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

タイのバンコク・日本人男女3人監禁の韓国人容疑者死亡!全容解説!美人局別件被害者も多数

タイのバンコク・日本人男女3人監禁の韓国人容疑者死亡!全容解説!美人局別件被害者も多数

事件全容~被疑者死亡
美人局による被害者も多数。
現地取材、容疑者のマンションも訪問してきた
著者が語る事件の全容

タイのバンコクで邦人3人を監禁し、暴行&1000万円以上強奪した韓国人の男!現地警察署で死亡

タイのバンコクで邦人3人を監禁し、暴行&1000万円以上強奪した韓国人容疑者が死亡したとのことです。
日本大使館への確認でも明らかになっており、情報筋からの情報だと暴れて、それを抑えるために警察官が複数抑えこみ、死亡した説もありますが、直接の死亡原因は現在調査中です。

タイのバンコクで邦人3人を監禁し、暴行&1000万円以上強奪した韓国人の男!実は美人局による被害者も多数!別の余罪が

タイのバンコクで邦人3人を監禁し、暴行&1000万円以上強奪した韓国人の男!実は美人局による被害者も多数!別の余罪が

日本人の男女3人を監禁し、暴行、1000万円以上脅し取った韓国人のタイの警察に先月31日に逮捕された。逮捕されたのは韓国人の黄健一(ハン・ゴニル)容疑者(27)で逮捕容疑は不法滞在の容疑。

現地警察やメディア、日本大使館などからの情報によると、昨年6月からタイに滞在していた黄容疑者は、出会い系サイトで知り合った山口県出身の女性(24)と9月に出会った。お金がなくなった女性は、バンコク市内のBTSトンロー駅近くの容疑者が住んでいたマンションにて共同生活をすることに。それから容疑者の暴力が始まり、暴力で支配される恐怖の監禁生活が始まった。翌10月には、女性の弟(21)を「儲け話しがあると」誘いだし、女性とともに監禁。

※下記写真は初めの監禁場所となったバンコク市内BTSトンロー駅近くのマンションの部屋
著者撮影

監禁といっても、拘束状態ではなく、外出も可能だった。多くの人々が疑問に思うのは、何故、その時に、逃げる事ができなかったのか?助けをもとめる事をしなかったかである。
これは、容疑者の男から「逃げれば知り合いのマフィアがお前を殺す」「タイ警察は俺の指示でお前を出国停止にできる」などという脅されて、それを真にうけていたのであろう。

黄容疑者は、女性の弟の知人に連絡をとって、「殺して臓器を売るぞ」脅す事もあったようである。さらには、今年1月に弟の友人(21)をバンコクに呼び寄せ、携帯電話を奪い、友人の家族や親戚に脅しをかけて、お金を送金させた。

この件とは別に容疑者は犯罪を犯していた!美人局による被害者多数!

著者が、タイのバンコクを再訪したのは昨年12月中旬。かつて、仕事で某旅行会社の駐在員として駐在経験のある身だが、タイの情勢は熟知している。11か月ぶりに会うバンコクに駐在している友人と食事をするとある相談を受けた。相談の内容は、美人局の被害に遭い、現地通貨で10万バーツ(日本円で34万円程)とられたとのこと。

【事件詳細】
昨年9月にバンコク在住日本人向けのインターネット掲示板に「1時間200バーツで売る」という掲示板をみた著者の友人は、独身の寂しさもあり、これに連絡をする事に。その数日後に、女性(今回の被害に遭ったと思われる女性)と接触。バンコク市内BTSトンロー駅近くにあるマンションの部屋でマッサージを受ける。 その現場こそが、黄容疑者が住んでいる部屋であった。

そして、マッサージが終わった後に、黄容疑者が出てきて、「人の家で何しているんだ?俺は移民局やタイの警察に知り合いがいるから逃げられないぞ」と話し、金銭を要求され、 10万バーツを払うことで話しがつき、翌日、再び現場を訪れ現金10万バーツを黄容疑者に手渡した。いわゆる美人局である。この時の女性が今回の被害者だとすれば、黄容疑者に脅されてのことであろう。

この件をきいた著者は、12月21日夜、被害額を取り戻すために、被害者となった友人と一緒に現場となったBTSトンロー駅近くのマンションの部屋を訪問するも不在。その時に、既にバンコク市内BTSナナ駅近くスクンビット大通りソイ13のマンションに移っていたようだ。この件の被害者も多数いる。

タイで多くの日本人が犯罪被害!日本人が日本人を騙す事例も

タイには在留邦人が7万3000人程おり、国別在留邦人数は世界第4位である。タイはさらに日本人観光客に人気の国。毎年数多くの日本人が観光で訪れている。
タイの人口は日本の半分程の6700万人程。世界的にみて治安の悪い国ではなく、他国と比べても良好な部類に入るが、日本と比べて治安が悪いのは事実である。2017年の統計数値をみると殺人認知件数が3900件(日本派は920件)、銃器犯罪と薬物犯罪の検挙人数はそれぞれ、24309人(日本147人)、271535人(日本13524人)と世界でも最も治安が良いとされる日本と比べたら、数値からも治安が悪いのは分かるであろう。

2月に入り、女装したタイ人男が詐欺の疑いで逮捕されている。容疑は、バンコクの繁華街で女性旅行者を装い、「財布とパスポートを盗まれた。お金を貸してほしい」などとうそを言い、ATMから現金を引きださせていた。
過去にも同様の犯罪で5回の逮捕歴があり、被害にあった日本人男性は約100人、被害総額は3000万円以上にのぼるといわれている。

他にもタイでは、日本で犯罪を犯した犯罪者の海外逃亡先として、フィリピンと同じく定番になっている。逃亡ルートがあり、現地組織とつながっているからである。
そして、日本人が日本人を騙す事例も多く発生しており、注意が必要である。ビザの代行業者による詐欺はその1つだが、ビザを手配するといいながら、お金をもらったが、理由をつけてビザがとれなかったと説明し、預けたお金も反ってこないなどの被害も多い。また、投資話しを持ちかけ、お金を預けた後に逃亡することも頻発している。

日本人が殺害される事例も少なからず起こっており、2007年にスコタイを旅行していた日本人女性がスコタイの遺跡西側で何者かに殺害され、未だに犯人検挙にいたっていない未解決事件もある。

著者は81か国の渡航歴があり、海外長期4か国に居住経験があるが
日本は治安が悪化しているとはいっても、世界的にみたら非常に治安が良いというのは他の外国人も認めるところである。そんな治安の良い日本で生まれ育つと、海外に出て、簡単に人を信用してしまったり、騙されたりもする。

海外に出る前に、必ず現地の治安情報は調べておくのは必須であるし、出会い系を使っての出会いは国内外問わず危険であることを認識し、人を簡単に信用しない事も必要であると思う。

タイ・バンコク・日本人3人監禁、暴行、1000万以上脅し取った韓国人容疑者は1時間200バーツで売る女・美人局の犯人でもあった? 別件被害者

昨年末にFBでもお伝えした1時間200バーツで売る女!バンコクに住む自分の友人が美人局に遭い、10万バーツ(日本円で35万円程)を男に脅しとられた件は、実は数日前にバンコクで日本人男女3名を監禁、暴行、1100万円を脅し取った韓国人容疑者と同じ犯人であることが、本人への確認で分かりました。

1時間200バーツで売る女!この女性が今回の被害にあったとされる日本人女性(24歳)韓国人男から命令されていたのか。

この件に関しては、バンコク市内トンロー駅近くにあるアジトのマンションに被害者とともに乗り込んだのですが、そのあとに
ソイ13のマンションに拠点を移していたようです。

この件に関しては別件での被害者も多数います。
下記動画、1時間200バーツで売る女。美人局被害。
これを脅したのも今回と同じ韓国人容疑者

女性は23~24歳とのことでしたが、今回被害に遭ったとされる女性か。

(12月に投稿した1時間200バーツで売る女=今回の被害者)
1時間200B(日本円で670円程)で時間を売りますと現地在住者向けの情報掲示板「バンコクナビ」にコメント出していた自称23歳の女。
→まず、この掲示板で怪しいと思えないといけないが。国内外諜報活動に従事している自分にはよくわかります。

美人局とデート商法を組み合わせたような詐欺。
純粋なマッサージから始まり、23歳女性からローション使用の手コキマッサージに誘われ、相手の要求にそうままに。
その後、2人で一度外にでて
元の部屋に戻ると男がいて、手コキの行為に関して脅され、後日、
10万バーツ(日本円で34万円程)をとられたとのこと。
男は30歳手前の男。=女と付き合ってない。

アジトのマンションにいくとセキュリティがいて、入場拒否されましたが、事情を説明し、中に入れてもらいました。

被害に遭ったのは9月末の話しで、日本のボッタクリ店のように、部屋はも抜けのから。アジトを変えたと思われます。
別に日本人が住んでいるようでそちらを確認するも不在。

此方の突っ込みどころとしては
・男が何の査証でタイに滞在しているか?
・女が観光ビザでありながら労働は違法。しかも、許可無し風俗?

その他、話しをきいていると
監禁、強要、恐喝罪にも問える。
そういった所が男への突っ込みどころとなる。

男の身元と居場所を明らかにする方法は、部屋を借りていた本人の名義調べ、本人でない可能性が高いが、名義人は知っていると思われるので、そこから追う。

2018年12月23日!タイ・バンコク・チットロム駅近くアマリンプラザ!反政府民主デモ予告?

2018年12月23日!タイ・バンコク・チットロム駅近くアマリンプラザ!反政府民主デモ予告?政治活動解禁?DEMO?near BTS Chit-Lom station,Bangkok,Thailand

タイではタクシン派(反独裁民主戦線(UDD))VS反タクシン派の対立が激化し、2010年には数十名の死者を出す惨事となり、外出禁止令、厳戒令が出され情勢が不安定な状態が続きました。
その翌年にはタクシン元首相の妹であるインラック首相第36代首相に。

そんな中、タクシン支持派・反独裁民主戦線(UDD)による反政府デモに対して当時の首相のアピシット元首相と副首相のステープ・トゥアクスパンが弾圧を命じたとして殺人罪で起訴する方針が固められる。
その後、ステープ元副首相が議員を辞職し、インラック政権に対して反政府デモを展開(2013年)
職権乱用の罪でインラック首相は辞任に追い込まれ、翌年2014年5月22日にタイ王国国軍が軍事クーデーターを起こし、軍事政権樹立。そして5人以上の集会の禁止を発表。

軍事政権樹立後、しばらく、政情が安定しているタイであるが、今月12月11日(火)に政治活動が解禁されました。
それに伴い、政治デモが再び増えていくものと思われます。

本日12月23日はネット上の情報では、バンコク市内BTSチットロム駅近くのアマリンプラザ付近で、反政府系民主主義グループが集会を開催するとの情報があって張り込んでいましたが、結局、デモがおこなわれず。
多くの警察官が厳戒態勢をしいていました。