国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

パタヤ

タイ・パタヤのバスターミナル!バンコク行き公営バス発着所!

パタヤのバスターミナルはパタヤ市街地から少し離れた場所にあります。バンコクからのバスの発着所ですが、ここからパタヤビーチまでは乗り合いタクシーであるソンテオやバイクタクシー利用になります。
バンコクはエカマイ(東)バスターミナル、モチート(北)バスターミナル、南バスターミナル行きそれぞれ出ています。

タイ・パタヤ・スーパータウン(ボーイズタウン)

タイ・パタヤ・スーパータウン(ボーイズタウン)Super town(Boystown) in Pattaya in Thailand

パタヤにはボーイズタウンなるゲイの人々のたまり場もありますが、スーパータウンなるもあります。この通りを散策すると、ゲイの人々が通うマッサージ屋その他のお店があり、世界各地からゲイの人々が集まる場所です。

タイ・パタヤのビーチロード沿いの安宿ノンゼホステル!

パタヤでお薦めのビーチロード沿いにあるホステル。
ビーチはビーチロードを挟んですぐ。非常に綺麗かつ、快適なホステルです。アゴダでの評価も9点以上と高く、大人気。日本のカプセルホテルを真似て造っており、カプセルに慣れている人は問題ないでしょう。

眠らないビーチリゾート「パタヤ観光」イチオシスポット

微笑みの国タイの首都バンコクから165キロ程東南にあるパタヤ。ここはベトナム戦争時の米兵の保養地として、1960年代から発展したビーチリゾートで、安宿から高級ホテルまで数多くの宿泊施設があります。周辺には多くの観光名所があり、夜ともなればナイトライフも楽しめるリゾートです。今回は、眠らないビーチリゾート・パタヤで訪れるべき場所と楽しみ方を皆様にご紹介いたします。
記事閲覧は下記をクリックしてください。
↓↓↓

たびねす記事

タイ・パタヤの南ジョムティエンビーチの海鮮料理「プーペン・シーフードレストラン

パタヤの南、ジョムティエンビーチ南にある海鮮料理のお店「プーペン・シーフードレストラン」にて昼食。
海鮮ミックスプレートとチャーハンを注文。

海鮮ミックスプレートは、海老、シャコ、ムール貝、渡り蟹、烏賊、タイで人気の貝(名前不明)が入っています。
お腹いっぱいになりました。
海鮮プレートはいくらかというと800バーツ(現在のレートで2900円くらい)でお手頃です(もう少し円高だと助かるのですがW)。
味も美味、雰囲気も抜群のお薦めの海鮮料理のお店です。

飲み物とチャーハン合わせて1000バーツほど(1人500バーツ=1800円くらい)

タイ・バンコク・オーストラリア人の子供との交流

宿にオージーのお母さんと娘がいるんですが、6歳の娘さんが無邪気で話しかけてきて、話し相手、遊び相手になっていますが非常に可愛らしい。
自分も年齢的にはこのくらいの娘がいてもおかしくない年齢です。
海外諜報活動に従事しているといつ何時、命を落とすかわかりません。
妻子は荷重になりますので、あえて独身をつらぬいている私です。

父親が仕事の関係でタイに赴任していた時に、タイで生まれた彼女。《ちょうど自分が赴任していた時か》
今は香港に移動したため、香港暮らし。
香港移住後もたまにタイにお母さんと来てるようです。

日本食、寿司が大好きで納豆も好きだと言ってます。女の子なんでオママゴト遊びをしました。
話し相手&遊び相手に。

白人は、大人になると微妙になる女性が多いですが
子供の時は非常に可愛いです。
本当に可愛いコでした。

お母さんは厳しいですが、愛情持って接しているのがよく分かるコです。

パタヤ⇒バンコクへ移動!

パタヤとお別れ!残念な天気でしたが、最終日は晴れました。

バンコクにはパタヤから109パーツ《380円くらい》の公営バスを利用して2時間程で到着。シートベルト着用してくださいと乗務員からしじ。
初めてタイの公営バスでシートベルトしてくださいと言われました。
今まで、シートベルトが壊れているバスや、シートベルトないのが多かったですが、事故が多いから変わりつつあるのか。

タイ・パタヤ・ジェントルマンクラブ

パタヤのジェントルマンクラブに潜入調査。No.1と呼ばれるジェントルマンクラブKinnaree Place。
いつもパタヤのビーチロードやセカンドロード、ウォーキングストリートの調査に留まっていましたが、初めてジェントルマンクラブに。

日本にある高級クラブとまでいかないラウンジみたいなものです。ゴーゴーバーの女の子が踊らない版。ここまで来る日本人はかなりの通です。

ビールが90バーツ(300円程)、ソフトドリンクが60バーツ(190円程)
あとは女の子が飲み物を飲みたいと言ったら、飲み物代(100バーツ)を払う感じです。

ちなみに、いわゆるショート本番行為が1000バーツ(3600円程)+部屋代350バーツ(1100円程)。手こきが500バーツ(1700円程)のサービスも希望であればあります。

自分は、飲んで話して楽しみました。病気も恐いので決して買いません。
スプライトと女の子の飲み代(計160バーツ=580円くらい)で帰りましたがW(安いものです)
雑誌や番組に風俗系の記事執筆や意見協力もしている。=潜入調査して情報を得ている。
なんでも現地踏査して目でみて耳できく事は重要なんです^_^

客は欧米人主体。
パタヤの繁華街から離れてますのでなかなか日本人は来ないのでしょう(通な日本人はきますが)
ジェントルマンクラブは他にも多くあります。

タイ・パタヤ・ウォーキングストリート沿いのムエタイ観戦できるバービア


パタヤの夜の歓楽街の撮影を終えました。ウォーキングストリートにあるムエタイ観戦できるバービアに。

ムエタイ選手との記念撮影をレフリーに依頼したら、何だこれ?何でこんな感じの自撮り画像ばっかで、俺の写真がないww
文句言ったら謝られましたが、再撮影たのんだら、首を横に振られ、気まずそうに逃げてきましたwはずんだチップはどうするんだw
不憫に思った近くにいたムエタイ選手が新しく撮影してくれましたw
タイ人はやっぱ面白いな。この満足げな顔の自撮りは何なんだw笑える。
やっぱ、事後確認が必要ですね。

パタヤ・ウォーキングストリートのムエタイ観戦出来るバービア。入場料は要らず、飲み代だけです。せっかくなのでリングサイドに。バンコクでのムエタイ観戦はリングサイドだと2000バーツかかります、《あっちは有名選手が集まりますが》
軽くパンチ。

チップは1人100バーツずつ渡しました。チップを渡す事は重要な事です。

ちなみに、ピピ島のムエタイバーは一般参加可能。腕に自信がある人は参加してみるとよいでしょう。