国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

親日

天皇皇后両陛下!タイ・バンコクを弔問のため御訪問!厳戒態勢が敷かれる

【日泰友好】天皇皇后両陛下タイへの行幸啓に際して厳戒態勢をとるタイ警察&軍。日本車ばかりです(トヨタ、いすゞ、三菱)
タイにとっ日本は非常に大切な国です。(日本にとっても非常に大切。先の大戦時からの同盟国(第一次世界大戦も連合国として参加し同盟国。)

天皇皇后両陛下に何かあっては国家威信を問われすので厳戒態勢がしかれていました。

The Japanese emperor and empress came to Bangkok in Thailand from vietnam today. Ex-Thai king Bhumibol Adulyadej(ภูมิพลอดุลยเดช) passed away last October and They saw him and prayed for the his soul,and They met the New Thai king. The strict guards ware set up.

16939530_1340063872683488_3052352235597505602_n

16996109_1340516735971535_3679450624073308174_n

17098272_1340063876016821_9018347397826790906_n

17155946_1340063856016823_8493901105812643122_n

タクツァン僧院近くのカフェでの昼食

I ate lunch at cafeteria at the half point to taktsang with my guide.The food here is really delicious.
タクツァン僧院から戻る道中2800メートル地点のカフェにてブータン人ガイドと昼食。美味でした。特に大根とジャガイモが。

下りは楽ですね。でも太ももや膝への負担は登りよりも大きいですが。

16996398_1336536969702845_4095309148313253970_n

16997698_1336537019702840_6041847790228687184_n

17021954_1336536809702861_5457323866736897736_n

ブータン・ティンプー市内観光

ティンプー市内観光!1972年に亡くなった第3第国王が発案して、1974年に完成したメモリアルチョルテンと現国王のオフィスでブータン仏教界の総本山でもあるタシチョ・ゾンを訪問。他に有名なお寺も訪問。
タシチョゾンは国王も時々来られる神聖な場所ですので、警備体制は万全です。
16996093_1334494686573740_714706940164665800_n

16996288_1334371689919373_2758610867080774121_n

16997690_1334371649919377_6633042144511849683_n

17021904_1334371643252711_1644933742402388431_n

17022258_1335491649807377_4692846779500579951_n

ブータン・ティンプーのブッダビューポイント

ティンプー市内の丘の上にあるブッダビューポイント。台座もあわせて69メートルの巨大な大仏です。古いものではなく、最近、建設されたものです。(ブータン、台湾、シンガポール、香港の仏教徒からの寄付金で建設)
16996082_1333597123330163_5071870238640131500_n

ブータン・パロ・ローカルレストランでモモとブータンのビール(Druk11000)

アキーラさん堪能!ブータン・パロ・ローカルレストランでモモとブータンのビール(Druk11000)Bhutan beer with Momo,local restaurant, Bhutan 国際ジャーナリスト大川原 明!

I ate momo(dumplings) with Bhutan beer Druk11000 in the local restaurant in Paro in Bhutan. Druk11000 is one of the Bhutan beer which is super strong beer 8percent. ブータンのパロの目抜き通りにある地元民に人気のローカルレストランでモモ(餃子)とブータンのビールDruk11000を堪能。
ビールのアルコール度数は8%とのことで、今までで一番アルコール度数の高いビールを飲みました。

台湾で神様になった日本人!森川清治郎巡査が祀られる嘉義県の富安宮

旅のWEBメディア「たびねす」に記事寄稿!今回のお題は、台湾で神様になった日本人!森川清治郎巡査が祀られる嘉義県の富安宮

親日家が多い台湾。そんな台湾で尊敬される日本人の1人が森川清治郎巡査です。日本統治時代1897年に渡台し、嘉義県副瀬村の派出所勤務となった巡査は、治安改善や教育改善等、村の発展に貢献。村の中心にある富安宮は、森川巡査が亡くなった後に巡査を慕う地元の人々により建てられ、巡査は土地神として祀られています。

今回は、台湾の人々に尊敬されている森川清治郎巡査が祀られる富安宮をご紹介いたします。

記事閲覧は下記をクリックしてください
↓↓↓

たびねす記事

親日国フィンランドとは?東郷ビールとは?現地訪問にて直接体験した事?

親日国フィンランドを訪問し、10日程滞在しました。
行った場所は首都の­ヘルシンキ、古都のトゥルク、タンペレ、サンタクロース村で有名なロヴァニエミ。

しばらく滞在して気がついた事は、笑顔で接してくれてかなり親切であるという事です。
フ­ィンランドの前はスウェーデンにいたが、人々は親切であった。しかし、そこと比べても­何かが違う。

道が分からなければ目的地まで連れて行ってくれたり、写真を撮影を手伝っ­てくれたり。何かを感じていた。ここにくるまで、フィンランドが親日国であると知らな­かったのですが。

首都のヘルシンキ市内にあるとあるバーに行った時の事、突然、60代と思われるフィンランド人男性に話しかけられ、「TOHGO?」と言われました。トウゴウ??­なんで日本人の苗字をいっているのか不思議であったが、話しをしていくうちに真実を知­りました。

そしてなぜ親日なのか??それはフィンランドの歴史的な背景が裏にあります。
かつて­、このフィンランドは、大国ロシアに支配をされていた時代がある。日露戦争で、我々日­本人は、有色人種で初めて白色人種を負かした戦いであった。この日露での勝利が、アジ­ア、アフリカだけでなく当時、帝政ロシアの支配下にあったフィンランド、バルト3国、­ロシアの強い影響下に置かれていた東欧各国に勇気と希望を与えました。

日露ののちにフィン­ランドは独立戦争を起こし、ロシアからの独立に成功する。第二次世界大戦中は、日独伊­と同じ枢軸国として日本の同じ陣営で戦う。(主に対ソ連)この国ではかつて、東郷平八­郎元帥のラベルが現地のビール瓶に張られ、英雄視されていたほどであります。
日本人からの­通称は東郷ビール!フィンランドではアミラーリと呼ばれるビールであります。
アミラーリのビールにはフィンランド­や他国の著名軍人をラベルに貼っていました。そのうちの一つが東郷元帥。

東郷元帥は日露の英雄。当時、日露で極東の小さな国である日本が大国ロシア(フィンラ­ンド、東欧、バルト3国、トルコ等がその力に悩まされていた。)に勝利をし、それに感­銘を受けたフィンランド人。

東郷平八郎元帥を敬い、ラベルにした。現在では東郷ビール­は生産していない。しかし、日本で生産しておりインターネットで買う事が出来ます。
日本­の文化、製品も多く入り、親日、知日派が多い。実際、この国に10日程滞在して、多く­のフィンランド人と出会い、交流しましたが、それを感じました。
最近の若者は東郷元帥に関して­知らない人も多くなったが、50代以上の多くの人々は知っているようです。

台湾で尊敬される日本人!台湾・福瀬村!森川清治郎巡査が祀られる台湾・嘉義県福瀬村の富安宮

台湾には数多くの日本人が尊敬されていますが、そのうちの1人が森川清治郎巡査です。

場所はどこにあるのかというと嘉義県の東石郷福瀬村です。
交通の便は悪いので、嘉義からタクシーを利用し、高速も使い30分程で到着。(距離でいうと40キロくらいはあると思います。)
タクシー代だけでも往復5000円くらいかかりました。でも行って本当によかったです。

それでは、台湾人にいまでも尊敬される森川清治郎巡査とはどんな方なのでしょうか。

1861年(文久6年)に横浜に生まれた森川巡査(農家の生まれ)
日本統治後の1897年(明治30年)に台湾へ渡りました。そしてここ福瀬村の派出所勤務となりました。

当時は、劣悪な治安であったようですが、治安改善に尽力。そして私費を投じて、教科書を日本より取り寄せて、寺子屋を開き当時、村民のほとんどが文盲であったなか、住民に読み書きを教えました。衛生教育にも熱心でした。

村人が海で溺れているとの通報で、真っ先に海に飛び込み、助けに入ったこともありました。これにより、村人達から非常に尊敬されるようになりました。

明治34年(1901年)に台湾総督府は漁業税を設けました。福瀬村は海岸からも近く漁民が中心の村です。人々の生活は貧しく、漁業税をもうければ、村人の生活がたちいかなくなる可能性が高かったのです。(村人達の訴えもあった)

村の窮状をしっている森川巡査は、嘉義庁東石港支庁へ赴き、減税を求めたが、当時の支庁長は、住民を扇動し、謀反を起こそうとしているとして要請を跳ね除けた上、森川巡査を訓戒処分に処し徴税を重ねて命じました。

これに村人達に責任を感じた森川巡査は、翌年、自決を遂げました。村の人々の要望に応える事が出来なかった責任を感じ、自らの命を絶って責任をとったのです。これを知った村人達は非常に悲しみました。

その21年後、大正12年(1923年)に福瀬村でコレラ脳炎等の伝染病がはやりました。この時に村人の夢枕に森川が警察官の服装で現れ、「環境衛生に心がけ、飲食に注意し、生水、生ものを口にせぬこと」というお告げの内容を村民に告げたのです。村民がこれを守ったところ、伝染病の流行をまぬがれる事ができました。

義愛公として富安宮という立派な廟を村に建立し、森川巡査が祀られています。日本人は場所柄あまり訪れませんが、台湾の方々(内省人)が多く観光バスなどで訪れています。台湾で非常に尊敬される日本人の1人です。