国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

海外

海外で日本人観光客が遭う犯罪!第二弾!海外でのすりやひったくり被害!対処法は?

日本人は戦後、平和ボケ教育が浸透して、他国に比べたら平和な日本。それゆえ日本人は、海外にいくと犯罪者の恰好のカモです。犯罪の被害に遭う日本人は非常に多いです。

今回のお題は、海外で日本人観光客が遭う犯罪!第二弾!海外でのすりとひったくり被害と対処法は?

私は、旅行会社は2社勤めましたし(海外支店では、犯罪の被害に遭われる方々の対応や治安注意喚起もおこなっていた)、海外長期4か国計6年居住。海外渡航歴は61か国。その大半が単身で渡航してパッケージ旅行参加ではなく自由に動きまわるいわゆる自由旅行。添乗員つきの団体ツアーだと安心も出来るのですが、個人旅行もしくは添乗員無しのツアーでは犯罪の被害に遭う可能性は増します。
これからシリーズ化してみなさんに海外で日本人観光客が遭いやすい犯罪とそれに対しての対処法を皆様に紹介していきます。

海外戦跡地慰霊訪問&日本関連地取材へのご支援公募

先日、お伝えした海外戦跡地慰霊訪問&日本関連地取材でクラウドファンディングを利用し、支援を募ることをお伝えいたしましたが、審査が通りましたので公開募集させていただきます。

ご支援は3000円~10万円まで設定いたしました。ご支援はただ支援というものではなく、こちらからのお返しをおつけいたします。詳細は、下記ページをご覧くださいませ。
ご支援に関しては下記ページから入ってください。

いわゆる反脱原発派はチェルノブイリ視察で600万ほどの資金を集めましたが、愛国陣営も負けてはいられません。

日本が関連した先の大戦(第二次世界大戦)もしくは第一次世界大戦の戦跡地取材。一人の日本人として戦争で亡くなられた方々の慰霊をさせていただくとともに、戦争を知る世代が減る中、それを風化させないために、日本国民への周知活動に従事。また、海外に数多くある日本関連地を取材。

海外調査においては多額の資金がかかるために、今回、支援プロジェクトをたちあげました。(今までは自費で調査をしてきましたが)

目標金額に達成しない場合、支援表明いただいた方にはその額が戻されますのでご安心を。
目標金額に達成しましたら、プロジェクト成立となります。

質問等がありましたら、私までメールをいただければと思います。

支援プロジェクトは下記を参照クリック

↓↓↓↓↓↓

支援プロジェクト

【現地ルポ】フランス・パリ・ジャパン・エキスポ!日本大人気!

3年前訪問時に現地撮影動画。動画を組み合わせ編集。30分弱の現地撮影ドキュメンタリー番組になります。
会場外、2時間待ちの券売り場、友人が、スタッフとして働いていたので、話しを伺いました。
日本の武道人気・実演、漫画、コスプレ、日本車展示、日本食、武士(侍)、お店を散策して紹介。
ニコ動も出店。カラオケで日本の歌を熱唱するフランス人の女の子、最後は、マ○ク赤○との遭遇まで収録。そして噂の韓国コーナー





海外旅行でレンタカーを借りる際の注意点とは?脅し取られる?

海外旅行、海外渡航においてレンタカーを借りる人や借りようとしている人々は多いと思­います。レンタカーを借りれば、公共の交通機関では行きにくいところや、いけないとこ­ろにも行けますので重宝するのがレンタカー。
しかし、そこには注意点があります。
かつて某旅行会社の海外支店で駐在勤務経験がありますが、レンタカー会社と揉めて助け­を求めてくる方々は多くおりました。
それら悪徳レンタカー会社に乗り込み、交渉をし、不正請求をやめさせたものです。
現代、世界の人々は、日本人は抵抗しない、反論しないと思われており、海外の悪人達の­よいカモになっているのが事実です。
それらの被害に遭われた邦人の方々を多く見てきました。
自分自身、オーストラリア、フィジー、ベトナム、タイ、パラオ等でレンタカーを借りた­経験もあります。
レンタカーを借りる際の注意点は? 被害者を出さないために言及させていただきます。

旧ユーゴスラビア・スロベニア・リュブリャナ鉄道駅

スロベニアの首都のリュブリャーナの駅。この隣にバスターミナルがあるので、明日のバスの運行時刻を確認しにいきました。
鉄道駅とバスターミナルが隣同士なので分かりやすいです。

欧州にきて9日目で初めて一人旅の日本人に出会いました。
ソニーにつとめていて、業績悪化により、将来に不安を感じたのか30を手前に転職するとのことです。同じくメーカーですが、今度は自動車メーカー(日産)に転職するようです。転職前に有給をとり、旅しているとの事でした。
技術職かと思ったら、文系人間でした。自分がこれから行く国々をまわっていたので、旅人として情報交換をしました。

10314494_762367233786491_2572560138356108113_n


国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページは下記

http://yukokunoshi-akira.com/

アキーラさんユーチューブチャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1

は下記
http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1

新チャンネル
憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2は下記
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA

別Youtubeチャンネル
ジャーナリスト大川原 明は下記
https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw

ジャーナリスト大川原 明!潜入ルポ!バルト三国・エストニア・タリンのメイド寿司

バルト3国のエストニアを訪問し、3泊した。旧ソ連崩­壊と共に、バルト3国も独立し­­た。バルト3国。日露戦争で日本が大国ロシアに勝利した­際に、アジア、アフリカ、­当­時支配下にあったフィンランド、ロシアの影響下の強かった­東欧諸国に日本は衝撃­と勇­気、希望を与えた。バルト3国で最も北に位置するエストニア­。この国は旧ソ連­が崩壊­した後、民主化が進み、最近では日本の文化も入るようになった­。旧ソ連共産­主義下で­は自由はなく抑圧と言論封殺をされていたが。寿司屋も出来始めて­いる。こ­こは日本の­メイドカフェを真似たメイド寿司である。可愛らしい女の子たちがコ­スプ­レ衣装を着て­接客してくれる。可愛いコ達に接客をされたのか、余計に美味しく感じ­­た(笑)

国際ジャーナリスト大川原 明!イスラム国!日本人殺害!日本人が海外渡航前にみるべきもの&気を付けるべきもの!

日本人必見!海外旅行・渡航者全員が見るべき、外務省・海外安全ホームページです!
私は、必ず海外渡航する際に、この海外安全ホームページを見ております。
イスラム国による日本人2人殺害予告(1名は既に殺害されている事は濃厚)、それだけではありません。ここ数年をみても数百人の日本人が殺害されました。強姦や強盗、窃盗、詐欺被害等の邦人犯罪被害者に関しては
膨大な数にのぼります。(強姦被害者は、それを報告すら出来ていない状況です)

日本は、他国からみても安全な国です。(北朝鮮の拉致被害が平気でおこなわれてしまうとことみると確実に安全な国ではないのですが)
それゆえ、日本人は平和ボケしております。ここ12年のうちの半分にあたる6年は海外暮しの私です。

仕事においては、旅行会社の現地支店に日本からの出向社員として駐在しました。(3か国)

現地で犯罪の被害に遭われた邦人被害者の擁護業務(現地警察とのやりとり、大使館、領事館への報告・連絡、保険会社とのやりとり、犯罪集団への抗議活動
=(多くの逸話がありますが自己が対応した一例)現地人経営のレンタカー会社=お客さんが返却後、レンタカー会社のスタッフが車が壊れたなど(実際にはもともと壊れていた)と因縁をつけ、法外な額を要求=日本人は脅しに弱いですのですぐに払う もしくは 助けを他に求めますが)
それに対して、レンタカー会社に乗り込み、不当な請求をやめるように勧告!不正請求取り下げさせたり。

多くの邦人被害者を見てきましたので、日本人を平和ボケから脱却させたいという気持ちが強くなっていきました。

私は、ここらへんはプロですので、世界59か国渡航(今年100か国突破)において、ほとんど、犯罪の被害に遭った事はありません。(スリの被害が1回=返してもらいましたが)

この安全ホームページには、何が起こり何が危険なのかを記してあります。
そして、その危険度を示す度合いが出ております。

危険情報は下記4段階が出ております。

その2:安全対策の4つの目安(カテゴリー)

1.「十分注意してください。」 その国・地域への渡航,滞在に当たって特別な注意が必要であることを示し、危険を避けていただくよう、おすすめするものです。

2.「渡航の是非を検討してください。」 その国・地域への不要不急の渡航は控えるようおすすめするものであり,渡航すべきか否かは,渡航目的の緊急性,とりうる安全対策等に応じて検討を行った上でご自身で判断されるようお願いするものです。

3.「渡航の延期をお勧めします。」 その国・地域への渡航は,どのような目的であれ,当面控えるようおすすめするものです。また,場合によっては,現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。
「退避を勧告します。

4.渡航は延期してください。」 その国・地域に滞在している全ての日本人の方々に対して、滞在地から、安全な国・地域への退避(日本への帰国も含む)を勧告するものです。この状況では、当然のことながら新たな渡航は延期してください。
2年半年前の2回目の欧州周遊旅行の際に、旧ユーゴスラビアのマケドニアの首都のスコピエを訪問しましたが、そこから紛争地帯であったコソボの首都までバスで3時間程の距離。
その当時は、3の渡航の延期をお勧めしますでした。
苦渋の決断で渡航をやめたわけですが、昨年の3回目の欧州周遊旅行では、コソボの首都を含む数都市は1の十分注意してくださいに安全度が下がりましたので行きました。

セルビアのベオグーラドも訪問しましたが、そこからセルビアの国境地帯をつたりコソボ入国も出来るのでですが、皆さんご存知の通り、セルビアとコソボは犬猿の仲、いつ不測の事態に陥るかわかりません。(国境付近は2の渡航の是非を検討してください)
なので安全策をとりマケドニア周り(再訪)でコソボに入国しました。(マケドニアとコソボはコソボの独立を認めるなど良好関係)

邦人海外旅行者(渡航者)の被害を減らすために言及させていただきます。

下記、外務省海外安全情報をご確認ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/

世界1周旅行再開!欧州渡航(2014年7月~9月)の行程

HANEDA

欧州渡航日程決まりました。先日訪問の羽田空港。ターミナル展望デッキよりNIKOND610で撮影。 今月からの世界1周再開につき、まずは2年ぶり4度目の欧州渡航します。おおよその日程、ルートが決まりました。しばらく考え、なかなか答えが出ませんでしたが、滞在期間を延ばす事により、解決しました。当初の予定より3週間程延ばしました。 これで、後悔なくくまなく周れます。 西欧、中欧、東欧(スロバキア)、旧ユーゴ諸国、北アフリカ(スペインから)にも行く予定です。 航空券はANAの特典航空券で取得。 出発は7月22日羽田発 ドイツのミュンヘン入り。 帰りはオープンジョーでフランスの9月21日にパリから帰国の途へつきます。2か月間になります。 その間は、基本、ユーレイルパス使用で電車移動(寝台電車含)。旧ユーゴ諸国間移動の際に国際バスも利用。他に、スペインから北アフリカはフェリー使用。(ギリシャ⇒イタリア間も)他にデンマークのコペンハーゲンからアイスランドのレイキャビクはアイスランド航空を別途予約し利用予定。

大まかな日程、ルートは下記です。(都市名省きます) 1.ドイツ⇒ 2.デンマーク⇒ 3.アイスランド⇒ 4.ドイツ⇒ 5.オーストリア⇒ 6.スロバキア⇒ 7.クロアチア⇒ 8.セルビア⇒ 9.ボスニア⇒ 10.モンテネグロ⇒ 11.アルバニア⇒ 12.マケドニア⇒ 13.コソボ⇒ 14.ギリシャ⇒ 15.イタリア⇒ 16.マルタ⇒ 17.イタリア⇒ 18.サンマリノ⇒ 19.フランス⇒ 20.アンドラ⇒ 21.スペイン⇒ 22.モロッコ⇒ 23.ポルトガル⇒ 24.スペイン 25.フランス

まだ訪問していない国(初めて訪問の国)は、アイスランド、モンテネグロ、アルバニア、セルビア、コソボ、マルタ、サンマリノ、アンドラ、ポルトガル、モロッコの9か国です。 これで、欧州(西欧、東欧、中欧、北欧、バルト3国、旧ユーゴ)全ての国を渡航する事になります。 それぞれの国ではWIFI事情はよいので2年前と同じく現地より生の情報を発信していまいります。