国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

ベトナム

海外で被害に遭われた方々の体験談【第⑤弾】ベトナム・ホーチミンのタクシー!ボッタくり被害多数!?

海外で被害に遭われた方々の体験談を募集していましたが
多くの方々から体験談をいただきましたので発表させていただきます。
海外にいく人々が無事に渡航できるよう、被害に遭わないように情報共有させていただきます。

いただいたコメントは下記

去年の年末にベトナムのホーチミンに行った時の話ですが、空港のタクシー乗り場で優良タクシー会社(ビナサンタクシー)の社員証を持った人に話かけられホテルまで乗せて行ってくれるとの事だったんでその人のタクシーが止まってる所までついていったのですが、そこに止まってた車は明らかにタクシーには見えないフルスモークのSUVでした!この段階で怪しいとは思いましたがもう勢いでその車に乗りました。
その車に乗るや否やドライバーに先に金払えと言われ、提示された金額を払おうとした瞬間、その金じゃないと言われ私の財布に手を突っ込み勝手に数枚のお札を抜いてきました。
私は怒りの頂点に達し必死で抜かれたお金を回収し何とかその車から脱出しました!周りにはその輩の仲間も数名いましたがそこも怒りの勢いで突破し、向かいにある空港のタクシー乗り場まで戻りました。
そして正規の空港職員にあいつらは誰だと聞いた所、その職員は小声で彼らはマフィアだと言ってました!
私は空港の敷地内で堂々とこんな詐欺をしてる輩達がいる事にカルチャーショックを受けました。
そしてホテルに到着して財布のお金を数えてみると全部お金を取り返したつもりでしたがだいぶ抜かれてました!
その後テンション下がりながらもホーチミンの偽タクシーについてネットで調べてたら私と同じ被害を遭われた方のブログを発見しました!タイトルは確かマジシャン並みのスリ師だったと思います(笑)
やはり海外では知らない人に声をかけられて例えこっち側にとって都合のいい話でも乗っちゃいけないと痛感しました!
恐らく他にも私と同じ被害を遭われた方まだまだいると思います、そしてこの先一人でも多くの方がこういった詐欺を回避していただきたいとの想いで私のベトナムでの被害体験を報告させてもらいました!

【被害者続出?】ベトナム・ホーチミン・きな臭いバイクタクシー運転手によるボッタくり!

 

ベトナムで流行る推薦状詐欺とは!?インド以上に多くの人々が話しかけてくるベトナム。詐欺師が多いです。ある意味こうぃった人々との交流は面白いものです。からかってやりましたWW この彼はバイクタクシーの運転手なのですが、この○○さんはいい人です。楽しい旅が○○さんのおかげで出来ましたという実際に日本人が書いた推薦状を見せてきます。いわゆる推薦状詐欺です。(私が命名。)

ホーチミンにいるとよく 英語や日本語で話しかけてくる。 普通のバイクタクシーも多いが。売春斡旋、薬物斡旋等。女性だとレイプの被害も出てい­る。全てではないので完全否定出来ないですが。

推薦状詐欺とは、英語もしくは日本語が流ちょう­で、どこか観光しないかと誘ってきます。渋っていると 10名以上の日本人が書いた推薦ノートを見せられます。そこにはこの人は良い人です。 最初は不安でしたが楽しく旅をする事が出来ました。 この人は安心安全です。みたいな文言がかかれています。
そこで多くの人は安心してしまう­だろう。しかし、これには裏があるのです。
もちろん餌を得るために何人かの日本人にはよくす­­る。しかし、残りの8割方は脅したり、強引なお土産屋さんに連れてかれ、買うよう強­要される事が多い。仲間が出てきて暴行を加えられる事があります。旅慣れていない日本人が­か­かりやすい。詐欺です。

旅行でくる日本人の中には日本と同じように行動する人が多い。しかし、日本ほど安全な­国は世界にあまりないし、日本人はお金持ちで反抗しない大人しい人々というのがさらに­­こういった犯罪を生み出している。注意が必要です。そして売買春はほとんどの国と同­じく 違法である。安くもない金額を提示され、公安に逮捕、もしくは後で、脅される可能性も­あります。

ベトナム・クチトンネルにてM16などの自動小銃やマシンガンが試射できる

ベトナム・クチトンネルにてM16自動小銃試射

ベトナムのクチはベトナムの南都のホーチミンから車で1時間30分程の距離にあります。
ベトナム戦争では、ベトコンが大きな米兵相手にトンネルを掘りゲリラ戦を展開したところとしても知られます。
ベトナム戦争での痕跡を知ることが出来るクチトンネルですが、M16やAK47等の自動小銃(ライフル)M1 Garandなども。)、他にもM60などのマシンガンもおかれており、試射出来ます。

【海外ベトナム注意喚起】ベトナム・ホーチミン・推薦状詐欺!

【海外ベトナム注意喚起】ベトナム・ホーチミン・推薦状詐欺師!Bike taxi driver in Saigon in Vietnam 国際ジャーナリスト大川原 明!現地ルポ

ベトナムで流行る推薦状詐欺とは!?インド以上に多くの人々が話しかけてくるベトナム。詐欺師が多いです。ある意味こうぃった人々との交流は面白いものです。からかってやりましたWW この彼はバイクタクシーの運転手なのですが、この○○さんはいい人です。楽しい旅が○○さんのおかげで出来ましたという実際に日本人が書いた推薦状を見せてきます。いわゆる推薦状詐欺です。(私が命名。)

ホーチミンにいるとよく 英語や日本語で話しかけてくる。 普通のバイクタクシーも多いが。売春斡旋、薬物斡旋等。女性だとレイプの被害も出てい­る。全てではないので完全否定出来ないですが。

推薦状詐欺とは、英語もしくは日本語が流ちょう­で、どこか観光しないかと誘ってきます。渋っていると 10名以上の日本人が書いた推薦ノートを見せられます。そこにはこの人は良い人です。 最初は不安でしたが楽しく旅をする事が出来ました。 この人は安心安全です。みたいな文言がかかれています。
そこで多くの人は安心してしまう­だろう。しかし、これには裏があるのです。
もちろん餌を得るために何人かの日本人にはよくす­­る。しかし、残りの8割方は脅したり、強引なお土産屋さんに連れてかれ、買うよう強­要される事が多い。仲間が出てきて暴行を加えられる事があります。旅慣れていない日本人が­か­かりやすい。詐欺です。

旅行でくる日本人の中には日本と同じように行動する人が多い。しかし、日本ほど安全な­国は世界にあまりないし、日本人はお金持ちで反抗しない大人しい人々というのがさらに­­こういった犯罪を生み出している。注意が必要です。そして売買春はほとんどの国と同­じく 違法である。安くもない金額を提示され、公安に逮捕、もしくは後で、脅される可能性も­あります。

ベトナム・ホーチミン・べンタン市場(お土産購入&観光名所)潜入!

ベトナムのホーチミンにある観光客にも人気のベンタン市場。大規模な市場である。1907年に建設が決定し、1914年に完成。1950年に改修が行われ現在に至ります。お土産を購入するのにはもってこいの市場ですが、スリやひったくりが多いので注意が必要です。他にすり替え詐欺にも注意です。

平成28年(2016年)4月にベトナムのホーチミンを再訪。2年10か月ぶりに再訪。前回と同じく数多くの場所を訪問しました。2年10か月ぶりの再訪で感じたのはクラッションを鳴らす人々が減ったこと。そして、高層ビルが増えた事です。
日本のODAによる資金と技術援助によりホーチミン市内には地下鉄が建設中です。これからさらなる発展が望まれます!
今回は前回と同じくミトメコンデルタやクチトンネル、カオダイ教の総本山も再訪。

ベトナム・ホーチミン・ドンコイ通り!買春斡旋、マッサージ、偽ブランド売人達との交流!

ベトナムの南部の商業都市で同国最大の都市であるホーチミン。ホーチミンで雑貨屋めぐりといえばドンコイ通りです。ドンコイ通りにはシェラトンホテル、カラベルホテル、マジェスティックホテルなどがあります。この通りには飲食店も多くありますので食事やお茶でも訪れるとよいでしょう。
マッサージや買春斡旋業者、偽ブランドの売人など多くの人々に話しかけられます。

ベトナム・ホーチミン・ベトナムに進出したマクドナルド!その裏には何が?米系資本参入緩和?

マクドナルドがベトナムに進出。ベトナム戦争終結後にロシアや中国共産党から支援をうけた北ベトナム政府(べトナム共産党)がアメリカ寄りであった南ベトナムと統一。他の共産社会主義陣営と同じく外国資本の投資に対して規制をかけていたわけですが、1986年に敷いたドイモイ政策以降もアメリカ資本の受け入れを拒否してきました。
しかし、21世紀以降、米系会社が進出していくのですが、いわゆるマクドナルド、バーガーキングやスターバックスにみられるような米系のコーヒーやハンバーガーチェーンはなかなか進出できませんでした。
ここ最近になり、マクドナルドやバーガーキング、スターバックスが進出。その裏には何があるのか?中国とは南沙諸島の問題で揉めており、アメリカからの支援も増大しております。そんな中、アメリカ資本が入ってこれるようになっていきました。
ベトナム政府がかつての盟友である中国共産党やロシアとは距離を置き、アメリカに接近しております。

サイゴンはもともと南ベトナムの首都。民主主義的な思想をもった人々もおります。ハノイに比べたら商業的で自由な雰囲気があるサイゴン。ハノイはお役所的で共産社会主義の匂いがプンプンする。
実際に、南ベトナムの人々はハノイなどの北ベトナムの人々を嫌う傾向にあるのです。

ベトナム航空VN340便!ホーチミン⇒セントレア(名古屋)!

【世界の航空会社・ベトナム航空編】

今まで世界30以上の航空会社利用&110回程飛行機を利用。

平成28年(2016年)4月30日にベトナムのホーチミンのタンサニャット国際空港からからセントレア中部国際空港(名古屋)まで利用したベトナム航空の機体!VN340便。機材はエアバスのA321-200 3-3の配列

ホーチミン出発が0時5分、セントレア着が7時30分。搭乗時間は5時間程。モニターがない小さい機材でした。

乗機はベトナムのサイゴンを発ったあとに南シナ海に抜けて、台湾近くや沖縄を通り、鹿児島と宮崎をとおり、四国南方を通り、紀伊半島和歌山と奈良、三重を通りました。
鹿児島に入ったときに、地図をみなくとも桜島だとわかりました。1年半前にいったのですが、懐かしいです。

【海外日本食人気&海外に積極進出する日本の外食産業】ベトナム・ホーチミン・丸亀製麺の店舗!

数年前に日本でも御馴染みの丸亀製麺がベトナムにも進出。たまたまホーチミン(サイゴン)市訪問時に潜入!
値段は日本と変わらないような値段。味は、なぜか汁が酸っぱいWWたのんだのがたまたまなのか。麺はコシがあり美味でした。
日本では少子高齢化で人口減少が進んでいきますが、国内市場規模の縮小。こういった外食産業も生き残りをかけてこれからさらに海外に進出していくものと思われます。
客はほとんどがベトナム人でした。アジア各国の経済発展による人々の賃金向上、日本食人気により今後益々需要が高まっていくものと思われます。

ホーチミンにある丸亀製麺の店舗は、株式会社トリドール(兵庫県神戸市に本社)が、ベトナムで水産加工物製造や飲食店経営などを行う現地の企業体LOTUSグループが新たに設立した運営会社との間で、フランチャイズ契約を締結し、讃岐うどん専門店「丸亀製麺」をベトナムで展開。
2014年1月11日「イオンショッピングモール・タンフーセラドン店」1号店を開業。ベトナムでは2016年7月現在8店舗、カンボジアとマレーシア、オーストラリアが1店舗ずつ、台湾が18店舗、インドネシアが26店舗、ロシア6店舗、香港9店舗、韓国11店舗、中国41店舗、タイ2店舗、ハワイ2店舗となっており、積極的に海外進出を図っています。

現地実録動画は下記
↓↓↓↓↓

ベトナム・ホーチミンの空港内にある日本のODA援助に対しての感謝の碑②世界で感謝されてる日本

ベトナム・ホーチミンの空港内にある日本のODA援助に対しての感謝の碑②世界で感謝されてる日本?国際ジャーナリスト大川原 明!現地ルポ!

世界で感謝される日本。前回2年10か月前にベトナムのホーチミンを訪問時にアップさ­せていただきましたが、ホーチミンのタンサニャット国際空港内には到着口と出発口にこ­のような碑があります。
ホーチミンのタンサニャット国際空港は2007年に完成したのですが、これには日本の­ODA援助(無償ではなく円借款)による資金援助が大きな割合いを占めております。
よって、日本政府からの援助に対しての感謝の碑を空港内で掲示されています。
バンコク(いや全ての国は同じように)と同じように自国の言葉、日本語、英語での記載­があります。
これも人々の目にとまり、日本に対して感謝の念を持つ人々がさらに増えているのです。

他にも現在、ホーチミン市内で建設中の地下鉄も日本のODA援助により日本の技術(前­田建設や清水建設)によって建設中です。他にもいたるところで日本のODAの援助が入­っています。

世界各地各国に日本はODA援助をしてきましたが、世界各地でこのような日本のODA­援助に対しての感謝の碑を見る事が出来ます。