国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

バンクーバー

カナダ・ビクトリア⇒アメリカ・シアトルへフェリーで海路入国


【5年半年ぶりのアメリカ】
カナダ・ブリティッシュコロンビア州の州都であるビクトリアからフェリーを利用して海路越境。シアトルへ。
5年半ぶりにアメリカのアメリカ入国。
今回でアメリカは3回目
1回目は学生の時にハワイ
2回目は5年半年前にロサンゼルスとその周辺
今回はシアトル→ポートランド→サンフランシスコと考えていましたが、時間の都合上、ポートランドを省きます。
シアトルのフェリー乗り場から
宿までは3キロ~4キロありますが
20キロ近いバックパックを背負い
気合いを入れて向かいます。
宿がある場所は、写真中央に見える高層ビル群の奥です。
入国審査は
カナダ・ビクトリアのフェリー乗り場で
おこないました。シアトル到着後に荷物検査があり
入国管理局の人間から
どのくらい滞在するのか?と言われ
日数と行程を伝えたら
このバックを背負って歩いてサンフラまでいくのか?
と笑われましたW

カナダのビクトリアとアメリカのシアトル間は
CLIPPER VACATIONS という会社がフェリーを運航しています。1日2~4便運行。
費用は100USD~200USD(時期により料金が異なる)

バンクーバーからビクトリアのフェリーが大きなフェリーだったのですが、これはフェリーというか大型ボートですね。速度は非常に速く、今まで乗った中で一番の速さでした。
中には軽食や酒も販売しています。

カナダ・ブリティッシュコロンビア州の州都であるビクトリアに到着

23日間のカナダ滞在最後の滞在都市であるビクトリアに到着。
ブリティッシュコロンビア州の州都です。
8万人弱の人口ですが
それ以上に大きく見える都市です。
バンクーバーよりも早く開発が進み、19世紀に建設された建物も多く残り、綺麗な都市です。

夜のダウンダウン散策していますが
バンクーバーと同じく浮浪者多いですね。

複数のヤクの売人に話しかけられましたが、クサはもちろんのこと、コカまであるようです。

街中には精神がイかれたのか
奇声を発している人々を見かけます。

カナダ・バンクーバー⇒ビクトリアへバス+フェリーで移動

合計で10日間いたバンクーバーとお別れです。
カジノを背景に記念の一枚。
ブリティッシュコロンビア州の州都である
ビクトリアに向かいます。

20キロ程あるバックパックですが
気合いいれて宿から5~6キロの距離を歩きました。

バンクーバー滞在最後の晩餐は
ダウンタウンのグランビルストリートのドネルストップというお店でケバブを食しました。

バンクーバー市のバスターミナルからバスに乗り、こちらのフェリーに乗り込みました。
バンクーバー市郊外の港からバンクーバー島まで1時間30分程の航海です。途中、アメリカの領海内を航行。
近距離路線ですが大型の路線で夏季は1日4~6本運行しており、中にはレストランやカフェ、休憩室、雑貨屋、服屋、ゲームコーナーがあります。
今まで数多くフェリーを利用してきましたが
近年では国内外で下記区間、フェリーを利用
海外
1.スウェーデン・ストックホルム→フィンランド・ヘルシンキ
2.フィンランド・ヘルシンキ→エストニア・タリン
3.スペイン・タリファ→モロッコ・タンジェ
4.クロアチア・ドゥブロヴニク→イタリア・バーリ
5.マルタ・マルタ島→ゴゾ島
国内
1.愛知県・伊良湖→三重県・伊勢志摩
2.愛媛県・宇和島(八幡浜)→大分県臼杵

バンクーバー島ビクトリア市までいくBC Ferries.
バンクーバー市のバスターミナルからバスに乗り、港からバスごとフェリーに。1時間30分の航海なのでバスから降りてフェリー内に滞在。


15時過ぎの遅めの昼食は
Light Buffet mealにしました。時間的に遅いので昼食よりも軽い野菜とスープと甘味類の食べ放題。久しぶりに生野菜を食しました。(食事は13ドル=1200円くらい)
交通費は
バス+フェリーで60ドル程(5500円くらい)

カナダ・バンクーバー・ヌーディストビーチ!


バンクーバーのUBC内の日本庭園から歩いて15分程の距離にヌーディストビーチがあるとの情報をいただいたので
早速、訪問しました。

ビーチにはアダムとイブのような全裸の男女が海岸で戯れ、1人の男性が全裸で海水浴、ゲイのカップルが全裸で手をつないでいる姿を見ることができました。

さすがにその様子を
アップするのは公序良俗に反するので控えますが
すごかったです。
見てはいけないと思いましたが
チラチラとみてしまいましたW
男性の○○○がそそりたっていたらどうしようかと思いましたW

全裸が許可されている海岸ですので
自分も全裸になり真似しようかと思いましたが
やめておきましたW

【これぞ正しく裸の大将!山下清の裸の大将放浪記】
全裸の男性が海岸後ろの道を歩いて奥の道に。バンクーバー市内UBC横のヌーディストビーチには様々な人々が全裸になっていましたがすごかったです。男性の場合、○○○がたってたらどうするのかW

カナダ・バンクーバーの共同部屋宿で白人男女が共同部屋で性行為?

深夜にオーイエ!カモンという喘ぎ声で起こされましたww
カナダの共同部屋の宿。バンフから戻りカルガリーに行く前に宿泊していた宿に宿泊。
4人部屋でしたが、前回の男性部屋とは違い、男女共同部屋。宿にチェックインしたのは夜10時頃だったんですが、部屋にはシアトルに在住しているインド人がいて挨拶しました。
他の2人は?ときくと何処かにいったと言われ、2人が戻ってくる前に就寝しました。

夜中に隣の2段ベッドの上段に寝ていたインド人がベッドから降りるときにジャンプしたようでドスンという音が響き、その音で目が覚めた自分です。
インド人はトイレにいったのか?と思ったのですが
隣のベッドの下段からチュッチュッという音とともに
オーイエ!カモン!という声が聞こえました。
何事か???と思って寝ぼけ気味の脳が覚醒してきました。
よくよく耳をすますと隣で性行為に甘んじているではありませんか。

薄暗くてどんな顔しているのかも分かりませんでしたが。

インド人がトイレに行った後に男が息子を女性の○○○に挿入しはじめ、その音が静かな部屋内に響きわたりました。
月の光がほとんど差し込まない部屋ですので視覚では何がおこっているのか分かりませんでしたが、聴覚で感じ取ることができました。

インド人がトイレのために外に出た時に挿入し始めたのですが面白かったのは5分くらいでインド人が戻ってきたことです。
廊下の明かりが彼らを照らし、インド人にその場を目撃され、気まずそうでしたWW

インド人が行為に及んでいる2段ベッドの上に戻ったあとも
性行為はとまらず、二段ベッドはミシミシと音がなりゆれています。
自分は隣の二段ベッドの下段ですがインド人の気もちもよくわかりました。

挿入後10分くらいしてから終わったようで2人で外に(15分くらいで戻ってきたことを考えるとシャワー室にいったのだと)

朝起きると、女性が自分のベッドの上段、男性が隣のベッドの下段でした。
上の女性が昨晩の女性か?と思い、凝視しました。
すると彼女は気まずそうにしていましたがむこうから話しかけてきました。
話しをするとオーストラリア人の女性でカナダでこれから働くといってました。

男性とも話しましたが男性はフランス人でした。

フランス人男性×オーストラリア人女性でした。
自分はフランス人に「あのコは彼女なの?」ときくとフランス人は「YES」と回答。
でもこの2人の会話をきいていると付き合っているとは思えない会話(出会ってまもないと)でした。
フランス人は
「昨晩はすまなかった。シャンプーがあまっているのですがいりますか?
パスタももしよければもらってください」といわれ、ありがたくいただきました。シャンプーがそろそろ終わりでしたから。

2人はチェックアウトをしたのですが、
早朝に外出したインド人が昼に部屋に戻ってきた時に昨晩の詳細をきいたのですが「昨晩はひどかった。彼らのせいでねれなかったよ」と回答してきましたW

あの2人はこの部屋で2日前に出会って一緒にどこかにいったようだが、親密になってメイクラブしたのだとW

出会って数日でヤッテしまうとこをみるとさすが白人、最近、欧米化が進んでいる日本人(かつての日本は貞操を大切にしたが、戦後、アメリカにより持ち込まれた文化、欧米化が進んだ日本)でも1メートル隣や上で人が寝ている中での性行為には及ばないでしょうW

バンフにいた時の宿も男女共用部屋だったんですが、2組のカップルと一緒になりましたが、上段のベッドで2人で添い寝してました。ベッドの耐加重もあるから、勘弁してよ!2人で寝るならホテルの個室に泊まりなよと注意しようかと思いましたが、大人になり、我慢した自分です。(今まで、数百いや数千人の外国人に注意もしくは抗議した経験がある)
2組のカップルは男性が痩せていて推定70キロ台、女性は50キロ台。2人あわせて130キロくらいなので大丈夫でしたが、巨漢カップル(男が120キロを超し、女性が100キロを超す)なら安全上の問題で必ず言わなければならないですが。
下で寝ている自分は怖いW

今回で2回目の体験です。共同部屋の宿で隣で男女が行為に及ぶを見聞きするのは。

カナダ・世界遺産カナディアンロッキー!コロンビア大氷原(アサバスカ氷河)

コロンビア大氷原へ。氷河の上を走るので頑丈な雪上車に乗車。タイヤがものすごく大きくて太い。
これを軍隊色にしたら軍用車になりますね。
若いカナダ人女性の運転です。
すごいですね。女性でこの大型を運転できるのは。

コロンビア大氷原と日本もしくは世界各地でうたっているツアーは実際は、コロンビア大氷原ではなくアサバスカ氷河と呼ばれるコロンビア大氷原から流れ出す主要な6つの氷河の1つを訪れます。
今回のツアーは250ドル(日本円で23000円くらい)のツアーですが、英語ガイドでチップ混みで200ドル程。決して安いツアーではないのですが、カナディアンロッキーに来たら必ず参加していただきたい所です。

氷河上を散策できる場所は限られていますが、指定区域外だとクレバスと呼ばれる氷河や雪渓などに形成された深い割れ目に落ちると危険ですので区域外には出ないようにしなければです。

氷河のクレバスに落ちた例では
1981年に天山山脈のボゴタ峰の氷河上で、京都山岳会登山隊所属の白水ミツ子隊員が下山中にクレバスへ落下し、声は聞こえても数十メートル下の狭い隙間へ滑落した隊員に救出の手は届かず、自ら生還を断念せざるを得なかった例もあります(隊員の遺体は14年後の1995年に発見された)。


氷河の上を歩くの初めての経験です。
こっちに来る前に新調したハイキング靴が役立ちました。

強風だったのですが、先月購入したばかりの20万近くするソニーの4Kのビデオカメラをつけた三脚が倒れて、氷河の雪解け水の小川につかってしまいました。10秒くらいつかってしまいましたが、なんとか無事でした。
海外で持ち運びしやすいように軽く簡易的な三脚しようしていますが、こういう時に重くてしっかりとした三脚が必要になります。

カナダ・世界遺産カナディアンロッキー!ヨーホー国立公園のナチュラルブリッジ

カナダの世界遺産カナディアンロッキー。ヨーホー国立公園内の2つ目の訪問場所。
ナチュラルブリッジ。
ナチュラルブリッジときいて、オーストラリアのゴールドコーストから1時間くらい奥に車で行ったとこにある土ボタルの見れるナチュラルブリッジが懐かしいですが。

カナダのヨーホー国立公園のナチュラルブリッジです。
キッキングホース川にかかり
長年の川の流れにより作り上げられた自然の橋です。

カナダ・カルガリー・Barley Millレストランでカナダ料理とカナダのビール

カルガリー市内のBarley Millレストランにてカナダ料理とカナダのビールを堪能。素敵な雰囲気のパブ&レストランでした。

ボー川の中州のプリンス島公園から近いところにあるパブ&レストランです。

木造の建物と水車が雰囲気を醸し出している素敵なレストランです。
アルバータ州のビールを初め、外国産のビールも含めて24種類のビールを用意、ワインやウイスキーも置いてあります。

まずは最初の一杯!
カルガリーの地ビールである
BIg Rockをドラフトビールで。

店頭で店員のお姉さんにI`m one person.と言ったら、中にどうぞといわれました。
本当は外のテラスのほうが良かったのですが、I want to eat outside,because i will order food.(食事を注文するので外で食べたい)と伝えても良かったのですが中も良さそうだと思い中で。しかもバーカウンターです。

綺麗なカナダ人(白人)のお姉さんが複数おり、アンナミラーズを彷彿とさせるセクシーな恰好。顔も整っており、惚れ惚れしてしまいましたW
3人の綺麗な女性店員と仲良くなりました。

Where are you from? Are you from here?(どこから来たの?ここ出身?)と聞かれて、I`m from Japan. I`m a Japaneseと回答すると、お姉さんは日本に興味があり、日本に行きたいと言っていました。


さて食事。まずは前菜。
選んだのはSalmon Watermelon Greens
カナダといえば日本と同じように鮭(サーモン)を食します。北欧(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド)を訪問した時も現地のレストランでサーモン料理を食しました。

メイン料理にしてもいいと思えるほどですが前菜です。
北米らしく甘い果物と一緒の皿にのせてますね。

美味でした。

費用は前菜で1700円程。
他にメインやビール2杯、チップいれて6000円程。
フルコースにしても良かったのですがデザートは糖尿(現在、糖尿ではないが)を気にして控えました。

こちらがメイン料理。
Double Braised Guinnes Short Ribs.
ショートリブ(アルバータ牛)
ユーコン・ゴールド (Yukon Gold)というアメリカのじゃがいもを使用したマッシュドポテトと付け合せの野菜ともに。

歯ごたえ柔らかく美味でした。

このメイン料理で2300円くらい。
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

カナダ・カルガリーに到着

I arrived in Cargaly. I used the greyhound night bus from Vancouver and it took about 16hours. バンクーバーからグレイハウンド社の夜行バスを利用して16時間程でアルバータ州最大都市のカルガリー到着。
バンクーバーより人口が多く、100万人の都市です。
バンクーバーはホームレスが多かったですが、こちらは少ないです。街も綺麗な感じです。

主要産業は石油と天然ガスでカナダ国内の87パーセントを産出、石炭は国内66パーセントを算出。

民族構成も多様ですが
北米先住民の姿を街中で見かけました。