国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

世界遺産

世界遺産ドゥブロヴニク旧市街!路地裏レストランで食す絶品クロアチア料理

旅記事寄稿!今回のお題は、世界遺産ドゥブロヴニク旧市街!路地裏レストランで食す絶品クロアチア料理

最近、日本人観光客にも人気が出てきているクロアチア。その中でも人気なのが、世界遺産に認定され、アドリア海の真珠と称されるクロアチア南部の観光地であるドゥブロヴニク。

今回は、人気のドゥブロヴニクの旧市街内の路地裏にあるレストランで食すクロアチア名物料理を皆さんにご紹介いたします!

記事は下記をクリックしてください。

↓↓↓↓↓

たびねず記事

クロアチア・ドブロブニク→イタリア・バーリ行きフェリー利用

かつての日本の同盟国であるイタリアに到着^_^ 旧ユーゴ諸国とアルバニアには合計で20日も滞在してしまいました。少しいすぎました。昨晩、クロアチアのドブロブニクからイタリアのバーリまでこちらのフェリーに乗船しました。ドブロブニクを22時に出発し、翌朝8時にイタリアのバーリの到着。
イタリアは、2年ぶり3度目の訪問になります。よって渡航歴は変わらず55か国。
前回、前々回で観光主要都市である、ローマ、ミラノ、ベネチア、フィレンツェを訪問済みですが、バーリは初めてでございます。他に行った事ない都市をいくつか訪問。

10592817_771712142852000_1040236770410098496_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
イタリアのバーリにて 8月22日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

クロアチア・ドブロブニク夜の旧港

クロアチア・ドブロブニクの旧港。
夜の雰囲気も最高です☆旧市街はたまに偽警官が登場し、日本人観光客が騙されるという被害がありますが、
それ以外は、治安がよいです。深夜に道を歩いていても問題ありません。

1620710_770435706312977_9167421169969561898_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
クロアチアのドブロブニクにて 8月19日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

モンテネグロ・世界遺産都市コトル

モンテネグロの世界遺産都市であるコトルに首都のポドゴリツァから移動してきました。アドリア海沿いですが、位置しているのは入り江の奥です。このような険しい岩山に囲まれております。この地形をいかし、かつて、背後の山に沿って城塞が築かれるなど、堅固な要塞都市として栄えました。
1979年に地震により多大な損害を受けましたが、ユネスコの復旧作業により、かつての姿を取り戻しました。
宿泊場所は旧市街から1キロほどの距離で対岸にあります。旧市街からは遠いですが、逆に、対岸からの景色が美しくみれます。 NIKON一眼D610 18ー300MM にて撮影

10513473_769325076424040_5671409788355507677_n

10533404_769551039734777_7141173977545671622_n

10537047_769270956429452_6296374094687526654_n

平成26年(2014年)7月~9月 3回目の欧州周遊旅行
モンテネグロのコトルにて 8月17日撮影

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

感動もの!ベルギーブリュッセルの世界遺産グランプラスのショー

ベルギー・ブリュッセルの大広場である世界遺産のグラン・プラスを6年半ぶりに訪問。­(夜は初めて)。王の家に入り(入場料5ユーロ)そこから市庁舎の景色を堪能。花壇が­広場の中にあり綺麗であった。そこで夜になると30分に一回の割合で、素敵なショーが­おこなわれた。5分少々であるが、感動しました。
下記、がショーです。動画におさめました。

グランプラスは、ブリュッセルの中心地にある大広場。ヴィクトル・ユゴーが賛嘆したこ­とでも知られるこの大広場は、世界で最も美しい広場のひとつと見なされている。199­8年にユネスコの世界遺産に登録された。
グラン=プラスは美しい広場であるが、華やかな歴史ばかりに彩られていたわけではない­。1523年にプロテスタントの最初の殉教者たちであるヘンドリク・フォエス(Hen­drik Voes)とヤン・ファン・エッセン(Jan van Essen)がこの地で火刑に処された。

大同盟戦争中の1695年8月13日に、当時木造だった広場の家屋はヴィルロワ元帥に­率いられたフランス軍の砲撃によって大半が破壊された。市庁舎の塔は砲撃の的になった­が、石でできた壁は放火による火災に耐えた。広場を囲む家々は様々なギルドによって石­造りで再建された。このため、市庁舎以外のほとんどの建物は、この時以降のものです。

バルト3国・エストニア・タリンの寿司キャット!

 

平成24年(2012年)4か月にわたる欧州周遊旅行(それまでに欧州は3度訪問、周遊旅行においては2度目)をいたしました。

その中で訪れた国がバルト3国の1国であるエストニアです。

今回のテーマは

アキーラさん訪問!バルト3国・エストニア・タリンの寿司キャット!

対応してくれた可愛らしいエストニア人の女の子
寿司キャット1

 

 

 

22年程前、旧ソ連より独立したバルト3国。その中で、一番北に位置する国が、エストニア。首都はタリン。旧市街は世界遺産に認定されており、街並みが非常に美しかったです。

店の入り口
寿司キャット2
今回の旅で気に行った国の一つ。市内には何軒か寿司店があり、この一風変わった寿司屋を見つけた。この国では、日本のアニメやコスプレが流行っている。

可愛らしい女の子たちが握っております。

寿司キャット5
日本食もこれから人気を博してくるものと思われます。

この国の人たちからすれば、日本食は高級である。可愛らしいコ達が、お寿司を握ってくれ、それもあり、美味しく感じた。店も綺麗で清潔。こういうのが好きな人にはたまらないだろう。今、思い出したが、エストニアは美人が多かったです。

メニュー
寿司キャット3
エストニアへはフィンランドのヘルシンキからフェリーを使い1時間半ほどで到着しました。現地で3泊いたしました。

治安もよく女の子の一人旅でも問題ないと思えるような国でした。

うーん
寿司キャット4
寿司をはじめとした日本食は全世界で広まりつつあります。

アジア、アメリカでは特に人気です。欧州においても北欧、東欧、バルト3国等、ラテン系以外の西欧諸国以外では流行になっております。

世界無形文化遺産にも認定された日本食。

ダブルキャット注文
寿司キャット7

世界の人々が認めた日本食です。

健康的にも優れており、注目を集めております。

満足です
寿司キャット6
世界の多くの国々、地域でこのような日本食屋を多く見てきました。

これから紹介させていただきます。

動画


 

 

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

アキーラさんユーチューブチャンネルは下記

http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1