国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

国際ジャーナリスト

東ティモールの首都のディリ市・サクラタワーホテル!

東ティモールを訪問した際に利用したシンガポール人経営のサクラタワーホテル。

1泊往復送迎付きで40米ドルで3泊しました。
AGODAでの評価は高く、宿泊施設が整っていない東ティモールの中では良いホテルです。建物や部屋は古さを感じますが、他のホテルよりは清潔。フロントのインドネシア人女性スタッフの対応もよかったです。

2002年に新しく独立した国です。
日本からは直行便がないので、インドネシアのバリ島(スリウィジャヤ航空やガルーダインドネシア航空の子会社であるシティリンク)かシンガポールからシルクエアーを利用する必要があります。

東ティモールの首都のディリを訪問。
人口は15万人程の都市です。首都とはいっても高層ビルはなくのどかな雰囲気がある首都です。

冷戦終結地!マルタ共和国・マルサシュロック(マルタ本島最大の漁村)

マルタ最大の漁村であるマルサシュロック。マルタ最大だけあり、港には多くの漁船があります。船は色とりどりですごく綺麗。入り江になっていますが、この深い入江は、侵入者にとって格好の場であったので、かつて1565年のマルタ包囲戦では、オスマントルコ軍が最初に上陸した場所です。

また、1989年12月にアメリカのブッシュ大統領と旧ソ連のゴルバチョフ大統領が冷戦の終結を宣言したマルタ会談も、マルサシュロックの海上でおこなわれました。歴史的な場所であるマルサシュロックですが、のどかな風景が広がっております。これらのどかな風景を眺めるのも風流です

【ニニ六ならぬニニ八事件?】台湾・台北・二二八和平公園

228事件。228と聞いて、226事件を思い浮かべる方がいると思います。226事件は、昭和11年2月26日から2月29日にかけて、日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1,483名の下士官兵を率いて起こしたクーデター未遂事件です。

それでは228事件とは!?
228和平公園は台北駅の近くにある公園です。日本統治時代の1899年に台湾初の洋風公園として造られた台北公園です。1947年2月28日に起きた228事件を記念し、1996年、当時の台北市長であった陳水扁前総統により現在の名前に変更されました。

公園内には228記念碑や池があり、人々の憩いの場になっています。ベンチもあるので休憩がてら訪れてみるとよいでしょう。

台湾における228事件。
日本が大東亜戦争で連合国軍に降伏し、敗戦した結果、日本は台湾から撤収しました。その後、蒋介石率いる中国国民党政府が台湾を接収。蒋介石政権は台湾の日本資産を搾取し、膨大な財産を手に入れました。
そして、本省人である台湾人を国語(北京語)もろくに出来ない、2等国民として扱ったのです。こうした大陸の人間(外省人)の台湾人軽視、搾取に対しての民衆蜂起が1947年2月28日におこったのです。日本統治が終わって2年4か月後の事です。

228事件が起こった事の発端は、台北市の闇たばこ業者である婦人を煙草専売局の闇煙草摘発隊が殴ったのがきっかけです。中国国民党の政策に反対していた台湾の人々がこれに怒り、デモ隊を引き連れ、専売局に押しかけました。その後、国民党の行政長官公署に向かったところ、機関銃を乱射されて、多数の死者を出しました。

これに憤慨した台湾人がこの公園にある放送局を占拠し、台湾全土に蜂起を呼びかけました。高雄や台南などで行政の奪還、外省人商店襲撃などが置き、台湾全土に運動は広がりました。

本省人側は国民政府に占拠されている諸施設へ大規模な抗議行動を展開。日本語や台湾語で話しかけ、答えられない者を外省人と認めると暴行するなどの反抗手段を行いました。

台湾住民の中には日本語が話せない部族もいましたが、日本統治時代に「君が代」は国歌として全ての台湾人が歌えたため、本省人たちは全台湾人共通の合言葉として「君が代」を歌い、歌えない者(外省人)を排除しつつ行進しました。また、本省人側はラジオ放送局を占拠。軍艦マーチと共に日本語で「台湾人よ立ち上がれ!」と呼びかけたのです。

台湾国内にいる軍隊だけでは収拾がつかず、大陸本土よりの増援部隊を要請。その後、28000人近い台湾人が虐殺されました。(この中に日本人が多数含まれているようです。)
この鎮圧は、日本統治時代に日本によるエリート教育をうけてきた知識層を根絶する目的もあったようです。

日本の統治からはずれ、蒋介石率いる中国国民党による支配は、台湾の人々に日本統治時代のほうがよかったと思わせる結果になりました。

中国共産党との内戦に敗れた国民党が1949年12月に大陸から遷都という形で台湾に逃れました。その後、台湾全土に戒厳令をしき、自由を無視した恐怖政治を強めたのです。

日本統治時代不は正は少なく、帝国大学も創設された台湾の経済は日本内地の地方都市を超えて東京と同じ水準でした。日本の統治を体験した台湾人にとって、国民党に変わって以降、治安の悪化や役人の著しい腐敗、軍人・兵士などの狼藉、さらに経済の混乱は到底受け入れがたいものであり、人々の不満は高まっていました。

台湾人は日本統治下の法治政治に慣れ、それを当然のものと考えていた為、警官や軍隊が群衆を無差別に虐殺する事態を想定してはいなかったのも被害者を増やした一因であります。

【マフィアとゴミの都市】イタリア・南部最大都市・ナポリ!

ローマからイタリアの高速列車フレッチャロッサを使い、イタリア南部最大の都市であるナポリを訪問。

ナポリで感じた事は、ゴミが道端に非常に多い事です。あまり綺麗な町ではないですね。浮浪者も多いですし、東南アジアでよくみられる信号待ちしている車の窓拭きお金を得ている人々も多かったです。
日本でも都道府県により格差はありますが、(豊かな県とそうでない県等。)イタリアは南にいけば行くほど経済は遅れております。しかし、良い意味でいえばイタリアの田舎臭さが残っており、ある意味では楽しい都市です。

イタリア南部にある都市で、その周辺地域を含む人口約96万人の基礎自治体(コムーネ)。カンパニア州の州都であり、ナポリ県の県都でもある。ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市で、南イタリア最大の都市である。都市圏人口は約300万人。

ナポリは、ナポリ湾に面した港湾都市。
風光明媚な景観から「ナポリを見てから死ね」(日本のことわざでいうところの「日光を見ずに結構と言うな」)と言われ、温暖な気候から観光都市としても知られています。
旧市街地は「ナポリ歴史地区」として世界遺産に登録されております。

ナポリ周辺にも、ヴェスヴィオ火山やポンペイの遺跡、カプリ島などの観光地を有する。 イタリア第二の港町
製鉄、製油、化学、自動車、航空機、食品加工などの工業も盛ん出ございます。
1980年には地震により大きな被害を受けた100万都市です。旧市街は世界遺産に登録されております。
また、ナポリはマフィアの街としても知られ、傘下団体約130、構成員約6300人がいるカモッラの拠点として知られています。

日本海の呼称問題!韓国側呼称である東海!韓国系団体による東海併記、単独表記へのロビー活動

米国の韓国系住民らが米政府の公式文書や地図で「日本海」表記に加え韓国側表記「東海」を併記するよう求める請願をホワイトハウスに出していた問題でトランプ政権が請願を却下していたことが分かった。

 請願は、ホワイトハウスのウェブサイトに設置されているオンライン請願ページ「WE the PEOPLE」に昨年3月21日に提出された。請願の提出から30日以内に10万人の署名がページ上で集まった場合、米政府が請願に回答する規定となっており、ホワイトハウスは請願がこの規定を満たしたとして内容を検討していた。

 ホワイトハウスによると、米政府が使用する地名に関する方針は政府機関の一つである「米国地名委員会」(BGN)が決定している。

 同委員会はそれぞれの海に対して一つの名称を「伝統的名称」として使用することを長年慣例にしているため、請願に対しては、米政府にとっての伝統的名称である「日本海」を公式表記として使用し続けると回答した。

日本海の呼称問題!韓国側呼称である東海!韓国系団体による東海併記、単独表記へのロビー活動

(以下、産経新聞記事より抜粋)
 「東海」については、「地域的に使われている別称」として委員会のデータベース上に記載されていることを明らかにした。

 ホワイトハウスはまた、日本海をめぐる「術語上の対立」について「日本と韓国が国際協力の精神に照らし、双方が同意できる解決策を見いだすよう引き続き取り組んでいくことを希望する」とした。

 請願を却下した具体的な時期は明かしていない。

 同様の請願はオバマ前政権下の2012年にも出されたが、「東海を併記するのは米政府の長年にわたる方針に反する」などとして却下されている。

東京FM番組「高橋みなみの「 これから、何する?」 」に出演!訪日外国人によるスーツケ-スポイ捨て問題

ラジオ番組出演

放送局:東京FM番組
番組名:「高橋みなみの「 これから、何する?」 」
コーナー:コレ何?TODAY
訪日外国人による国内空港のスーツケースポイ捨て問題!
日時:2018年4月23日

海外空港事情!賄賂さえあげれば黙認してもらえる?横浜の夫婦がケニアからの麻薬密輸を事例に!

横浜の夫婦がケニアから覚醒剤密輸。家族旅行を装い、運び屋として1回あたり、400~1000万円の報酬を受け取っていたようだ。
30キロ、末端価格は18億円。航空機手荷物からの押収量としては過去最大の押収量

今回、動画で言及させていただきたいのは
海外空港事情!賄賂さえあげれば黙認してもらえる?横浜の夫婦がケニアからの麻薬や密輸を事例に!

【事件詳細・以下、毎日新聞記事より抜粋】
ケニアから航空機の手荷物で覚醒剤約30キロ(末端価格約18億円相当)を密輸したとして、神奈川県警が神奈川県座間市座間2、ペットショップ経営、佐藤一貴容疑者(43)と妻の夏美容疑者(34)を覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで逮捕していたことがわかった。横浜税関は23日、2人を関税法違反の疑いで横浜地検に告発した。航空機の手荷物から押収された覚醒剤の量としては過去最大という。

税関によると、2人は子供の休みに合わせて家族でケニアに渡航していたが、一家はケニアのホテルからほとんど外出していなかったとされ、家族旅行を装って密輸を計画していたとみられる。佐藤容疑者は県警の調べに「私がやったことで妻は関係ない」と述べ、夏美容疑者は容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は、2人は4月4日夜、手荷物として預けたボストンバッグの中に、コーヒー豆の袋に小分けした覚醒剤約30キロを隠し、ケニアの空港から羽田空港へ密輸したとしている。税関職員が気付き、県警に身柄を引き渡した。

 県警薬物銃器対策課や税関によると、佐藤容疑者は「横浜市内のバーであった外国人の男に密輸を頼まれた。家族旅行なら怪しまれないと言われた」と話しているという。これまで覚醒剤を複数回密輸し、400万~1000万円の報酬を受け取っていたとみられ、県警が調べている。

【海外のトイレ事情】汚い?危ない?紙や石鹸がない?紙流せない?水洗でない?

番組をご視聴いただいている方から海外のトイレ事情に関して
質問をいただきましたのでご回答させていただきます。

【海外のトイレ事情】汚い?危ない?紙や石鹸がない?紙流せない?水洗でない?