国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

パリ

フランス・パリ・オペラ地区・襲撃!チェチェン系フランス国籍者による犯行

フランスのパリのオペラ地区で発生した刃物を持った男によるナイフ襲撃事件。
オペラ地区は日本企業が進出し、日本人が多く要る地区。それに合わせて日本食屋が多くある地区としても有名です。

犯人はロシア連邦内のチェチェン共和国出身のフランス国籍取得した男による犯行。
IS系組織が犯行声明を出しています。

チェチェンというと旧ソ、ロシアからの独立を展開し、第一次、第二次とチェチェン紛争の地域となった場所。
国民の大半はイスラム教徒です。

【下記はAFP記事】
フランスの首都パリ中心部で発生したナイフ襲撃事件の容疑者は、仏警察の対テロ要注意人物リストに載っている男だったことが分かった。捜査関係者が13日、AFPに明らかにした。

 事件は12日夜、オペラ座付近の繁華街で男が5人をナイフで襲い、1人が死亡、4人が負傷したもの。容疑者の男は警察に射殺された。

 治安を脅かす可能性がある過激思想を持った人物の情報を掲載した仏警察のリスト「Sファイル」(「S」はセキュリティの頭文字)によると、容疑者の男は1997年にロシア南部チェチェン(Chechnya)共和国で生まれたフランス人だが、犯罪歴はなかった。警察は男の両親の身柄を拘束しているという。男がフランスに入国した時期について警察は明らかにしていない。

「Sファイル」には、潜在的危険性がある宗教的過激派を含む過激思想に走る可能性のある人物の他に、左翼や極右活動家らの名前も載っている。全員ではないが、「Sファイル」に情報が掲載された人物たちの多くはイスラム過激派などによる襲撃に関与している。

「Sファイル」とは別に、テロの脅威があると断定された人物に特化したファイル「FSPRT」も存在する。FSPRTには約2万人が掲載されており、うち約半数が警察の監視下にあるという。

【海外で人気急上昇中のラーメン】フランス・パリ・オペラ地区!ラーメン屋なりたけ!

【海外で人気急上昇中のラーメン】フランス・パリ・オペラ地区!ラーメン屋なりたけ!世界に進出する日本のラーメン屋!Naritake-Ramen,Opera-area,Paris,France

フランスのパリのオペラ地区。オペラ地区には日系企業が多く進出し、それら駐在ん向けの日本食屋がバブル時代頃から多く出来ました。
近年の日本食人気もあり、美食家の多いフランス人の舌をうならせる日本食。フランス人にも人気の地区です。

4度目のパリ。千葉もしくは錦糸町に店を出している日本のラーメン屋であるなりたけを訪問!
こってりのラーメンを注文しましたが、かなりこってりしていました。こってり好きの自分にはハマる味でした。こってり味好きにはお勧めいたします!

フランスで日本人女子留学生が行方不明に!○○国籍者が重要参考人!既にEU外・国外逃亡!

フランスで筑波大学の女子留学生が行方不明になっています。日本国籍でもフランス国籍でもない男が重要参考人として現地警察が追っていますが、既にその人物は、EU外に出国しているとのことです。

航空機の搭乗履歴は、航空会社に問い合わせをすれば判明します。

海外渡航の際の注意点を動画で言及させていただきます。

いずれにせよ無事に戻ってくる事を願っています。

以下はTBSの記事から抜粋
フランスで日本人留学生の黒崎愛海さんが行方不明になっている事件で、地元の警察幹部は、黒崎さんの寮の部屋から血痕は見つからず、荒らされた様子もなかったことを明らかにしました。
「(容疑者は)痕跡を残さないようにしていて複雑です」(黒崎さんの事件を捜査 レジス・ミエール氏)

この事件をめぐっては、黒崎さんが行方不明になった今月4日の夜に容疑者とともに黒崎さんの寮の部屋に入り、深夜になって複数の人が黒崎さんの叫び声を聞いていたことがわかっています。地元の警察幹部は、JNNの取材に対し、この部屋から容疑者の指紋が発見されたものの、血痕はなく、荒された様子もなかったことを明らかにしました。

「(2人は)キャンパスで出会ったが、クラスメイトでもブザンソンの学生でもない。それは確かだ」(黒崎さんの事件を捜査 レジス・ミエール氏)

また、警察幹部は26日、黒崎さんがどこかで監禁されている可能性を否定しました。その理由として、これまで捜査で得た情報に加え、現在、ブザンソン周辺の2か所を捜しているものの、人を監禁できる環境にないことなどを挙げています。

一方、容疑者に日本への渡航歴があったことをめぐり、容疑者が日本で黒崎さんと会っていたという情報は、「今のところない」としています。

警察は、クリスマス休暇を返上し、捜査員20人を投入して黒崎さんの行方について捜査しています。

フランス・パリ同時多発テロ!ISによる犯行?もはや、欧州も危険?日本は?

パリ中心部のバタクラン劇場と郊外の競技場付近などで13日夜(日本時間14日朝)、­複数の銃撃や爆発などの同時テロがあり、フランスの捜査当局筋は14日、AFP通信に­対し、少なくとも120人が死亡、200人以上が負傷したと明らかにした。
このうち、約80人が重傷という。数十人の人質を取って犯人が立てこもった劇場には1­4日未明(日本時間同朝)、警官隊が突入。一連のテロ事件でイスラム過激派とみられる­8人が死亡した。ただ、まだ複数の容疑者が逃亡中の可能性がある。
オランド大統領は13日、国民に向けて演説し「前例のないテロ攻撃がパリで起きている­」と表明。全土に非常事態を宣言し、容疑者の逃亡を許さないため国境の封鎖を命じた。­オバマ米大統領も「全人類と普遍的価値への攻撃だ」と非難した。これまで犯行声明は出­ていない。
在仏日本大使館は、14日午前0時(日本時間同8時)現在の情報として「銃撃に巻き込­まれた邦人はいないもようだ」と述べた。
AFP通信によれば、複数の関係者が13日、競技場近くの爆発は自爆テロだと証言した­。目撃者によると、劇場に対する襲撃は13日午後10時(日本時間14日午前6時)ご­ろ発生し、占拠犯はアラビア語で「アラー・アクバル(神は偉大だ)」と叫んで乱射した­。容疑者の1人が「オランド大統領のせいだ。シリアに手を出すべきではなかった」とシ­リアへの軍事介入を非難していたという。
AFP通信はさらに、劇場で発砲があったほか、劇場付近のカンボジア・レストランも襲­撃を受けたと報じた。また、競技場付近では複数回の爆発音が聞こえたという。治安機関­筋は、テロ攻撃は市内計7カ所で発生したと述べた。劇場だけで100人が死亡したとみ­られている。
競技場ではフランス代表とドイツ代表のサッカーの試合が行われており、オランド大統領­が観戦していた。オランド大統領は事件を受け、急きょ内務省に向かい、危機対策室で対­応に着手。「犯人に情けは無用」と徹底捜査を指示した。
仏大統領府は14日、トルコで15日から開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を­オランド大統領は欠席すると明らかにした。イダルゴ・パリ市長は住民に対し、自宅から­出ないよう要請した。
フランスでは1月、パリの風刺週刊紙シャルリエブド本社やパリ近郊のユダヤ教食料品店­がイスラム過激派に襲撃され、17人が死亡した。さらにパリでは30日から国連気候変­動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)が開幕するため、仏当局が警戒態勢を強­化していた矢先の事件となった。

フランス・パリ・シャルルドゴール空港にて食事

空港内にて食事!次いつ欧州にくるかはわからないし、両替所で日本円へ逆両替しても手数料かかるので使いきります。
全部で20ユーロ【2800円程】と高い昼食ですが、景気付けに食します。
サーモン入りのサラダ、ハムとチーズのサンドイッチ、ビール500mlです。
機内食も離陸後にでるんですが。
欧州旅行の締めです!
ドゴール空港より無料WIFI
飛行機はドイツ、東欧、ロシア領空をとおり日本でございます。
10704166_786913241331890_3137027448326030174_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
フランス・パリにて 9月25日





フランス・パリから帰国

今回の欧州周遊旅行も最後。
パリのドゴール空港から祖国日本に帰国します!日本を離れ早2か月ちょっと。今回の欧州周遊旅行では、17か国訪問。
これにより、欧州は西欧、北欧、中欧旧ユーゴ諸国、南欧、バルト3国とほぼ全ての国々に渡航。
未渡航はマルタとアイスランドのみです。

今回は、ドイツから入国し、オーストリア、スロベニア、クロアチア、セルビア、マケドニア、コソボ、アルバニア、モンテネグロ、イタリア、サンマリノ、スペイン、アンドラ、モロッコ、ポルトガル、スイス、フランスと巡りました。
10698460_786874354669112_4887268419114976930_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
フランス・パリにて 9月25日





フランス・パリのホステルで仲良くなったギリシャ人

部屋で数日一緒だったギリシャ人です。年齢は自分の父親と一緒くらいでした。
画家なんですが、もしかしたらピカソ級の天才画家かもしれません笑
名刺もらいました。ギリシャを再訪してくれと言われました。
画家は精神が少しいかれてしまっている人々が多いと言っていました。世界共通ですね!
画家の子息である自分にはよくわかります。

 

10320465_786866191336595_4051860648126889315_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
フランス・モンサンミッシェルにて 9月24日