国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

キエフ

【治安注意喚起】ウクライナ・キエフ・間抜けな面した着ぐるみ詐欺集団!

There are bad people in the independent square in Kiev. If we take pictures,they came to in front of us and demand the money.
間抜けな顔をしている(笑笑)
ウクライナ・キエフの独立広場前にいる着ぐるみ集団
無理やり写真に写りこみ金銭要求やカメラをとりあげ、勝手に撮影して金銭を要求される被害が多いです。
断固たる拒否もしくは無視が必要で、撮影する際には注意をしましょう。

ウクライナ・キエフ⇒モルドバ・キシナウ(キシニョウ)行き寝台列車!ドニエストル共和国経由!

ウクライナの首都のキエフを朝6時16分に出発し、13時間30分後のモルドバのキショニョウに19時50分頃到着。親ロシア派の噂の沿ドニエストル共和国に停車(1日3便あり、長いのは迂回してドニエストル共和国を通過しないのですが、確認不足でした。
ロシアのモスクワからモルドバのキシニョウまでの国際列車ですが、同じ車両には、ロシア人やドニエストル共和国の人々、ウクライナ人、モルドバ人、グルジア人と微妙な関係にある人々が同じ車両に。アジア人は自分一人でした。
沿ドニエストル共和国停車&通過は問題なかったのですが、肝心のモルドバの入国審査がなく、入国スタンプが押してもらえませんでした。

過去に、入国審査官の押し忘れで、空港で問題になったことがありますが、その時は充分な証明と説明が出来たので問題ありませんでした。
今回は、ドニエストル共和国を通過した列車の券は車掌さんから返してもらえましたので、それを出して出国時に説明します(むこうが英語が話せないと面倒くさいですが)。出国時に色々と問題になりそうだ。
事前に届け出るのも一つの手です。

旧ソ構成国ではロシア語が流通しており、人々の共通言語になっています。中南米では一部諸国をのぞいてスペイン語が母国語で、英語の通用度が低いのと同じです。
英語の次はスペイン語とおもっていますが、ロシア語も話せるとロシア周辺の多くの旧ソ構成国で会話が出来、便利です。ロシア語もよいな。タイ語も習得したいが。

【猫やウサギのオブジェ】ウクライナ・キエフ・ベイサジナの小道!

This park is really nice to visit in Kiev. Animal objections are very cute.
キエフ市内のベイサジナの小道
下町を望む丘にある遊歩道。ペイザジナはこちらの言葉で風景。
ソ連時代に造られた遊歩道ですが、2009年に地元のアーティストが猫やウサギのオブジェを造ってから人気となり、地元の人々と海外からの観光客の人気名所になっています。