国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

親日!パラオ人が日本名?【台湾ワクチン提供】台湾と同じく親日国『パラオ』生粋のパラオ人が日本の名前『ナツオ』?何故なのか?日本が委任統治した国パラオ!

【台湾と同じく日本が統治した親日国『パラオ共和国』で生粋のパラオ人が日本名『ナツオ』】

台湾へのワクチン提供が話題となっていますが、同じく日本が統治した国で親日国の中でも親日である『パラオ共和国』。

パラオは9日間の日程で訪問し、コロール島やバベルダオブ島の日本関連物を写真と映像で撮影。日米激戦地となったペリリュー島へも慰霊訪問。ペリリュー神社も参拝。
現地ではレンタカーを借りました。コロールの市街地から少し遠いホテルに宿泊したため、お酒をいれる際は必ず、タクシー利用。タクシー運転手と話しをしていく中で、タクシー運転手名札がNATSUO(ナツオ)。

パラオでは日本統治時代に少なからず、現地パラオ人と結婚した日本人がおり、混血も少なからずいるので、混血かと思ったら、純潔、生粋のパラオ人とのこと。
何故、ナツオという日本名なのか質問すると、父親が日本人を尊敬しており、父親の尊敬する日本人から自分の名前をつけてもらったとのこと。

パラオ人と接して、非常に親日であるというのを実感しました。日本が統治した時代、インフラを整備して、教育も充実化させた。日本語も現地の言葉として複数用いられており、日本食屋以外の食堂やカフェでウドンを提供しているなど親日であると実感しました。

パラオが独立後、最初の大統領が日系人(混血)のナカムラクニオさんだというのは周知のとおりですが、パラオは必ず再訪。前回行けなかったアンガウル島も訪問します。
以前は成田からデルタ航空が直行便だしていたのですが、今は出ておらず。コロナ収束後に直行便復活を願っています。

親日

親日国

パラオ

台湾

台湾ワクチン提供

台湾加油

委任統治領

保守速報

パラオ人

パラオ共和国

ペリリュー島

【親日国】かつて日本が委任統治したパラオの2つの神社『ペリリュー神社&南洋神社(コロール島)』

かつての日本の委任統治領であったパラオ共和国を8泊9日の日程で訪問。コロール島のホテルを拠点に、レンタカーを借りてバベルダオブ島などを訪問。訪問目的の1つが日本統治時代の日本関連物調査と日米激戦地調査(聞き取り調査&写真と映像での撮影)
かつて日本が委任統治したパラオ共和国。

パラオには2つの神社があります。

1つはパラオのコロール島の南洋神社跡。一部は現存しているが、多くは戦後に再建されたものです。
統治時代は、敷地はもっと広く立派であったそうですが。南洋神社参拝。かつての日本人が多くこの神社に参拝していたかと思うとその光景が脳裏に浮かびます。このあたりで亡くなられた英霊達もこの神社に合祀されております。

もう1つはペリリュー島にあるペリリュー神社。
米軍最初の上陸地や1000人防空壕、司令本部跡、旧日本軍ゼロ戦や戦車の残骸、ペリリュー神社等参拝。

1934年に天照大神を祭神とする南興神社(ペリリュー神社)が建立され、現地の日本人住民は島の繁栄を祈願してきた。1944年、ペリリュー島で日米による激しい戦闘(ペリリューの戦い)が行われ破壊されました。

この近くにはかつて日本人学校もあったそうです。コロール島と同じように軍人でない日本人も暮らしていたとの事です。1982年に清流社が日本から運搬した材料を使って、ペリリュー神社が再建。
この際、ペリリュー島で戦死した一万余名の英霊が併祀されました。

パラオ

ペリリュー神社

ペリリュー島

神社

パラオ共和国

親日

親日国

南洋神社

いつから海外にいけるのか?新型コロナ収束はいつ?日本国内観光業の未来は?旅行会社、航空会社、ホテル、旅館、民宿、飲食店、お土産屋、観光施設、鉄道関係など・・ワクチンは?ワクチンパスポート?

いつから海外にいけるのか?新型コロナ収束はいつ?日本国内観光業の未来は?旅行会社、航空会社、ホテル、旅館、民宿、飲食店、お土産屋、観光施設、鉄道関係など・・ワクチンは?ワクチンパスポート?

海外旅行、世界一周希望者必見!海外渡航用ワクチン(予防接種)に関して!新型コロナワクチン打つ?ワクチンパスポート?A型肝炎、B型肝炎、黄熱病、破傷風、はしか、風疹、狂犬病、髄膜炎菌、日本脳炎、腸チフス

海外旅行、世界一周希望者必見!海外渡航用ワクチン(予防接種)に関して!新型コロナワクチン打つ?ワクチンパスポート?A型肝炎、B型肝炎、黄熱病、破傷風、はしか、風疹、狂犬病、髄膜炎菌、日本脳炎、腸チフス

【11種類20本以上のワクチン(予防接種)を打ってきたシャブ漬けならぬワクチン漬けの小生】
ファイザーだけでなく、モデルナのワクチンも入ってきて日本のワクチン接種はこれから急加速していくでしょう。驚くべき速度で。新型コロナのワクチンの番が回ってきたらすぐに打つ予定です。ワクチンを打ってから海外にでますが、海外を潤滑に周る上では必要です。

中南米、アフリカ渡航前に海外渡航予防接種を一通り打った小生です。それまで、長期留学や駐在、打つ前の渡航国数は81か国、全く予防接種(ワクチン)を打ったことありませんでした、
病院の感染症内科の先生と相談の上、中南米やアフリカ渡航には必要と思いひととおり打ったものです。

接種したのは下記
インフルエンザ、狂犬病、破傷風、腸チフス、A型肝炎(HAV)、B型肝炎(HBV)、髄膜炎菌、はしか、風疹(MR=はしかと風疹の混合ワクチン)、日本脳炎、黄熱病。
種類により2-3回うったものもあり、全11種類20本以上のワクチンを自分の身体にいれたワクチン漬けにされた自分です(笑)

昨年はアフリカ4か月で縦断する計画をたてていたので
マラリア予防薬も処方してもらったのですが、既に消費期限がきれてしまったか。
歳をとると慎重になるのか、医師の話しを聞いていると、受けなければと思わされました。特にアフリカを単独で数ヶ月周遊というのは感染症の感染が高まるので、金かけてでもやるべきと思います。

ごく少数起きている不具合を生じた事例やワクチンに見られる製薬会社の利権に関して言及するときりがないですが。
とにかく、今の日本、いや世界を元に戻すにはワクチンは必要不可欠です。腕が痛くしばらくあがらない、微熱~高熱が出る、倦怠感がとファイザー製ではよくききますし、アストラゼネカは血栓ができやすいと。それで済めばよいですが、極々一部に強い副作用や副反応におかされ重篤化、亡くなるという事例も少なからずあるでしょう。

新型コロナにかかって死亡する率や重篤化率からすれば、それは非常に少ないもの。確率論からすればどちらがよいかです。1日に4本数種類のワクチンをいれました。確かに少し倦怠感なるものがありましたが、特に異常はありませんでした。

新型コロナ

新型コロナワクチン

海外渡航用ワクチン

予防接種

黄熱病

世界一周

海外旅行

A型肝炎

B型肝炎

黄熱病

破傷風

腸チフス

日本脳炎

髄膜筋炎

狂犬病

はしか

風疹

【日本の企業の車両】日本の企業が建設!UAEドバイのメトロ(地下鉄)アラブ首長国連邦!

【日本の企業の車両】日本の企業が建設!UAEドバイのメトロ(地下鉄)アラブ首長国連邦!日本の近畿車輛製、三菱商事、三菱重工業、鹿島建設、大林組が建設

数十年前まで砂漠が広がる発展途上国であったUAE(アラブ首長国連邦)も今ではオイルマネーや国際金融都市として大きく発展。

そんなUAEドバイのメトロ(地下鉄)は2009年9月9日に開業。三菱商事、三菱重工業、大林組、鹿島建設、トルコのYapi Merkezi社の計5企業によるジョイントベンチャーにより受注されました。

車両は日本の近畿車輛製品、三菱電機製のIGBT素子式VVVFインバーターを採用。現在2路線が運航中(46駅)で3路線が計画中。総延長距離は79キロ。

海外93か国を周ると、日本が今までしてきたODAによる資金や技術援助、日本の技術を垣間見ることが出来ます。ここ20年で今まで日本が資金や技術を援助してきた韓国や中国の製品も流通し始め、日本の市場占有率を奪っているのを実感しますが、技術流出も含めて日本は力をいれていかねばなりません。

ドバイ

UAE

アラブ首長国連邦

地下鉄

メトロ

ドバイメトロ

三菱重工業

三菱商事

近畿車輛

鹿島建設

大林組

日本の技術