国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

カナダ・バンフ・カスケード山

I could enjoy the Canadian Rocky mountain view near my hostel in Banff in Canada.
これぞ正にカナダの大自然といった感じ!やはり、カナダ西部にきたらバンフかジャスパーの国立公園にこなければもったいないです。

朝、宿の近くを散歩しましたが美しい山の景色を見ることが出来ました。時間により霧がかったり、太陽の光、光の屈折によりくっきりと見えなくなります。

ハイキングや国立公園の観光は
現地でツアーに申し込もうと思います。

写真の山はカスケード山

カナダ・世界遺産カナディアンロッキー観光の拠点バンフに到着

カナダ滞在3都市目となるバンフに到着しました。
カルガリーからグレイハウンドのバスを利用して2時間程で到着。

カナダ西部に来たのであれば
ここかジャスパーにいかなければ意味がないといっても
過言ではないところです。

カナディアンロッキー山脈の拠点都市となる都市です。
夏季は登山やハイキング、冬はスキーやスノーボードが楽しめる場所としても人気を博しています。
また温泉保養地としても有名です。
冬になるとオーロラも見ることが出来ます。

町の人口は8000人弱。
人口の6パーセントが日本人移住者と
日本人も多く移住しています。

到着して町を歩いていると
これぞカナダといった雰囲気が楽しめました。

しかし、かなり寒いですね。
上着を購入します。
流石の自分もタンクトップではキツイです

バンフ市内に到着してダウンタウンから30分くらい歩いた山の上にある宿にこの20キロのバックパックを背負い到着。山の頂上まで登るのが大変でした。

バンフのロゴが入ったトレーナーを購入。
ジャケットでもよかったんですが
荷物になりますので。

バンフに到着後にバスターミナルからダウンタウンに移動。
ダウンタン内にあるショッピングセンターの地下にあるフードコートのスリランカ料理の店で食事。
久しぶりに米を食べました。
これで飲み物合わせて1100円程。

カナダ・カルガリーの安宿(ホステル)共同部屋宿

海外中長期で周る際に利用する宿は先日お伝えした通り共同部屋のホステルやバックパッカー、ゲストハウスです。
理由は前述したとおりですが、こういった宿を利用したことない方々のためにどんな感じか写真でアップします。

宿により趣は変わりますが、カナダのハイホステルグループは程度が高いです。

キッチン、中庭、洗濯室、図書室、談話室、ビリヤード台などを完備
ツアー予約や自転車レンタルサービスもおこなっています。

費用は時期により変わりますか1泊3500円くらいから6000円くらいです。
夏季でインフレが激しいカナダですので
バンクーバーの宿は1泊5000円程、カルガリーは1泊3800円程、バンフでは1泊6000円程。

ホステルは、スイスや北欧、イギリスを抜かした西欧もしくはオセアニアでは1泊平均3000円〜4000円。
スイスや北欧、イギリスで1泊4000円〜6000円。
東欧やバルト三国、旧ユーゴスラビア諸国では1500円〜2500円程。

アジアでは1泊500円〜1500円くらいです。

外国人と一緒の部屋になるので英語が話せないと意思疎通が出来ずに窮屈さを感じる事があるかもですが英語がある程度出来る方にはお勧めです。

カナダ・カルガリー動物園

カルガリーの動物園を訪問しました。
子供はもちろん動物好きの大人も楽しめます。
日曜日なので家族連れで混雑していましたが、子供達が動物たちをみて親とする驚きの会話が面白かったです。
子供達にとっては特に楽しいのでしょうね。

カナダにしかいない動物が多く飼育されていましたが初めてみる
動物が多かったです。

今まで世界各地の動物園を訪問
1.タイ・バンコク
2.タイ・チェンマイ
3.ミャンマー・ヤンゴン
4.シンガポール
5.バングラデシュ・ダッカ
6.中国・北京
7.オーストラリア・ブリスベン
8.オーストラリア・ゴールドコースト
9.オーストラリア・ケアンズ
10.ドイツ・ベルリン
11.スペイン・バルセロナ
12.フィリピン・マニラ
13.マレーシア・クアラルンプール
14. イギリス・ロンドン

動物は癒しを与えてくれます。

いろいろな動物を見ることが出来て楽しかったです。
素敵な写真を撮影することができました。
アフリカにも潜入しますが
野生の動物を生でみたいです。
カメラのレンズ300ミリだと足りないかな。500は必要かな。

カナダ・カルガリーのカウボーイカジノ

カルガリーのカウボーイズカジノに潜入。
カウボーイというとバンコクのソイカウボーイを思い出してしまう自分ですw
いざ出陣!

今回は勝利しました。カウボーイという名前のカジノらしくカウボーイの衣装をしたスタッフ達がいました。

投資金が300ドル。
最初は勝ったり負けたりの連続。
しかし、開始3時間後くらいから調子が出始め連チャンが続き、賭け金もあげていき、1番儲かっていた時から-200ドルでやめました。
やめ時も肝心です。
儲けは225ドル。

ディーラーは全部で6人いましたが
2人は60歳くらいのアングロサクソン系の白系カナダ人男女、2人は華人女性《移民2世か3世》2人はフィリピン系移民2世でした。

途中、ルールをよく知らず、英語も話せない中国人やロシア人が乱入してきて場を荒らされ《連チャンがくずされた》ディーラーもかなり困った様子でしたが、その様子は面白かったです。
特にロシア人は、ロシア語がわからないと言ってるのにロシア語で話し続けw

カジノ自体は閑散としており
人が非常に少なかったのですが
途中からずっと1人。ディーラーと1対1の勝負。
そこから連チャンが続き、乱入者もなく
きりのよいとこでやめる事が出来ました。