国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

フランス

中国において日本人6名がスパイ容疑で拘束&海外渡航時の行動&撮影の注意点

【中国において日本人6名がスパイ容疑で拘束&海外渡航時の行動&撮影の注意点】
中国において日本人6名がスパイ容疑で今年3月に山東省や海南省で拘束されていた事が発表されました。
(数年前にに拘束された日本人5名は未だに拘束されたままです。)
中国では日本式の温泉施設(いわゆるスーパー銭湯)がブームになっています。
今回拘束された6人は、地元の温泉開発会社の要請をうけて技術協力というかたちで政府当局から許可を得て地質調査に携わっていました。
今回の件は全くもってスパイ活動ではないと断言できますが、技術援助で訪れた技師にスパイ容疑をかけるのは国際的信用をさらに失墜させる結果になるでしょう。
2014年に中国国内で「反スパイ法」が制定されましたが、
この法律の定義は曖昧で当局役人の判断に任されている
といっても過言ではありません。
共産社会主義国家ではいわゆる賄賂は横行しています。
役人の汚職はひどいものです。賄賂を支払わなければ
逮捕、拘束もありえるのです。
スパイ容疑をかけられた5名(これが日本の諜報員(スパイ)であるか否かに関しては関係上、言及を避けますが)のうち4名は裁判公判中。しかし、秘密主義の共産社会主義国家ですので裁判の詳細は明らかにされてません。
今回の件で、中国から他国(主に東南アジア)へ生産拠点を移す日本企業はさらに増すでしょう。中国に駐在、赴任を命じられたら拘束される心配もつきものですから。
今回、皆さんにお伝えしたいのは
海外渡航時の撮影の注意点です。私は国内外で調査活動をしており、画像、映像双方での撮影をしています。
活動に支障をきたすのでどこの国で何があったとはいえませんが、複数の国で短時間ながらも拘束された経験があります。
まず海外での撮影に関しては
軍施設、軍車両、軍人を許可なく撮影するのを禁止している国々はかなりの数を占めます。
軍関係以外に、政府機関、空港、港湾なども国と都市、場所により禁じてます。もし撮影してしまうと知っている知らないに関わらず逮捕拘束される可能性は高いのです。
なので海外渡航の際の撮影にご注意ください。
私は国内外での調査と撮影をしています。
プロの自分としては上記写真のように特殊機材と特殊技術を用いれば撮影は出来ます。(今までも数多くの場所で撮影をしてきました。)いつも覚悟の上で撮影をしています。
現地で得てきた情報提供&映像画像提供も随時しています。
写真はフランスのパリを再訪した際に、パリ北駅構内で撮影した写真。フランスの諜報機関であるDGSEが事前にイスラム過激派がパリに潜入しているという情報を得ていたのですが、爆弾テロを警戒していまいた。
この数か月後にパリで大規模なテロがおこりました。
駅や地下鉄などの公共施設は軍が警戒していましたが、それが手薄な民間施設が標的になりました。
幸いにも日本は世界の数多くの国々と友好関係を結び、外国人の日本人に対しての信頼度は非常に高いです。
しかし、日本はアメリカの属国、アメリカに操られていると思っている国々も少なくはなく、主にイスラム系の国々、イスラム過激派の中では潜入してきた日本人をCIAのスパイと思う人々がけっこういます。(実際にCIAのスパイと化した日本人が日本には数多くいるのは事実)
CIAのスパイと疑いのある人々が先日、処刑されましたが。
話しは変わりますが、昨日、タイのバンコク、イギリスのマンチェスターにおいて爆弾テロがあり多くの方々が亡くなりました。タイのバンコクに関して軍の病院を狙った事から現在の軍事政権に不満を持つ国内の政治集団の一味の仕業と思います。(タイはタクシン派VS反タクシン派の政治的争いがここ数年おさまっていたのですが)
イギリスのマンチェスターの件に関しては
イスラム過激派のテロ(ISILのテロ濃厚)でしょう。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
このような卑劣な行為を遺憾に思います。

フランス大統領選!決選投票!2017年5月7日!何故に極右政党が伸びるのか?欧州移民&EU問題

フランス大統領選!決選投票!2017年5月7日!何故に極右政党が伸びるのか?欧州移民&EU問題に関して言及!

ランス大統領選挙の決選投票が、日本時間の7日午後、おこなわれます。
中道のマクロン候補の優勢が現地で伝えられていますが、アメリカの大統領選をみていただいても分かるとおり、どうなるかは最後までわかりません。

最新の世論調査によると、マクロン候補が、ルペン候補より20ポイント以上、大きくリードしているのですが、投票率次第ではルペン氏にも勝機があります。

極右のルペン氏が伸びた理由としては
昨今のイスラム過激派によるテロ、EU離脱問題などがあります。

かつて欧州はアイスランドをのぞくすべての国を訪問しましたが、現地聞き取り調査では移民による弊害、イスラム過激派の脅威を唱えている方々が非常に多かったのが実情です。

決選投票は、日本時間7日午後3時に始まり、8日未明には大勢が判明する見通しとなっています。

フランスで日本人女子留学生が行方不明に!○○国籍者が重要参考人!既にEU外・国外逃亡!

フランスで筑波大学の女子留学生が行方不明になっています。日本国籍でもフランス国籍でもない男が重要参考人として現地警察が追っていますが、既にその人物は、EU外に出国しているとのことです。

航空機の搭乗履歴は、航空会社に問い合わせをすれば判明します。

海外渡航の際の注意点を動画で言及させていただきます。

いずれにせよ無事に戻ってくる事を願っています。

以下はTBSの記事から抜粋
フランスで日本人留学生の黒崎愛海さんが行方不明になっている事件で、地元の警察幹部は、黒崎さんの寮の部屋から血痕は見つからず、荒らされた様子もなかったことを明らかにしました。
「(容疑者は)痕跡を残さないようにしていて複雑です」(黒崎さんの事件を捜査 レジス・ミエール氏)

この事件をめぐっては、黒崎さんが行方不明になった今月4日の夜に容疑者とともに黒崎さんの寮の部屋に入り、深夜になって複数の人が黒崎さんの叫び声を聞いていたことがわかっています。地元の警察幹部は、JNNの取材に対し、この部屋から容疑者の指紋が発見されたものの、血痕はなく、荒された様子もなかったことを明らかにしました。

「(2人は)キャンパスで出会ったが、クラスメイトでもブザンソンの学生でもない。それは確かだ」(黒崎さんの事件を捜査 レジス・ミエール氏)

また、警察幹部は26日、黒崎さんがどこかで監禁されている可能性を否定しました。その理由として、これまで捜査で得た情報に加え、現在、ブザンソン周辺の2か所を捜しているものの、人を監禁できる環境にないことなどを挙げています。

一方、容疑者に日本への渡航歴があったことをめぐり、容疑者が日本で黒崎さんと会っていたという情報は、「今のところない」としています。

警察は、クリスマス休暇を返上し、捜査員20人を投入して黒崎さんの行方について捜査しています。

フランス・ニース・トラック突入!80名以上が犠牲!現地渡航経験者

【またしてもイスラム過激派か??】こないだのダッカでのテロ事件以降、イスラム過激派によるテロは世界で展開されると思っていましたが。フランスのコートダジュールの中心地のニースでチュニジアとフランスの両国籍保持者による犯行!トラックで花火見物客にトラックが突っ込み80名以上が死亡!

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
ニースは4年前に訪問しました。現地には2泊したのですが、海岸から1キロ、鉄道駅の南側にある宿に宿泊してニース市街をくまなく散策して撮影。
今回、現場となった場所は海岸沿いのロムナード・デ・ザングレと呼ばれる海岸沿いの道。ちょうど自分が映像で立っている現場付近です。フランス人だけでなく世界各地から観光客が訪れる世界で知られている国際海洋保養都市です。
今後も、イスラム過激派による犯行がおこなわれるでしょう。イスラム系の国、イスラムの移民が多く入り込む国に行く際は注意が必要です。

フランス・パリ同時多発テロ!ISによる犯行?もはや、欧州も危険?日本は?

パリ中心部のバタクラン劇場と郊外の競技場付近などで13日夜(日本時間14日朝)、­複数の銃撃や爆発などの同時テロがあり、フランスの捜査当局筋は14日、AFP通信に­対し、少なくとも120人が死亡、200人以上が負傷したと明らかにした。
このうち、約80人が重傷という。数十人の人質を取って犯人が立てこもった劇場には1­4日未明(日本時間同朝)、警官隊が突入。一連のテロ事件でイスラム過激派とみられる­8人が死亡した。ただ、まだ複数の容疑者が逃亡中の可能性がある。
オランド大統領は13日、国民に向けて演説し「前例のないテロ攻撃がパリで起きている­」と表明。全土に非常事態を宣言し、容疑者の逃亡を許さないため国境の封鎖を命じた。­オバマ米大統領も「全人類と普遍的価値への攻撃だ」と非難した。これまで犯行声明は出­ていない。
在仏日本大使館は、14日午前0時(日本時間同8時)現在の情報として「銃撃に巻き込­まれた邦人はいないもようだ」と述べた。
AFP通信によれば、複数の関係者が13日、競技場近くの爆発は自爆テロだと証言した­。目撃者によると、劇場に対する襲撃は13日午後10時(日本時間14日午前6時)ご­ろ発生し、占拠犯はアラビア語で「アラー・アクバル(神は偉大だ)」と叫んで乱射した­。容疑者の1人が「オランド大統領のせいだ。シリアに手を出すべきではなかった」とシ­リアへの軍事介入を非難していたという。
AFP通信はさらに、劇場で発砲があったほか、劇場付近のカンボジア・レストランも襲­撃を受けたと報じた。また、競技場付近では複数回の爆発音が聞こえたという。治安機関­筋は、テロ攻撃は市内計7カ所で発生したと述べた。劇場だけで100人が死亡したとみ­られている。
競技場ではフランス代表とドイツ代表のサッカーの試合が行われており、オランド大統領­が観戦していた。オランド大統領は事件を受け、急きょ内務省に向かい、危機対策室で対­応に着手。「犯人に情けは無用」と徹底捜査を指示した。
仏大統領府は14日、トルコで15日から開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を­オランド大統領は欠席すると明らかにした。イダルゴ・パリ市長は住民に対し、自宅から­出ないよう要請した。
フランスでは1月、パリの風刺週刊紙シャルリエブド本社やパリ近郊のユダヤ教食料品店­がイスラム過激派に襲撃され、17人が死亡した。さらにパリでは30日から国連気候変­動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)が開幕するため、仏当局が警戒態勢を強­化していた矢先の事件となった。

フランス・パリ・シャルルドゴール空港にて食事

空港内にて食事!次いつ欧州にくるかはわからないし、両替所で日本円へ逆両替しても手数料かかるので使いきります。
全部で20ユーロ【2800円程】と高い昼食ですが、景気付けに食します。
サーモン入りのサラダ、ハムとチーズのサンドイッチ、ビール500mlです。
機内食も離陸後にでるんですが。
欧州旅行の締めです!
ドゴール空港より無料WIFI
飛行機はドイツ、東欧、ロシア領空をとおり日本でございます。
10704166_786913241331890_3137027448326030174_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
フランス・パリにて 9月25日





フランス・パリから帰国

今回の欧州周遊旅行も最後。
パリのドゴール空港から祖国日本に帰国します!日本を離れ早2か月ちょっと。今回の欧州周遊旅行では、17か国訪問。
これにより、欧州は西欧、北欧、中欧旧ユーゴ諸国、南欧、バルト3国とほぼ全ての国々に渡航。
未渡航はマルタとアイスランドのみです。

今回は、ドイツから入国し、オーストリア、スロベニア、クロアチア、セルビア、マケドニア、コソボ、アルバニア、モンテネグロ、イタリア、サンマリノ、スペイン、アンドラ、モロッコ、ポルトガル、スイス、フランスと巡りました。
10698460_786874354669112_4887268419114976930_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
フランス・パリにて 9月25日





フランス・パリのホステルで仲良くなったギリシャ人

部屋で数日一緒だったギリシャ人です。年齢は自分の父親と一緒くらいでした。
画家なんですが、もしかしたらピカソ級の天才画家かもしれません笑
名刺もらいました。ギリシャを再訪してくれと言われました。
画家は精神が少しいかれてしまっている人々が多いと言っていました。世界共通ですね!
画家の子息である自分にはよくわかります。

 

10320465_786866191336595_4051860648126889315_n

平成26年(2014年)生涯3回目の欧州周遊旅行
フランス・モンサンミッシェルにて 9月24日