国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

東欧

【カジノ併設】ブルガリア・プロヴディフ・ラマダホテル

プロブディフの4つ星ホテルであるラマダホテルに宿泊。トラディショナルホテルで、古い感じが雰囲気を醸し出していました。カジノを併設しており市街地外れに位置しており、立地も抜群。

ラマダホテルは、アメリカのウィンダムワールドワイド傘下のホテルチェーンで世界に展開しています。

アキーラさん世界見聞録!世界1周総集編映像!第4弾!東欧・ブルガリア共和国!

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

総集編映像は下記をご覧ください。

【世界各国のお土産】ブルガリアのお薦めのお土産!バラ製品!

薔薇の生産地カザンラクにあるお土産屋で薔薇製品購入。薔薇の石鹸、ハンドクリーム、入浴剤、歯磨き粉等。店のオーナーや従業員が日本語話せました。お土産を多く買ってもらい喜んでいました。
家族や世話になった方々へのお土産。

ブルガリアは薔薇で有名な国です。ブルガリア中部内陸部はバラの谷と呼ばれる一大生産地です。バラの収穫は5月末。そしてバラ祭りと呼ばれる祭りが6月の初めに開催され、同国の首相や大統領がバラ祭りの時期に訪れます。

バラの谷でも中心となるのがカザンラクとカルロヴォです。
バラ祭りの時期になると国内外から数多くの観光客が訪れます。

カザンラクは、スタラ・ザゴラ州にあり、バルカン山脈麓のカザンラク平原に開けた都市です。カザンラクはブルガリアでは10番目に大きな工業都市で、2006年現在の人口は78,938人です。ローズオイル生産の中心地です。

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアは、東ヨーロッパの共和制国家です。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。住民は、 スラヴ系のブルガリア人が83.9%、トルコ人が9.4%、移動型民族のロマ人が4.7%。

ブルガリアの料理は、周辺のバルカン半島諸国と類似するものが多く、ひき肉料理や煮込み料理、シレネと呼ばれるヤギの乳からつくられるチーズ、ヨーグルトなどが代表的。ヨーグルトに相当する醗酵乳食品は他の国にも存在するが、ブルガリアのヨーグルトが日本のみならず世界的に有名になっている。これはロシアの微生物学者イリヤ・メチニコフが、ヨーグルトは長寿に効果があるとしてヨーロッパ中に広めたからである。

東欧ブルガリアからの帰国後報告!ブルガリアはどんな国?

東欧ブルガリアからの帰国後報告!4年ぶり2回目のブルガリア。前回は、ソフィアだけでしたが、今回は内陸部の都市も訪問出来ました。ブルガリアはどんな国?

ブルガリア政府観光庁主催ファムトリップ招待参加!ブルガリア9日間渡航(8月23日~31日)

平成28年(2016年)8月23日~31日にブルガリア政府観光庁の招待旅行(ファムトリップ)に参加しました。ブルガリアは平成24年(2012年)7月に訪問して以来2回目の訪問です。前回はソフィアだけですが、今回は、多くの都市を訪問しました。

訪問した都市は、ソフィア→プロヴディフ→シプカ峠付近→カザンラク→カルロヴォ→ヒサリャと訪問。ソフィアからブルガリア中部を周りました。政府観光庁がミニバスを手配してくれたので、それに乗り、日本に13年間住んでいたブルガリア人の日本語ガイドの方に案内してもらえました。

ブルガリアというと日本人の第一印象は、ヨーグルトでしょう。明治乳業が出しているブルガリアヨーグルトは、日本人に良く知られた製品です。そして、かつて活躍した琴欧州も知られています。実際に訪問してみて、バラの谷と呼ばれる地域がブルガリア中部にあるのですが、バラの生産地になっており、世界的にもバラから精製される油(ローズオイル)は世界的な評価はすごく高いです。日本ではあまり知られていない事です。

かつて、旧ソや他の東欧諸国のように共産党が一党独裁体制をしいていた時代に、隠されていた遺跡が多くあります。潜在的なものを含めて欧州の中では、イタリア、ギリシャの次に遺跡の数が多いのではないかといわれています。古代ギリシャ時代、それ以前の遺跡も多くあります。遺跡巡りもブルガリア観光の一つとなっています。料理に関しては、想像される通り、ヨーグルトやチーズなどの乳製品を使った料理が中心です。毎食、フルコースで出していただきましたが、ブルガリア料理を堪能出来ました。

ちなみにファムトリップですが、各国政府観光庁もしくは地方行政機関(市町村役場)等が企画して招待しているものです。ブルガリアは工業は盛んな国ではなく、農業や酪農が盛んな国です。民主化が進んだ今でも、決して豊かな国ではありません。そんな時に、外国人観光客に国に来てもらい旅行してお金をおとしてもらうインバウンド旅行に力を入れているのです。インバウンド旅行は非先進国にとり、貴重な外貨獲得源の一つです。ホテル、観光名所、お土産屋、飲食店、現地手配旅行会社等が利益を上げることができます。

14264109_1164591656897378_8276001284109416320_n

東欧ブルガリアからの帰国!○○が多い!

ブルガリア政府観光庁の招待にてブルガリアを4年ぶりに再訪しました。トルコ航空にてトルコのイスタンブール経由でブルガリアの首都のソフィア。
そこから前回行かなかった内陸部も訪問しました。

酪農王国!ブルガリア・ソフィアで訪れるべき場所5選

旅メディアたびねずに旅記事寄稿!今回のお題は、酪農王国!ブルガリア・ソフィアで訪れるべき場所5選

ブルガリアと聞いて日本人が連想するのはヨーグルトでしょう。また、琴欧州の出身国としても知られています。観光では日本人には馴染みが薄い国ですが、魅力ある観光名所が数多くあります。

ブルガリアの首都のソフィアは、ヴィトシャ山麓に位置する標高550メートルの高原都市。周囲を山々に囲まれ、風光明媚で水が美味しい事でも有名です。今回は、ソフィアで訪れるべき5つの場所を皆さんにご紹介いたします。

 

たびねす記事は下記をクリックしてください。

↓↓↓↓↓

たびねず記事

ハンガリー・ブダペスト・中央市場・ハンガリー名物グヤーシュスープ!

名物のグヤーシュスープとハンガリーのビール。平成24年(2012年)7月に、ハンガリーのブダペ­ストを訪問の際に、多くの場所を訪問したが、そのうちの一つがこの中央市場。ハンガリ­ーのあらゆる食材が集まる市場であります。

今回のテーマは
アキーラさん堪能!ハンガリー・ブダペスト・中央市場・ハンガリー名物グヤーシュスープ!

ハンガリー3


市内には5~6か所の市場があるが、ここ中央市場が最大の市場である。1994年に改装。1階­には、青果やソーセージ、サラミ、名物で安いフォワグラの缶詰やパテが売られ、地下に­は魚や肉、2階にはバーや軽食屋があります。

ハンガリー


グヤーシュスープとはハンガリー起源のシチュー料理です。
牛肉とタマネギ、パプリカなどから作られる。パスタ類やサワークリームを加える事があります。
ハンガリー1

 

代表的なハンガリー料理であります。一般的にハンガリー家庭では主菜として食べられることはなく、日本の味噌汁のような存在であります。
日本人宿で仲良くなった日本人と一緒に

ハンガリー4

動画

かつての大ハンガリー圏をはじめ、オーストリア、ドイツ南西部バイエルン地方、ルーマニア北部トランシルヴァニア地方、スロヴェニア、チェコ、スロヴァキア、ポーランドなどでも食べられております。

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

アキーラさんユーチューブチャンネルは下記

http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1