国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

世界各国、日本各地を周り、多くの場所を写真、動画撮影等で取材

ANA

【全日空最長路線】全日空(ANA)NH180便!成田空港→メキシコシティ!機内編!

【全日空最長路線!成田→メキシコシティー】
I used an ANA flight to go to Mexico city from Narita aiport in Japan and the flight number is NH180 whose fleet is Boeing 787 which is the middle size of the airplane. The flight duration is about 12 hours which is the longest flight of ANA.
平成29年(2017年)8月以来1年半年ぶりの全日空(ANA)便利用。前回利用したのは同じくマイレージ使用で、1か月の北米周遊で羽田→カナダ・バンクーバー&アメリカ・サンフランシスコ→関空(オープンジョー)間利用。往路は全日空便、復路はスターアライアンス系のユナイテッド航空利用

今回は全日空最長路線のNH180便利用。所要時間は12時間弱。今までに経由を含めれば、学生時代に、SK(スカンジナビア航空)で成田→コペンハーゲン(デンマーク)→オスロ(ノルウェー)→トロムソ(ノルウェー)を1日で移動したのが最長ですが、直行便では、全日空で羽田→ロンドンが最長
記録でしたが、それをこしました。

今回の機材は中型ワイドボディ機であるボーイング787
リーマンショック後に、航空会社各社が旅客機の小型をすすめ、中長距離路線を大型→中型、短距離を中型→小型へと採算性を考えて、機材変更、導入している航空会社が多くなりました。エミレーツがエアバスの超大型総二階建て旅客機の新規発注をやめ、エアバスは大幅に受注減。2021年に380の製造中止決定。

787は新しい機材ですが、大型ではないので、気流の中を通過するとそれなりの揺れを感じました。でも、新しい機材なので、快適な空の旅を楽しむことができます。

機内食は出発後と到着前に出ますが、出発後に出てきた機内食はカレーを選択。これが非常に美味で、感動したものです。

全日空(ANA)NH116便!羽田空港→カナダ・バンクーバー!ボーイング787

羽田空港からカナダのバンクーバーまで利用したANA(全日空)NH116便。
ANAのマイレージの特典航空券。

行程は
往路:NH116便 羽田⇒カナダ・バンクーバー
復路:スターアライアンス系のUA(ユナイテッド航空)利用
   アメリカ・サンフランシスコ⇒関空

最近利用する航空会社は初めて利用する航空会社ばかりでしたが(今まで40程の航空会社利用&140本ほどのフライト搭乗)、3年ぶりにANAを利用。

機材は中型ワイドボディー機のボーイング787
3-3-3の配列。
新しい機材で機能的で快適。

機内食は出発後と到着前の2回でましたが写真の機内食は出発後の機内食。鳥の唐揚げと野菜弁当。

搭乗時間は8時間30分程。
途中、気流の関係で揺れが続きましたが問題ありませんでした。

全日空NH116便!羽田空港→カナダ・バンクーバー!

最近利用する航空会社は初めて利用する航空会社ばかりでしたが(今まで40程の航空会社利用&140本ほどのフライト搭乗)、3年ぶりにANAを利用。

機材は中型ワイドボディー機のボーイング787
3-3-3の配列。
新しい機材で機能的で快適でした。

機内食は出発後と到着前の2回でましたが写真の機内食は出発後の機内食。鳥の唐揚げと野菜弁当。

搭乗時間は8時間30分程。
途中、気流の関係で揺れが続きましたが問題ありませんでした。

利用した全日空NH116便からの気色
ロッキー山脈方面の山々の景色が美しいです。
両翼に日の丸があるANAの機体ですが美しいです。

【格安LCC・ANA子会社】バニラ航空JW104便!台湾・台北⇒成田空港!

初利用のバニラ航空。今はANAの100%子会社です。台湾を往復29690円でとれました。(今まで35以上の航空会社利用。)
機材はLCC(格安航空会社)で多用されるエアバスのA320。
3-3の配列で、シートピッチがありませんが、3時間という短い搭乗時間であれば問題ないでしょう。
台湾から沖縄を通り、鹿児島上空を通り、宮崎、四国、紀伊半島、中部地方では太平洋沿岸を通りました。

着陸40分程前に機内からの富士山が見えました。
夕映えした富士山は綺麗でした。
時間は17時くらいですが、非常に綺麗でした。機長がアナウンスで富士山が左手に見えてますとの事で見ると綺麗な富士山が。

左側の窓側席を選択していたので、綺麗に見えました。西、西南方面の航路では、富士山近くを通る事が主流ですが、富士山を見たい方は成田や羽田出発では右側の窓側席、帰りは左側の窓側席を選択するとよいです。夜間以外は富士山が見えますね。特に夕方の富士山は最高です。

席を選ぶ際に、通路側を選ぶ方が多いと思いますが、自分は、窓側をいつも選んでます。それは、景色を堪能できるからです。

【14日間の台湾渡航調査決定】

【14日間の台湾渡航調査決定】台湾行き航空券を予約しました。結局、初利用となるバニラ航空で往復予約しました。期間は14日間。台湾は2~3泊滞在が主流です。1周する場合は、最低8日~10日必要ですが、余裕をみて14日間の日程で渡航します。調査内容は、日本統治時代の痕跡です。現地踏査。

バニラ航空は、エアアジアジャパンとして5年程前に設立され、出資比率は、議決権比率でANAが67%、エアアジアが33%、無議決権株式も含めるとANAが51%、エアアジアが49%だったのですが、2013年(平成25年)6月10日に、エアアジアとの提携解消提携解消発表後の6月28日、ANAホールディングスがエアアジアが所有していた全株式を購入し、100%子会社化した会社です。

機材は、格安航空会社がよく利用するエアバスのA320です。座席の配列は3-3で小さい機材です。3時間30分の搭乗時間なのでシートピッチもないですが、大丈夫でしょう。価格は総額で29860円。

4日間のモンゴル渡航から帰国後、1日、成田空港周辺のホテルに宿泊。翌日、昼過ぎに台湾に向かいます。(モンゴル行き前夜も1泊、成田空港周辺で前泊予定)
モンゴルから戻ってきて同日出発も問題ないと思いますが、最近は、無理のないようにしているので1泊します。
3年3か月前にパラオを訪問時に、デルタ利用で帰国後、同日夕方にデルタでタイのバンコクにいったものです。

台湾では、現地より発信していきます。
138261157777959718225_tonochan-182-01

夜景堪能!羽田空港(東京国際空港)

平成26年(2014年)7月羽田空港再訪時に撮影。国際線ターミナルが新設され、昔­のように多くの国際便が離発着するようになった羽田空港です。
東京国際空港(とうきょうこくさいくうこう、英語: Tokyo International Airport)は、東京都大田区羽田空港にある空港である。 国際航路に必要な飛行場として、空港法4条で法定されている。 通称は羽田空港(はねだくうこう、英: Haneda Airport)であり、一般的な日常会話の中では「ハネダ」と呼称されることが多い­。 このため、飛行機の搭乗案内では単に「羽田行」などと表示されることがある。

ただし、国際線では、東京のもう一つの玄関口である成田国際空港(成田空港)(千葉県­成田市)との区別を明確にするために、「東京(羽田)」と表記されることもある。また­、搭乗券の行先欄には「TOKYO」と表記される。

また、当空港敷地一帯の町名も「羽田空港」になっているが、これは 当空港周辺の旧町名「羽田町」に由来する。

2010年10月21日に国際線ターミナルが開業し、同年10月31日から国際線定期­チャーター便として運航されてきた便は定期便に格上げされた。
<iframe width=”480″ height=”270″ src=”https://www.youtube.com/embed/jkWqc-alCxA” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

<img src=”http://www20.a8.net/svt/bgt?aid=131116725510&amp;wid=001&amp;eno=01&amp;mid=s00000010473001011000&amp;mc=1″ alt=”” width=”234″ height=”60″ border=”0″ />
<img src=”http://www11.a8.net/0.gif?a8mat=262AB9+8FN3AQ+28T6+60OXD” alt=”” width=”1″ height=”1″ border=”0″ />

<span style=”color: #00cc33;”><strong><span style=”font-size: x-large;”>国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明ホームページ</span></strong></span>は下記

<a title=”” href=”http://yukokunoshi-akira.com/” target=””>http://yukokunoshi-akira.com/</a>

アキーラさんユーチューブチャンネル
<span style=”color: #800080;”><strong><span style=”color: #ff0000;”>憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1
</span></strong></span>

は下記
<a href=”http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1″>http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1</a>

新チャンネル
<strong><span style=”color: #0000ff;”><span style=”font-size: x-large;”>憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2</span></span></strong>は下記
<a href=”https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA” target=”_blank”>https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA</a>

別Youtubeチャンネル
<strong><span style=”color: #ff0000;”><span style=”font-size: x-large;”>ジャーナリスト大川原 明</span></span></strong>は下記
<a href=”https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw” target=”_blank”>https://www.youtube.com/channel/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw
</a>

平成26年(2014年)7月22日~9月25日まで2か月超に及ぶ3回目の欧州周遊(17か国)旅行で利用のANA(羽田→ミュンヘン線)の機内食(和食)

7月22日に羽田空港よりANA便に乗り、ドイツ国内で3番目に大きいミュンヘンに到着しました。ミュンヘンはお気に入りで、2年ぶり4度目の訪問なので熟知しております。2年たちましたが、道を覚えておりました。
全日空にて、ロシアのウラジオストク北方より、ロシアの領空内を通り、ハバロフスク、シベリアの南側を通りながら、東欧諸国通過し、ロシアのブルクに撃墜されることなく、ミュンヘン到着!
下記は最初に出てきた機内食です。和食を選択。味噌汁付きで美味でした。途中、日本海でひどい揺れが長く続きましたが、以後は安定した飛行でした。
10488085_757999780889903_4787212397442952636_n

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

アキーラさんユーチューブチャンネルは下記
ここ

ブログ(アメブログ)は下記
ここ

平成26年(2014年)7月22日~9月25日まで2か月超に及ぶ3回目の欧州周遊(17か国)旅行詳細

平成26年(2014年)7月22日~9月25日まで2か月超に及ぶ3回目の欧州周遊(17か国)旅行に関して、これから徐々に
こちらでもアップしていきます。
航空会社はマイレージカードを持っている全日空(ANA)を利用しました。
マイレージが貯まっていたのでマイレージ利用で航空券を手に入れました。
日系航空会社であるANA、JALはマイレージ利用でも燃油サーチャージを含む税金部分は支払わねばなりません。税金部分だけでも64000円程しました。しかし、2か月超の航空券。7月22日出発であれば、確実に20万円を超える航空券です。15万円程は得しました。

10413298_757734800916401_264078618282296843_n

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

アキーラさんユーチューブチャンネルは下記
ここ

ブログ(アメブログ)は下記
ここ

ANAマイレージカード 10万マイル突破

AMEX GOLD

3年近く、ANAマイレージポイント(AMEX GOLD)を使用しておりませんでしたが、かなりたまりました。10万マイルもたまりました。(Goldだと貯まりもよい)6月からの世界1周で使用予定です。10万マイルだとヨーロッパ諸国を2回も往復できます。タイなどの東南アジアであれば3往復。 沖縄、北海道は8往復はできます。
さてどこで使用しようか。ちなみにANA(NH)、JAL(JL)の日系航空会社は燃油サーチャージにマイルを利用できません。マイルを充当できるのは航空券代金です。燃油税等は、支払いをしなければなりません。昨今、燃油税の高騰で、欧州など行こうものなら高くつきますが。
ちなみに国内線は燃油税はありません。空港施設使用料はかかりますが。
支払いは、AMEXが使用できる際は、AMEX使用。
ANAはスターアライアンス系なので、ANA便利用においてのマイル加算以外に、一昨年、米国訪問時に利用したユナイテッド航空(UA)、一昨年、イギリスのロンドンからアイルランドのダブリンを往復した際に、当時、スターアライアンス系であったブリティッシュミッドランド航空(BD)、タイ訪問時に利用したタイ航空(TG)。このカードを提示し、マイレージ加算されました。ちなみに、航空会社、航空券の種類により加算率は変わってきます。
今まで、このカードを頻繁に使い続けたご褒美です

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明

アキーラさんユーチューブチャンネルは下記

http://www.youtube.com/user/Yuukokunoshi1